電話で電気・ガス切替相談

新居の電気・都市ガスお申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

新居の電気・都市ガスお申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

電気のお引っ越し手続き | 東京電力

CDエナジーダイレクトへのお申し込み

関東エリア人気No1の電気・ガスプラン[CDエナジーダイレクト]

  • 3人家族なら1年で6,900円おトク、5人家族なら1年で16,800円おトク
  • 電気とガスのセットで電気代・ガス代がさらに0.5%安くなる

 

※3人家族は東京電力従量電灯Bで40Aのご契約・月300kWhのご使用、東京ガスの一般契約料金のご契約・月30㎥のご使用で、CDエナジーダイレクトの「シングルでんき」および「ベーシックガス」にセットで切り替えた場合で試算。5人家族は東京電力従量電灯Bで50Aのご契約・月450kWhのご使用、東京ガスの一般契約料金のご契約・月45㎥のご使用で、CDエナジーダイレクトの「ファミリーでんき」および「ベーシックガス」にセットで切り替えた場合で試算。またいずれの場合もカテエネのポイント還元額を含みます。

計算条件を表示する 計算条件を閉じる

関東エリア人気No1の電気・ガスプラン

  • 3人家族なら1年で6,900円おトク、5人家族なら1年で16,800円おトク
  • 電気とガスのセットで電気代・ガス代がさらに0.5%安くなる

 

※3人家族は東京電力従量電灯Bで40Aのご契約・月300kWhのご使用、東京ガスの一般契約料金のご契約・月30㎥のご使用で、CDエナジーダイレクトの「シングルでんき」および「ベーシックガス」にセットで切り替えた場合で試算。5人家族は東京電力従量電灯Bで50Aのご契約・月450kWhのご使用、東京ガスの一般契約料金のご契約・月45㎥のご使用で、CDエナジーダイレクトの「ファミリーでんき」および「ベーシックガス」にセットで切り替えた場合で試算。またいずれの場合もカテエネのポイント還元額を含みます。

計算条件を表示する 計算条件を閉じる

電気のお引っ越し手続き | 東京電力
電気のお引っ越し手続き | 東京電力

東京電力の引っ越し手続きについてわかりやすくまとめました。電気の解約・契約の際に必要な情報や連絡先、アンペア変更についてなど、東京電力の電気の引っ越しに必要な手続きを確認することができます。

  • 電気のお引越しに必要な手続きは、「電気の使用停止」と新住所での「電気の使用開始」です。
  • 東京電力エリア内でのお引越しで、引越し先でも東京電力の電気を使用したい場合は、「電気の使用停止」と「電気の使用開始」の申し込みが同時にできます。
  • お引っ越しと同時に電力会社や電気料金プランを変更することも可能です。

とくとくガスプランに申し込む 下記のリンクからとくとくガスプランへの申し込みができます。(代理店:株式会社NNコミュニケーションズ)
 公式サイトはこちら

東京電力管轄エリア 東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県(静岡県の富士川以東)

東京電力の引っ越し手続き
東京電力エリア内でのお引っ越し 手続きを見る
東京電力エリア内→エリア外へのお引っ越し 手続きを見る
東京電力エリア外→エリア内へのお引っ越し 手続きを見る

東京電力エリア内でのお引っ越し

今のお住まいで東京電力を利用中で、引っ越し先でも東京電力の利用を希望する場合は、東京電力に連絡して「電気の使用停止」と「電気の使用開始」の手続きを行います。これらの手続きは一度に済ませることができます。

今のお住まいで東京電力を利用中で、引っ越し先では違う電力会社を利用したいという場合は、東京電力で「電気の使用停止」手続きを行ったあと、新しく契約したい電力会社に「電気の使用開始」を申し込みます。

東京電力:電気の使用停止/使用開始手続き

東京電力の電気の使用停止および使用開始手続きについて確認します。

手続き方法

東京電力の電気の使用停止・使用開始手続きは、以下の方法で行うことができます。

  1. 東京電力のWebサイト、もしくは会員制Webサービス「くらしTEPCO Web」
  2. 東京電力のコールセンター
  3. インターネットサービス「引越れんらく帳」

