🥇おすすめNo.1!全てにおいて業界最安級 楽天モバイル

楽天モバイルiPhoneトク得キャンペーン
  • データ無制限&24時間通話無料3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • 回線のみMNPで 6,000円分楽天ポイント還元中
  • iPhone業界最安値とMNPで高額ポイント還元

🥇全てにおいて最安級!
楽天モバイル

楽天モバイルiPhoneトク得キャンペーン
  • データ&通話が無制限3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • MNPで6,000円相当還元中
  • iPhone業界最安値

LINEMO(ラインモ)でiPhoneは使える?注意点から申し込み手順まで徹底解説

本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
LINEMOでiPhoneを使う

LINEMO(ラインモ)はiPhone 6s以降のモデルが動作確認済み

LINEMOは、ソフトバンクが提供するオンライン専用ブランドです。
ソフトバンクの高い通信品質を格安で利用できるので、iPhoneで快適なデータ通信をしたい方にはかなりおすすめできる格安SIMです。

LINEMOではiPhone 6s以降のモデルが動作確認済み。LINEMOが気になるiPhoneユーザーも安心して乗り換えができます。

この記事ではLINEMOでiPhoneを使う注意点とメリットから、お得な乗り換え方法まで紹介します。
iPhoneで動画やゲームを楽しみたいけどスマホ代は節約したい、そんな方はぜひ参考にご覧ください。

LINEMOではiPhone6s以降が動作確認済み

LINEMOで動作確認されているiPhoneの一覧です。

 販売元キャリアSIMフリー
ソフトバンクドコモau楽天モバイル
iPhone 14
(Plus,Pro,Pro Max)
iPhone SE
(第3世代)
iPhone 13
(mini,Pro,Pro Max)
iPhone 12
(mini,Pro,Pro Max)
iPhone SE
(第2世代)
iPhone 11
(Pro,Pro Max)
-
iPhone XS,XS Max-
iPhone XR-
iPhone X
iPhone 8
(Plus)
-
iPhone 7
(Plus)
-
iPhone SE
(第1世代)
-
iPhone 6s
(Plus)
-

iPhone 6sは2015年発売なので、今使われている全てのiPhone機種がLINEMOで動作確認されていると言っても差し支えないでしょう。
iPhone 6/6 Plus以前のモデルはSIMロック解除が利用できないため、LINEMOでは使えません。

なお、2021年9月以前にドコモ、auで購入したiPhoneの場合はLINEMO乗り換え前にSIMロックの解除が必要です。
また、ソフトバンクまたはワイモバイルで購入したiPhoneでも、LINEMOをeSIMで申し込む場合は同じSIMロックの解除が必要です。

LINEMOでiPhoneは購入できない!乗り換え前に機種を用意しよう

LINEMOは回線契約のみで、iPhoneやAndroidスマホの販売はしていません。LINEMOへの乗り換えは、機種の持ち込みが必要となります。

LINEMOに乗り換えを検討している方で、「これからiPhoneを購入する・今の機種から機種変更をしたい」場合はLINEMO乗り換え前にiPhoneを用意しましょう。

キャリアの端末購入サポートプログラムは回線契約なしでも利用できる

高価なiPhoneをお得に購入する方法の1つとして、キャリア4社が提供する「端末購入サポートプログラム」を利用できます。

これは48回の分割払いでiPhoneを購入し、23~25か月目に端末を返却した時点で残額の支払いが不要になるというプログラムで、2年間の期限付きの代わりに定価の半額か半額以下でiPhoneを使えます

また各キャリアの回線契約がなくても利用可能なので、プログラムを利用して機種を購入しても問題なくLINEMOに乗り換えができます。

1台の端末を長く使いたい、返却したくない方にはおすすめできませんが、2年ごとに新しい機種を使いたい方にはお得にiPhoneを手に入れる良い方法です。

キャリアプログラム名詳細
ソフトバンク新トクするサポート公式サイト
ドコモいつでもカエドキプログラム公式サイト
auスマホトクするプログラム公式サイト
楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム公式サイト

iPhoneを安く買う方法は、関連記事もご覧ください。

乗り換え特典を利用してiPhoneを購入したいなら、楽天モバイルがおすすめ

携帯会社の乗り換えキャンペーンを利用してiPhoneを購入したい場合は、楽天モバイルがおすすめです。

現在実施中のiPhoneトク得乗り換えキャンペーンを利用すると、iPhone購入とプラン契約で最大14,000円相当の楽天ポイントが還元されます。
上記で紹介した2年後に返却するプログラムを利用しなくても、9,000円相当のポイントをもらえます。

