ご注意:燃料価格の高騰に伴う「燃料費調整額」の増額について 長期化する燃料価格の高騰によって、各電力会社の「燃料費調整額」も高くなっています。ご契約を検討する際には、電力会社の公式サイトにて「燃料費調整額」をご確認ください。また、都市ガスも同様に「原料費調整額」が上昇しています。
 燃料費調整額について詳しく見る

電話で電気・ガス切替相談

【広告】引っ越し先の電気・都市ガスのお申し込みは

0120-013-605 または


引っ越し先で最短で利用できる電気料金プラン・ガス料金プランのご紹介とお申し込みができます。 ▷営業時間・ご利用方法について確認する


セレクトラのらくらく窓口(東京電力のパートナー企業ではありません) 広告

東京電力EPの問い合わせ電話番号は記事本文の記載をご確認ください。

【広告】引っ越し先の電気・都市ガスのお申し込みは

0120-013-605 または
  • 今から加入できる電気とガスを提案
  • 引越し直前でも大丈夫
  • 東京電力の電気・ガスも受付中

営業時間・ご利用方法についてはこちら


セレクトラのらくらく窓口(東京電力のパートナー企業ではありません) 広告

電話で電気・ガス切替相談

【広告】引っ越し先の電気・都市ガスのお申し込みは


セレクトラのらくらく窓口ではお引っ越し先の電気・ガスの新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

【広告】引っ越し先の電気・都市ガスのお申し込みは


セレクトラのらくらく窓口ではお引っ越し先の電気・ガスの新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

東京電力の引っ越し手続き(電気の解約・電気の開始)

東京電力の引っ越し手続き(電気の解約・電気の開始)
東京電力の引っ越し手続き(電気の解約・電気の開始)

引っ越しに伴い、東京電力の契約を解約したい方や、引っ越し先で東京電力を利用したい方向けに「東京電力の引っ越し手続き」をまとめました。

引っ越すので東京電力を解約したい

引っ越しに伴い東京電力を解約する場合は、東京電力に電話もしくはインターネット経由で申し込みましょう。

引っ越し先でも東京電力を引き続き利用する場合でも、現住所における電気の解約手続きが必要になります。引っ越しの日程が決まったら早めに、東京電力に申請しましょう。

電気の解約の連絡先(東京電力)

引っ越しに伴う解約手続きの連絡先は以下の通りです。

コールセンター
電話で手続き
東京電力のコールセンターは、地域別・要件別に電話番号が異なります。
 地域別・要件別の電話番号を確認する
公式サイトネットで手続き 東京電力の解約申し込みフォームです。解約と同時に新しい住所で東京電力を利用する場合と、解約のみの場合とお申し込みフォームが異なります。
 解約と開始の両方を手続きする(外部リンク)
 解約の手続きのみ行う(外部リンク)
引越れんらく帳
ネットで手続き
東京電力の解約手続きが行えます。利用するには会員登録が必要です。
 引越れんらく帳で解約を行う(外部リンク)

電話で電気・ガス切替相談

💡お引っ越し先の電気・都市ガスのお申し込み🔥

0120-013-605 または


最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。
【セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口】

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

💡新居の電気・都市ガスお申し込み🔥

0120-013-605 または


最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。
【セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口】


営業時間・ご利用方法についてはこちら

 東京電力の公式サイトから引っ越し手続きを行う際の注意点

東京電力の公式サイトでは、引っ越しの31日前から申し込みを受け付けています。電気の使用開始手続きはぎりぎりになってしまうと引っ越し当日に電気がつかない可能性もあります。電気の使用開始手続きは余裕をもって行いましょう。東京電力は、3営業日前までの申し込みを推奨しています。

電気の解約に必要な情報(東京電力)

引っ越しに伴い、東京電力の電気の解約をするために必要な情報は以下の通りです。

東京電力のお客さま番号は検針票や、会員制Webサービス会員制Webサービス「くらしTEPCO Web」で確認できます。お客さま番号が分からない場合、インターネットでの手続きはできません。

