インターネット契約 - 料金や特徴などで比較。一番良いインターネット・プランは?

インターネット契約 - 料金や特徴などで比較。一番良いインターネット・プランは?

インターネット契約 - 料金や特徴などで比較。一番良いインターネット・プランは?

インターネットの契約をするなら、最も良いプランを選んで契約したい。そんな願いをかなえるべく、インターネットの料金や回線の特徴、通信速度などを比べて最良プランを探してみました。インターネットの契約の際にぜひ参考にしてください。

  • インターネットプランを料金や通信速度を対象に比較しました。
  • 一番良いインターネットプランとは、どんなプランなのでしょうか?

インターネットの回線の種類について

一言でインターネットといっても実はいくつか種類があります。インターネット回線の種類とその特徴について基本的なポイントを押さえておくと、自分にぴったりあったインターネットプラン>がとても選びやすくなります。

 

まずは、インターネットの回線の種類について1つずつ確認してみましょう。

インターネット回線には、固定回線と無線回線の2種類があります。光回線やADSL回線などが、固定回線に該当します。また、無線回線の代表的なものとしてWiMAX(ワイマックス)があげられます。

それぞれの回線の種類とメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

インターネット契約 - 料金や特徴などで比較。一番良いインターネット・プランは?
一言でインターネットといっても種類はいくつかあります。回線の特徴別にインターネットを比較してみましょう。

固定回線

光回線

光回線は光ファイバーケーブルを利用したインターネット回線です。既存のインターネット回線の中で最も通信速度が速く安定しています。

光回線のインターネットを使用するためには、まず光ファイバーケーブルを自宅に引く工事が必要になります。

固定回線と説明しましたが、光回線は無線LANルーターを使用する事で、もちろん家の中ではワイヤレスでインターネット(Wi-Fi)を使う事が出来ます。

無線LANルーターは、自分で購入して設置して利用するか、プロバイダーからレンタルをすることもできます。NURO光のように、Wi-Fiルーター機能のついたホームゲートウェイを提供しているロバイダーも存在します。

光回線のメリットとデメリット
  • 高速でかつ大容量のデータ通信ができる
  • 速度だけでなく回線が安定している
  • オプションのひかり電話を申し込めば簡単に固定電話の電話番号を準備することができる。
  • 回線工事が必要なため、インターネットの開通までに時間がかかる。工事費がかかる場合もある。
光回線 - プロバイダー一例
ぷらら光
NTT系列の老舗のプロバイダー
ぷらら光に申込む
DTI光
業界最安級の光コラボ。契約縛りがなく解約金もない
DTI光に申込む
So-net光プラス
ソニー系列のプロバイダー。キャンペーンや特典も充実
So-net光プラスに申込む
SoftBank光
ソフトバンクのスマホ代が割引になる。Yahoo!BB ADSLから乗り換えキャンペーン実施中
SoftBank光に申込む
auひかり
auのスマホ代が割引になる。申し込みプロバイダーによって高額キャッシュバック等特典あり
NURO光
関東/東海/関西エリア限定。通信速度が定評あり。
プラスNURO光に申込む

ADSL

ADSLは新規の申し込み受付を終了しています。ADSLを新規で申し込むことはできません。NTT東日本・NTT西日本のADSLも2023年にサービスの提供終了が決まっています。

ADSL回線は、固定回線(有線)種で、自宅に引かれている電話線を利用したインターネット回線です。ADSLの場合、家にすでにひかれている既存の電話線を使うのでご自宅内での工事は必要ありません。

通信速度は光回線に比べるとだいぶ劣ります。契約者数も年々減ってきており、現在新規での申し込みをうけているいるプロバイダーもなくなってしまいました。

ADSL回線のメリットとデメリット
  • 月額料金が安い。
  • 電話線があれば宅内工事不要で手軽に始められる。
  • 通信速度が光回線や高速モバイル回線に劣る。
  • 通信速度が距離に影響される。NTT収容局から自宅が遠いと速度が遅くなる。