端末とセットで乗り換えをしたい方は、ぜひ検討してみてください。

\iPhone購入乗り換えで最大3.2万円還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

LINEMOの料金プラン

LINEMOに乗り換えると、毎月のスマホ代はいくらになるでしょうか。

LINEMOの料金プランは月間データ容量が3GBの「ミニプラン」20GBの「スマホプラン」の2種類のみ。
どちらも家族割やインターネットとのセット割など、複雑な割引なしでシンプルに安いプランが人気の理由です。

LINEMOの料金
  ミニプラン スマホプラン
基本データ容量 3GB 20GB
月額料金 990円 2,728円
基本データ容量超過時
節約モード時
最大300Kbps 最大1Mbps
データ量の追加購入 550円/1GB
国内通話 30秒ごとに22円
通話オプション 通話準定額:550円/月 (5分/回以内の国内通話無料)
LINEMO契約から7か月目まで無料
通話定額:1,650円/月(国内通話が完全無料)
LINEMO契約から7か月目まで1,100円
LINEギガフリー 対応
5G 対応
公式サイト LINEMO(ラインモ)のサイトを見る

【2024年4月】最新キャンペーン情報! お得なLINEMOのキャンペーンを見る

LINEMOの基本料金

3GBのミニプランは月額990円、20GBのスマホプランは月額2,728円です。

LINEMOの基本料金は、自社回線を持たないMVNOの格安SIMと比較しても最安級と言える価格です。
さらにLINEギガフリーでLINEアプリの利用はデータ使用量としてカウントされません。LINEアプリをよく使う方なら、その分のデータ容量を他のことに使えてお得ですね。

LINEMOの通話料

LINEMOの通話料は22円/30秒と、携帯キャリアの通常の通話料と同じです。

5分以内の短い通話が多い方なら5分かけ放題を付ける方が安く済むでしょう(550円は12.5分の通話に相当します)。

今ならLINEMO契約から7か月目までかけ放題オプションが毎月550円割引になるキャンペーンを実施中なので、申し込みの時には5分かけ放題(契約から7か月目まで無料)を付けるのがおすすめです。無料期間中に、かけ放題オプションを継続するかどうか見極めましょう。

LINEMOはLINEアプリでの通話が無料なので、うまく併用すれば通話料を大幅に節約できます。

LINEMOでiPhoneを使う注意点

iPhoneユーザーがLINEMOに乗り換えるときの注意点をまとめました。

注意点①LINEMOで端末の購入はできない

前の章でもお伝えしましたが、LINEMOでは端末の購入ができません。

そのため機種変更に際には、自分でSIMフリー端末を用意する必要があります。
購入先は携帯他社、アップルストア、家電量販店などとなります。新しい機種を購入する際には、LINEMOで動作確認が取れているかどうかを必ず確認しましょう。

注意点②初期設定・データ移行に店舗のサポートを受けられない

LINEMOはソフトバンクが提供するオンライン専用ブランドです。そのため、ソフトバンクショップでのサポートを受けることができません

LINEMOを申し込んだ後の初期設定や開通手続き機種変更の時のデータ移行は、全て自分で行うことになります。

とはいえ今は手順もかんたんになっており、LINEMOはチャットでの問い合わせに対応しています。チャットは10時~24時であればオペレーターと会話することが可能です。

注意点③SIMロック解除が必要な場合がある

LINEMOに乗り換える際、SIMロック解除が必要なのは以下の2つの場合です。

  1. 2021年9月以前にドコモまたはauで購入した機種でSIMロックがかかっている
  2. SIMロックがかかった機種でLINEMOのeSIMに乗り換える(ソフトバンク・ワイモバイルで購入した機種も含む)

まずはお手持ちのiPhoneにSIMロックがかかっているかどうかを確認しましょう。

端末のSIMロックを確認する方法
iPhone設定アプリ→一般→情報→SIMロック
「SIMロックなし」表示ならSIMフリー端末

SIMロック解除が必要な場合、どのキャリアもマイページ(My docomo、My au、My SoftBank、My Y!mobile)から手続きができます。

SIMロックの解除の詳細は関連記事をご確認ください。

注意点④留守番電話は有料

iPhoneには「伝言メモ機能」(Androidスマホに搭載されているメッセージ録音機能)がないため、留守番電話の利用は携帯会社のオプションを付けることになります。
LINEMOは以前は留守番電話を提供していませんでしたが、2022年10月4日より留守番電話と転送電話に対応しています。