東京電力お客さま番号
東京電力の場合、お客さま番号は検針票の下部に記載があります。(東京電力ホームページより転載)

東京電力の解約手続きについてより詳細を確認したい場合は、以下の記事も参考にしてください。

 東京電力の解約手続き

東京電力の解約が終わったらすること

解約手続きが終わったら、必ず引っ越し先の電気開始手続きも必ず行いましょう。

引っ越し先の地域によって選べる電力会社や料金プランは異なります。それぞれのエリアごとにおすすめの電力会社をまとめましたので、電力会社選びの参考にしてください。

電話で電気・ガス切替相談

💡お引っ越し先の電気・都市ガスのお申し込み🔥

0120-013-605 または


最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。
【セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口】

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

💡新居の電気・都市ガスお申し込み🔥

0120-013-605 または


最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。
【セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口】


営業時間・ご利用方法についてはこちら

引っ越し先で東京電力を利用したい

関東エリアに引っ越すことが決まり、東京電力を利用したい場合は、東京電力に電気の開始手続きを行う必要があります。

また、東京電力は関東エリア以外にも進出しており、沖縄と一部離島を除く全国で利用することができます。

いずれの地域で東京電力を利用する場合も、必ず事前に東京電力に電気の開始手続きを行いましょう。

電気の開始の連絡先(東京電力)

引っ越し先で東京電力を利用する場合の申し込み先は以下の通りです。

コールセンター
電話で手続き
東京電力のコールセンターは、地域別・要件別に電話番号が異なります。
 地域別・要件別の電話番号を確認する
公式サイトネットで手続き 東京電力の利用開始申し込みフォームです。東京電力の解約と同時に新しい住所で東京電力を利用する場合と、開始のみ場合とお申し込みフォームが異なります。
 解約と開始の両方を手続きする(外部リンク)
 開始の手続きのみ行う(外部リンク)
引越れんらく帳
ネットで手続き
東京電力の開始手続きが行えます。利用するには会員登録が必要です。
 引越れんらく帳で開始手続きを行う(外部リンク)

電気の開始に必要な情報(東京電力)

引っ越しに伴い、東京電力と契約するために必要な情報は以下の通りです。

  • 契約者名義
  • 新住所の情報
  • 供給地点特定番号
  • 引っ越し日時
  • 電気料金の支払い方法
  • 契約を希望するプラン、契約アンペア数

東京電力の電気の開始手続きについてより詳細を確認したい場合は、以下の記事も参考にしてください。

 東京電力の電気の開始手続き

電話で電気・ガス切替相談

💡引っ越し先で東京電力より安い電気を使うなら

0120-013-605 または


今よりも安くなる最適プランをご紹介。電話で電気の開始申し込み&電気の切り替えお申し込みができます。
【セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口】

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

💡引っ越し先で東京電力より安い電気を使うなら🔥

0120-013-605 または


今よりも安くなる最適プランをご紹介。電話で電気の開始申し込み&電気の切り替えお申し込みができます。
【セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口】


営業時間・ご利用方法についてはこちら

引っ越し先で利用できる東京電力の電気料金プラン

東京電力には家庭向け・ビジネス向け・オール電化向けのプランがあり、プランの内容や地域によって単価が異なります。また関東エリアでは、電気と都市ガスのセットプランも利用することができます。

東京電力の関東エリアで選べるプランは以下の通りです。

基本の料金プラン

従量電灯B 一般家庭向け

従量電灯Bの特徴

  • 関東エリアで最も契約数の多い、一般家庭向けの電気料金プラン
  • 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定
  • アンペア数は10Aから60Aまで。アンペア数によって基本料金が変わる
  • 新電力に切り替えると電気代が10%以上安くなる(基本料金・電力量料金)
料金表を確認する