①の方法では、引っ越しの31日前から申し込みを受け付けています。電気の使用開始手続きはぎりぎりになってしまうと引っ越し当日に電気がつかない可能性もあります。電気の使用開始手続きは余裕をもって行いましょう。東京電力は、3営業日前までの申し込みを推奨しています。

②のコールセンターの電話番号はお住まいの地域によって異なります。「東京電力:電話番号」のページから該当の電話番号を確認しておかけください。

東京電力は住んでいる地域によってコールセンターの電話番号が異なるのでご注意を。

手続きに必要な情報

東京電力お客さま番号
東京電力の場合、お客さま番号は検針票の下部に記載があります。(東京電力ホームページより転載)

東京電力にて電気の使用停止・使用開始手続きを行うには以下の情報が必要です。

  • 契約者名義
  • 住所(今の住所と引越し先の住所)
  • 東京電力のお客さま番号※
  • 引っ越し日時
  • 電気料金の支払い方法
  • 契約を希望するプラン、契約アンペア数(使用開始手続きの場合)

※お客さま番号は検針票や、会員制Webサービス「くらしTEPCO Web」で確認できます。お客さま番号が分からない場合、インターネットでの手続きはできません。

新居のアンペア容量は?

お引っ越しで、家族の人数が増えたり、電化製品が増えたりした場合(もしくはその逆の場合)は、新居の契約アンペア数を今までのものと変更する必要が出てくるでしょう。

多くの電気料金プランでは、以下のように契約するアンペア数によって基本料金の金額が決まります。アンペア数が大きすぎると無駄に電気代を払居続けることにもなりかねません。ご家庭の電気使用スタイルにちょうど良い契約アンペア数を選択しましょう。

東京電力(従量電灯B)- 契約アンペアによって基本料金が変わる。(税込)
契約アンペア 10A 15A 20A 30A 40A 50A 60A
基本料金 286.00円 429.00円 572.00円 858.00円 1144.00円 1430.00円 1716.00円

東京電力では、10~60Aの範囲であれば、基本的にアンペアブレーカーの変更およびそれに伴う工事は無料で行ってくれます。ただし、アパート・マンションなどの集合住宅ではアンペア変更の際に物件所有者の承諾が必要となる場合もありますので事前に確認しておきましょう。

アンペア変更は、東京電力Webサイトのオンラインフォームもしくは、東京電力のコールセンターに電話で手続きも可能です。

引っ越しを機に電気料金プランを変更する

お引っ越しを機に東京電力の料金プランから他の電気料金にするというのも賢い選択肢です。

電力自由化以降、東京電力よりお得な電気料金プランを提供する新電力がたくさん登場しています。ご自身の電気の使用スタイルにあったプランを選べば、引っ越し先の電気代を削減することが可能です。

東京(関東エリア)で選べる電力会社はこんなにあります。それぞれ、特徴と利用できる主な料金プランのタイプをまとめました。なお、東京都であっても一部地域および離島では利用できません。

マークの説明
マーク 説明
基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。
月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。
東京電力の最も基本的な電気料金プラン、従量電灯プラン(もしくはスタンダードプラン)に相当するプランがある新電力。ほぼ全ての新電力にこのプランがあります。
オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。
東京ガスエリアで都市ガスの販売も行なっている新電力。多くの新電力会社で電気とガスをセットにすることで、割引特典がつきます。
関東エリアでLPガス(プロパンガス)の販売も行なっている新電力
マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力
東京(関東エリア)で選べる新電力一覧
電力会社 特徴

 公式サイト

Looopでんき【オススメ!】

  • 基本料金がゼロ円。電力量料金が一段階と最もシンプルで分かりやすいプランを提供。
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる。
  • 都市ガスとセットでさらに電気代が2%安くなる。
  • 1時間毎の電力使用量や節約額、請求情報等をアプリで簡単に確認できる。
  • 北海道から沖縄まで全国で利用できる。(一部離島を除く)

