本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

セレクトラの記事には広告が含まれていますが、実際の記事はコンテンツポリシーに則って一次情報を確認・参考にして作成しており、広告掲載がコンテンツの評価やランキングに影響を与えることは一切ありません。

【PR】

セレクトラの記事には広告が含まれていますが、実際の記事はコンテンツポリシーに則って一次情報を確認・参考にして作成しており、広告掲載がコンテンツの評価やランキングに影響を与えることは一切ありません。

🥇おすすめNo.1!全てにおいて業界最安級 楽天モバイル

楽天モバイルiPhoneトク得キャンペーン
  • データ無制限&24時間通話無料3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • 回線のみMNPで 6,000円分楽天ポイント還元中
  • iPhone業界最安値とMNPで高額ポイント還元

🥇全てにおいて最安級!
楽天モバイル

楽天モバイルiPhoneトク得キャンペーン
  • データ&通話が無制限3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • MNPで6,000円相当還元中
  • iPhone業界最安値

データ無制限のおすすめ格安SIM10社を徹底比較 !低速モードやカウントフリーも紹介

データ無制限で使えるおすすめ格安SIM10社を比較

格安SIMの無制限プランをお探しですか?

格安SIMの無制限プランといっても、通話かけ放題、カウントフリー、そしてデータ無制限と様々です。

ここで紹介するのは主にデータ無制限プランを提供する格安SIMです。

「大手キャリアの無制限プランを契約しているけどもっと安く使いたい」「毎月ギガが足りなくなる」そんな方は無制限プランを提供する格安SIMへの乗り換えがおすすめです。

格安SIMは、それぞれサービスに特徴があります。しっかりポイントを押さえて、自分の使い方にぴったりのプランを見つけましょう。

【結論】データ無制限プランのおすすめ格安SIM3社はこちら

データ無制限で使える格安SIMおすすめランキング

データ無制限、あるいは無制限並みの大容量を提供する格安SIMの中でも、価格やサービスを総合的に考慮したおすすめ3社がこちらです。

🥇データも通話も無制限
楽天モバイル

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten最強プラン」では、月額3,278円で高速データ通信無制限が利用できます。

更に通話アプリRakuten Linkを利用すれば国内通話が無料となり、大手キャリアだけでなく格安SIMと比べても格安のサービスを提供しています。

一方で、都市部以外や地下・屋内での繋がりやすさは大手キャリア回線に比べると弱いところです。
楽天モバイルでは基地局を増設中、話題のプラチナバンド獲得も実現間近なので、すでに楽天エリアに入っているなら乗り換え先おすすめNo.1です。(⇒楽天モバイルをもっと詳しく見る

\iPhone購入乗り換えで最大3.2万円還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

🥈データ大容量+5分通話が無制限
ahamo(アハモ)

ahamoはドコモのオンラインプランなので、繋がりやすさはしっかりドコモ品質です。

ahamoは20GBで月額2,970円のワンプラン、大盛りオプションを付けると月額4,950円で100GBまで使えるようになります。

100GBあれば、多くの方にとって無制限と同じ感覚でデータ通信を楽しめます。
また、容量を超過しても最大通信速度が1Mbps出るので、サイトの閲覧や通常画質なら動画視聴も問題ありません。

通信速度や通信品質は重視しつつ、価格は抑えたい、という方にahamoはぴったりの乗り換え先です。(⇒ahamoをもっと詳しく見る

🥉低速~高速まで選べるデータ無制限
mineo(マイネオ)

格安SIMのmineoには、ユニークな無制限プラン「マイそく」があります。

「マイそく」の料金は最大通信速度で決まり、最も速度が出るプレミアム(最大3Mbps)が月額2,200円と驚きの安さです。ただし、平日の12時~午後1時は速度制限がかかるところに注意です。

高速通信にはこだわらないけれども、格安でデータ通信を思いっきり楽しみたい方におすすめの乗り換え先です。(⇒mineoをもっと詳しく見る

mineo × Selectra事務手数料無料キャンペーン*
mineoに申し込む

*お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは適用対象外

この記事の監修者:内川功一朗
(コンピュータ系ガイド・システムエンジニア)

この記事の監修者:内川功一朗

2005年よりシステムエンジニアの知見を活かして、ネットや雑誌媒体でWindowsを中心としたパソコンの使い方やネットワークも含めた活用方法を執筆。また企業や個人に向けてパソコンやプリンター、モバイルなどデジタルアイテム導入のアドバイスや購入サポートを行う。スマホ・SIMなどにも詳しい。All aboutの専門家としても活躍。 (監修者HP)(Linkedinページ)

監修者:内川先生のコメント
通信費用は基本的にそのサービス提供者の通信品質や速度、そして提供サービスに左右されます。例えばahamoのようにwebに窓口を集約し、店頭サポートなどのサービスを削除したことで価格を抑えていたり、mineoのように速度で価格を変えるものもあります。使い方次第では速度やサポートは不要になるため、各サービスの特徴をよく理解すれば満足できる大容量プラン/無制限プランの格安SIMを選ぶことができます。

 

📱ドコモ品質のスマホを格安で!

ahamo端末セットキャンペーン

 

格安SIMの無制限プランとは?