ただし、ソフトバンクやワイモバイルでは無料で使える留守番電話ですが、LINEMOでは月額220円の有料です。

「留守電パック」に申し込むと、「留守番電話サービス」「着信転送サービス」「着信お知らせ機能」の3つのサービスを利用できます。

注意点⑤キャリアメールの継続は有料

LINEMOでは、「@softbank.ne.jp」「@ymobile.ne.jp」といったキャリアメールはそのまま使えません。
キャリアメールを継続して使いたい場合は、My SoftBankでメール持ち運びサービスを申し込むことになります。

メール持ち運びサービスは、ソフトバンク・ワイモバイルの解約後31日以内に申し込むこと、有料サービス(年額3,300円か月額330円)となることが注意点です。

メールアドレスを変えても大丈夫な方は、LINEMOの乗り換えと同時にiCloudメールやGmailなどのフリーメールのアドレスを普段使いにすることをおすすめします。

LINEMOでiPhoneを使うメリット

LINEMOでiPhoneを使う注意点を確認しましたが、一方でメリットも満載です。

メリット①持込端末補償で他社購入のiPhoneでも安心

LINEMOには、「持込端末補償」というサービスがあり、iPhoneの万が一の故障や破損に備えられます。
iPhone購入日にかかわらず、iPhoneの修理やバッテリー無償交換などのサポートをAppleから直接受けることができます。

なお、iPhone 6s以前の機種、iPadは保証の対象外です。

LINEMO持込端末補償
画像引用:LINEMO公式サイト
持込端末補償(AppleCare Services)の概要
申し込みLINEMO契約時または開通日を含む14日間
月額料*2023年5月時点iPhone 14 Pro Max
iPhone 14 Pro
iPhone 13 Pro Max
iPhone 13 Pro
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
1,480円
iPhone 14 Plus1,350円
iPhone 14
iPhone 13
iPhone 13 mini
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 11
iPhone XR
iPhone 8 Plus
iPhone 7 Plus
iPhone 8
iPhone 7
1,180円
iPhone SE(第1/第2/第3世代)950円
詳細LINEMO公式サイトを見る

*2022年8月17日以降に申し込みの金額

メリット②ソフトバンク回線の高速通信を格安で利用できる

LINEMOの通信速度はしっかりキャリア並み

LINEMOはソフトバンクが提供するブランドなので、キャリアから回線を借りているMVNOよりも通信速度が安定しています。
平均の通信速度はキャリア他社と比較しても遜色ありません。

キャリア平均速度ランキング(Mbps)
順位キャリア名(プラン)ダウンロード速度アップロード速度
1位NTTドコモ168.9917.29
2位ahamo129.6314.61
3位povo85.9417.33
4位ソフトバンク85.7917.59
5位LINEMO77.0916.95
6位au74.4413.88
7位楽天モバイル53.0326.35

参照:みんなのネット回線速度(2023年3月時点)

LINEMOの料金を他の格安SIMと比較

LINEMOの価格は格安SIM他社と比べても遜色なく安いです。
特に月間3GBのミニプランは、他社の家族割引やインターネットとのセット割引を適用した最安価格と同価格です。条件なしで最初から安いシンプルさもLINEMOのメリットです。

3GBプランの比較
LINEMOワイモバイルUQモバイル楽天モバイルpovo
990円2,178円1,628円1,078円990円
割引後
990円
割引後
990円

さらにLINEギガフリーでLINEでの通話やメッセージ交換ではデータ消費しないことを考えると、他の格安SIMよりお得と言えますね。

20GBプランの比較
LINEMOahamopovo楽天モバイルmineo
2,728円2,970円2,700円2,178円2,178円

20GBプランがある主要格安SIMを比べてみると、LINEMOと同じキャリア提供のオンラインブランドであるahamo、povoとの料金差はそこまでありません。
楽天モバイル、mineo(マイネオ)は価格が安いものの、通信品質を比べると断然LINEMOに軍配が上がります。