   


 公式サイト

CDエナジーダイレクト

  • 中部電力と大阪ガスが設立した会社
  • 一人暮らし向けや大家族向けのプランがある。
  • 電気料金に応じてポイントがたまり、電気料金の支払いに利用可能

    


 公式サイト

よかエネ

  • 東京電力から切り替えるだけで電気代(基本料金・従量料金)が10%割引
  • オール電化向けのプランなら東京電力より3%割引
  • 東京ガスより5%安い都市ガスとセットで切り替えると、電気代がさらに2%安くなる。

  


 公式サイト

エルピオでんき

   

 公式サイト

J:COM電力

  • 東京電力より電力量料金が安くなる。
  • オール電化プランにも対応(スマートライフ、夜トクプランなど)。
  • ケーブルテレビ・インターネット・モバイルとのセットプランがある。
  • 東京ガスエリアで利用できる都市ガスも販売している。

  


 公式サイト

東京ガス

  • 基本料金と従量料金が安くなる。
  • 都市ガスとセットにすると毎月270円割引。電気のみの利用も可能。

  


 公式サイト

あしたでんき

  • 「標準プラン」なら、基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • 月700kWh以上使うなら「たっぷりプラン」。基本料金がかかるが、従量料金が東京電力よりかなりお得。

 

ソフトバンクでんき
 公式サイト

ソフトバンクでんき

  • 「おうちでんき」は東京電力の従量電灯プランより1%安くなる。
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならおうちでんき割で毎月100円割引
  • 「自然でんき」は基本料金ゼロ円・電力量料金が1段階のシンプルなプラン。
  • 今申し込むと初月電気代無料キャンペーン【終了日未定】

 


 公式サイト

シン・エナジー

  • 基本プランなら基本料金が約10%安くなる、従量料金も最大9.4%安い
  • 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。
  • 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。

  

自然電力のでんき
 公式サイト

自然電力のでんき

  • 実質100%自然エネルギーの電気が利用できる。
  • 市場価格と連動するため料金が30分ごとに変化する。


 公式サイト

東急でんき

  • 基本料金と従量料金が安くなる。
  • 東京ガスの各種ガス料金プランにも対応している。

  


 公式サイト

ニチガスでんき

  • 200kWhまで電力量料金が固定なので、毎月200kWh以上利用するとお得。
  • 都市ガス・LPガス(プロパンガス)を販売している。

    

親指でんき
 公式サイト

親指でんき

  • 基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • ペットがいる家庭向けのプランや、ゲーマー向けのプランがある。

   

出光昭和シェル
 公式サイト

出光昭和シェル

  • 従量電灯プランに対応していて、従量料金が安くなる。
  • オール電化プランに対応していて、基本料金が安くなる。
  • 出光昭和シェルのガソリンが1Lあたり2円安くなる。電気自動車ユーザーにも電気料金割引特典がある。

 

マークの説明

基本料金がゼロ円の料金プランがある新電力契約アンペア数が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。

月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある新電力。定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。

東京電力の最も基本的な電気料金プラン、従量電灯プラン(もしくはスタンダードプラン)に相当するプランがある新電力。ほぼ全ての新電力にこのプランがあります。

オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある新電力。対応している新電力はあまり多くありません。

東京ガスエリアで都市ガスの販売も行なっている新電力。多くの新電力会社で電気とガスをセットにすることで、割引特典がつきます。

関東エリアでLPガス(プロパンガス)の販売も行なっている新電力

マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある新電力
東京(関東エリア)で選べる新電力一覧
 公式サイト

Looopでんき【オススメ!】

  • 基本料金がゼロ円。電力量料金が一段階と最もシンプルで分かりやすいプランを提供。
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる。
  • 都市ガスとセットでさらに電気代が2%安くなる。
  • 1時間毎の電力使用量や節約額、請求情報等をアプリで簡単に確認できる。
  • 北海道から沖縄まで全国で利用できる。(一部離島を除く)

