ahamo大盛りはおすすめ?他のプランと比較すると?

ahamo大盛りはおすすめ?他のプランと比較すると?
  • この記事のポイント
  • 2022年6月から提供開始のahamo「大盛り」オプションについて解説
  • 他の大容量プランと比べてahamo「大盛り」がお得かどうか検証

ニュース・キャンペーン情報

格安SIMの中でも高速で人気のUQモバイルが今ならお得

UQモバイルロゴ
  • au Pay最大10,000円分相当残高還元(au・povo以外からの乗り換え)
  • 自宅セットセット開始!auでんきや各種光回線と一緒に使うと、3GB990円
  • 人気のiPhone SEも月々694円からの分割払いで購入可能
UQ応援割  U18&家族  開始!
20GB 月額990円から
(最大12か月間)
UQモバイルのサイトを見る

ahamo大盛りオプションの概要

ドコモの高品質通信を格安で20Bも使えるahamoはサービスの開始以来好評を博しています。

そんなahamoが2022年6月からahamo大盛りと呼ばれる新たなサービスの提供開始を発表しました。

ahamo大盛りは月額1,980円で80GB追加のまさに「大盛り」オプション

ahamoの大盛りオプションは、月々のデータ容量に80GBが追加されるオプションです。

2022年6月から提供される新しいオプションで、月額料金は1,980円です。

ahamoのもともとのデータ容量は20GBで、基本料金は2,970円なので、トータルで100GBを4,950円で使うことが可能です。

ドコモの料金プラン「ahamo(アハモ)」
月額料金 2,970円(機種代⾦別途)
通信規格 4G・5G
データ容量 20GB
海外ローミング 海外82の国・地域での20GBまで無料(1)
通信速度
容量超過時
最大1Mbpsで通信可能
国内通話 5分以内の国内通話無料
超過後は30秒22円(2)
オプション 24時間かけ放題:1,100円/月
1GBデータ追加:550円
ahamo大盛り(80GBデータ追加):1,950円/月
サポート 原則オンラインのみ
ドコモショップでのサポートは税込3,300円:
・ahamo Webお申込みサポート(3)
・ahamo WEBお手続きサポート(4)

(1) 15⽇を超えて海外で利⽤される場合は速度制限がかかります。国内利⽤と合わせての容量上限です。
(2) 「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦ がかかります。
(3) ahamo専⽤サイトからのお申込みの補助を受けられるサービス。ただし、端末の操作自体は自分で行う必要あり。
(4) ahamoアプリおよび専⽤サイトからのお⼿続き補助を受けられるサービス。ただし、端末の操作自体は自分で行う必要あり。

ahamoについての注釈を見る ahamoについての注釈を閉じる

ahamo大盛りは誰向け?

ahamo大盛りは誰向けなのでしょうか?また、他のプランとして、本当におすすめなのでしょうか?

結論からいうと、セレクトラの診断は次の通りです。

ahamo大盛りは誰におすすめ?
  • 一人暮らしで、自宅にWiFi環境がない人
  • 外出先で大容量コンテンツをたくさん楽しみたい人
他のプランと比較して、ahamo大盛りは本当にお得?
  • 5Gギガホと比べると一人でもお得
  • 楽天モバイルと比べるとスピードやつながりやすさでahamoが優位
  • povo2.0と比べると、ahamoの方が使いやすい
  • ahamo大盛りは無制限ではない
  • 楽天モバイルと比べると、料金は割高

以下では、以上のセレクトラの診断内容を説明していきます。

そもそも100GBは必要?

「そもそも100GBも必要ないのではないか?」と思う人もいるかもしれません。

実際、統計データによると、ahamoのもともとのデータ容量である20GBは、スマホユーザーの9割のニーズを満たすとされているので、ほとんどの人には100GBも必要ないと思われます。

仮に必要になる場面があるとすれば、それは一人暮らしの方で自宅に光回線やホームルーターによるWiFi環境がない場合が考えられます。

ahamoではテザリング(スマホのギガを使ってパソコンなどの機器でインターネットを行うこと)を無料でデータ容量分行うことができます。このため、ドコモの高品質・高速通信が100GBあれば、一人暮らしの人なら1カ月のインターネットをテザリングで済ますこともできるでしょう。

また、仮に自宅でのインターネットもahamo大盛りでカバーできる場合、スマホとWiFiとを合わせて月々4,950円(通話料は除く)となりますが、これは光回線を契約する場合を考えると格安だということができます。実際、光回線は最安のものでも3,500円程度はしますので、ahamo大盛りの方が月々1,500円程度安くなります