20GBプランを見ても、高い通信品質とLINEギガフリーを考慮に入れると、やはりLINEMOはコスパの良い格安SIMです。

メリット③LINEアプリをデータ消費なしで使える

LINEMOでは、LINEのトーク・音声通話・ビデオ電話のデータ消費がカウントされず、使い放題となります。

LINEMOの月間データ容量を使い切って通信制限がかかっている状態でも、LINEアプリの通信速度は落ちることなく使えます。追加料金を払わなくても連絡手段が途絶えないというのは安心ですね。

なお、トークでの位置情報の共有やトークのみんなで見る機能によるYouTube閲覧など、LINEギガフリー対象外の機能もあります。

LINEは日本での利用率8割を超える、全世代に普及しているアプリです。(※2022年5月ドコモのモバイル社会研究所調査
家族や友人とデータ消費を気にせずに連絡を取れるのは大きなメリットですね。

LINEギガフリー対象/対象外の一覧
機能対象/対象外
各タブトップの表示
音声通話・ビデオ通話の利用
トークの利用(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルなどの送受信)
トークのみんなで見る機能による画面シェア
各トークにおける設定・アルバム・ノートなどの表示・編集
LINE VOOM(旧:タイムライン)の表示・投稿・シェア
※アプリからの利用
ディスカバー(写真・動画)の表示
ウォレットタブのLINE Payの利用
ウォレットタブのLINE家計簿の利用
設定および各項目の表示・編集
友だち追加画面の表示・各項目の操作・友だちの追加
プロフィールの表示・編集・投稿
検索の利用
トークでの位置情報の共有×
トークでのShoppin’トークの利用×
トークでのジフマガの利用×
トークのみんなで見る機能によるYouTube閲覧×
Liveの利用×
LINE VOOM(旧:タイムライン)の表示・投稿・シェア
※WEBからの利用
×
設定中
ニュース記事詳細の閲覧×
OpenChatの利用×
スタンプショップの利用×
着せかえショップの利用×
LINEファミリーサービスの利用(LINEマンガやLINEゲーム、LINE MUSIC、ポイントクラブなど)×
LINE Liteの利用×
海外のアプリストアでダウンロードしたLINEの利用×
他社サイトへの接続
(URLなどをクリック)
×
他社アプリへの遷移×

メリット④LINEスタンププレミアムが無料

LINEMOの「スマホプラン」に契約なら、追加料金なしでLINEスタンプ プレミアム(ベーシックコース)を利用できます。

  • LINEスタンプ プレミアム(ベーシックコース)でできること
  • 1,000万種類以上の対象スタンプが使い放題
  • スタンプの入れ替え無制限
  • ダウンロードせず予測変換から送信
  • スタンプを5個まで保有できる

①LINEMOのスマホプランに契約②LINEMO公式アカウントで「LINE連携」③My Menuから「LINEスタンププレミアムforLINEMO」に申し込むの3ステップで利用できます。

すでにLINEスタンププレミアムに加入中の場合、一度解約して「LINEスタンププレミアムforLINEMO」に申し込む必要があります。
なお、デラックスコースは月額480円かかります。

豊富なスタンプがあれば、LINEアプリをさらに楽しむことができますね。

メリット⑤初期費用・事務手数料が無料

LINEMOは契約時の事務手数料ならびにSIM再発行などの各種手数料が無料です。

LINEMOの手数料一覧
契約事務手数料0円
SIMカード
再発行手数料
0円
eSIM
再発行手数料
0円
SIM変更手数料
(SIMカード⇔eSIM)
0円
解約・MNP転出手数料0円
ソフトバンク・ワイモバイルへの乗り換え手数料0円

他社では事務手数料が値上げ傾向にある中、LINEMOの手数料0円は嬉しいポイントです。

初期費用も解約手数料もかからないので、気軽にLINEMOを試すことができます。

メリット⑥テザリングが無料

LINEMOでは、追加料金不要・申し込み不要でテザリングが使えます

契約しているデータ容量内でテザリング可能なので、スマホプランであれば20GBまでテザリング可能です。

【iPhoneでテザリングを利用する手順】

  1. ホーム画面から「設定」をタップ
  2. 「モバイル通信」をタップ
  3. 「インターネット共有」をタップ
  4. 「ほかの人の接続を許可」を「オン」に切り替え

メリット⑦eSIMが使える

LINEMOはeSIMにも対応しています。(LINEMOをeSIMで申し込む手順はこちら)そのため、iPhoneをeSIMで使いたい方iPhoneでデュアルSIMを使いたい方にもおすすめできます。

iPhoneでは2つ以上SIMトレイが設置されていないため、iPhoneでデュアルSIMを活用するなら物理SIM1枚とeSIMというコンビネーションにする必要があります。