無線回線

無線回線とは、ルーターと呼ばれる機器を購入もしくはレンタルして無線で使用するインターネット回線です。光回線やADSLのように回線を自宅までひく固定回線と異なり、基地局(アンテナ)とお手持ちのルーターが無線で繋がっています。感覚としてはスマホでインターネットができるのと似ています。

現在主流のモバイル回線の特徴としては、工事などが不要ですぐにインターネットができる点があげられます。無線回線のインターネットとしては据え置きタイプとモバイルタイプが存在します。

工事がいらない無線回線インターネット
据え置き
タイプ
ソフトバンクエアー
  • ソフトバンクの提供する据え置きタイプの無線回線インターネット
  • Airターミナルと呼ばれる機器を接続すればすぐにインターネットができる。
  • 引っ越しがあっても、住所変更するだけですぐに使用ができる。
モバイル
タイプ
UQ WiMAX 
  • WiMAX専用ルーターを購入もしくはレンタルし、プランを選んで契約スタート。
  • 自宅で使用できる他、ルーターを持ち運べば外出先でもインターネットが使える。
  • 主に単身世帯に向いている。
無線回線のメリットとデメリット
  • 工事が不要。ルーターを入手すればすぐにインターネットが始められる。
  • ケーブルやモデムがいらないので、部屋がすっきりする。
  • 通信速度がADSL回線よりも早い。
  • 地下などでは電波が届きにくい事もある。
  • 持ち歩けるタイプの場合、外出先にルーターを持ち出すと自宅でネットが使えなくなる。

インターネットプランを比較

料金で比較

インターネットの申し込みでは、どのくらいお金がかかるのか、また月額料金はどのくらいなのかを一覧にしてみました。ADSLは、光回線に比べ、月額料金が割安でしたが、残念ながら現在は新規の申し込みをすることはできません。

光回線の月額料金は、住宅タイプにより2種類に分かれており、集合住宅の方が少し安くなっています。

インターネット回線ごとの費用を比較
  光回線 ADSL回線
(新規の申し込みはできない)
無線回線
(WiMAXの場合)
初期費用・
申し込み手数料
  • 3,000円程度。
  • 3,000円程度。
  • 3,000円程度。
初期費用・
工事費
  • 15,000-40,000円程度(家やマンションのタイプにより異なる。)
  • 光ファイバーケーブルを引き込む宅内工事。
  • 3,000円程度(NTT局内の工事)
  • 0円(工事が不要)
月額使用料
  • 4,500-6,500円程度
  • 工事費を分割払いにしているとその分、加算される。
  • 2,000円から3,500円程度(通信速度により金額が異なる)。
  • 4,500円程度
  • ルーター代金をレンタルもしくは分割にしているとその分、加算される。
別途機器の購入
  • モデムの設置が必要だが購入する必要はなし。
  • モデムは解約時に返却が必要。
  • モデムの設置が必要だが購入する必要はなし。
  • モデムは解約時に返却が必要。
  • ルーターの購入もしくはレンタルが必要(5000円程度。)
  • ルーター代金は分割で月々の使用料金に含まれるタイプもある。

通信速度で比較

インターネット契約 - 料金や特徴などで比較。一番良いインターネット・プランは?
通信速度もインターネットを比較する上で重要なポイントです。

通信速度がインターネット回線選びの最優先事項という人もいるでしょう。それぞれのインターネット回線がどれくらい通信速度が違うのか、具体的な数値を比較してみました。

  • 最も通信速度があるインターネット回線は、光回線。
  • モバイル回線は、光回線とADSL回線の中間の速さ。
  • ADSL回線の速度は他の回線より一桁通信速度が小さい。つまり一桁分遅い。

