電気の解約を忘れて引っ越したらどうなる?

電気の解約を忘れて引っ越したらどうなる?
電気の解約を忘れて引っ越したらどうなる?

お引っ越しの際、以前の住居で電気の使用停止の申し込みを忘れてしまったらどうなるのでしょうか?引っ越し時の電気の解約について確認しましょう。また、引っ越し先で契約できる新電力もご紹介します。

引っ越しの際の電気の使用停止

そもそも、引っ越しで電気の解約の手続きは必要?

引っ越し前に電気の解約はした?
あれ?電気の解約ってどうすればいいんだっけ・・?

引っ越しをする際、元の住居の電気は自分で解約する必要があります。

同じ家で電力会社を切り替える場合には、新しい電力会社が元の電力会社に対して解約手続きを行ってくれるため、私たちが自分で何かすることはありません。しかし、同じ家での電気の切り替えと違い、引っ越しの場合は自分で手続きを行わないと契約が停止されません。注意しましょう。

電気の解約手続きを忘れてしまった。どうしたらいい?

ただし、例え「電気の解約をしなくちゃ・・」と思っていても、引っ越しでやることがたくさんあって、うっかり手続きを忘れてしまった!ということもあるかもしれません。

そんな時は、気づいた時点で速やかに元の電力会社に連絡しましょう。

引っ越し後に解約手続きを行う場合、電力会社にもよりますが、解約日は「手続きをした日」、「供給終了措置が終わった日」などと設定されていることがほとんどです。つまり、残念ですが、解約日をさかのぼることはできません

そして、電気を解約する場合、電気代は、前回の検針日から利用停止日までを日割りして計算されます。つまり、手続きが遅れれば遅れるほど損になってしまうということです。

ですので、解約忘れは気づいた時点で速やかに電力会社に連絡することが重要です。

電気はどうやって解約するの?

通常、解約手続きはオンラインもしくは電話での受付となります。ただし、引っ越し日を過ぎて解約手続きをする場合、オンラインでなく電話での受付となる場合が多いようです。電力会社のホームページ等で確認し、その指示にしたがって手続きを行ってください。

解約の際、特別な書類などを求められることはありませんが、「お客様番号」があると手続きがスムーズです。検針票に記載されていますので、お手元に用意しておくとよいでしょう。

電気の解約を忘れて引っ越してしまったら?まとめ

本当は引っ越し前にきちんと済ませておきたい電気の解約手続きですが、忙しいとつい忘れてしまうこともあるかもしれません。

引っ越し後すぐであれば、たとえ支払う電気代が増えてしまうとしても、もう電気を使っているわけではないので、高額になる可能性は低いでしょう。また、電気の解約手続き自体も難しくありません。気づいた時点で、慌てず、速やかに、電力会社に連絡することが大切です。

新居での電気契約

2016年の電力小売り自由化以来、大手電力会社の従来プランよりも安い料金を提供する新電力がたくさん登場しました。電気は選べる、というのが常識になりつつある今、「引っ越しをきっかけに、新電力にしてみようかな」と考えている方も多いのではないでしょうか。

ただし、新電力の中には、同じ家内での電力会社の切り替えは受け付けていても、引っ越しと同時の契約を受け付けていない会社(入居後一定期間経ってからでないと契約できない会社)も多くあります。 そこで、引っ越しと同時にオンラインで契約可能な新電力を以下にご紹介します。

また、セレクトラのコールセンター「03-4571-1508」でも、引っ越し先で申し込めるお得な電気料金プランをご紹介しています。新居で使う電気に迷ったら、ぜひご相談ください。

切り替え・引越し時の新電力の対応一覧と各社の電気料金プランの特徴
新電力会社 プランの特徴
Looopでんき
公式サイト

Looopでんき

  • 基本料金がゼロ円・電力料金も一段階と最もシンプルで分かりやすいプラン
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる
  • 沖縄を除く日本全国にサービスを展開
 
リミックスでんき
公式サイト

リミックスでんき

  • 大手電力会社の従量電灯プランより5%安くなる
  • 使用量が少なくても確実に安くなるのが魅力
  • 沖縄を除く日本全国にサービスを展開
 
ジニーエナジー
公式サイト

ジニーエナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランと比べて基本料金が半額
  • 300kWh以上利用する家庭なら大手電力会社よりもお得になる。
  • 市場価格に応じて、毎月電気料金が変動するのが特徴。
 
HTBエナジー
公式サイト

HTBエナジー

  • 50A・60Aなら、基本料金半額で従量料金が1段階で低価格
  • 40A以下なら最大9%大手電力会社より安くなる
  • 関西・中国・四国・沖縄エリアでは、電力量料金が安くなるプランが選べる
  • 沖縄を含む全国で利用できる。
 

公式サイト

シン・エナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランから基本料金・従量料金がそれぞれ安くなる。
  • 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。
  • 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。
 
エルピオでんき
公式サイト

エルピオでんき

  • 関東・関西・中部・東北・九州など全国で展開する
  • 定額プランが充実しており、普段から電気を多く使う家庭や店舗にオススメ
  • エルピオのLPガスを利用すると毎月100円引き
 
J:COM電力
公式サイト

J:COM電力

  • 従量電灯プランに比べて電力量料金が安くなる
  • 東京電力や関西電力のあらゆるオール電化プランに対応
  • ケーブルテレビ・インターネット・モバイル・都市ガスとセットで割引
 
CDエナジーダイレクト
公式サイト

CDエナジーダイレクト

  • 東京電力エリアで利用できて、基本料金・電力量料金が安くなる
  • Amazonプライムなどエンタメサービスが付いてくるプランがある
  • 都市ガスとのセットや、オール電化プランにも対応している
 
東京ガス
公式サイト

東京ガスの電気

  • 350kWh以上電気を使用した場合の1kWhあたりの料金単価がかなり割安
  • 東京ガスの都市ガスとセットで毎月270円お得
  • 東京電力エリアでのみ利用可能
 
ENEOSでんき
公式サイト

ENEOSでんき

  • 東京電力・中部電力・関西電力エリアで利用できる
  • 東京電力エリアでは120kWh以上の電力量料金が安い
  • 中部電力エリアでは電力量料金が安い
  • 関西電力エリアでは基本料金(最低料金)と電力量料金が安い
 
どうぶつでんき
公式サイト

どうぶつでんき

  • 沖縄を除く全国で利用できる電気料金プラン
  • 基本料金もしくは、電力量料金の一部が従量電灯プランより安くなる
  • 使用料の一部が動物愛護団体に寄付される
更新日