乗り換え先No1!4大キャリアで満足度2年連続1位!

楽天モバイル
  • iPhone購入乗り換えで最大35,000ポイント還元
  • データ使用量1GBまでなら無料&どれだけ使っても3,278円!
  • 光回線楽天ひかりもあわせて使えば1年間光回線代がゼロに(詳細

【2022年最新版】デュアルsim最強の組み合わせはこれ!もう悩まないおすすめ4選

デュアルsim最強の組み合わせはこれ!
デュアルsim最強の組み合わせはこれ!

格安SIMの乗り換えでどこのブランドが一番良いのか、やはりまだ迷ってしまっている方は多いのではないでしょうか?実は「デュアルSIM」という方法があるんです。この記事では、デュアルSIMとは何か、そして、安くて便利に利用できるデュアルSIM最強の組み合わせを紹介していきます。

ここ数年、たくさんの格安SIMブランドがさまざまなプランやキャンペーンを打ち出して、価格競争が盛んになっています。

そんな中「やっぱりスマホのデータ通信はたくさんしたいけれど、しっかり安くしたい」「ちゃんと使えてとにかく安いプランを探したい」と思いながらも、どのブランドを選んでいいのか思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

また、楽天モバイルを契約したものの、回線品質に少し不満があり、今後どうしようか迷っている方もいるのではないでしょうか?

実は、ただ格安SIMに乗り換えるだけではなく、他に「デュアルSIM」を使うという方法があるんです。

この記事では、この「デュアルSIM」とは何か?そして、大容量通信をしながらも安くてお得になる組み合わせ、とにかく安く利用できる組み合わせ等、デュアルSIM最強の組み合わせを紹介していきます。

まず結論から申し上げますと、

  • デュアルSIM最強の組み合わせ
  • できるだけ安く電話かけ放題・データ通信し放題のプランを探している人
    →楽天モバイルとmineoの月額1,265円(税込)の組み合わせ
  • 電話もデータ通信もできてとにかく安いプランを探している人
    →楽天モバイルとpovoの月額0円の組み合わせ
  • 2つの電話番号からたくさん電話をする人・海外に行くことが多い人
    →楽天モバイルとahamoの月額2,970円(税込)の組み合わせ
  • 自分が使うデータ通信量を選んで無駄なく使いたい人
    →楽天モバイルとIIJmioの3GB月額440円~20GB月額1,650円(税込)の組み合わせ

となります。

それではまず、デュアルSIMとは何なのか、それから、それぞれのデュアルSIM最強の組み合わせの詳細を説明していきます。

デュアルSIMとは?

デュアルSIMとは、簡単に言い換えると「SIM2枚運用」です。「SIM2枚を使うと結局高くなるんじゃないの?」と思った方もいると思います。

実は、格安SIMの組み合わせ次第で、価格を抑えてしっかりデータの大容量通信ができたり、とにかく安くなったりするんです。

SIM料金プラン

各通信会社が用意している料金プランは、大きく分けて3つあります。

  1. 音声通話+データ通信
  2. データ通信専用
  3. 通話専用

「音声通話+データ通信」は、電話もインターネットもできる料金プランで、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアのほとんどがこのタイプです。

私達は、この両方できる料金プランに対応したSIMをスマホに挿すことで「電話もインターネットもできるスマホ」として利用できています。

格安SIM会社では、これを「音声SIM」「音声機能付きSIM」と呼んでいます。ただ、電話もインターネットも両方できる便利なプランなので、他のプランよりも値段は高くなっています。

また、他の方法として、電話かインターネットのどちらかの用途を限定することによって料金を抑えるプランもあります。

それが、「データ通信専用」「通話専用」のプランです。

特に「データ通信専用」プランは、提供している会社やプランが多数存在します。繰り返しになりますが、このプランはデータ通信専用で電話はできません

その代わりに、インターネットとデータ通信に特化していて、データ使用量無制限でも月額3,000円~4,000円で利用できます。

そして、「通話専用」プランは「データ通信専用」に比べると提供している会社や種類も多くはありません。まさに、携帯電話用で電話だけで良いという人にはぴったりなプランです。