   

 
 公式サイト

CDエナジーダイレクト

  • 中部電力と大阪ガスが設立した会社
  • 一人暮らし向けや大家族向けのプランがある。
  • 電気料金に応じてポイントがたまり、電気料金の支払いに利用可能

    

 
 公式サイト

よかエネ

  • 東京電力から切り替えるだけで電気代(基本料金・従量料金)が10%割引
  • オール電化向けのプランなら東京電力より3%割引
  • 東京ガスより5%安い都市ガスとセットで切り替えると、電気代がさらに2%安くなる。

  

 
 公式サイト

エルピオでんき

   

 
 公式サイト

J:COM電力

  • 東京電力より電力量料金が安くなる。
  • オール電化プランにも対応(スマートライフ、夜トクプランなど)。
  • ケーブルテレビ・インターネット・モバイルとのセットプランがある。
  • 東京ガスエリアで利用できる都市ガスも販売している。

 

 
 公式サイト

東京ガス

  • 基本料金と従量料金が安くなる。
  • 都市ガスとセットにすると毎月270円割引。電気のみの利用も可能。

  

 
 公式サイト

あしたでんき

  • 「標準プラン」なら、基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • 月700kWh以上使うなら「たっぷりプラン」。基本料金がかかるが、従量料金が東京電力よりかなりお得。

 

 
ソフトバンクでんき  公式サイト

ソフトバンクでんき

  • 「おうちでんき」は東京電力の従量電灯プランより1%安くなる。
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならおうちでんき割で毎月100円割引
  • 「自然でんき」は基本料金ゼロ円・電力量料金が1段階のシンプルなプラン。
  • 今申し込むと初月電気代無料キャンペーン【終了日未定】

 

 
 公式サイト

シン・エナジー

  • 基本プランなら基本料金が約10%安くなる、従量料金も最大9.4%安い
  • 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。
  • 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。

  

 
自然電力のでんき  公式サイト

自然電力のでんき

  • 実質100%自然エネルギーの電気が利用できる。
  • 市場価格と連動するため料金が30分ごとに変化する。

 
 公式サイト

東急でんき

  • 基本料金と従量料金が安くなる。
  • 東京ガスの各種ガス料金プランにも対応している。

  

 
 公式サイト

ニチガスでんき

  • 200kWhまで電力量料金が固定なので、毎月200kWh以上利用するとお得。
  • 都市ガス・LPガス(プロパンガス)を販売している。

    

 
親指でんき  公式サイト

親指でんき

  • 基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • ペットがいる家庭向けのプランや、ゲーマー向けのプランがある。

   

 
出光昭和シェル  公式サイト

出光昭和シェル

  • 従量電灯プランに対応していて、従量料金が安くなる。
  • オール電化プランに対応していて、基本料金が安くなる。
  • 出光昭和シェルのガソリンが1Lあたり2円安くなる。電気自動車ユーザーにも電気料金割引特典がある。

 

東京電力エリア内→エリア外へのお引っ越し

東京電力エリア内から、エリア外へお引っ越しする場合は、東京電力で電気の使用停止の手続きを行い、引っ越し先のエリアで供給を行っている電力会社と電気の使用開始の手続きを行います。

電気の使用停止手続き

東京電力の電気使用停止手続きは、以下のどちらかで行います。

  1. 東京電力のWebサイト、もしくは会員制Webサービス「くらしTEPCO Web」
  2. 東京電力のコールセンター

電話番号はお住まいの地域によって異なりますので、「東京電力:コールセンター」のページから該当の電話番号を確認しておかけください。電話は混み合ってつながらないことも多いため、可能であればオンラインでの手続きがおすすめです。