デュアルSIMなら、昨今のキャリアの通信障害対策以外にも、「通話SIMとデータSIMの使い分け」や、「仕事用SIMとプライベート用SIMの使い分け」など、様々な楽しみ方ができます。

LINEMOの申し込みに使えるキャンペーン

LINEMOでiPhoneをお得に使いたい、と思うなら乗り換えキャンペーン利用でさらにお得をゲットしましょう。

現在LINEMOで実施中の、ぜひ利用したい3つのキャンペーンを紹介します。

「ミニプラン」最大8か月間実質無料

LINEMOでは、現在「ミニプラン」を最大12か月実質無料で使うことができるキャンペーンを実施しています。

「ミニプラン」を12か月実質無料にするには、以下の2つのキャンペーンを併用します。

  1. 半年間ずーっとPayPayポイントもらえるキャンペーン(終了日未定)- 最大5,940円相当還元
  2. PayPayポイント20%戻ってくるキャンペーン(終了日未定)- 最大6,000円相当還元

上記総額で最大11,940円となり、ミニプランの利用料金12か月分以上(990円×12か月=11,880円)となり、その間無料という計算となります。

「ミニプラン12カ月間実質無料キャンペーン」をもっと見る

①半年間ずーっとPayPayポイントもらえるキャンペーンは、LINEMOの新規・MNP申し込みでPayPayポイント990円相当が6か月間還元されます。

更に、②PayPayポイント20%戻ってくるキャンペーンを併用することが可能です。
こちらは、PayPayで支払いをしたお買い物金額の最大20%相当を、PayPayポイントで還元するキャンペーンです。還元されるポイントの上限は最大6,000円相当となります。

ポイント還元の対象となるのは、LINEMO開通月から数えて2か月後の4か月間が対象です。この4か月間で30,000円分の買い物をPayPay決済すれば6,000円相当のポイント還元をもらえます。尚、決済1回あたりの付与上限は200円(買い物金額:1,000円)となります。

「ミニプラン」新規・MNP乗り換えキャンペーン概要
期間 終了日未定
内容 期間中に下記2つのキャンペーン併用で、最大「ミニプラン」12カ月分のPayPayポイント(990円相当×8か月ポイント還元)を付与
  1. 「ミニプラン」に新規・MNP乗り換え契約でPayPayポイントを最大6か月間分(990円相当×6か月ポイント還元)付与
  2. 対象期間中のPayPay加盟店でのPayPay決済で、対象決済の金額の最大20%相当のPayPayポイントを付与。ポイントの付与上限は6,000円相当
対象プラン ミニプランまたはスマホプラン
ポイント付与時期
  1. 「ミニプラン」6か月ポイント付与時期:開通日の属する月の翌々月~7カ月後までの6カ月間、毎月末付与予定
  2. PayPayポイント20%還元ポイント付与時期:原則として対象のお支払い方法によるお支払いの翌日から起算して30日後にPayPay株式会社がPayPayポイントを付与
注意事項
  • 出金と譲渡はできません。
  • 付与されるPayPayポイントは、PayPay残高を送る機能やわりかん機能では利用できません。
  • ご利用状況やシステム上の都合等により、PayPayポイントの付与に時間がかかる場合があります。
  • 特典付与までの間に、対象の回線契約がキャンセルされている場合、またはLINEMOサービス連携が解除されている場合(回線解約時点でLINEMOサービス連携がされている場合を除く)は、本特典の適用対象外となります。
  • ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えの場合は対象外です。
  • 申込み時に「現在ご利用中の携帯電話会社」の入力を誤って選択した場合、特典付与の対象外となる場合があります。
3つの条件
  • キャンペーン期間中にLINEMO「ミニプラン」または「スマホプラン」にMNP乗り換えか新規契約で申し込み
  • LINEMOの利用を開始(開通)すること
  • 開通月の翌月10日までにLINEMO回線とPayPayアカウントの連携
詳細 LINEMOのサイトを見る
 「ミニプラン」6か月ポイント付与キャンペーン詳細(終了日未定)
特典受け取り方法
  • PayPayギフトカードは、開通日の属する月の翌々月後の上旬にMy Menuに登録されているメールアドレス宛に送付。
  • PayPayギフトカード受け取り後、受取日を含めて30日以内にPayPayにチャージする。
 PayPayポイント20%戻ってくるキャンペーン詳細(終了日未定)
対象のPayPay加盟店
  • PayPay加盟店(実店舗)とオンラインストア(オンライン加盟店)
    ※一部対象外あり
  • PayPay公式ストア、PayPayカード公式ストア
対象外
  • Yahoo!ショッピングやヤフオク!、LOHACOなど、ヤフーおよびZホールディングスのサービス
  • 「あと払い(一括のみ)」およびPayPayアプリを介したPayPayカード、ヤフーカード含むクレジットカードでのお支払い
PayPay決済の対象期間 開通月から起算して2か月後の1か月間

