電話で電気・ガス切替相談

スマホ代だけじゃない、毎月の電気料金・ガス料金もより安く

最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。

 

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

スマホ代だけじゃない、毎月の電気料金・ガス料金も安くなります!

最短5分で最適プランをご紹介。当社経由の切り替えで電気代が平均6%安くなりました。電気とガスの切り替えと新規申し込みなら、セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口まで。

 


営業時間・ご利用方法についてはこちら

LINEモバイルの通話料はどのくらい?

LINEモバイル
LINEモバイルの通話料は?

LINE同士が通話無料になることで有名な格安SIM「LINEモバイル」。通常の電話の場合、通話料はいくらなのでしょうか?通話料を安くする方法も詳しく解説するので参考にしてください。


LINEモバイルの通話料はいくら?

LINEモバイルの通話料は、どの方法で電話をかけるかによって異なります。そう、LINEモバイルには通話方法がいくつかあるんです。

LINEモバイルの全5つの通話方法と、それぞれの通話料金を案内します。

LINEモバイルの通話方法

  1. 通常の電話機能を利用する
  2. 専用アプリ「いつでも電話」を利用する
  3. 10分電話かけ放題オプションを利用する
  4. LINE通話を利用する
  5. LINE Outを利用する
通話方法ごとの通話料金
通話方法 通話料/1分 利用可能なSIM 使用回線
①通常の電話 40円 音声通話SIM 電話回線
②アプリ「いつでも通話」利用 20円 音声通話SIM 電話回線(プレフィックス)
③10分かけ放題オプション(880円/月) 10分以内:0円
10分超過時:20円
音声通話SIM 電話回線(プレフィックス)
④LINE通話 0円 音声通話SIM/データSIM インターネット
⑤LINE Out
  • 最大3分×5回まで無料
  • 固定電話へ:2円~6円
  • 携帯電話へ:6円/14円
音声通話SIM インターネット(IP電話)

これから、それぞれの通話方法について大事なポイントを解説していきますね。

①通常の電話 - LINEモバイルの通話料は大手キャリアと同じ

LINEモバイルの音声通話SIMを使った電話料金は、30秒20円(税抜)です。これは、大手キャリア大手キャリアドコモソフトバンクauと全く同じ金額です。

ただ、電話をよく使う人にとって通常の電話はかなり割高。下記で通話料金をシミュレーションしていますが、1日10分電話すると1ヵ月の通話料は12,000円にも上ります。

通話料節約のためには、極力これ以降で紹介する他の通話方法を利用するのがおすすめです。

LINEモバイル - 通常の通話料金(税抜)
  1日10分の通話 1日30分の通話 1日1時間の通話
通話料金/1日あたり 400円 1,200円 2,400円
通話料金/1ヵ月あたり 12,000円 36,000円 72,000円

②アプリ「いつでも通話」 - 通話料が半額になる

LINEモバイルの音声通話SIMユーザーは、無料の通話専用アプリ「いつでも通話」を使って電話をかけるだけで、通話料が半額の10円/30秒になります。

この通話アプリの仕組みは、通話する相手の電話番号の頭にプレフィックス※を自動的に付けてくれること。普段から電話は「いつでも通話」を使う癖を付けておくといいでしょう。

※プレフィックスとは?プレフィックスとは、第三者課金サービス事業者の回線を中継させる特定の番号のことです。料金が安い第三者の電話回線を中継することによって、通話料が半額になります。プレフィックス番号には、0063(携帯電話へ)と006751(固定電話へ)があります。自分で入力することもできますが、毎回入力するのは面倒くさいのも否めません。

「いつでも通話」アプリなら、通話相手をタッチするだけで通話料が半額になり便利です。いつもの電話帳がそっくりそのまま表示されるので、違和感なく利用できるのも助かりますね。

LINEモバイル - 「いつでも通話」アプリの通話料金(税込)
  1日10分の通話 1日30分の通話 1日1時間の通話
通話料金/1日あたり 200円 600円 1,200円
通話料金/1ヵ月あたり 6,000円 18,000円 36,000円