格安SIMの無制限プランには下記4タイプがあります。

  1. 高速データ無制限プラン
  2. 低速モードデータ無制限プラン
  3. 通話無制限プラン
  4. カウントフリー(アプリやサービスのデータ消費なし)

\iPhone購入乗り換えで最大3.2万円還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

高速データ無制限プラン - テザリングやオンラインゲームに最適

高速データ無制限プランとは、その名の通り、どれだけデータを消費しても高速データを使用できるプランです。

セレクトラでは、大体10~30Mpbs以上が体感で「速い」と感じる通信速度としています。スピードが求められるオンラインゲームを長時間したい人は、たっぷり高速データが使える環境がおすすめです。

また、高速データを無制限で利用できれば、データのアップロードやビデオ通話なども全く問題なく利用できるため、「テザリングを使って仕事がしたい」という人にもおすすめです。

高速データ無制限プランの格安SIM比較を見る ➡

\iPhone購入乗り換えで最大3.2万円還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

低速モードデータ無制限プラン - 1Mpbsまで出る場合はこれで十分

低速モードデータ無制限プランとは、高速データを使いきった後の速度制限がかかった状態で使い続けることができるプランのことを言います。

低速モードで1Mbpsが出るプランも最近は多く、正直一般的なスマホユーザーにとっては十分な速度といえます。

1Mbpsの通信環境下では、ビデオ通話はもちろん、短いYoutube動画などであれば、問題なく視聴することができます

一方で、データを使いきった後、300kbps程度まで速度が落ちてしまう格安SIMもあります。

正直、「動画や音楽を快適に楽しみたい」という方にはおすすめできないレベルです。

動画も見ることはできますが、読み込みに時間がかかったりすることから、基本的にはテキストを中心としたメッセージのやり取り程度でしかおすすめできません。

今回は、十分に使える1Mbpsが低速モードで出る格安SIMプランを中心にご紹介します。

低速モードデータ無制限プランの格安SIM比較を見る ➡

\iPhone購入乗り換えで最大3.2万円還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

データカウントフリー - 特定のアプリをデータ消費なく楽しみたい

データカウントフリーとは、特定のサービスやアプリをデータ消費することなく無制限で楽しむことができるサービスです。

提供している格安SIMは少な目ですが、音楽やゲームなど、特定のコンテンツを思う存分楽しみたい方におすすめです。

  • データカウントフリーサービスを提供する格安SIM
  • LINEMO:LINEが使い放題
  • NUROモバイル:LINE・X(旧Twitter)・Instagram・TikTokが使い放題
  • Biglobeモバイル:YouTube・Apple Music・Spotifyをはじめとした動画や音楽が楽しみ放題
  • Linksmate:X(旧Twitter)・Instagram・FacebookなどSNSの他、ゲームやabema系コンテンツが対象
  • OCNモバイルONE:ミュージックカウントフリーでSpotifyやAmazon musicなど音楽系コンテンツが対象
    ※OCNモバイルONEは新規受付終了

データカウントフリーの格安SIM比較を見る ➡

通話無制限プラン

通話無制限とは、いわゆる「かけ放題」サービスを指します。

最近の格安SIMでは、オプションでかけ放題サービスを利用するほか、20GBなどのプランに5分~10分程度の短時間通話のかけ放題が含まれるものが増えてきています。

24時間かけ放題を紹介する記事も参考にしてみてください。

ここでは、短時間通話かけ放題を提供する格安SIMを紹介していきます。

\iPhone購入乗り換えで最大3.2万円還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

高速データ無制限プランの格安SIM比較

格安SIMのデータ無制限プランを比較

「データ無制限」のプランを提供する格安SIM5社と、そのプランを詳しく解説します。

楽天モバイル - 月額3,278円で高速データ通信も通話も無制限

冒頭でお伝えしたように、データ無制限プランのイチオシは楽天モバイルとなります。

楽天モバイルは月額3,278円で高速データ通信が無制限、更に通話アプリRakuten Linkを利用すれば国内通話が無料です。
地下や屋内での繋がりやすさは3大キャリア回線には劣りますが、高速通信が可能な格安のデータ無制限プランは楽天モバイルだけです。

iPhoneやスマホを購入するためのお得なキャンペーンも実施中なので、乗り換えの際にはスマホの買い替えもおすすめです。

楽天モバイルの料金プランを見る👇

楽天モバイル最強プラン6月1日~ 楽天モバイルでは、6月1日より「Rakuten最強プラン」に移行しました高速データが人口カバー率99.9%となり、つながりにくかった屋内や繁華街/高層ビル、地下鉄も含め以前よりつながりやすくなります料金は旧プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の据え置きです。