外出先で大容量通信をよくする人にもahamo大盛りはおすすめ

自宅にWiFi環境がある場合でも、外出先で大容量通信をよく行う人にはahamo大盛りはおすすめです。

また、たしかに統計的には月々に20GB以上のデータを使う人は一部です。しかし、昨今通信量がどんどん増えてきており、今後も増加していくことを考えると、外出先でよくスマホを利用する人には考慮してみるとよいかもしれません。

特に、2020年から始まった5Gの普及により、今後はより大容量のコンテンツも増えて行くことが予測されます。

今まで外出先でスマホをあまり使ってこなかったという人も、ドコモの高品質通信を外出先で使ってみることにより、今までとは違ったスマホライフを体験することができるかもしれません。

ahamo大盛りと他のプランの比較

ahamo大盛りは、ドコモや他社の他のプランと比較すると、どの程度おすすめでしょうか?

大容量プラン・オプションのある次の4社(ブランド)と比べてみました。

5Gギガホプレミアとの比較

まずはahamoをドコモの5Gギガホプレミアと比較してみましょう。

ドコモの5Gギガホプレミアは、ahamoと同じくドコモの5G超高速通信を使うことができます。ahamo大盛りのデータの上限は100GBであるのに対して、5Gギガホの場合には、データを無制限に使うことができます。

比較の結論としては、ahamo大盛りはデータを無制限には使えないものの、5Gギガホプレミアと異なり、複雑な割引なしでも月々4,950円で大容量を使うことができるため、特に一人でドコモをお使いの人におすすめです。

逆に言うと、100GBを超えるデータを消費する人や、5Gギガホプレミアの最大割引を受けられるような人の場合、5Gギガホプレミアを選んだ方がよいでしょう。

料金比較

5Gギガホプレミアの割引なしの料金は、月額料金7,315円とahamo大盛りよりも2,300円程度高く設定されています。一人でドコモを使う人の場合、受けられる割引は、ドコモ光セット割とdカードお支払い割です。この場合、5Gギガホプレミアの月額料金は、6,028円です。ahamo大盛りの料金が4,950円は、5Gギガホプレミアの方が月々1,000円程度高くなることになります。

1,000円の違いで100GBが大容量になるのであれば、5Gギガホプレミアがいいかもしれないと思うかもしれません。しかし、冷静に考えると、自宅にはドコモ光を引いているのに、毎月100GBを超えるようなモバイルデータを消費する人はほとんどいないと思われます。

すると、ドコモ光を使って、5Gギガホプレミアを使う必要性があるというのは、現実的ではないでしょう。

一人でドコモを使うならahamo大盛りの方がおすすめ

これに対して、ahamo大盛りでは、ドコモ光などの光回線とのセット割引がなくても4,950円で100GBのデータを使うことができます。このため、一人暮らしで家のインターネットもスマホのテザリングで済ましたいという人には、ギガホプレミアよりもahamo大盛りの方がおすすめだといえるでしょう。

  • まとめ
  • ahamo大盛りのメリット:一人でも4,950円の料金で利用することができる
  • ahamo大盛りのデメリット:100GBまでしか使えない
  • 5Gギガホプレミアのメリット:無制限に使える
  • 5Gギガホプレミアのデメリット:高い・割引条件が複雑

楽天モバイルとの比較

ahamo大盛りを楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIと比較するとどうでしょうか?

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIとは?

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIは、データ容量1GBから無制限まで4段階で料金が変動する段階性のプランです。まったくデータを使わない月であれば、基本料金は0円で、データをどれだけ使ったとしても3,278円という驚異的なプランです。

新プランRakuten UN-LIMIT VIIの料金表
月額料金
(税込)
~1GB ~3GB ~20GB 20GB~
1,078円
(※2022年7月から料金が改訂されました。0円→1,078円)
1,078円 2,178円 3,278円
通信規格 4G・5G
通信容量 楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB/月
データ容量超過後も1Mbpsで通信可能
国内通話 Rakuten Linkのアプリを利用すればかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
公式サイト
Rakuten UN-LIMIT VIの料金表
月額料金(税込)
~1GB ~3GB ~20GB 20GB~
0円 1,078円 2,178円 3,278円
通信規格
4G・5G
通信容量
楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB/月
データ容量超過後も1Mbpsで通信可能
国内通話
アプリRakuten Link使用でかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
公式サイト

7月から楽天モバイルの料金が変更楽天モバイルの料金は7月1日をもって改訂され、Rakuten UN-LIMIT VIIになりました。新プランでは1GBまでの料金0円は廃止され、3GBまで1,078円・20GBまで2,178円・無制限3,278円の3段階制となります。
 格安SIM 比較
 格安SIMのMNP乗換えキャンペーン