「スマホプラン」申し込みで最大10,000相当のPayPayポイント獲得

LINEMOスマホプランキャンペーン

【5/7まで】LINEMOでは、スマホプランにMNP乗り換えで12,000円相当のPayPayポイントをもらえる新生活応援キャンペーンを開催中です。

LINEMOのスマホプランは、月額2,728円で20GBとLINE通話かけ放題、さらにLINEスタンプ プレミアム for LINEMOも無料。
LINEアプリの利用が多い方なら絶対にお得なプランです。

通常は10,000円相当の還元が、2024年5月7日までは12,000円に増額中。LINEMOのスマホプランに乗り換えなら今がベストタイミングです。

5/7までPayPayポイント12,000円相当!スマホプランMNPキャンペーンをもっと見る

スマホプランMNPキャンペーンの概要
期間 2024年5月7日まで
内容 期間中にLINEMO公式サイトから「スマホプラン20GB」にMNP乗り換えでPayPayポイントプレゼント
※ミニプラン、新規契約は対象外
特典 PayPayポイント12,000円相当
特典受け取り方法
  • 開通から7か月目にMy Menu登録のメールアドレスにPayPayギフトカードが送付される
  • 受け取り日から30日以内にPayPayにチャージする
注意事項
  • 新規契約とソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外です。
  • 「ミニプラン3GB」は対象外です。
  • 「通話オプション割引キャンペーン2」「データ追加購入が半年間おトクキャンペーン」との併用が可能です。
  • 開通日が属する月の6カ月後(特典付与対象判定月)までに、解約または一度でも「ミニプラン」にプラン変更している場合は、特典付与の対象外となります。
  • PayPayポイントは出金・譲渡不可、PayPay公式ストア/PayPayカード公式ストアでも利用できます。
詳細 LINEMO公式サイトからキャンペーンに参加する

かけ放題オプション契約から7か月目まで割引キャンペーン

LINEMOには、5分以内の国内通話かけ放題の「通話準定額」(550円/月)と、時間無制限の国内通話かけ放題「通話定額」(1,650円/月)の2つの通話オプションがあります。

このキャンペーンを利用すると、LINEMO契約から7か月目まで5分以内かけ放題が無料に、時間無制限かけ放題が1,100円割引の月額550円で利用できます。
割引期間が終了しても通話オプションは継続されるので、不要な場合は無料期間中に解約することをお忘れなく。

また、この通話オプション割引キャンペーンは、通話オプションに申し込まなくてもLINEMO契約から適用されます。

通話オプションに申し込んだ時点でスタートするわけではないので、最大7か月間の割引期間をフル活用するためにはLINEMO契約と同時に通話オプションに申し込みましょう。

通話オプション契約から7か月目まで割引キャンペーン概要
内容 5分かけ放題:550円→7か月目まで無料
無制限かけ放題:1,650円→7か月目まで550円
期間 終了日未定
対象 LINEMOミニプランまたはスマホプランへの
・他社からMNP乗り換え
・新規契約
・ソフトバンクまたはワイモバイルからの乗り換え
割引期間 契約月を1か月目として7か月目まで
注意事項
  • 通話準定額または通話定額への申し込みが必要です
  • 通話オプションを別の通話オプションへ変更した場合も特典適用期間内であれば割引されます
  • 通話オプションに加入していない期間は割引されませんが、割引適用期間にはカウントされます
  • 通話オプションを解除し再度加入した場合も特典適用期間内であれば割引されます
  • 特典適用期間終了後も通話オプションは自動継続です。
詳細 LINEMOのサイトを見る