※「いつでも通話」アプリを利用した携帯電話への通話は免税、固定電話への通話は税込となります。

通話アプリ「いつでも通話」の注意点

通話料がお得な「いつでも通話」アプリですが、以下のような注意点もあります。

緊急通報(110番/118番/119番)や0120、0570などに発信できない
警察や救急へ、または0××0で始まる番号にはかけられません。とはいえ、アプリからこれらの番号にかけようとすると、プレフィックス番号を付けずに発信する機能もあります。ですので、いざという時でも心配は要りません。

iPhoneだと着信履歴が表示されないiPhone版の「いつでも通話」アプリでは、発信履歴は見れるものの着信履歴が表示されません。着信履歴はiPhoneの標準電話アプリのほうで確認するしかないわけです。

ただし、その着信履歴からそのまま発信すると、40円/分の通常料金になってしまいます。着信履歴から通話したいのなら、電話番号をコピー⇒「いつでも通話」アプリの電話番号入力欄にペーストという一手間が必要に。

③10分かけ放題オプション - 頻繁に電話する人におすすめ

LINEモバイルの「10分かけ放題オプション」(880円/月)は、10分以内なら定額の通話オプションです。月に45分以上(1日あたり1分半)の通話をする人は、このオプションを付けるほうがお得になります。

10分かけ放題オプションは回数制限がないので、10分経つ前に一度電話を切って再度かけ直すやり方をすれば、長電話をしても通話料金は発生しません。費用はオプション料金880円だけなので節約効果も抜群です。

LINEモバイル - 10分かけ放題オプションの通話料金(税込)
  1日10分の通話 1日30分の通話※ 1日1時間の通話※
通話料金/1日あたり 0円 0円 0円
通話料金/1ヵ月あたり 0円 0円 0円

※10分経過前に通話を切り再度かけ直した場合

ちなみに、このオプションは「いつでも通話」アプリ上で利用可能となります。標準の電話では適用されないので気を付けましょう。

④LINE通話 - LINE友だちとなら無料でかけ放題

LINE通話とは、LINE友だち同士で会話する機能のこと。インターネット回線を通した通話機能なので、通話料金はいっさい発生しません。

なお、LINEモバイルはLINE利用時のデータ通信量がゼロになるデータフリーが特長。つまり、LINE通話がし放題になるということです。

家族や友人とLINE友だちになっているなら、日頃からLINE通話をすることで通話料をタダに抑えることができます。

ただし、あくまでインターネット回線を通す通話なので、電波状況によっては音質が悪くなったり、通話が途切れてしまったりすることも。大事な内容なのであれば「いつでも通話」アプリを使う方がいいでしょう。

⑤LINE Out(ラインアウト) - お得なIP電話

LINE Out(ラインアウト)は、LINEが提供するIP電話サービスです。

上記のLINE通話と同じくインターネット回線を使用しますが、異なるのはLINEを使っていない人や固定電話とも通話できるということ。Skype(スカイプ)と似たようなサービスと考えるといいでしょう。

なお、LINE Outは日本国内だけでなく海外へもお得な料金で通話できます。通話可能な国と通話料はLINE公式ページを参照してください。

LINE Outのサービスには2つの種類があります。特徴が大きく異なるため、それぞれの内容を説明します。
・無料通話(条件あり)
・課金通話

LINE Outは電話番号の認証が必要LINE Outを利用するには、前もって電話番号の認証を済ませておく必要があります。つまり音声通話SIMでのみ利用可能で、データSIMは不可なため間違わないようにしましょう。

無料通話 - LINE Out Free

条件付きで通話が無料になるサービスがLINE Out Free(ラインアウトフリー)です。

無料で通話可能なのは1回につき1~3分と短く、下記のような条件もあるため使い勝手が良くはありません。待ち合わせの確認など、一言二言で済ませられるような電話に向いているといえます。

LINE Out Freeの利用条件

  • 電話の前に15~25秒程度の広告映像を見ること
  • 無料通話は固定電話へ3分まで、携帯電話へ1分まで
  • 無料通話は1日5回まで
  • 海外へも無料通話が可能