新プランRakuten最強プランの料金表
月額料金
(税込)
~3GB ~20GB 20GB~
1,078円 2,178円 3,278円
通信規格 4G・5G
通信容量 楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:無制限
国内通話 Rakuten Linkのアプリを利用すればかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
データタイプ 音声通話機能なしのデータ通信専用SIM/eSIMプラン(価格は最強プランと同じ)
申し込みには楽天カード必須
※Rakuten Link、キャリアメールの利用は不可
公式サイト

【2024年4月】最新キャンペーン情報! お得な楽天モバイルのキャンペーンを見る

「Rakuten最強プラン」の料金表
月額料金(税込)
~3GB ~20GB 20GB~
1,078円 2,178円 3,278円
通信規格
4G・5G
通信容量
楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:無制限
データ容量超過後も1Mbpsで通信可能
国内通話
アプリRakuten Link使用でかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
データタイプ
音声通話機能なしのデータ通信専用SIM/eSIMプラン(価格は最強プランと同じ)
申し込みには楽天カード必須
※Rakuten Link、キャリアメールの利用は不可
公式サイト

【2024年4月】最新キャンペーン情報! お得な楽天モバイルのキャンペーンを見る

\iPhone購入乗り換えで最大3.2万円還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

mineo(マイネオ) - 通信速度で選ぶ格安のデータ無制限プラン

mineoには、「マイそく」という最大通信速度で料金が決まるデータ無制限プランがあります。

動画視聴や音楽配信を楽しむなら、スタンダード(月額990円、最大1.5Mbps)またはプレミアム(月額2,200円、最大3Mbps)で十分快適に使えます。

ただし、月曜~金曜の12時~13時は通信速度が最大32Kbpsに制限されるので、サイトの閲覧も難しくなります。
また、3日間で10GB以上利用した場合も速度制限がかかるので、この2点には注意しましょう。

また、通信速度が更に遅いライト(月額660円、最大300kbps)、スーパーライト(月額250円、最大32kbps)は、かけ放題オプションを付けて通話専用スマホにする使い方があります。

mineoマイそくの料金を見る👇

マイそくの月額料金
  デュアルタイプ
(音声+データ通信)
シングルタイプ
(データ通信のみ)
【New】スーパーライト
(最大32kbps)
250円
ライト
(最大300kbps)
660円
スタンダード
(最大1.5Mbps)
990円
プレミアム
(最大3Mbps)
2,200円
24時間データ使い放題オプション 330円/回
(※3日10GB制限のカウント対象外。月~金曜日の12~13時も速度制限なし)
通話オプション 10分かけ放題:550円/月
24時間かけ放題:1,210円/月

【2024年4月】最新キャンペーン情報! お得なmineoのキャンペーンを見る

mineo × Selectra事務手数料無料キャンペーン*
mineoに申し込む

*お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは適用対象外

povo - データ無制限トッピングで自由にデータ通信を楽しめる

povoは基本料金0円、トッピングを購入することでデータ通信や通話のプランを自分で作れる自由さが特徴です。

povoにはデータ使い放題トッピング(24時間、330円)があるので、使いたいときにトッピングを購入してデータ無制限を楽しむことができます。

auのオンラインブランドだけあり、通信品質はトップクラスです。

povoの料金を見る👇

povo 2.0料金プラン
ベースプラン
トッピング
基本料金0円
データ容量0GB
通信速度
(容量0GB時)
最大128kbps
通話30秒あたり22円
New!オートチャージ990円/回
オートチャージ容量:3GB(30日間)
データトッピングデータ使い放題 (24時間):330円/回
1GB追加 (7日間):390円/回
3GB追加 (30日間):990円/回
20GB追加 (30日間):2,700円/回
60GB追加 (90日間):6,490円/回
150GB追加 (180日間):12,980円/回
コンテンツ
トッピング
DAZN使い放題パック (7日間):925円/回
smash.使い放題パック (24時間):220円/回
通話トッピング5分以内通話かけ放題:550円/月
通話かけ放題:1,650円/月
サポート
トッピング
スマホ故障サポート:830円/月
povo2.0公式サイトを見る
UQモバイル、au、povo 1.0ユーザーはこちら

TONEモバイル - 動画以外なら月額1,100円でデータ無制限

TONEモバイルのプランは、月額1,100円でデータ使い放題という驚きの安さですが、動画視聴は月間1GBまでに制限されています。(1GBを超える場合、有料の動画チケット購入が必要)