デュアルSIMの仕組み

先ほども言ったように、「デュアルSIM」とは「SIM2枚運用」のことです。

このため、デュアルSIMの機能を利用すれば、2枚のSIMを1台のスマホに挿入して2つの電話番号や料金プランを利用できます。

つまり、用途に特化した「データ専用」と「通話専用」の2枚のプラン(SIM)を契約して、月額料金を抑えることができる仕組みとも言えます。

日本と世界のデュアルSIM

この仕組みのことを世界では一般的に「デュアルSIMデュアルスタンバイ(Dual SIM Dual Standby)」といい、頭文字をとって「DSDS」と記します。

日本ではこの単語はあまり聞かないですね。それには理由があります。日本でもともと発売されていたスマホは、SIMがロックされた状態のものがほとんどでした。

なぜなら、大手通信会社にとっては、自分が提供するSIM以外のSIMを挿入できるスマホは都合が悪かったからです。そのため、SIMフリーのスマホ自体が日本で流通していませんでした。

でも、やっと日本にも格安SIMが出てくるようになり、SIMロックを解除したスマホでデュアルSIMを使えるようになりました。

関連記事:
徹底比較:楽天モバイル(キャリア)vs 全10社を速度・料金比較

デュアルSIM最強の組み合わせ

それでは、大容量でも安くお得に使えるデュアルSIMの最強の組み合わせを紹介します。

まず、選ぶべきおすすめ料金プランの組み合わせはこちらです。

  1. 通話専用プラン:格安SIMの低用量音声SIM
  2. データ専用プラン:データ通信(容量は自分に必要な量)

格安SIMには、データ通信専用プランが用意されています。その場合、電話機能付きのプランよりも安くなっています。

内容としては、低速で通信量無制限のものから、データ量の上限ありで大容量のものもあります。

とはいえ、格安SIMの通信速度は、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアより遅いというのは、もうみなさんもご存知でしょう。

でも、このデュアルSIMの組み合わせによっては、通信品質の低下を避けて、大手キャリアに近い通信品質で大容量データを使える最強の組み合わせもあるんです。

それでは、デュアルSIM最強のおすすめの組み合わせを紹介していきます。

電話かけ放題・データ通信し放題で月額1,265円:
楽天モバイル(通話専用)x mineo(データ専用)

デュアルSIMで最もおすすめな最強の組み合わせは、第4のキャリアである楽天モバイルを通話専用として組み合わせることです。

まず、楽天モバイルをデータ容量1GB以下のプランでeSIMで契約すると、通話専用SIMとして料金を無料にすることができます

それは、楽天モバイルの通話専用のアプリ「Rakuten Link」を利用すると、国内どこへかけても無料になるシステムがあるからです。

楽天モバイル「UN-LIMIT VI」の料金表を見てみましょう。

Rakuten UN-LIMIT VIの料金表
月額料金
(税込)
~1GB ~3GB ~20GB 20GB~
0円 1,078円 2,178円 3,278円
通信規格 4G・5G
通信容量 楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB/月
データ容量超過後も1Mbpsで通信可能
国内通話 Rakuten Linkのアプリを利用すればかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
10分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
公式サイト
Rakuten UN-LIMIT VIの料金表
月額料金(税込)
~1GB ~3GB ~20GB 20GB~
0円 1,078円 2,178円 3,278円
通信規格
4G・5G
通信容量
楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB/月
データ容量超過後も1Mbpsで通信可能
国内通話
アプリRakuten Link使用でかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
10分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
公式サイト

データ容量を1GB以下にすれば、「Rakuten Link」を利用しながら月額料金を0円にすることができます。

通話は全て、折り返しの電話も必ず「Rakuten Link」のアプリを利用すれば、通話料は無料に抑えることができます。

この場合、気をつけないといけないのは、普段通話に使っている緑色のiOS標準の電話アプリを使うと、通常の通話料金30秒22円(税込)がかかることです。

それさえ気をつければ、楽天モバイルをeSIMで契約しデータ通信量は月1GB以内にすると月額料金は無料ということが実現できます。

そして、データ専用SIMで最強になりうるおすすめの組み合わせの一つは、mineoのデータ通信し放題のプランです。

mineoの料金表を見てみましょう。

mineoの料金表
データ容量 音声通話+データ通信
月額料金(税込)
データ通信のみ
月額料金(税込)
1GB 1,298円 880円
5GB 1,518円 1,265円
10GB 1,958円 1,705円
20GB 2,178円 1,925円