課金通話 - LINE Out

課金型の通話サービスです。事前に料金をチャージしておくことで「いつでも通話」アプリよりもさらに安く電話できます。

課金タイプには次の2つあり、それぞれ有効期間と通話料金が異なります。

  • コールクレジットを購入する(有効期間180日)
  • 30日プランを購入する(有効期間30日)

 

LINE Outの通話料金
  コールクレジット 30日プラン
固定電話(60分) 固定電話・携帯電話(120分)
料金 1クレジット=1円※ 120円 720円
1分あたり通話料 固定電話へ 3円 2円 6円
携帯電話へ 14円 6円

※上記は日本への通話料金です。

コールクレジット

プリペイド式のクレジットを都度購入して通話できます。クレジットの有効期間は半年間と長いので、無駄なく使い切ることができるでしょう。

クレジットは、LINEストアから100/300/500/1,000/3,000/5,000クレジット単位で購入可能です。

30日プラン

30日プランは有効期間が30日と短いものの、コールクレジットより安く通話することができます。定期的に電話する人におすすめのプランとなります。

定額通話を使い果たす前に自動購入する設定も可能なので、LINE Outを定期的に使う人にとって便利ですね。

まとめ:LINEモバイルでお得に通話するには?

LINEモバイルを使ってお得に通話する方法を下記にまとめました。

  • 主にLINE友だちと通話する ⇒ LINE通話(無料)
  • 電話は受信メイン ⇒ 「いつでも通話」アプリ(10円/30秒)
  • 頻繁に発信する ⇒ 10分かけ放題オプション(880円/月)
  • とことん節約したい ⇒ LINE Out(無料通話と課金の組み合わせ)
  • 海外にかけたい ⇒ LINE Out(コールクレジット/30日プラン)

おすすめSIM会社リスト

SIM会社 特徴
LIBMO(リブモ)
キャッシュバックキャンペーンがお得
ワイモバイル
通話プランが充実
ワイモバイルのサイトを見る
UQモバイル
安定した高速通信
UQモバイルのサイトを見る
楽天モバイル
通信・通話無制限「アンリミット」
楽天モバイルのサイトを見る
LINEモバイル
LINEノーカウント・LINE Payカードで支払い可能
LINEモバイルのサイトを見る
mineo(マイネオ)
顧客満足度の高い格安SIM
mineoのサイトを見る
nuroモバイル
3つのキャリアの回線に対応
nuroモバイルのサイトを見る
BIGLOBEモバイル
データSIMなら口座振替で支払い可能
BIGLOBEモバイルのサイトを見る
IIJmio(アイアイジェイミオ)
従量制プランや今話題のeSIMも使える
IIJmioのサイトを見る
DTIモバイル
3GBバイトのプランが業界最安値
DTIのサイトを見る
HISモバイル
月額2,480円で格安かけ放題
HISモバイルのサイトを見る

おすすめSIM会社リスト

LIBMO(リブモ)
キャッシュバックキャンペーンがお得
ワイモバイル
通話プランが充実

ワイモバイルのサイトを見る
UQモバイル
安定した高速通信

UQモバイルのサイトを見る
楽天モバイル
通信・通話無制限「アンリミット」
楽天モバイルのサイトを見る
LINEモバイル
LINEノーカウント・LINE Payカードで支払い可能

LINEモバイルのサイトを見る
mineo(マイネオ)
顧客満足度の高い格安SIM

mineoのサイトを見る
nuroモバイル
3つのキャリアの回線に対応

nuroモバイルのサイトを見る
BIGLOBEモバイル
データSIMなら口座振替で支払い可能

BIGLOBEモバイルのサイトを見る
IIJmio(アイアイジェイミオ)
従量制プランや今話題のeSIMも使える

IIJmioのサイトを見る
DTIモバイル
3GBバイトのプランが業界最安値

DTIのサイトを見る
HISモバイル
月額2,480円で格安かけ放題

HISモバイルのサイトを見る

人気・おすすめ記事

更新日