動画視聴は家のWi-Fiを使う方や、スマホ利用はSNSやネット検索、ゲームがメインという方なら大変お得に利用できます。

最大通信速度に具体的な制限はありませんが、「通信時の回線混雑状況や通信環境による最大速度」となっています。

TONEモバイルの料金を見る👇

トーンモバイル – 基本プラン料金(税込)
内訳 詳細
月額料金 1,100円
データ通信容量
  • ギガ無制限
  • 動画視聴は1GBまで
    (1GBを超える場合は330円/1GBの動画チケット購入が必要)
    Wi-fi環境なら動画閲覧・アプリダウンロードも可能
通話料
(TONE電話※)
  • トーンモバイル同士:0円
  • 国内携帯電話あて:23.1円/分
  • 国内一般加入電話宛:14.3円/3分
事務契約手数料 3,300円
最低利用期間 24か月
解約金 1,000円(TONE for Androidプラン、基本プラン(新))
9,800円(基本プラン・基本プラン(アルパイン)
※TONE for iPhoneプランは最低利用期間、解約金なし

LIBMO(リブモ) - 最大通信速度200Kbpsでデータ無制限月額528円

LIBMOのなっとくプラン(ライト)は、最大200Kbpsという速度制限付きの無制限プランです。

200Kbpsの速度で何ができるのか確認してみましょう。

  • LINEやSkypeでの音声通話、050から始まる番号を使うIP電話
  • 音楽ストリーミングサービス(アプリによっては低音質~中音質のみ)
  • 地図アプリのナビ機能
  • 文章がメインのサイト閲覧
  • 低画質での動画視聴

意外と色々なことができますが、少しでも電波が悪くなると通話や音楽再生が途切れてしまいます。また、オンラインゲームは全体的に厳しいです。
スムーズな通信に慣れていると、200Kbpsの速度ではストレスに感じることが多そうです。

スマホ利用はWi-Fiメインで外で使うときも通信品質にこだわらない方や、かけ放題オプションを付けて通話専用にしたい方にはおすすめです。

LIBMOの料金を見る👇

LIBMO なっとくプラン 料金表(税込)
容量 データ通信のみ 音声通話機能付き
なっとくプラン(ライト)
無制限・最大速度200Kbps
528円 -
なっとくプラン(3GB) 858円 980円
なっとくプラン(8GB) 1,320円 1,518円
なっとくプラン(20GB) 1,991円
なっとくプラン(30GB) 2,728円

低速モード(1Mbps)データ無制限プランの格安SIM比較

格安SIMの容量超過後も最大1Mbpsで使えるプランを比較

月間のデータ容量がプランで決まっていても、容量超過後も月末まで最大1Mbpsの制限で使える格安SIMがあります。

1Mbpsの速度があると、標準画質の動画を見ることができます。通販サイトの利用は難しくなりますが、通常のサイトを閲覧するのは問題ありません。

基本的なスマホの使い方はできるので、1Mbpsあれば実質データ無制限と言えるでしょう。
このようなプランを提供するおすすめ格安SIMを紹介します。

ahamo(アハモ) - ドコモ品質を月額4,950円で100GB使える

ahamoのプランは20GBの1つだけで、月額2,970円です。

無制限プランを探している方にもahamoをおすすめできるのは、2つの理由があります。
 容量超過後も最大1Mbpsの速度で使える
 大盛りオプション(月額1,980円)を付けると月額4,950円で100GB使える

100GBあると、多くの方にとって無制限と同じ感覚でスマホを使えます。テザリングも100GBまでできるので、家に固定回線がなくてもahamoのテザリングで済んでしまうかもしれません。

  • 月間100GBでできること
  • オンライン会議/学習:約170時間/日
  • 動画サービスの利用:約85時間/月
  • 音楽サービスの利用:約2万曲DL/月
    引用元:ahamo公式サイト

また、ahamoはドコモのオンラインプランのため、通信品質はしっかりキャリアと同等です。
楽天モバイルや格安SIM(MVNO)の繋がりにくさが心配…という場合は、ahamoで通信品質も価格も満足できるでしょう。

ahamoの料金を見る👇

ahamo(アハモ)の料金
月額料金 2,970円(機種代⾦別途)
通信規格 4G・5G
データ容量 20GB
海外ローミング 海外82の国・地域での20GBまで無料(1)
通信速度
容量超過時
最大1Mbpsで通信可能
国内通話 5分以内の国内通話無料
超過後は30秒22円(2)
オプション 24時間かけ放題:1,100円/月
1GBデータ追加:550円
ahamo大盛り(80GBデータ追加):1,980円/月
サポート 原則オンラインのみ
ドコモショップでのサポートは税込3,300円:
・ahamo Webお申込みサポート(3)
・ahamo WEBお手続きサポート(4)

(1) 15⽇を超えて海外で利⽤される場合は速度制限がかかります。国内利⽤と合わせての容量上限です。
(2) 「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦ がかかります。
(3) ahamo専⽤サイトからのお申込みの補助を受けられるサービス。ただし、端末の操作自体は自分で行う必要あり。
(4) ahamoアプリおよび専⽤サイトからのお⼿続き補助を受けられるサービス。ただし、端末の操作自体は自分で行う必要あり。

ahamoについての注釈を見る ahamoについての注釈を閉じる

【2024年4月】最新キャンペーン情報! お得なahamoのキャンペーンを見る

ahamoならNetflixもお得にみれる

100Gあれば外出先でも動画視聴が気軽に楽しめますね。さらに、ahamoなら爆アゲセレクションで動画もお得に見れちゃいます。

ahamoなら、Netflixの利用でdポイントが還元されます。ドコモ回線だけのうれしい特典です。すでにNetflixを利用中でも大丈夫。

爆アゲセレクション Netflix

selectra

ドコモ回線ユーザーならdポイント還元でお得!