基本の料金プラン

従量電灯C 店舗・事業所向け

従量電灯Cの特徴

  • 関東エリアで最も契約数の多い、店舗・事業所向けの電気料金プラン
  • 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定
  • 契約容量は6kVA以上。アンペア数によって基本料金が変わる
  • 新電力に切り替えると電気代が10%以上安くなる(基本料金・電力量料金)
料金表を確認する

従量電灯Bとほぼ同額

スタンダードS 一般家庭向け

スタンダードSの特徴

  • 基本料金は従量電灯Bと同額、電力量料金が0.02円安い
  • アンペア数は10Aから60Aまで。アンペア数によって基本料金が変わる
  • 新電力に切り替えると電気代が10%以上安くなる(基本料金・電力量料金)
料金表を確認する

従量電灯Cとほぼ同額

スタンダードL 店舗・事業所向け

スタンダードLの特徴

  • 基本料金は従量電灯Cと同額、電力量料金が0.02円安い
  • 契約容量は6kVA以上。アンペア数によって基本料金が変わる
  • 新電力に切り替えると電気代が10%以上安くなる(基本料金・電力量料金)
料金表を確認する

400kWh以上利用する方向け

プレミアムS 一般家庭向け

プレミアムSの特徴

  • 400kWhまでの電力量料金が定額
  • 使用量が400kWh以下だと従量電灯Bに比べて料金が割高
  • アンペア数は10Aから60Aまで。アンペア数によって基本料金が変わる
料金表を確認する

400kWh以上利用する方向け

プレミアムL 店舗・事業所向け

プレミアムLの特徴

  • 400kWhまでの電力量料金が定額
  • 使用量が400kWh以下だと従量電灯Bに比べて料金が割高
  • 契約容量は6kVA以上。アンペア数によって基本料金が変わる
料金表を確認する

夜間の電気料金が安いプラン

スマートライフS オール電化住宅向け

スマートライフSの特徴

  • 電力量料金が安くなる夜間時間帯は午前1時から午前6時
  • アンペア数は10Aから60Aまで。アンペア数によって基本料金が変わる
  • 新電力に切り替えると電気代が10%以上安くなる(基本料金・電力量料金)
料金表を確認する

夜間の電気料金が安いプラン

スマートライフL オール電化住宅向け

スマートライフLの特徴

  • 電力量料金が安くなる夜間時間帯は午前1時から午前6時
  • 契約容量は6kVA以上。アンペア数によって基本料金が変わる
  • 新電力に切り替えると電気代が10%以上安くなる(基本料金・電力量料金)
料金表を確認する

夜間の電気料金が安いプラン

夜トクプラン オール電化住宅向け

夜トクプランの特徴

  • 電力量料金が安くなる夜間時間帯は2つから選べる
  • 夜トク8は午後11時から翌朝午前7時までが安い
  • 夜トク12は午後9時から翌朝午前9時までが安い
  • 切り替えるなら春秋期の昼間時間帯も安いLooopでんきの「スマートタイムプラン」がオススメ
料金表を確認する
とくとくガスプラン 電気とガスのセットプラン

とくとくガスプランの特徴

  • 東京ガスエリアで利用できる都市ガスプラン
  • スタンダードプラン、プレミアムプラン、夜トクプランとセットで利用できる
  • 東京ガスの一般料金より3%安い
  • ガスセット割で電気代が年間1,200円安くなる
料金表を確認する
アクアエナジー100 CO2排出ゼロのプラン

アクアエナジー100の特徴

  • 実質水力エネルギー100%・CO2排出ゼロの電気料金プラン
  • 水力発電で作られた電気のみを利用するわけではない
  • 従量電灯Bに比べて基本料金が割高
料金表を確認する