料金の比較

料金の面で見ると、楽天モバイルの方が優勢であるといえます。

ahamo大盛りが100GB4,950円であるのに対して、楽天モバイルは無制限で3,278円です。つまり、楽天モバイルの方がahamo大盛りよりもデータを使うことができて、1,672円安い計算です。このため、単純にデータ容量・料金の面で見ると、楽天モバイルの方が優れているといえるでしょう。

通信品質の比較

データと料金では、楽天モバイルの方が優れているのに対して、通信品質や通信速度の面で見るとahamo大盛りの方が優れているといえます。

楽天モバイルは、2020年からドコモから電波を間借りしてサービスを提供するのではなく、楽天モバイルが自ら設営・維持している通信設備によりサービスを提供しています。これにより楽天モバイルは、通信が込み合う時間帯でも速い通信速度を維持することができるようになりました。

しかし、ドコモと比較すると、楽天モバイルよりもドコモの方が通信速度は速い傾向にあります。

とはいえ、楽天モバイルの平均的な通信速度はスマホでインターネットをする目的では十分に速いため、よほどの大容量データを利用するのでなければ楽天モバイルの通信速度で十分だといえるでしょう。

また、楽天モバイルは、ドコモと異なり、屋内にも届きやすい電波帯域(プラチナバンド)を国により与えられていません。このため、ドコモと比べると、楽天モバイルはお住いの環境によってはつながりにくい場所がある可能性があります。

しかし、裏を返せば、楽天モバイルが電波をお住まいの環境で問題なくつかむことができるのであれば、つながりやすさの面で楽天モバイルにデメリットはないことになります。

このため、生活環境において楽天モバイルを問題なく使える人であれば、楽天モバイルの方がサービス内容でも、料金の面でも優れているといえるでしょう。

  • まとめ
  • ahamo大盛りのメリット:楽天モバイルよりも通信が安定かつ速い
  • ahamo大盛りのデメリット:楽天モバイルよりも高い・データを使わない月にはオプションをキャンセルする手間がかかる
  • 楽天モバイルのメリット:ahamo大盛りより安い・従量制なので使わなかった月は勝手に安くなる
  • 楽天モバイルデメリット:ahamoほどは通信速度が速くなく、環境によっては電波がつながりにくい場合がある

乗り換え先No1!4大キャリアで満足度2年連続1位!

  • 他社からの乗り換えで最大20,000ポイント還元
  • データ使用量1GBまでなら無料&どれだけ使っても3,278円!
  • 光回線楽天ひかりもあわせて使えば1年間光回線代がゼロに(詳細

mineoとの比較

ahamo大盛りをmineoのパケット放題Plusとも比較してみましょう。

mineoのパケット放題Plusとは?

mineoのパケット放題Plusは、節約モードの速度が最大速度1.5Mbpsになり、データを上限なく使えるようになるというオプションです。毎月たくさんデータを使うという人にとっては、mineoのパケット放題Plusのオプションはよい選択肢の一つです。

mineo(マイネオ)「マイピタ」料金プラン
  1GB 5GB 10GB 20GB
データ通信専用 880円 1,265円 1,705円 1,925円
通話機能付き 1,298円 1,518円 1,958円 2,178円
パケット放題プラス データ節約モード時の通信速度が最大1.5Mbpsで使い放題
385円/月 無料
5Gオプション 無料
データシェア系オプション フリータンク:余ったデータ容量を入れておき、マイネオユーザーとシェアする(無料
パケットギフト:余ったデータ容量を他のマイネオユーザーに贈ることができる(無料
パケットシェア:繰り越したデータ容量をシェアグループで共有(無料
通話料 通常通話アプリ:22円/30秒
mineoでんわ:10円/30秒
10分かけ放題:550円/月
かけ放題:1,210円/月
公式サイト

通信容量・速度の比較

通信容量・通信速度についていうと、ahamo大盛りでは高速通信を100GBまで楽しめるのに対して、mineoのパケット放題Plusでは制限速度最大1.5Mbpsの速度が使い放題です。使い放題といっても、3日間で10GB以上使った場合には、制限がかかり、最大速度が200kbpsになるので、1カ月間に使えるデータ容量は300GB程度です。つまり、高速通信で100GBの上限があるか、1.5Mpbsの速度で300GBかという対比になります。