このように、mineoにはデータ通信のみのプランがあります。

更に、mineoには、オプションでネットも動画も最大1.5Mbpsで使い放題385円(税込)の「パケット放題Plus」というとってもお得なプランがあるんです。さらに、10GB・20GBプランの場合にはこれを無料でつけることができます。

mineoデータ通信し放題のプラン mineo1GBデータ通信のみ(月額880円)+パケット放題Plus(月額385円)
=月額1,265円(税込)

となり、mineoのデータ通信のみ1GBにパケット放題Plusを追加することで、データ通信し放題で月額1,265円とかなり安くなります。通信速度最大1.5Mbpは、動画視聴も問題なく楽しめる速度ですが、無制限データ容量を1,265円で利用できるのはうれしいですね。

mineo × Selectra 事務手数料無料キャンペーン
\このボタンから申し込みで事務手数料無料/
mineoに申し込む

関連記事:
mineo(マイネオ)の評判・口コミは?速度やデメリットも徹底調査

これに、通話専用として楽天モバイルをデュアルSIMで組み合わせます。

デュアルSIM最強の組み合わせ① 楽天モバイル0円(1GBまで)+ mineo1GBデータ通信のみにパケット放題Plus 1,265円
=月額1,265円(税込)

こうして、楽天モバイルとmineoをデュアルSIMで組み合わせれば、電話もかけ放題・データ通信もし放題で月額1,265円(税込)という最強の組み合わせが実現可能となります。

また、mineoは、ドコモ・au・ソフトバンクの回線から選べるので、楽天モバイルが繋がりにくい時に、mineoの回線で安定して使えるというメリットもあります。

  • 楽天モバイル x mineoの組み合わせの特徴
  • 電話かけ放題+データ通信し放題でまさかの月額1,265円のデュアルSIM最強の組み合わせ
  • mineoはドコモ・au・ソフトバンクの回線から選べるので安定の回線品質
  • Rakuten Linkアプリを使えば通話とSMSが無料で使える
  • 楽天モバイルの新規契約で楽天ポイントがもらえる
  • 楽天モバイルとmineoの2つの電話番号を持てる

おすすめな人

  • どこでも携帯のデータ通信を好きなだけ使えるデュアルSIM最強の組み合わせを探してる人
  • 通話もデータ通信もたくさんするけど、できるだけ安くしたいという人
  • 楽天モバイルは契約したけど通信品質に不安がある人

おすすめでない人

  • とにかく安いデュアルSIM最強の組み合わせを探している人
  • 基本的にスマホは会社や自宅のWi-Fiを使っている人
mineo × Selectra 事務手数料無料キャンペーン
\このボタンから申し込みで事務手数料無料/
mineoに申し込む

電話もデータ通信もできて月額0円のプラン誕生:
楽天モバイル(通話専用)x povo(データ専用)

2番目のデュアルSIM最強の組み合わせは、とにかく安い楽天モバイルとpovoの組み合わせです。

povoでは、基本料金は無料で、使うデータ容量をその都度トッピングしていくシステムになっています。

最新の料金プランPovo.2.0の料金表を見てみましょう。

Povo.2.0料金表
データ容量 データ追加1回当たりの料金(税込)
データ追加:1GB(7日間) 390円/回
データ追加:3GB(30日間) 990円/回
データ追加:20GB(30日間) 2,700円/回
データ追加:60GB(90日間) 6,490円/回
データ追加:150GB(180日間) 12,980円/回
データ使い放題(24時間) 330円/回

実は、povoはこの料金表にあるプランだけではないんです。

なんと、povoには「ギガ活」という普段のお買い物をするだけで使えるデータ容量を貯めることができるシステムがあるんです。

「ギガ活」とは? povo2.0において、日常のさまざまなお店やサービスの利用でギガ(データ)が貯まる、新しいギガチャージ活動のことを略して「ギガ活」と言います。