その他の東京電力のプランの詳細は以下のリンクから確認することができます。

 東京電力の料金プランを紹介

引っ越し先のアンペア数の選び方

関東エリアなど、アンペア制のエリアでは、料金プランとともに引っ越し先で契約するアンペア数も決めなくてはいけません。

契約アンペア数は部屋数の多さ、利用する人数、利用する電化製品によって必要な数が異なります。引っ越し先で一度に多くの電気を利用する場合は、相当するアンペア数が必要になります。

引っ越し先の契約アンペア数が低いまま、一度に大量に電気を利用するとブレーカーが落ちたり、10秒程度止まったりします。

世帯人数にあわせた引っ越し先で必要な契約アンペア数の目安は以下の通りです。

  1. 一人暮らし・・・30アンペア程度
  2. 二人暮らし・・・40アンペア程度
  3. ファミリー世帯・・・50アンペア程度

引っ越し先で東京電力は本当にお得?

東京電力は日本で最も利用者の多い電力会社です。また利用状況に合わせて、さまざまなプランを選ぶことができます。電気の支払い方法もクレジットカードだけではなく、口座振り込みや振り込み用紙による支払いなど選ぶことができます。

こういった大手電力会社ならではのサービスが東京電力の魅力です。しかしながらその反面、電気代は他の新電力に比べて割高に設定されていることがあります。

 引っ越し先の電気を安さで選ぶなら新電力がおすすめ

例えば、関東だけではなく全国で利用できる新電力オクトパスエナジーなら東京電力の一般的なプラン(従量電灯B)より電気代が約4%~最大10%も安く(基本料金+従量料金)なります。

他にも基本料金が無料の電力会社、電気代が安くなってさらにポイント還元がつく電力会社や、都市ガスとセットで電気代・ガス代が割引になる電力会社(ガス会社)もあります。

引っ越し先の電力会社を電気代で選ぶなら、東京電力以外の電力会社もチェックしてはいかがでしょうか?

 関東に引っ越すならこの電力会社がおすすめ

電話で電気・ガス切替相談

💡引っ越し先で東京電力より安い電気を使うなら

0120-013-605 または


今よりも安くなる最適プランをご紹介。電話で電気の開始申し込み&電気の切り替えお申し込みができます。
【セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口】

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

💡引っ越し先で東京電力より安い電気を使うなら🔥

0120-013-605 または


今よりも安くなる最適プランをご紹介。電話で電気の開始申し込み&電気の切り替えお申し込みができます。
【セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口】


営業時間・ご利用方法についてはこちら

引っ越し先で東京電力の電気を初めて使う時の注意点

引っ越し先にアンペアブレーカー(分電盤)がある場合は、電気を通電させるためにアンペアブレーカーを手動で操作する必要があります。

東京電力の引っ越し手続き・アンペアブレーカー
出典:東京電力
  1. アンペアブレーカーのスイッチを「入」にします。
  2. 次に漏電遮断器のスイッチを「入」にします。
  3. 最後に配線用遮断器のつまみを「入」にします。

上記の操作を行うことで、引っ越し先の電気が利用できるようになります。この操作をしても電気がつかない場合は、東京電力に電話で連絡しましょう。

 引っ越し先にアンペアブレーカーがない場合

引っ越し先の電力メーターがスマートメーターに切り替わっている場合、アンペアブレーカーが室内に設置されていない場合があります。

 スマートメーターについて詳しくはこちら

この場合、通電作業は電力会社によって行われます。引っ越し当日から電気を利用できるように事前に申し込んでおけば、そのまま利用することができます。

もし事前に申し込んでいたのにもかかわらず、引っ越し先で電気が利用できない場合は、電力会社に連絡しましょう。

引っ越し先の電気料金どのように計算されるの?