爆アゲ x Netflix

爆アゲセレクション Netflix

爆アゲセレクション Netflix

ドコモ回線(eximo,ahamo,ギガホ)ユーザーならdポイント還元があるからお得!

爆アゲ x Netflix専用サイト

UQモバイル - 20GBのコミコミプランがおすすめ

UQモバイルにはプランが3つありますが、中でもコミコミプラン(月間20GB、10分以内かけ放題付きで月額3,278円)がおすすめです。

他の2プラン(ミニミニ/トクトク)との大きな違いは、割引を使わなくても最初から安いところです。
10分以内のかけ放題がプラン込みなので、短い通話が多い方には更にお得です。

月間20GBを超えても、最大通信速度1Mbpsでデータ通信が行えるところも安心。
トクトクプラン(15GB)も同様に容量超過後は最大通信速度1Mbpsとなりますが、UQモバイルの割引きが適用されないとやや割高です。

UQモバイルの料金を見る👇

UQモバイルプラン

【2024年4月】最新キャンペーン情報! お得なUQモバイルのキャンペーンを見る

LINEMO(ラインモ) - 20GBのスマホプランでたっぷりデータ通信

LINEMOにはミニプラン(月間3GB、月額990円)もありますが、容量超過後も最大1Mbpsでデータ通信が使えるのは月間20GBのスマホプラン(月額2,728円)です。

LINEMOは申し込みがオンラインに限られる分、割引がなくても初めから安いシンプルな料金設定が特徴です。
ソフトバンクのオンラインブランドのため、通信品質も安定。店舗サポートが必要ないのであれば、LINEMOに乗り換えはおすすめです。

また、後ほども解説しますが、LINEギガフリーでLINEアプリでのトークと通話は容量超過後も使えます

LINEMOの料金を見る👇

LINEMOの料金
  ミニプラン スマホプラン
基本データ容量 3GB 20GB
月額料金 990円 2,728円
基本データ容量超過時
節約モード時
最大300Kbps 最大1Mbps
データ量の追加購入 550円/1GB
国内通話 30秒ごとに22円
通話オプション 通話準定額:550円/月 (5分/回以内の国内通話無料)
LINEMO契約から7か月目まで無料
通話定額:1,650円/月(国内通話が完全無料)
LINEMO契約から7か月目まで1,100円
LINEギガフリー 対応
5G 対応
公式サイト LINEMO(ラインモ)のサイトを見る

【2024年4月】最新キャンペーン情報! お得なLINEMOのキャンペーンを見る

mineo(マイネオ) - パケット放題Plusを使えば容量超過後も最大1.5Mbpsで使える

mineoの料金プラン「マイピタ」は、「パケット放題Plus」というオプションを使うとデータ容量超過後も最大1.5Mbpsでデータ通信を行えます。

10GB以上のプランは無料で使えるオプションのため、マイピタの10GB/20GBプランであれば、容量超過後でも最大1.5Mbpsで使えることになります。ただし別途申し込みが必要なので忘れないようにしましょう。(申し込まない場合の速度制限は最大200Kbps)
その他のプランは月額385円のオプション料金がかかります。なお、基本データ容量3GB以下のシングルタイプでは申し込みできません。

マイそくもマイピタも、mineoのプランを賢く使えば格安でデータ無制限を利用できますね。

mineoマイピタの料金を見る👇

mineo(マイネオ)「マイピタ」料金プラン
  1GB 5GB 10GB 20GB
データ通信専用 880円 1,265円 1,705円 1,925円
通話機能付き 1,298円 1,518円 1,958円 2,178円

パケット放題プラス

2022年11月28日より一部新規申込受け付け終了

データ節約モード時の通信速度が最大1.5Mbpsで使い放題
385円/月 無料
5Gオプション 無料
データシェア系オプション フリータンク:余ったデータ容量を入れておき、マイネオユーザーとシェアする(無料
パケットギフト:余ったデータ容量を他のマイネオユーザーに贈ることができる(無料
パケットシェア:繰り越したデータ容量をシェアグループで共有(無料
通話料 通常通話アプリ:22円/30秒
mineoでんわ:10円/30秒
10分かけ放題:550円/月
かけ放題:1,210円/月
公式サイト

【2024年4月】最新キャンペーン情報! お得なmineoのキャンペーンを見る

mineo × Selectra事務手数料無料キャンペーン*
mineoに申し込む

*お試し200MBコース、マイそくスーパーライトは適用対象外

ワイモバイル - 容量超過後の速度制限が2段階に、今後は規制が増えてくる?