家族の人数が多い、高画質の動画やストリーミング映画をストレスなく楽しみたい、そのような方は光回線を選ぶことをおすすめします。

光回線は工事が必要ですが、一度導入すればあとは快適なインターネット生活が楽しめます。

インターネット回線の通信速度
固定回線 モバイル回線
光回線 ADSL WiMAX
1Gbps(=1000Mbps),100Mbps 12Mbps, 39Mbps, 50Mbps 440Mbps、370Mbps、220Mbps
通信速度が最も大きい回線。 速度を選択出来る。 エリアやプランにより速度は異なります

    特徴で比較

    次に、インターネットの特徴を回線ごとに比較してみましょう。特徴だけでなく、それぞれの回線ごとのプロバイダーの種類や申し込み先も記載しました。

    • 通信速度を重視するなら光回線。
    • すぐにインターネットにつなぎたいなら無線回線。
    • 遅くても安めの回線が良ければADSL回線。
    インターネット回線の種類と特徴
    回線の種類 特徴 プロバイダーの種類
    有線 光回線
    • 通信速度が最も速い回線。
    • 通信の安定性も兼ね備えている。
    • 「光コラボ」も含めてプロバイダー数が多く、選択肢が豊富。
    • 光ファイバーケーブルを引く工事が必要。
    光コラボ
    (フレッツ光の回線を使い、回線とプロバイダーが一体化していておトク)
    携帯3大キャリア
    (セット割でスマホ料金が安くなります。)
    独自の光回線
    NURO 光auひかりeo光
    ADSL (新規の申し込み・受付終了)
    • 通信速度は他の回線に比べて遅い。
    • 既存の電話回線を使用。
    フレッツADSL
    (NTTのADSL回線)

    その他ADSL

    無線   
    • 工事をしなくてもいい。
    • 申し込みをして機器を手に入れたら、すぐにインターネットができる。
    • 自宅のみで使える据え置きタイプや、外出先や旅行先などでも使用できるモバイルタイプある。
    ワイマックス
    (外出先でも使用可能)

    SoftBank Air
    (自宅内のみ使用可能)

    インターネット契約よくある失敗例 

    インターネットの契約には注意するべき点もあります。インターネット契約でよくある失敗例を見て学びましょう。

     解約の時に思わぬ解約金がかかった。自動更新の契約だった。

    一番よいインターネットプランを選ぶ

    解約時に、しまった、とならないように注意してインターネット契約をしよう。

    インターネットやスマホの契約でよく見かけるのが2年や3年などの「自動更新」契約(2年しばり/3年しばり)です。月額料金を安くするかわりに「更新月」に解約をしなければ違約金がかかるというシステムです。この「更新月」が2年や3年に1回しか来ないため、タイミングよく解約をしない限り、解約する時に解約金がかかってしまいます。

    自動更新のような”しばり”のあるプランはどうにか避けたいという方は、「自動更新」のないプランを提供しているプロバイダーを検討してみると良いでしょう。

     急な引越しで解約。工事費を請求された。

    転勤で急に引越しが決まった。光回線を使っているけれど、引越しで契約を解約しなければならなくなった。そんなとき、引越し先でも同じ光回線を使うのであれば解約金がかからないケースもあります。

    しかしながら工事費は、契約者ごとではなくてその場所ごとにかかるものなので残債があれば請求がされる事もあります。

     スマホとセットで申し込むと安くなると思ったのにならなかった

    スマホとのセット割が目的でインターネットプランを選ぶ方も多いでしょう。しかしながら、インターネットと携帯のキャリアを揃えるだけではセット割にはなりません。「ひかり電話」などのオプションプランをつけて初めてセット割が適用されるケースもあります。

    またセット割が有効なのは最初の数年だけという期間限定のものありますので、よく条件を確認する必要があります。多くの場合、家族の人数が多くみな同じキャリアを使用しているトータルでお得になる可能性が高いのですが、そうでなければセット割り(まとめ割り)のメリットは低いかもしれません。

    あなたにあった一番良いインターネットプラン

     

    一番良いインターネットプランみつけるべく、主に回線によって様々な条件を比較してきました。

    通信速度と安定感が一番重要であれば光回線がベストです。引っ越しが頻繁にある人にとっては工事が必要ないプランが魅力的でしょう。

    上記で紹介したインターネットの種類と特徴を比べて、ライフスタイルに応じたベストなインターネット・プランを選ぶことで契約後も高い満足度を得られはずです。

     ファミリーの場合やインターネットをたくさん使う人なら​​​​​​。

    インターネット契約 - 料金や特徴などで比較。一番良いインターネット・プランは?

