ソフトバンク - スマホ・ケータイの解約・MNP予約番号取得方法

ソフトバンク - スマホ・ケータイの解約・MNP予約番号の取得方法
ソフトバンク - スマホ・ケータイの解約・MNP予約番号の取得方法

ソフトバンクのスマホの解約方法と格安SIMに乗換えの際に必要となるMNP予約番号の取得方法についてご紹介します。

  • ポイント
  • ソフトバンクから他社(格安SIM)に乗り換える際、同じ携帯番号を引き続き使用したい場合は「MNP予約番号」の取得が必要になります。
  • 格安SIMなど他社への契約手続きが完了したら、その時点でソフトバンクとの解約も自動的に行われます。

ソフトバンクから他社に移転する手続きの流れ

ソフトバンクで使用していた携帯番号を他社に乗り換えた後も引き続き使用したい場合は、ソフトバンクからMNP予約番号を発行してもらい、その番号を連絡(申し込みフォームに入力)する必要があります。

MNP番号とは? MNPとは、Mobile Number Portability(モバイルナンバーポータビリティ)の略で、大まかに言うと携帯・スマホ番号の持ち越しを意味します。つまり、MNPとは「携帯番号」を「他社に移行できる」仕組みという意味になります。この仕組みを利用して他社に携帯契約を乗り換える場合には必ずこのMNP予約番号が必要になります。詳しくはこちらの記事をご覧ください:「MNP、MNP予約番号とは? - 格安SIMの申し込みガイド

 ソフトバンクで使用していた電話番号とともに他社へSIMを「引っ越し」する流れ

  1. ソフトバンクから「MNP予約番号」を取得します。
  2. 移転先の携帯会社(格安SIM会社やau、ドコモなど)への申し込みの際に「MNP予約番号」を連絡(申し込みフォームに記入)します。(MNP予約番号の有効期限は15日間。そして他社へ乗り換えの手続きをする場合は有効期限が10日以上残っている必要があります。)
  3. 乗換完了です。

こ のようにソフトバンクから他社に乗り換えた場合は、ソフトバンクへの解約手続きは不要です

ソフトバンクの「解約のみ」をしたい場合は?他社への乗り換えでなく、ソフトバンクの「解約のみ」を行いたい場合はソフトバンクショップにて続きを行う必要があります。本人確認書類と契約したい端末(スマホ・ケータイ・タブレットなど)を持参します。

ソフトバンクからMNP予約番号を取得する方法

ソフトバンクからMNP予約番号を受け取るには以下の方法があります。

受付時間がありますが、ソフトバンクのコールセンターに連絡をするのが一番簡単です。

電話でMNP予約番号をする場合は、「MNP予約番号の発行希望」の旨をオペレーターに伝え、氏名等、本人の情報を口頭で連絡します。後は、MNP番号をメモって終了です。(SMSでもMNP予約番号は送られてきます。)

ソフトバンク - MNP予約番号の取得方法
窓口 受付時間 詳細
コールセンター 午前9時 - 午後8時
  • 無料通話
  • *5533(ソフトバンク携帯電話)
  • 0800-100-5533(無料)
  • 上記番号がかかりにくい場合の番号
  • 東日本地域:022-380-4380(有料)
  • 関西地域:06-7669-0180(有料)
  • 中国・四国・九州・沖縄地域:092-687-0010(有料)
  • 海外からかける場合:+81-92-687-0025
My SoftBank 午前9時 - 午後8時
  • ご自身でログインしていMNP番号を取得します。ただし(3Gケータイ版:ガラケーのみ対応)
  • iPhone、スマートフォン、4G ケータイ、AQUOS ケータイでは不可
ソフトバンクショップ 各店舗による
  • ソフトバンクのプリペイド携帯(シンプルスタイル)を使用している人はソフトバンクショップのみ。
ソフトバンク - MNP予約番号の取得方法
コールセンター
  • 無料通話
  • *5533(ソフトバンク携帯電話)
  • 0800-100-5533(無料)
  • 上記番号がかかりにくい場合の番号
  • 東日本地域:022-380-4380(有料)
  • 関西地域:06-7669-0180(有料)
  • 中国・四国・九州・沖縄地域:092-687-0010(有料)
  • 海外からかける場合:+81-92-687-0025
受付時間:午前9時 - 午後8時
My Softbank
ご自身でログインしていMNP番号を取得
受付時間:午前9時 - 午後8時
ソフトバンクショップ
ソフトバンクのプリペイド携帯を使用している人はソフトバンクショップのみ。
受付時間:各店舗による