最後にワイモバイルを紹介しますが、新プラン「シンプル2」より月間データ容量超過後の速度制限が2段階になりました。

「シンプル2 M」(20GB)と「シンプル2 L」(30GB)は、プラン容量を超えても最大1Mbpsでデータ通信ができますが、その後更にプラン容量の半分を消費すると、更に速度制限がかかり最大128kbpsとなります。

シンプル2 M/Lの容量超過後の速度
プラン 速度制限① 速度制限②
M
20GB
容量超過後
最大1Mbps
更に10GB消費後
最大128kbps
L
30GB
容量超過後
最大1Mbps
更に15GB消費後
最大128kbps

※増量オプションで増量された分やくりこし分を消費した後

ワイモバイルは2023年10月から開始した新プランでこの規制を設けましたが、今後も格安SIM他社で同様の動きが出てくるかもしれません。

容量超過後も大量にデータ通信を行うケースは稀かもしれませんが、ワイモバイルの繰り越し機能を使いながら、上手にデータ容量をやりくりしていくのがおすすめです。

ワイモバイルの料金を見る👇

ワイモバイル料金プラン「シンプル2 S/M/L」
  シンプル2 S シンプル2 M シンプル2 L
基本データ容量 4GB 20GB 30GB
基本料金 2,365円 4,015円
(1GB以下:1,078円)
5,115円
(1GB以下:1,078円)
割引パターン①PayPayカード支払い割+おうち割 光セット(A)適用の場合
割引の内訳
  • おうち割 光セット(A):
    -1,100円/月(S)、-1,650円/月(M/L)
  • PayPayカードお支払い割:ー187円/月
割引適用料金 1,078円 2,178円 3,278円
割引パターン②PayPayカード支払い割+家族割適用の場合
割引の内訳
  • 家族割:-1,100円/月(※2回線目以降)
  • PayPayカードお支払い割:ー187円/月
割引適用料金(※2回線目以降) 1,078円 2,728円 3,828円
データ容量超過時 最大300Kbps 最大1Mbps
さらにプラン容量の半分(2GB/10GB/15GB)超過後は最大128Kbpsに速度制限
通話オプション
  • だれとでも定額+(10分以内国内通話かけ放題):880円/月
  • スーパーだれとでも定額+(国内通話が24時間かけ放題):1,980円
    ※60歳以上は880円
  • 留守番電話/割込通話/グループ通話/一定額ストップが通話オプションのサービスに含まれる(別途申し込みが必要)
公式サイト ワイモバイルのサイトを見る

おうち割光セット(A)の概要

割引条件 SoftBank光またはSoftBankAirとワイモバイルをセット契約
注意点
  • 家族割との併用不可
  • SoftBank Air/SoftBank光の開通前でも、おうち割 光セット(A)お申し込み日の翌月から割引が適用(5か月以内に開通しないと割引が終了)

【2024年4月】最新キャンペーン情報! お得なワイモバイルのキャンペーンを見る

特定アプリ/サービスの使用がカウントフリーになる格安SIMを比較・解説

特定アプリ/サービスの使用がカウントフリーになる格安SIMを比較

「カウントフリー」とは、対象のアプリまたは対象サービスを利用したときのデータ通信量が、データ消費量としてカウントされないサービスです。

よく使うサービスがカウントフリーになればその分他のことにギガを使えて、データ容量の大きいプランや無制限プランを契約しなくても月末までギガが足りるようになります。結果的に、スマホ代の節約に繋がりますね。

ただしアプリ内のサービスによってはカウントフリー対象外です。うっかりギガを消費しないよう、対象外のサービスはよく把握しておきましょう。

LINEMO(ラインモ) - LINEアプリのトークと音声・ビデオ通話がカウントフリー

LINEMOの嬉しい特典の1つが、LINEギガフリーです。
LINEアプリのトークや通話(音声・ビデオ)など、多くの機能がカウントフリー対象。家族や友人との連絡手段がLINEアプリ、という方はかなりのギガを節約できるでしょう。

また、プラン容量を超過した後も、LINEアプリは通信速度が落ちることなく使えます。

LINEギガフリー対象/対象外のサービス一覧を見る

LINEギガフリー対象/対象外のサービス一覧
ギガフリー対象 ギガフリー対象外
  • 各タブトップの表示
  • 音声通話・ビデオ通話の利用
  • トークの利用(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルなどの送受信)
  • トークのみんなで見る機能による画面シェア
  • 各トークにおける設定・アルバム・ノートなどの表示・編集
  • LINE VOOM(旧:タイムライン)の表示・投稿・シェア(アプリ)
  • ディスカバー(写真・動画)の表示
  • ウォレットタブのLINE Pay/LINE家計簿の利用
  • 設定および各項目の表示・編集
  • 友だち追加画面の表示・各項目の操作・友だちの追加
  • プロフィールの表示・編集・投稿
  • 検索の利用
  • トークでの位置情報の共有
  • トークでのShoppin’トークの利用
  • トークでのジフマガの利用
  • トークのみんなで見る機能によるYouTube閲覧
  • Liveの利用
  • LINE VOOM(旧:タイムライン)の表示・投稿・シェア(Web)
  • ニュース記事詳細の閲覧
  • OpenChatの利用
  • スタンプ/着せかえショップの利用
  • LINEファミリーサービスの利用(LINEマンガやLINEゲーム、LINE MUSIC、ポイントクラブなど)
  • LINE Liteの利用
  • 海外のアプリストアでダウンロードしたLINEの利用
  • 他社サイト/他社アプリへの接続