    インターネットのスピードを重視するなら光回線がおすすめ。

    家族の人数が多かったり、家族の誰かがインターネットで動画やゲームをよくするようであれば光回線がオススメです。大容量で安定したインターネット通信が可能です。

    1人暮らしであっても、オンラインゲームなどをするためインターネットの通信速度が重要であれば、やはり光回線にすると良いでしょう。

    最近は、IPv6接続といって、光回線の速度低下を防ぎ、より快適でスピーディーなインターネットサービスを提供しているプロバイダーも存在します。スピード重視の方は、IPv6(IPoE)接続サービスを提供しているプロバイダーをチェックしてみるのも良いでしょう。

    IPv6(IPoE)接続のあるプロバイダー
    ぷらら光
    NTT系列の老舗のプロバイダー
    ぷらら光に申込む
    DTI光
    業界最安級の光コラボ。契約縛りがなく解約金もない
    DTI光に申込む
    So-net光プラス
    ソニー系列のプロバイダー。キャンペーンや特典も充実
    So-net光プラスに申込む
    SoftBank光
    ソフトバンクのスマホ代が割引になる。Yahoo!BB ADSLから乗り換えキャンペーン実施中
    SoftBank光に申込む
    とくとくBB ドコモ光
    プロバイダーのGMOとくとくBBがドコモと提携して提供している光インターネットサービス。
    ドコモ光に申込む

    MEC光
    老舗プロバイダー、エキサイトの提供するサービス
    MEC光に申込む

     1人暮らしの場合や引越しが多い場合

    インターネット契約 - 料金や特徴などで比較。一番良いインターネット・プランは?

    最も良いインターネットプランとは、各自のライフスタイルによって異なります。

    1人暮らしの方や転勤族など引っ越しの多い方はモバイル回線がオススメです。

    固定回線インターネットは、導入時にどうしても工事が必要となり時間と工事費がかかってしまいます。光回線の場合、申込までの期間は約3週間、工事費は戸建ての場合だと15,000円~40,000円と高額です。引越しのたびに払うのは大変です。

    モバイル回線なら、工事の予約も必要がなく、申し込みをすしからすぐにインターネットが使えるので引越しの多い人には便利です。

    また、WiMAXのように持ち歩けるタイプであれば、外出先でスイッチをオンにすればスマホのデータ通信料を減らしてトータルの通信費を下げることも出来ます。

     携帯はドコモかauもしくはソフトバンクなどの3大キャリアを使っている

    3大キャリアのスマホをお使いで適用条件を満たしているのであれば、「スマホと光回線のセット割」を検討してみても良いでしょう。ご家族全員同じキャリアで揃えているような場合は割引が期待できます。

    ただし、スマホとのセット割はオプションサービスである「ひかり電話」の契約が条件な回線もあります。適用条件を確認しましょう。

    プロバイダー 特徴 セット割りの適用条件 申込先
    docomo光
    • 携帯シェアNo.1のNTTドコモの光回線です。
    • プロバイダー料金も込み。
    • ドコモのデータプランを使っていればセット割の対象になります。
    ドコモ光に申込む
    auひかり
    • auひかりはフレッツ光ではなく、独自の光回線を利用しています。
    • プロバイダーを別途契約する必要があります。
    • 「ひかり電話」をオプション契約する必要があります。
    auひかりに申込む
    SofBank光
    • ソフトバンクの光回線です。
    • プロバイダー料金も込み。
    • 「ひかり電話」をオプション契約する必要があります。

    SoftBank光に申込む

    更新日