「ギガ活」には、日常で利用する店舗でギガを「もらう」、街中やバーチャルイベントなどに隠れているギガを「さがす」、抽選などでギガが「あたる」という3つの方法があります。

ローソン、ウェルシア、すき家など、コンビニ・薬局・レストラン・カラオケ等様々な場所の利用でギガを獲得することができます。

つまり、デュアルSIM最強の組み合わせの1つが、基本料金0円の楽天モバイルとpovoを組み合わせて、povoの「ギガ活」で無料ギガを獲得し、まさかの月額0円を実現する方法です。

povo 2.0ギガ活の詳細
300MB(3日間)
税込400円以上購入
サードプラネット
税込500円以上購入
  • 3×3 Hoop City
  • BANANA STAND
  • menu
  • ウエルシアグループ
  • エクセルシオール カフェ
  • カフェ レクセル
  • カフェ・テラス・ヴェルト
  • カフェ・ド・クリエ
  • クスリのアオキ
  • コナズ珈琲
  • サンドラッグ
  • すき家
  • ステーキ屋松
  • ダイレックス
  • ドトールコーヒーショップ
  • ドトール珈琲店
  • ドトール珈琲農園
  • ドラッグトップス
  • ナチュラルローソン
  • はま寿司
  • パンの田島
  • ビッグエコー
  • マイカリー食堂
  • メゾン・ド・ヴェール
  • ローソン
  • ローソンストア100
  • 三島スカイウォーク
  • 丸亀製麺
  • 手ぶら de BBQ
  • 日高屋
  • 本と珈琲 梟書茶房
  • 松そば
  • 松のや
  • 松屋
  • 松軒中華食堂
  • 神乃珈琲
  • 銀座deフットサル
  • 餃子の王将

クリックして詳細を見る クリックして詳細を閉じる

税込500円以上購入
  • 3×3 Hoop City
  • BANANA STAND
  • menu
  • ウエルシアグループ
  • エクセルシオール カフェ
  • カフェ レクセル
  • カフェ・テラス・ヴェルト
  • カフェ・ド・クリエ
  • クスリのアオキ
  • コナズ珈琲
  • サンドラッグ
  • すき家
  • ステーキ屋松
  • ダイレックス
  • ドトールコーヒーショップ
  • ドトール珈琲店
  • ドトール珈琲農園
  • ドラッグトップス
  • ナチュラルローソン
  • はま寿司
  • パンの田島
  • ビッグエコー
  • マイカリー食堂
  • メゾン・ド・ヴェール
  • ローソン
  • ローソンストア100
  • 三島スカイウォーク
  • 丸亀製麺
  • 手ぶら de BBQ
  • 日高屋
  • 本と珈琲 梟書茶房
  • 松そば
  • 松のや
  • 松屋
  • 松軒中華食堂
  • 神乃珈琲
  • 銀座deフットサル
  • 餃子の王将

クリックして詳細を見る クリックして詳細を閉じる

税込900円以上購入
夢を語れ 札幌
1GB(7日間)
2,000円以上購入
  • plywood
  • WANG'S GARDEN
  • うしメロ
  • オーケー
  • plywood
  • WANG'S GARDEN
  • カインズ
  • こだわりのれん街
  • すしの和
  • ヒマラヤ
  • ベイシア
  • ミライザカ
  • 三代目鳥メロ
  • 千年の宴
  • 山内農場
  • 焼肉の和民
  • 白木屋
  • 目利きの銀次
  • 笑笑
  • 魚民
  • うしメロ
  • オーケー
  • カインズ
  • こだわりのれん街
  • すしの和
  • ヒマラヤ
  • ベイシア
  • ミライザカ
  • 三代目鳥メロ
  • 千年の宴
  • 山内農場
  • 焼肉の和民
  • 白木屋
  • 目利きの銀次
  • 笑笑
  • 魚民

クリックして詳細を見る クリックして詳細を閉じる

3GB(30日間)
7,000円以上購入
AOKI
20GB(30日間)
税込20,000円以上購入
アート引越センター
楽天モバイル vs. povo 2.0:料金プラン比較(税込)
  楽天モバイル(UN-LIMIT VI) au povo2.0
契約事務手数料 0円 0円
月額基本料 0円 0円
解約金 0円 0円
データ容量 0GB 0円 (*) 0円
~1GB 390円(7日間)
~3GB 1,078円 990円(30日間)
~20GB 2,178円 2,700円(30日)
20GB超 無制限:3,278円 60GB:6,490円(90日)
150GB:12,980円(180日)
データ使い放題:220円(24時間)
公式サイト 確認する 確認する