LINEMOでiPhoneを使う手順

LINEMOでiPhoneを使うための、申し込みから初期設定までの手順を解説します。

手順①MNP予約番号を取得する

まずは今利用しているキャリア・格安SIMにてMNP予約番号を取得しましょう。

ここで注意すべきポイントが2つあります。

  • MNP予約番号の有効期限は、予約日を含めて15日間
  • LINEMOの申し込みは、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていることが条件

つまり、MNP予約番号の発行手続きをしてから5日以内にLINEMOを申し込む必要があります
有効期限が10日を切った場合、MNP予約番号を再発行しなければなりません。手間を防ぐためにも、MNP予約番号から乗り換え手続きまでは一気に済ませてしまいましょう。

申し込みで入力するので、MNP予約番号と、有効期限も忘れずにメモしておきます。

MNP予約番号の取得方法
キャリア名取得方法受付時間
ドコモの
MNP予約番号取得
携帯電話から1519:00 - 20:00
一般電話から0120-800-0009:00 - 20:00
オンライン(パソコン)で「My docomoサービス一覧」→「各種お申込・お手続き一覧」→「ご契約内容確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」から取得9:00 - 21:30
ドコモショップにて最寄りのドコモショップにて各店舗により異なる
auの
MNP予約番号取得
携帯電話/一般電話0077-754709:00 - 20:00
オンラインMy au TOP → 画面上部「スマートフォン・携帯電話」 → ご契約内容/手続き お問い合わせ/お手続き → MNPご予約9:00 - 20:00
EZWebからEZWeb → トップメニューまたはauポータル トップ → My au → 申し込む / 変更する → 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)9:00 - 21:30
auショップ/PitPit各店にて最寄りのauショップ/PitPit各店各店舗により異なる
楽天モバイルの
MNP予約番号取得
my 楽天モバイルからmy 楽天モバイル→契約プラン→各種手続き→他社への乗り換え(MNP予約番号取得)24時間
UQモバイルの
MNP予約番号取得
携帯電話・一般電話から0120-929-8189:00 - 20:00
My UQmobileからMy UQmobile → ログイン → 契約・変更 → ご契約中の料金プラン → 詳細を確認・変更 → MNP予約24時間
ドコモのMNP予約番号取得
取得方法受付時間
携帯電話1519:00 - 20:00
一般電話0120-800-0009:00 - 20:00
オンライン「My docomoサービス一覧」→「各種お申込・お手続き一覧」→「ご契約内容確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」から取得9:00 - 21:30
ドコモショップにて最寄りのドコモショップ各店舗により異なる
auのMNP予約番号取得
取得方法受付時間
携帯電話/一般電話0077-754709:00 - 20:00
オンラインMy au TOP → 画面上部「スマートフォン・携帯電話」 → ご契約内容/手続き お問い合わせ/お手続き → MNPご予約9:00 - 20:00
EZWebからEZWeb → トップメニューまたはauポータル トップ → My au → 申し込む / 変更する → 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)9:00 - 21:30
auショップ/PitPit各店にて最寄りのauショップ/PitPit各店各店舗により異なる
楽天モバイルの
MNP予約番号取得
取得方法受付時間
my 楽天モバイルからmy 楽天モバイル→契約プラン→各種手続き→他社への乗り換え(MNP予約番号取得)24時間
UQモバイルの
MNP予約番号取得
取得方法受付時間
携帯電話・一般電話から0120-929-8189:00 - 20:00
My UQmobileからMy UQmobile→ ログイン → 契約・変更 → ご契約中の料金プラン → 詳細を確認・変更 → MNP予約24時間

手順②契約に必要なものを用意する

LINEMOの申し込み手続きに進む前に、以下のものを準備しましょう。
また、オンライン手続きなのでインターネットに接続できる環境が必須です。

  • ①で取得したMNP予約番号と有効期限(有効期限が10日以上残っていること)
  • 本人確認書類
  • 契約者名義のクレジットカード(支払いは口座振替も可能、ただしゆうちょ銀行は不可)

本人確認書類は下記の書類からいずれか1つを準備します。
eSIMの場合は、(eSIM)がある書類を準備しましょう。

契約者と利用者が異なる場合は、それぞれの本人確認書類を準備します。
なお、LINEMOは18歳以上でないと「契約者」になれません。

  • 運転免許証(eSIM)
  • 2020年2月3日以前に申請した日本国パスポート(eSIM)
  • 運転経歴証明書(eSIM)
  • マイナンバーカード(eSIM)
  • 国民健康保険証または健康保険証(国保以外)+ 補助書類
  • パスポート(2020年2月4日以降に申請+補助書類
  • 住民基本台帳カード +補助書類
  • 身体障がい者手帳+補助書類
  • 精神障がい者保健福祉手帳+補助書類
  • 療育手帳+補助書類
  • 在留カード(または特別永住者証明書)+補助書類
    ※補助書類=住民票記載事項証明書または公共料金領収書