引っ越し先で東京電力を利用する場合、電気を使い始めた日から日割り計算されます。期間は電気を使い始めた日から、検針日の前日までです。なお検針日は地域によって異なります。

また引っ越し先での初回の電気料金は払込用紙で支払うことになります。東京電力から用紙(請求書)が送られてくるので、銀行や東京電力の窓口、コンビニなどで支払いましょう。

ただし、すでに別の住所で東京電力を利用しており、口座振替手続きを継続して利用する場合はそのまま口座振替が利用できます。

引っ越し先でお得な電力会社を利用したい

引っ越しの日程が決まって東京電力の解約手続きが終わってから、早めに引っ越し先の電力会社を決めたいですよね。

日本には各地域ごとに大手電力会社があるので、引っ越し先でそれらの電力会社を利用するのも良いでしょう。

でも引っ越し先で「よりお得な電力会社」を利用するなら、新電力がおすすめです。

 引っ越し先で新電力の利用をおすすめする理由とは?

そもそも引っ越し先で東京電力など大手電力会社を希望する理由はなんでしょう?

電気の質が安定しているから?停電などが起こりにくいから?でしょうか?

実は引っ越し先の電気を新電力に切り替えても、質が変わることも、停電が起きやすくなることもありません。

新電力の電気は、大手電力会社も利用する発電所で作られた電気が供給されます。また、各地域の大手電力会社の送配電部門が設置管理している電線を利用して供給しています。

つまり、引っ越し先で新電力の電気を利用しても、質が変わったり、停電が起きやすくなることはありません。

そして何より大手電力会社の従量電灯プランより、新電力の方が電気代が安くなります。

新居での新生活、お得な電気料金プランでスタートしませんか?

燃料価格が高騰している間、燃料費調整額に上限を設けていない電力会社では、大手電力会社の規制料金プラン(従量電灯)と比べて電気代が高くなる可能性があります。申し込み前に、燃料価格の動向と燃料費調整額の単価をご確認ください。

全国で利用できるおすすめの新電力会社
新電力会社 プランの特徴
オクトパスエナジー
 公式サイト

オクトパスエナジー

  • 沖縄を除く全国で供給
  • 実質再エネ100%の電気を供給
  • 電力量料金(1kWhあたりの料金)が大手電力会社の従量電灯プランよりお得
  • 東京ガスの系列企業、世界で300万件超の供給実績あり
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認

再エネ 一般家庭

 電話で詳細を確認(0120-164-006)
 
東京電力エナジーパートナー

東京電力エナジーパートナー

  • 申し込み完了から最短2営業日で利用開始
    (*土日祝日は除く。関東エリアは除く。)
  • 沖縄・離島を除く全国で利用できる
  • 大手電力会社だから安心して申し込める
  • 従量電灯プラン以外の自由料金プランには燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認

一般家庭

 電話で申し込む
(0120-418-068)

 
まちエネ

まちエネ

  • 豊富な電気料金プラン
  • Pontaポイントが貯まる(還元率1%)
  • 割引映画券が回数・人数制限なしに購入できる
  • ローソン限定の無料クーポンがもらえる
  • 三菱商事×ローソンによる大手電力サービスで安心
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認

 電話で申し込む(0120-225-064)

全国で利用できるおすすめの新電力会社
オクトパスエナジー  公式サイト
オクトパスエナジー

オクトパスエナジーのおすすめ度
     

  • 沖縄を除く全国で供給
  • 実質再エネ100%の電気を供給
  • 電力量料金(1kWhあたりの料金)が大手電力会社の従量電灯プランよりお得
  • 東京ガスの系列企業、世界で300万件超の供給実績あり
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認

再エネ 一般家庭

 公式サイト
電話で詳細を確認  0120-164-006
 
東京電力エナジーパートナー

東京電力エナジーパートナー

  • 申し込み完了から最短2営業日で利用開始
    (*土日祝日は除く。関東エリアは除く。)
  • 沖縄・離島を除く全国で利用できる
  • 大手電力会社だから安心して申し込める
  • 従量電灯プラン以外の自由料金プランには燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認