東京電力の電気の使用停止手続きに必要な情報は以下のとおりです。

  • 契約者名義
  • 住所(現住所および新住所)
  • お客さま番号※
  • 引っ越し日時
  • 支払い方法

※お客さま番号は検針票や、会員制Webサービス「くらしTEPCO Web」で確認できます。お客さま番号が分からない場合、インターネットでの手続きはできません。

電気の使用開始手続き

東京電力エリア内からエリア外へ引っ越しをする場合、お引越し先のエリアで電気を供給している電力会社の中からひとつを選び、電気の使用開始手続きを行います。

お引っ越し先の大手電力会社と契約をするか、もしくは引っ越しと同時に、新電力に切り替えることも可能です。

大手電力会社と契約する場合

新電力と契約する場合

新電力には全国展開している電力会社も多数あります。ただし、各電力エリアによって料金は異なるので注意が必要です。また一部離島地域は対象外になることがあります。詳しくは各電力会社の公式サイトで確認しましょう。

全国で利用できる新電力会社
新電力会社 プランの特徴
Looopでんき
 公式サイト

Looopでんき

  • 基本料金がゼロ円・電力料金も一段階と最もシンプルで分かりやすいプラン
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる
  • 北海道から沖縄まで日本全国にサービスを展開(一部離島を除く)

 公式サイト

よかエネ

  • 大手電力会社から切り替えるだけで電気代(基本料金・従量料金)が10%割引
  • オール電化向けのプランなら大手電力会社より3%割引
  • 東京ガス・大阪ガス・東邦ガスより3%安い都市ガスとセットで切り替えると、電気代がさらに2%安くなる。
  • 北海道から沖縄まで日本全国にサービスを展開(一部離島を除く)
エルピオでんき
 公式サイト

エルピオでんき

  • 関東・関西・中部・東北・九州など全国で展開する
  • 定額プランが充実しており、普段から電気を多く使う家庭や店舗にオススメ
  • エルピオのLPガスを利用すると毎月100円引き

 公式サイト

あしたでんき

  • 「標準プラン」なら、基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • 月700kWh以上使うなら「たっぷりプラン」。基本料金がかかるが、従量料金が大手電力会社よりかなりお得。
ソフトバンクでんき
 公式サイト

ソフトバンクでんき

  • 「おうちでんき」は大手電力会社の従量電灯プランより1%安くなる。
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならおうちでんき割で毎月100円割引
  • 「自然でんき」は基本料金ゼロ円・電力量料金が1段階のシンプルなプラン。

 公式サイト

シン・エナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランから基本料金・従量料金がそれぞれ安くなる。
  • 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。
  • 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。
自然電力のでんき
 公式サイト

自然電力のでんき

  • 実質100%自然エネルギーの電気が利用できる。
  • 市場価格と連動するため料金が30分ごとに変化する。
出光昭和シェル
 公式サイト

出光昭和シェル

  • 従量電灯プランに対応していて、従量料金が安くなる。
  • オール電化プランに対応していて、基本料金が安くなる。
  • 出光昭和シェルのガソリンが1Lあたり2円安くなる。電気自動車ユーザーにも電気料金割引特典がある。
全国で利用できる新電力会社
Looopでんき  公式サイト

Looopでんき

  • 基本料金がゼロ円・電力料金も一段階と最もシンプルで分かりやすいプラン
  • 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなる
  • 北海道から沖縄まで日本全国にサービスを展開(一部離島を除く)
 
 公式サイト

よかエネ

  • 大手電力会社から切り替えるだけで電気代(基本料金・従量料金)が10%割引
  • オール電化向けのプランなら大手電力会社より3%割引
  • 東京ガス・大阪ガス・東邦ガスより3%安い都市ガスとセットで切り替えると、電気代がさらに2%安くなる。
  • 北海道から沖縄まで日本全国にサービスを展開(一部離島を除く)
 
エルピオでんき  公式サイト

エルピオでんき

  • 関東・関西・中部・東北・九州など全国で展開する
  • 定額プランが充実しており、普段から電気を多く使う家庭や店舗にオススメ
  • エルピオのLPガスを利用すると毎月100円引き
 
 公式サイト

あしたでんき

  • 「標準プラン」なら、基本料金がゼロ円。従量料金も一段階でシンプルなプラン。
  • 月700kWh以上使うなら「たっぷりプラン」。基本料金がかかるが、従量料金が大手電力会社よりかなりお得。
 