(*)1回線目。2回線目以降は0~3GBまで1,078円。

デュアルSIM最強組み合わせ② 楽天モバイル0円(1GBまで)+povo 0円+ギガ活で無料ギガを獲得=月額0円

このようにして、povoのギガ活をすることで、電話もデータ通信もできて月額0円という破格の安さでデュアルSIMの最強の組み合わせが誕生します。

  • 楽天モバイル x povoの組み合わせの特徴
  • 電話もデータ通信もできて月額料金0円を実現したデュアルSIM最強の組み合わせ
  • 楽天モバイルもpovoも基本料金は0円
  • povoの「ギガ活」をして普段の買い物で無料ギガを獲得できる
  • Rakuten Linkアプリを使えば通話とSMSが無料で使える
  • 楽天モバイルの新規契約で楽天ポイントがもらえる
  • 楽天モバイルとpovoの2つの電話番号が持てる

おすすめな人

  • 通話もデータ通信もしてとにかく安いデュアルSIMの最強の組み合わせを探している人
  • 基本的にスマホは会社や自宅のWi-Fiを使っている人
  • 普段の買い物でポイント(無料ギガ)を貯めるのが得意な人

おすすめでない人

  • できるだけどこでも快適に通話もデータ通信もできるデュアルSIM最強の組み合わせを探している人
  • 携帯のデータ通信をたくさん使うという人
  • 普段の買い物でポイント(無料ギガ)を貯めるのが面倒だという人

5分かけ放題に海外ローミングまで付いて21GB月額2,970円:
楽天モバイル(通話専用)x ahamo(データ専用)

3番目のデュアルSIMの最強の組み合わせは、楽天モバイルとahamoの組み合わせです。

ahamoがドコモ回線なので、ドコモと同じ回線品質で安定したデータ通信が可能です。

楽天モバイルが繋がりにくい時にドコモ回線のahamoに切り替えられるのは、ドコモ利用者にとってはとても嬉しいですね。

月額料金は安くはしたいけど、やっぱり普段の回線品質の良さを保てるデュアルSIM最強の組み合わせを探している方におすすめです。

それでは、ahamoの料金表を見てみましょう。

ahamo料金表
データ容量 月額料金 オプション付き(無料)
20GB 2,970円 国内5分通話かけ放題
海外ローミング20GBまで無料

ahamoはシンプルにプランは1つだけになります。

データ通信は毎月20GBまで利用でき、電話は国内5分まで通話かけ放題がついています。さらに、海外に行った時にもローミングが20GBまでが無料となります。

海外ローミングが20GBまで利用できるのは、他の格安SIMブランドにはありませんね。海外に行くことが多い人にはこのデュアルSIMの組み合わせは最強です。

デュアルSIM最強の組み合わせ③ 楽天モバイル0円(1GBまで)+ ahamoの1プラン2,970円(20GB)=月額2,970円(税込)

このように、ドコモ回線で21GB月額2,970円(税込)というデュアルSIM最強の組み合わせが誕生します。

  • 楽天モバイル x ahamoの組み合わせの特徴
  • ドコモ回線のahamoで安心の回線品質で毎月21GBも使えるコストパフォーマンス最高なデュアルSIM最強の組み合わせ
  • 楽天エリアの通信が不安定な時にドコモ回線のahamoに切り替えて使える
  • Rakuten Linkアプリを使えば通話とSMSが無料で使える
  • ahamoの番号からも国内いつでも5分通話かけ放題
  • 海外ローミングが毎月20GBまで無料
  • 楽天モバイルの新規契約で楽天ポイントがもらえる
  • 楽天モバイルとahamoの2つの電話番号が持てる