一般家庭

申し込み専用電話番号  0120-418-068
 
まちエネ

まちエネ

  • 豊富な電気料金プラン
  • Pontaポイントが貯まる(還元率1%)
  • 割引映画券が回数・人数制限なしに購入できる
  • ローソン限定の無料クーポンがもらえる
  • 三菱商事×ローソンによる大手電力サービスで安心
  • 燃料費調整額に上限がないため、燃料価格高騰時は単価を要確認
電話で申し込む  0120-225-064

引っ越しの際に東京電力にしてしまったけど、新電力に切り替えたい

引っ越し先の電力会社を選ぶ際に、あまり考えずに東京電力など大手電力会社を選んでしまい後悔したという方もいるでしょう。

「あのときもっと電力会社を比較していれば、電気代を安くできたのに」と思っている方、まだ遅くはないです。

今からでも電力会社は自由に切り替えることができます。電気代を安くするなら、まずは地域で選べる電力会社を確認しましょう。

 関東でおすすめの電力会社を紹介

引っ越し前に電気契約をすべき理由

電力メーターの正しい見方、スマートメーター
スマートメーターは遠隔操作ができる。検針員が訪問して電力使用量を確認する必要はありません。(出典:東京電力ホームページ)

最近は従来型の電力メーターに代わり、スマートメーターという電力メーターの普及がすすめられています。これは、発電から送電・配電までの電気のインフラを担当する地域の電力会社が担当して、無料で取り換えを行っています。

この、新しい電力メーター(スマートメーター)は、30分毎の使用量が分かる、遠隔でも操作ができるというメリットがあります。

一方、スマートメーターのついている住居では電気供給の停止も簡単にできるため、以前住んでいた人が電気の解約を忘れていない限り、引っ越し前に電気の申し込みを忘れてしまうと当日電気が使用できないということも起こり得ます。

ですので、引っ越し先と入居日が決まったならば、すぐに電気使用開始の申し込みをすることをおすすめします。

スマートメーターの切り替え、取り付けは東京電力エリアに限らず全国ですすめられていますので、これから東京電力エリアに引っ越しされる方、もしくは東京電力エリア外に引っ越しの方でもいずれの場合でも注意して頂きたいポイントです。

電話で電気・ガス切替相談

💡お引っ越し先の電気・都市ガスのお申し込み🔥

0120-013-605 または


最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。
【セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口】

らくらく窓口の営業時間・ご利用方法についてはこちら

💡新居の電気・都市ガスお申し込み🔥

0120-013-605 または


最短5分で最適プランをご紹介。引越し直前でも大丈夫!今から新規加入できる電気とガスをご提案します。
【セレクトラ・ジャパンのらくらく窓口】


営業時間・ご利用方法についてはこちら

よくある質問(東京電力の引っ越し手続き)

東京電力の引っ越し手続きについてよくある質問をまとめました。

よくある質問一覧(東京電力の引っ越し手続き)
質問1:東京電力の引っ越し手続きはどこで行う?
回答1

引っ越しに伴う解約手続き、開始手続きは東京電力のコールセンター、東京電力の公式サイトまたは引越れんらく帳から行うことができます。

▷連絡先を確認する

質問2:東京電力の引っ越し手続きはいつまでに行う?
回答2

東京電力の公式サイトでは引っ越しの31日前からお申し込みを受け付けています。

東京電力は、3営業日前までの申し込みを推奨しています。

▷詳細を確認する

質問3:引っ越し先で利用できる東京電力の電気料金プランは?
回答3

東京電力のプランは、家庭向け・ビジネス向け・オール電化向けと利用状況に合わせて選ぶことができます。プランと利用するエリアによって単価が異なります。

▷引っ越し先で利用できるプランを確認する

質問4:引っ越し先で東京電力以外の電気を利用する場合は?
回答4

引っ越し先で東京電力以外の大手電力会社や新電力を利用する場合は、それぞれ電力会社に電気の利用開始手続きを行う必要があります。

▷引っ越し先で利用できる電力会社を確認する

更新日