NUROモバイル - LINE、Instragramなど人気4アプリのデータ通信量がカウントフリー

NUROモバイルのNEOプラン(20GB/月額2,699円)/NEOプランW(40GB/月額3,980円)であれば、NEOデータフリーでLINE・X(旧Twitter)・Instagram・TikTokの対象サービスがカウントフリーになります。

今や必須と言えるこれらのアプリの多くの機能がカウントフリーになるのは助かりますね。

NUROモバイルのVMプラン(5GB/月額990円)とVLプラン(10GB/月額1,485円)では、LINEアプリの対象サービスをカウントフリーにできます。ただし通話は音声・ビデオともに対象外です。

NEOデータフリーの対象/対象外サービスを詳しく見る

NEOデータフリーの対象/対象外サービスの一例
アプリ ギガフリー対象 ギガフリー対象外
LINE
  • 各タブトップの表示
  • 音声通話の利用
  • トークの利用(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルなどの送受信)
  • 各トークにおける設定・アルバム・ノートなどの表示・編集
  • VOOMの表示・投稿・シェア
  • ニュース記事詳細の閲覧
  • OpenChatの利用
  • スタンプ/着せかえショップの利用
  • その他、設定の表示・編集や友だち追加画面の表示や操作など
  • ビデオ通話の利用
  • トークでの位置情報の共有
  • トークでのジフマガの利用
  • トークのみんなで見る機能による画面シェア
  • トークのみんなで見る機能によるYouTube閲覧
X(旧Twitter)
  • 写真・動画付き含むツイートの閲覧・投稿
  • キーワード検索の利用
  • トレンド・通知・モーメントの表示・利用
  • DM(テキスト・画像の送受信)
  • 設定の表示・編集
  • スペース
  • DMでのGIFの利用
  • 外部リンクへの接続、外部サービスの利用
  • 公式アプリ(Twitter,Inc.が提供)以外の利用
Instagram
  • リール(Reels)
  • 写真・動画の投稿
  • ストーリーの閲覧・投稿
  • ライブ動画の視聴・配信
  • ホーム(タイムライン)の表示
  • メッセージの表示・送受信
  • 検索の利用
  • など
  • メッセージのビデオチャット・通話
  • Music Storiesの利用
  • 他社サイトへの接続(URLなどをクリック)
TikTok
  • レコメンドの表示(広告などTikTok外部の動画は対象外)
  • トレンドの表示(広告などTikTok外部の動画は対象外)
  • 動画の閲覧・投稿(広告などTikTok外部の動画は対象外)
  • 検索の利用
  • メッセンジャーの利用
  • 各種設定・プロフィールの閲覧・編集
  • TikTokLiveの視聴・配信
  • 他社サイトへの接続(URLなどをクリック)
  • 他社アプリへの遷移

📱自由に大容量を使いたいならNomad SIMもおすすめ

Nomad SIM
  • 50GB 3,520円・100GB 4,620円
    ※月額料金、契約事務手数料別途
  • 海外85か国で使えるeSIMプラン登場

格安SIMをデータ無制限で使う注意点

かなりお得に見える格安SIMのデータ無制限プランですが、特に通信速度を重視する方は格安SIMならではの注意点を確認しておきましょう。

大手キャリアほどの高速通信はできない

ドコモ・ソフトバンク・auの大手キャリアに比べると、格安SIMの通信速度は劣ります

大手キャリアの回線を使用するMVNO(mineo、TONEモバイル、LIBMO、NUROモバイルなど)は、混雑時はキャリアのメインプランやサブブランドが優先されるようで、通信速度が落ちてしまうようです。

第4のキャリア楽天モバイルも、後発のため設備は大手キャリアほど整っておらず、繋がるエリアや通信速度はまだ大手キャリアと肩を並べているわけではありません。

しかし格安SIMの中でも、キャリア提供のサブブランドやオンラインブランドは、キャリア回線を自社回線として使用していて、MVNOよりも混雑時の通信速度が落ちにくいようです。

価格だけでなく通信速度も重視したいなら、キャリア提供プランがおすすめです。

  • 通信品質が良くて価格も安い・キャリア提供プラン
  • サブブランド:店舗サポートなどサービスがキャリアに近いが、基本料金は高めで割引がないと割高
    UQモバイルワイモバイル
  • オンラインブランド:店舗サポートがなくサービスが限られる分、価格は割引なしでも安くてシンプル
    ahamoLINEMO

