ソフトバンクのスマホを海外で使う - 高額な請求を避ける方法

ソフトバンクのスマホを海外で使う - 高額な請求を避ける方法
ソフトバンクのスマホを海外で使う - 高額な請求を避ける方法

海外でもスマホを快適に使いたいソフトバンクユーザーのために、高額請求をされないための設定方法を解説します。また、ソフトバンクの海外向けの定額サービスも紹介します。

スマホの海外利用が高額になる理由

国内のスマホを海外で利用すると料金が高額になってしまうのは、国内での料金やデータプランが海外では適用されないからです。

そもそも、海外でデータ通信をする際にはスマホに備わっているデータローミングという機能が働くことになります。データローミングとは、日本国内の契約通信事業者の電波が届かない海外において、現地の通信事業者の電波を自動的に拾う機能のことです。

データローミングは便利な一方で、通信を利用すればするほど従量制で課金されてしまうため、高額請求につながってしまうのです。

では、海外でスマホを利用するには高額な料金を受け入れるしかないのでしょうか?そんなことはありませんので安心してください。

これから、ソフトバンクのユーザーがスマホを海外で使用するにあたって、高額請求されずにすむための方法を紹介していきます。

ソフトバンクスマホの海外使用で高額請求されない方法

ソフトバンクのスマホを海外に持って行って使う際に、後で高額請求に泣かされないための方法は次の3つあります。

  1. スマホのデータローミング設定をオフにする
  2. スマホの機内モードを利用する
  3. ソフトバンクの海外向け定額サービスを活用する

これらの方法を一つずつ解説していきますので、自分に合った方法を選んでくださいね。

スマホのデータローミング設定をオフにする

高額請求を避ける一つ目の方法は、スマホのデータローミング設定をオフにすることです。そうするとスマホはデータ通信できなくなるので、パケット代がはね上がることはなくなります。

データローミングをオフにしたとしても、 Wi-Fi(ワイファイ)をオンにしておけばWi-Fi接続によるインターネット利用は可能です。海外では、公共Wi-Fiが日本よりも広まっている国も結構多く、意外とWi-Fiスポットに困ることはありません。

また、海外で使えるモバイルWi-Fiルーターをレンタルするというのも有効な手段です。Wi-Fiルーターは空港でもレンタルカウンターがありますし、ネット上で申し込むことも可能です。

ちなみに、データローミング設定をオフにしてもスマホの通話機能は海外でもそのまま使えます。ただし、海外で通話する際には発信受信に関わりなく、割高な国際電話料金が適用されるので注意しましょう。

スマホのデータローミング機能の設定方法は次のようになります。(設定方法は機種ごとに多少異なる場合があるので、詳しくは各機種のマニュアルを参照してください)

Android機種の場合

  1. 設定画面から「もっと見る」→「モバイルネットワーク」をタップする
  2. 「データローミング」をオフにする

iPhone機種の場合

  1. 設定画面で「モバイル通信」をタップする
  2. 「モバイルデータ通信」をオフにする

スマホの機内モードを利用する

海外でスマホを機内モードにすることで、通話・通信料金はまったくかからなくなります。機内モードとは、携帯電話の回線を遮断する機能のことです。

機内モードにすると、データ通信だけでなく電話もできなくなる点は頭に入れておきましょう。

ただ、機内モードでもWi-Fi接続は可能です。そのため、Wi-Fiを通してインターネットやLINEの無料通話などを利用することはできます。

しかし近年は出張や旅行、自分探しのために海外に渡航する人が増えており、それに伴って海外でもスマホを自由に使いたいというニーズも高まっています。

そんなユーザーの声に応えるように、ソフトバンクは海外でもスマホをとことん利用できるサービスを開始しました。以下で詳しく解説します。

ソフトバンクの海外向け定額サービスを活用する

ソフトバンクは、海外渡航者のためのパケット定額サービスも提供しています。それらを活用すれば、海外で撮った写真や動画をInstagramにアップしたり、YouTubeなどを好きなだけ楽しんだりすることもできます。

ソフトバンクの2つの海外向け定額サービスを詳しく見てみましょう。どちらも、スマホのデータローミング機能を使うサービスとなっています。

ソフトバンクの「アメリカ放題」

「アメリカ放題」とは、ソフトバンクのiPhoneを利用しているユーザーがアメリカ本土やハワイ滞在時に、通話もデータ通信もし放題になるサービスです。

データ通信をどれだけ使っても無料、電話はアメリカ国内だけでなく日本との通話も完全無料という、びっくりするほどお得なサービスといえます。

アメリカ放題は通常月額980円のところ、現在キャンペーン中につきサービス利用料が無料となっています。(2019年3月時点)

アメリカ放題の適用条件は以下の通りです。

  • 対応機種であること(ソフトバンク公式サイトにて要確認)
  • 「世界対応ケータイ」に対応していること

ソフトバンクの「世界対応ケータイ」とは? 世界対応ケータイとは、国際ローミングのことを指すソフトバンク独自の名称です。日本国内で使用しているソフトバンクのスマホを、電話番号はそのままで海外でも使用できる機能のことです。ソフトバンクのiPhone/iPadは全機種が対応しており、スマホやケータイもほとんどの機種は対応しています。

アメリカ放題が利用可能なエリアは次の通りです。
アメリカ本土、ハワイ、プエルトリコ、バージン諸島のスプリントネットワーク (アラスカ州・モンタナ州の一部地域、グアム・サイパンは除く)

アメリカ放題は、適当な条件下で自動的に適用されるため特に設定は不要です。ただし、iPhoneの設定画面でキャリアが「Sprint」になっている必要があります。もしそうなっていなければ、下記の「海外パケットし放題」が適用されます。

ソフトバンクの「海外パケットし放題」

「海外パケットし放題」とは、上記の「アメリカ放題」が適用されない条件下で自動的に適用されるサービスです。つまり、アメリカ以外の国・地域に行った場合と、アメリカでもAndroidスマホを使用している場合に適用されます。

海外パケットし放題サービスを利用できる国は、ソフトバンク公式サイトで確認できます。なお海外渡航後に、その国が海外パケットし放題の対象かどうか、ソフトバンクよりお知らせメールが届きます。

海外パケットし放題の料金は、1日の利用パケット量が25MBまでは1,980円/日、それ以上利用した場合は2,980円/日の定額となります。

注意するべき点ですが、ここでいう1日とは渡航先の国の時間ではなく、日本時間が基準となっています。日本時間0時~23時59分までを1日とみなします。

ソフトバンクのスマホユーザーであれば、海外でデータ通信をどれだけ使ったとしても1日で2,980円を超えることはありません。つまり、一昔前の“パケ死”ともいわれた高額請求におびえる必要はないといえるでしょう。

複数人で使う、PCで使うならポケットWi-Fiも便利

グループ旅行や家族旅行のように複数名でデータ通信を行う場合、ポケットWi-Fiも便利です。皆でシェアできるので一人当たりの料金は安くすみます。もちろん、またパソコンで仕事をしたい場合もポケットWi-Fiは安心です。

Wi-Fiレンタル

イモトのWi-Fi

早割りでお得にレンタル
jetfi(じぇっとふぁい) 分かりやすい料金プランが魅力
テレコムスクエア(Wi-Ho!) 業界最安値級
更新日