おすすめな人

  • ドコモ回線で安定した回線品質を維持したデュアルSIM最強の組み合わせを探している人
  • 月額料金を安くはしたいけど回線品質は落とさずに快適なデータ通信をしたい人
  • ahamoの電話番号からも5分間の通話をたくさんする人
  • 携帯からのデータ通信はある程度必要という人
  • 海外に行くことが多い海外ローミングを使うという人

おすすめでない人

  • とにかく安いデュアルSIM最強の組み合わせを探している人
  • 携帯のデータ通信はあまり使わないという人
  • ドコモ回線レベルの通信品質が必要ではない人
  • 海外にあまり行かない人
  • 楽天モバイルの番号からしか電話をしない人

データ量が選べて3GB月額440円から20GB月額1,650円:
楽天モバイル(通話専用)x IIJmio(データ専用)

4番目のデュアルSIM最強の組み合わせは、楽天モバイルとIIJmioの組み合わせです。IIJmioは、eSIMで利用した時のプランがとても安くてお得になっています。

eSIMとは、SIMカードを発行せず、スマホにSIMのデータをダウンロードして通信を可能にする格安SIMのことです。

IIJmioのeSIM料金表は次の通りです。

IIJmioのeSIM料金表
データ容量 月額料金(税込)
2GB 440円
4GB 660円
8GB 1,100円
15GB 1,430円
20GB 1,650円

最も安いプランを求めるならば、3GBで月額料金440円という格安なデュアルSIM最強の組み合わせになります。

楽天モバイル0円(1GBまで)+ IIJmioのeSIM最安値440円(2GB)=3GB月額440円(税込)

デュアルSIM最強の組み合わせ④−1 楽天モバイル0円(1GBまで)+ IIJmioのeSIM最安値440円(2GB)=3GB月額440円(税込)

また、データ通信はしっかり使いたいけどできるだけ安くしたいという方でしたら、21GBで月額料金1,650円(税込)という格安なデュアルSIM最強の組み合わせになります。

デュアルSIM最強の組み合わせ④−2 楽天モバイル0円(1GBまで)+ IIJmioのeSIM最大データ通信1,650円(20GB)
=21GB月額1,650円(税込)

このように、楽天モバイルとIIJmioの組み合わせは、自分が利用する分の通信量に合わせてプランが選べるのが嬉しいですね。

  • 楽天モバイル x IIJmioの組み合わせの特徴
  • 楽天モバイルとIIJmioのeSIMで、国内通話かけ放題にデータ容量21GBで月額1,650円(税込)という安さのデュアルSIM最強の組み合わせ
  • 自分が使うデータ通信量を選べるので無駄なく利用できる
  • 楽天エリアの通信品質が不安定な時にドコモ回線を使っているIIJmioに切り替えられる
  • Rakuten Linkアプリを使えば通話とSMSが無料で使える
  • 楽天モバイルの新規契約で楽天ポイントがもらえる
  • 楽天モバイルとIIJmioの2つの電話番号が持てる

おすすめな人

  • データ通信をたくさんする時としない時がある人
  • 自分が使うデータ通信量は選んで無駄なく利用したい人
  • データ通信はある程度したいけどできるだけ安くしたい人
  • 楽天エリアの回線品質にはまだ不安な人

おすすめでない人

  • とにかく安いデュアルSIM最強の組み合わせを探している人
  • データ通信はあまりしない人

このように、色々な最強の組み合わせでお得に利用できるデュアルSIMですが、実はメリットだけではなく注意点もあります。

次の章では、デュアルSIMのメリットとデメリットを見ていきましょう。

デュアルSIMのメリット

2枚のSIMの組み合わせによって最強にお得なプランが可能

デュアルSIMを使うことによって、さまざまな2つのSIMの組み合わせができます。

この組み合わせ次第では、自分の使い勝手に一番合っていて一番お得な最強の組み合わせを見つけることもできるのです。

前の章でおすすめの最強の組み合わせを紹介しましたが、このように自分に合った最強の組み合わせが見つかれば、1枚のSIMで使うよりとてもお得になります。

実際に利用者の評判を見てみましょう。

【コスパ最強スマホプラン】
楽天モバイル×mineo💡

✅通話は楽天モバイルのRakutenLinkで無料
✅データ通信はmineoのオプションで無制限
これで月1,265円は神コスパです!私も使ってます!
ポイントはデュアルSIM端末の使用。