ソフトバンクMNP転出手数料

上記のいずれかの方法でソフトバンクから「MNP予約番号」を発行してもらった後、他社(格安SIM)への乗り換えが完了したならば、「MNP転出手数料」が発生し、ソフトバンクより請求があります。

つまり、MNP予約番号を教えてもらうだけならばお金はかかりません。他社への切り替えが完了が終了して初めてMNP転出手数料がかかることになります。

MNP転出手数料は、3,000円(税抜)です。転出日を含む請求月分として請求されます。

MNP予約番号には有効期限があります。 MNP予約番号の有効期限は15日間。しかも、新しい携帯会社(格安SIMなど)に契約の手続きを行う場合は、その有効期限が10日以上残っている必要があります。もちろん、MNP予約番号の再発行は可能です。

ソフトバンク解約・他社への乗り換えにかかる料金を確認

格安SIMの料金とソフトバンクの料金比べるとデータ通信料が安いことが明らかですよね。そうすると今にでもソフトバンクから格安SIMに契約を変えたくなってしまいます。

しかし、乗り換えにともない気づいていなかった費用や料金がかかるかもしれません。得するつもりが出費が増えたとなったとは残念ですから、こちらで確認しておきましょう。

 分割でソフトバンク製品を購入していませんか?

解約金ではありませんが、スマホやタブレットなどをソフトバンクから分割で購入しており支払いが完了していな場合は、残金の支払いがあります。

My SoftBankにログインをし、「割賦(かっぷ)契約」の箇所を確認すれば、残りの金額を確認することができます。

 2年自動更新のプランを契約していませんか?

現在ソフトバンクが受付を行っているメリハリプラン、ミニフィットプラン、スマホデビュープランには、2年間の「縛り」や違約金・契約解除金はありません。

しかし、現在ご契約されているプランが、これらより前に受付がなされていたプランである場合には、2年自動更新が条件となっており、「契約更新月」に解約しない限り解約金がかかります

2年自動更新は「最低契約期間」とは異なります。2年以上契約を継続して使っていても、解約金なしで解約するには、「契約更新月」に解約しなければならないことに注意が必要です。

My SoftBankにログインをすれば、ご自身がソフトバンクと契約している「料金プラン」と「契約更新月」がいつなのか確認できます。

「契約更新月」がもうすぐならば、少し待って違約金の支払いなく、他社に切り替えた方がベターですね。

ちなみに、格安SIMカード会社のほとんどは2年自動更新というプランがないのも格安SIMの嬉しいポイントです。

 新しい携帯会社への申し込み手数料

新規に他の格安SIMに申し込む場合申し込み手数料がかかります。だいたい、どこの格安SIM会社でも3,000円(税抜き)でSIMカード発行手数料として別途300-400円程度かかるところもあります。

おすすめSIM会社リスト

SIM会社 特徴
LIBMO(リブモ)
キャッシュバックキャンペーンがお得
ワイモバイル
通話プランが充実
ワイモバイルのサイトを見る
楽天モバイル
通信・通話無制限
楽天モバイルのサイトを見る
nuroモバイル
3つのキャリアの回線に対応
nuroモバイルのサイトを見る
BIGLOBEモバイル
口座振替で支払い可能
BIGLOBEモバイルのサイトを見る
IIJmio(アイアイジェイミオ)
シェアの高い格安SIM
IIJmioのサイトを見る
UQモバイル
安定した高速通信
UQモバイルのサイトを見る
DTIモバイル
3GBバイトのプランが業界最安値
DTIのサイトを見る
LINEモバイル
LINEでのデータ使用がノーカウント
LINEモバイルのサイトを見る

おすすめSIM会社リスト

LIBMO(リブモ)
キャッシュバックキャンペーンがお得
ワイモバイル
通話プランが充実

ワイモバイルのサイトを見る
楽天モバイル
通信・通話無制限
楽天モバイルのサイトを見る
nuroモバイル
3つのキャリアの回線に対応

nuroモバイルのサイトを見る
BIGLOBEモバイル
口座振替で支払い可能

BIGLOBEモバイルのサイトを見る
IIJmio(アイアイジェイミオ)
シェアの高い格安SIM

IIJmioのサイトを見る
UQモバイル
安定した高速通信

UQモバイルのサイトを見る
DTIモバイル
3GBバイトのプランが業界最安値

DTIのサイトを見る
LINEモバイル
LINEでのデータ使用がノーカウント

LINEモバイルのサイトを見る

人気・おすすめ記事

更新日