ソフトバンクでんき  公式サイト

ソフトバンクでんき

  • 「おうちでんき」は大手電力会社の従量電灯プランより1%安くなる。
  • ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならおうちでんき割で毎月100円割引
  • 「自然でんき」は基本料金ゼロ円・電力量料金が1段階のシンプルなプラン。
 
 公式サイト

シン・エナジー

  • 大手電力会社の従量電灯プランから基本料金・従量料金がそれぞれ安くなる。
  • 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。
  • 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。
 
自然電力のでんき  公式サイト

自然電力のでんき

  • 実質100%自然エネルギーの電気が利用できる。
  • 市場価格と連動するため料金が30分ごとに変化する。
 
出光昭和シェル  公式サイト

出光昭和シェル

  • 従量電灯プランに対応していて、従量料金が安くなる。
  • オール電化プランに対応していて、基本料金が安くなる。
  • 出光昭和シェルのガソリンが1Lあたり2円安くなる。電気自動車ユーザーにも電気料金割引特典がある。

東京電力エリア外→エリア内へのお引っ越し

東京電力エリア外からエリア内へのお引っ越しの場合は、現在契約をしている電力会社と電気の使用停止手続きを行い、新居で利用する東京電力にて電気の使用開始手続きを行います。

なお、新居で利用する電気には、東京電力以外の会社を選ぶことも可能です。

電気の使用停止手続き

契約中の電力会社にて電気の使用停止手続きを行います。手続き方法は電力会社によって異なりますので、ホームページなどでご確認ください。

「お客様番号」があると手続きがスムーズですので、事前に検針票や電力会社Webサイトのマイページなどで確認しておきましょう。

電気の使用開始手続き

引っ越し先で東京電力の電気を申し込みたい場合は、東京電力へ電話かインターネットで申し込むことが可能です。

東京電力にて電気の使用開始手続きを行うには以下の情報が必要です。

  • 契約者名義
  • 住所
  • 引っ越し日時
  • 電気料金の支払い方法
  • 契約を希望するプラン、契約アンペア数

とくとくガスプランに申し込む 下記のリンクからとくとくガスプランへの申し込みができます。(代理店:株式会社NNコミュニケーションズ)
 公式サイトはこちら

東京電力と電気契約をすることも可能ですが、東京電力エリアにはたくさんの新電力があり、東京電力よりも魅力的な電気料金を提供しています。

新電力でも電気の質が変わる心配もなく、手続き方法も大手電力会社とほぼ同様です。引っ越しの機会に、自分に合った電気料金プランを見つけて、電気代を上手に節約してみてはいかがでしょうか。

引っ越し前に電気契約をすべき理由

電力メーターの正しい見方、スマートメーター
スマートメーターは遠隔操作ができる。検針員が訪問して電力使用量を確認する必要はありません。(出典:東京電力ホームページ)

最近は従来型の電力メーターに代わり、スマートメーターという電力メーターの普及がすすめられています。これは、発電から送電・配電までの電気のインフラを担当する地域の電力会社が担当して、無料で取り換えを行っています。

2023年までの日本全国でスマートメーターの設置完了が目指されています。この、新しい電力メーター(スマートメーター)は、30分毎の電気の使用量が分かる、遠隔でも操作ができるというメリットがあります。

一方、スマートメーターのついている住居では電気供給の停止も簡単にできるため、以前住んでいた人が電気使用の停止の連絡を忘れていない限り、お引越し前に電気の申し込みを忘れてしまうと当日電気が使用できないということも起こり得ます。

ですので、お引越し先と入居日が決まったならば、すぐに電気使用開始の申し込みをすることをおすすめします。

スマートメーターの切り替え、取り付けは東京電力エリアに限らず全国ですすめられていますので、これから東京電力エリアにお引っ越しされる方、もしくは東京電力エリア外にお引越しの方でもいずれの場合でも注意して頂きたいポイントです。

更新日