スマホ代を5,000円節約して投資に回せば、20年後は200万円になってます💰

— ねもん@業務改善コンサル (@KAIZENnemon) January 29, 2022

知らないと損をするという実話。義理の父が「スマホの通信費が高い」とのことなので、使い方を聞いてデュアルSIMでの最適な組合せの提案と設定をしてあげた。めちゃくちゃ喜んでくれて、感謝してもらえた。何が言いたいかというと、勉強は最高にコスパがいい。知らないと損をすることはいっぱいある。

— エースケ@副業ブログ×外注化 (@eisuke820) January 4, 2022

povoで発行したeSIMをiPhoneに設定して、デュアルSIMにしました。

auの使い放題MAXは3GB/月以下だと割引されるので、微妙なときはpovoにデータを流せば節約になります。
(povoのギガは都度購入で、維持費は0) pic.twitter.com/dJ0q87YY49

— 広瀬彰太郎@4/17ネスペ受験 (@hirose_sh) January 30, 2022

プライベートと仕事で番号の使い分けができる

デュアルSIMを使うことで、2つの電話番号を持つことができます。スマホ1台で、仕事用とプライベート用の携帯に分けられるのはとても便利ですね。

実際に利用者の評判を見てみましょう。

xiaomi mi 11 lite 5gコスパ最強端末だけどゲーム関係熱暴走にめっぽう弱いからスマホでバトロワしたい人買わないほうが良いかも…😥

PUBGm出来なくはないスムーズ極限

ff7fsは話にならない最低設定でも無理

デュアルsimでLINEアカウント2つ使い分け出来るのは◎🤗
LINEの使い分けは最高すぎた!

— FPS_vajra_LOG (@fps_vajra_log) February 1, 2022

番号の使い分けだけでなく、LINEのアカウントを2つ持つことも可能です。このように、自分に合った使い方を見つけられるのは嬉しいですね。

通信回線の状況によって使い分けができる

デュアルSIMを利用すると、2つの番号、つまり2つの回線を持つことができます。

このことによって、電波が悪くなったり通信速度が遅くなった時には、もう一つの回線を使ってより回線品質の良い環境を選択することができるんです。

例えば、自宅では楽天モバイルの電波が悪かったとしても、すぐもう片方の回線に切り替えることで常に快適な回線品質を維持することができます。

では、実際に利用者の評判を見てみましょう。

 

会議室楽天死亡
やっぱpovoとデュアル SiMにしてよかった・・・ pic.twitter.com/YqdhHX1lD7

— うにゃ®@4y+1y (@unya_ikuji_1228) January 31, 2022

海外に行っても日本のSIMと海外のSIMを併用できる

また、デュアルSIMを利用することによって、海外へ行った時には本当に便利な使い方ができるんです。

日本のSIMと、渡航した国のSIMをデュアルSIMで使うと、同時に両方の国の電話受信が可能になり、どこの国にいるかも関係なく通信環境を整えることができます。

SIMカードの差し替えも必要ないので、SIMカードの紛失や損傷も避けられるので便利です。

実際に利用者の評判を見てみましょう。

2カ国を頻繁に行き来する人へお勧めなガジェット
デュアルSimのスマホ
いつでも両国の電話受信出来るしショートメッセージも届くので銀行アプリ等の本人確認等のSMSにも対応出来ちゃう😊
僕はiPhoneのデュアルSim
2台持ちが煩わしい方にお勧めです。 pic.twitter.com/PPAohhdi64

— 🇯🇵 Ryo Ishii 🇹🇭 (@peronen) February 3, 2022

デュアルSIMのデメリット

デュアルSIM対応のスマホでも4Gに対応できない?