争点は、最大速度1.5Mbpsという通信速度が満足できるものか否かですが、mineoによる調査によると、これはユーザーの8割から9割が問題なく使用でき、満足できる速度であるという結果が出ています。このため、節約モードの速度であるといっても、mineoのパケット放題Plusはほとんどの人が快適に使えるスピードであるということになります。

mineo × Selectra 事務手数料無料キャンペーン
mineoに申し込む

料金の比較

料金についていうとどうでしょうか。ahamo大盛りが4,950円であるのに対して、mineoのパケット放題Plusは、1GBのプランにつけるとトータル1,683円で利用することができます。このため、おおざっぱに言って、mineoのパケット放題Plusはahamo大盛りの約3分の1の料金で利用することが可能です。

mineo × Selectra 事務手数料無料キャンペーン
mineoに申し込む
  • まとめ
  • ahamo大盛りのメリット:データが重いコンテンツでも高速通信で楽しめる
  • ahamo大盛りのデメリット:料金が高い
  • mineoのメリット:料金格安でデータ使い放題
  • mineoのデメリット:高画質での動画視聴や大容量ゲームなどは不向き

povo 2.0との比較

最後に、povo 2.0とahamo大盛りを比較してみましょう。

povo 2.0の料金プラン

povo 2.0はauによる格安オンライン専用プランです。基本データ容量は0GBで月額基本料金0円の状態から、好きなオプション(トッピング)を追加していき、自由にプラン内容をデザインすることができるのがコンセプトです。

このトッピングの中には、150GBの追加や24時間限定のデータ使い方があるため、大容量データが必要なユーザーのニーズにも応えられるプラン内容になっています。

povo 2.0料金プラン
ベースプラン
基本料金 0円
データ容量 0GB
通信速度
(容量0GB時)
最大128kbps
通話 30秒あたり22円
トッピング
データトッピング データ使い放題 (24時間):330円/回
1GB追加 (7日間):390円/回
3GB追加 (30日間):990円/回
20GB追加 (30日間):2,700円/回
60GB追加 (90日間):6,490円/回
150GB追加 (180日間):12,980円/回
コンテンツ
トッピング
DAZN使い放題パック (7日間):760円/回
smash.使い放題パック (24時間):760円/回
通話トッピング 5分以内通話かけ放題:550円/月
通話かけ放題:1,650円/月
サポート
トッピング
スマホ故障サポート:830円/月
povo 2.0の公式サイトを見る

データ容量・料金の比較

通信速度の面では、ahamo大盛りとpovo 2.0はどちらも高品質高速通信で5Gも利用できるので、ほぼ差はないといえるでしょう。このため、争点はデータ容量と料金です。

ahamo大盛りが100GB4,950円であるのに対して、povo 2.0の場合には

  • 60GB追加 (90日間):6,490円/回
  • 150GB追加 (180日間):12,980円/回
  • データ使い放題 (24時間):330円/回

という3つのオプションがあります。この点で、自由度はpovo 2.0の方が高いといえるでしょう。

他方で、60GBのトッピングにしても150GBのトッピングにしても、ahamo大盛りよりも料金が高いことには留意しなければなりません。

データ使い放題トッピングは?

データ使い放題のトッピングはどうでしょうか?

これは1回330円で、24時間なので、仮に毎日使ったとすると、およそ1万円です。しかし、現在のpovo 2.0の仕様だと、注文の時点から翌日の23時59分まで使えるようになっているため、実際にはその半額の4,950円程度、すなわちahamo大盛りと同じ程度の料金でデータを使い放題にすることができます。(povo 2.0の仕様は予告なく変更される可能性があります。)

単純に考えると、同じ料金でデータが使い放題のpovo 2.0の方がよさそうですが、povo 2.0のデメリットとしてはその都度トッピングを追加しなければならないので、手間がかかります。大したことはないという人もいるでしょうが、あらかじめデータを使うことが分かっている場合には、省けるステップであるため、ahamo大盛りの方がこの点では便利に感じる人もいるでしょう。

  • まとめ
  • ahamo大盛りのメリット:povo 2.0の60GB・150GBトッピングよりも安い
  • ahamo大盛りのデメリット:データ使い放題ではない
  • povo 2.0のメリット:ahamoよりも自由度が高い
  • povo 2.0のデメリット:使い放題のトッピングを数日おきに追加するのは人によっては面倒に感じられる

まとめ:ahamo大盛り

大盛りオプションの登場により、ahamoの使い方の幅がより広くなりました。

ただし、

  • ahamoを大盛りにした方がよい人は、一人暮らしでデータをよく使う人に限られており、
  • 仮にデータをたくさん使う場合でも、楽天モバイル・mineo・povo 2.0といった他の有力な選択肢がある

ことに注意しなければなりません。

おすすめSIM会社

通信品質トップクラス。新プラン「くりこしプラン+5G」では、割引なしで3GB1,628円(税込)と格安SIM最安級プランにデータを繰り越しできるのも魅力。

ソフトバンクグループになったLINEMO(ラインモ)。だからキャリア品質。LINEのデータ消費がカウントフリー(LINEギガフリー)。データ容量使い切ってもLINEの通信速度はそのまま。いまなら、通話オプション(5分)が1年無料!

更新日