多くの無制限プランが通信速度などの制限付き

格安SIMが提供するデータ無制限プランは、通信速度や使えるコンテンツに制限がある場合がほとんどです。

制限付きのデータ無制限プラン
mineo 最大通信速度に制限あり(最大32Kbps~3Mbps)
LIBMO 最大通信速度に制限あり(最大200Kbps)
TONEモバイル 動画視聴は1GBまで

キャリアと同じように高速のデータ通信を無制限で楽しめるのは、格安SIMでは楽天モバイルだけです。

楽天モバイルの自社回線で繋がれば、大手キャリアほどの速度ではないもののMVNOよりも早い速度で快適にデータ通信ができます。
楽天モバイルが繋がるエリアは公式サイトで確認できるので、生活圏がカバーされているか確認してみましょう。

用途別・快適に使える通信速度

格安SIMでは制限されることもある通信速度ですが、数値で見てもピンとこないかもしれません。

サイト閲覧や動画視聴など、普段のスマホの使い方はどれくらいの速度があると快適と感じるのでしょうか。

快適に利用できる速さの目安
利用目的 ダウンロード アップロード
サイトの閲覧 1Mbps -
LINEやメールの送受信 128Kbps~1Mbps 1Mbps
YouTubeのHD画質閲覧 5Mbps -
Zoomのオンライン会議 3Mbps 3Mbps
オンラインゲーム 20~100Mbps以上 30Mbps以上
NetflixのUHD画質閲覧 25Mbps以上 -
HuluのHD画質閲覧 6Mbps以上 -
写真をSNSにアップ - 3Mbps以上
動画をSNSにアップ - 10Mbps以上
YouTubeでの生配信 - 10Mbps以上

次に、キャリア・格安SIMの平均通信速度です。数値が高いほど通信速度は早くなります。

ただし通信速度は環境や時間帯に大きく左右され、かつ下記のデータは平均値なので集計されたデータ数にもばらつきがあります。参考としてご覧ください。

キャリア・主要格安SIM 通信速度ランキング
順位 キャリア名(プラン) 平均ダウンロード速度(Mbps) 平均アップロード速度(Mbps)
1位 ドコモ 118.12 14.02
2位 ソフトバンク 98.0 17.73
3位 povo 95.14 16.17
4位 ワイモバイル 90.49 15.78
5位 楽天モバイル(キャリア) 82.38 29.53
6位 LINEMO 81.81 16.44
7位 au 81.74 13.52
8位 UQモバイル 80.99 13.33
9位 ahamo 74.26 9.54
10位 NUROモバイル 43.58 10.72
11位 mineo 41.0 10.11

参照:みんなのネット回線速度(2023年10月時点)

やはりキャリアやキャリア提供プランは、MVNOとは通信速度に差が出るようです。
とはいえどこも動画視聴やビデオ通話など、基本的な使い方のためには快適に使うのに十分な速度が出ています。

重たいオンラインゲームを快適にプレイしたい場合は、キャリア提供のプランを選ぶのが安心でしょう。

まとめ - 格安SIMのデータ無制限がおすすめなのはこんな人

格安SIMのデータ無制限プランを、3つのタイプに分けて比較・解説してきました。

それぞれ特徴を持った格安SIMのデータ無制限プランですが、まとめるとおすすめできるのは以下のような人です。

  • とにかく安く、ギガを気にせずデータ通信をしたい
  • 通信速度が多少遅くなっても構わない
  • お昼どきなど混雑時にはスマホを余り使わない

逆に、オンラインゲームを快適にプレイしたい、SNSのアップロードが多いなど、通信速度を重視するならドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアの無制限プランもメリットがあります。

自分のスマホの使い方や重視するポイントを考えて、ぴったりの無制限プランでデータ通信を楽しみましょう。

時間無制限のかけ放題がお得な格安SIMをお探しなら、関連記事「時間無制限のかけ放題プランを提供している格安SIMはある?最安は?」をご覧ください。

おすすめSIM会社

iPhone購入とプラン契約で最大22,000円分ポイント還元繋がり易くなったRakuten最強プランではデータ使用量に応じて月額料金が変わり、3GBまでならかけ放題で1,078円

通信品質トップクラス。新プランのコミコミプランでは、10分かけ放題付で20GB3,278円(税込)でオンライン専用プラン並みの低価格店舗サポートも魅力。

ドコモ品質で安心。20GBと5分かけ放題で月額2,970円。大盛りオプション利用で月額4,950円で100GBの大容量もおまかせ。海外でも20GBまで利用可能。

ソフトバンクグループになったLINEMO(ラインモ)。だからキャリア品質。LINEのデータ消費がカウントフリー(LINEギガフリー)。データ容量使い切ってもLINEの通信速度はそのまま。いまなら、通話オプション(5分)が契約から7か月目まで無料!

更新日