デュアルSIM対応のスマホでも、2枚のSIMのうち片方は4G/3Gに対応しているのに、もう片方が3Gにしか対応していないことがあります。

特に、auが出しているSIMには注意が必要で、デュアルSIM対応のスマホでも、「VoLTE専用SIM」だと3Gしか対応していないところに挿すと利用できません。

2枚のSIMは同時に利用できない

SIM1枚運用とは異なり、基本的には、SIM2枚運用だと電話をしながらインターネットを利用することができません。

海外だと、「Dual Sim Dual Active(DSDA)」対応といい、SIM2枚を同時に利用できる、つまり電話をしながらインターネット利用ができるデュアルSIMもあります。

ただ、日本では限られており、ほとんどのスマホがDSDAには対応していません。

スマホの消費電力があがる

デュアルSIM対応のスマホを使っていると消費電力が上がるということも、デュアルSIMのデメリットとして考えられます。

デュアルSIMでは、2枚のSIMが同時に電波を追う状態になるので、自然と電力の消費は増えてしまいますね。

対応スマホに関しては、大容量バッテリーがあるものを選ぶのが大事でしょう。

利用する時は、デュアルSIMは電力消費があるものだと理解して使うのがよいですね。

おサイフケータイに対応してないことが多い

では実際の利用者の評判を見てみましょう。

香港版iPhoneでもおサイフ使えるなら、もう日本版買う必要ないなww
シャッター音ないしデュアルsimやしで日本版の完全上位互換 pic.twitter.com/cGFuhPC2zy

— はっすー@ガジェット系TikToker (@hasuyan_gadget) January 30, 2022

Xiaomiが日本で販売している全SIMフリースマホ(=デュアルSIM対応スマホ)で緊急通報できない不具合が確認されました......😢https://t.co/dAOAa3dTvu

— やずX@XiaomiとOPPOが大好きブロガー (@F10Dfjtu) February 1, 2022

デュアルSIM対応のスマホが限られてしまう

そして、とても便利でお得な使い方ができるデュアルSIMですが、このシステムに対応したスマホの機種が限定されてしまっているのが現状です。

海外では、デュアルSIMのそれぞれの種類に対応したスマホが数多く販売されています。それに比べて、日本ではデュアルSIM自体があまり浸透していません。

自分がどんなデュアルSIMを利用したいか、そして、それに対応しているのはどのメーカーのどの機種なのか、しっかりリサーチする必要があります。

デュアルSIM対応のスマホのおすすめを紹介した記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:
デュアルSIMのメリットは?

顧客満足度の高い格安SIMで、通信品質の高さも特徴。新プラン「マイピタ」はデータ増量・価格は値下げとさらにお得に。5Gも利用可能

デュアルSIM最強の組み合わせのまとめ

この記事では、デュアルSIMとは何か、デュアルSIM最強の組み合わせはどんなものがあるかを見てきました。

デュアルSIM最強の組み合わせのまとめとして、

  1. できるだけ安く電話かけ放題・データ通信し放題のプランを探している人
    →楽天モバイルとmineoの月額1,265円(税込)の組み合わせ
  2. 電話もデータ通信もできてとにかく安いプランを探している人
    →楽天モバイルとpovoの月額0円の組み合わせ
  3. 2つの電話番号からたくさん電話をする人・海外に行くことが多い人
    →楽天モバイルとahamoの月額2,970円(税込)の組み合わせ
  4. 自分が使うデータ通信量を選んで無駄なく使いたい人
    →楽天モバイルとIIJmioの3GB月額440円~20GB月額1,650円(税込)の組み合わせ

の4つの最強の組み合わせがあります。みなさんも、自分のスマホの使い方を見直して、自分に1番合ったプランをしっかり選びましょう。

おすすめSIM会社

通信品質トップクラス。新プラン「くりこしプラン+5G」では、割引なしで3GB1,628円(税込)と格安SIM最安級プランにデータを繰り越しできるのも魅力。

ソフトバンクグループになったLINEMO(ラインモ)。だからキャリア品質。LINEのデータ消費がカウントフリー(LINEギガフリー)。データ容量使い切ってもLINEの通信速度はそのまま。いまなら、通話オプション(5分)が1年無料!

更新日

価格表示について 2021年4月1日以降、各種サービスの料金は総額(税込)での表示が義務づけられています。当サイトでは順次表示の切替を進めておりますが、一部の記事及び掲載中のサービス提供元のサイトで表示が切り替えられていない可能性があります。料金をご参照いただく際は十分ご注意ください。
セレクトラのらくらく窓口ではインターネットのお申し込みに関するご相談を受付中。電話予約はこちら