手順③LINEMO公式サイトから申し込む

  1. 申込画面で「今の番号をそのまま利用する」→「他社携帯電話会社」もしくは「LINEモバイル」を選択
  2. 「SIMカード」または「eSIM」を選択
  3. プランなどを選択後、「乗り換え予定の電話番号」と手順②で取得した「MNP予約番号」「有効期限」を入力
  4. 申し込み完了/審査完了のメールを受け取る

申し込み完了後、問題がなければ1~2時間後に「お申し込み完了のお知らせ」というメールが届きます。
その後審査が通れば、「商品発送のお知らせ」というメールが届きます。
eSIMの場合は「eSIMプロファイルダウンロードのお知らせ」というメールが届きます。

  • 申し込み内容に不備があった場合⇒「(重要)お申し込み内容のご確認」というメールが届きます。正しい情報への修正が必要です。
  • 審査が通らなかった場合⇒「お申し込み審査結果についてのお知らせ」というメールが届きます。

eSIMのその後の手順はこちら

メールが届かない場合 「お申し込み完了メール」が申込後3時間経過しても届かない場合、LINEMO申込事務局まで問い合わせましょう。(申込受注番号が必要)
0800-100-1850 SIMカード用LINEMO申し込み事務局(10:00~19:00)

手順④回線切り替え

 SIMカードを受け取る。
最短当日、審査完了が15時以降の場合は翌日発送。

 回線切り替えを行う。

  • 回線切替の完了と同時に、利用中の携帯電話会社の契約は自動解約となります。
  • SIMカードの到着日から6日後の20:30までに切り替えを行わなかった場合、その翌日(SIMカード到着日の7日後)にLINEMOが回線切替を行います。
回線切り替えの方法
Webで「商品発送のお知らせ」メールに記載のURLから
受付時間 9:00 〜 20:30(他社からの乗り換え)
/22:30(ソフトバンク・ワイモバイルから乗り換え、変更・再発行)
電話で同梱の冊子か「商品発送のお知らせ」メールに記載の電話番号から
受付時間 10:00 〜 19:00

 SIMカードの挿入

  • 端末の電源は切っておきます。
  • 端末のSIMサイズに合わせてSIMカードを取りはずします。万が一小さいサイズで取り外した場合はSIMカードの再発行となるので、注意しましょう。
  • SIMカードを挿入し、端末の電源を入れます。
  • iPhone・Google Pixelの場合、LINEMOのSIMカードを入れると自動でSIMロックが解除されます。
  • SIMロックされているAndroid端末はSIMロック解除コードを入力します。(解除コードは「【LINEMO】商品発送のお知らせ」というメールに記載されています)

手順⑤iPhoneの通信設定(iOS 15未満の場合)

iOS15以上であれば通信設定は不要です。

  • 事前準備
  • iPhoneをwi-fiに繋げる
  • iPhoneにSIMカードをセットする
iOS14.5~15未満

 設定アプリ→「一般」→「情報」を選択

 情報画面で数秒待つと「キャリア設定アップデート」ポップアップが表示されるので「アップデート」を選択

 画面上部のステータスバーの通信事業者名が「LINEMO」になっていれば設定は完了

iOS14.4以下

 設定アプリ→一般→「ソフトウェア・アップデート」を選択

 再起動
画面上部のステータスバーの通信事業者名が「LINEMO」(iOSの場合は「SoftBank」となる場合あり)になってることを確認できればOKです。

手順⑥動作確認をする

発信テスト

11112/無料へ電話をかけ、ガイダンスを最後まで聞いて電話を切ってください。

インターネット接続

Wi-Fiを切った状態でブラウザ(Safari)を起動し、モバイルデータ通信を利用してWebサイトが閲覧できるかどうかを確認します。

手順⑦LINE連携する

 LINEアプリでLINEアカウントと友達になる

 「かんたん確認」をタップする

 「My Menuとの連携はこちら」をタップする

 「さっそくMy Menuと連携する!」をタップする

 「許可する」をタップする

 「LINEMO My Menuと連携する」をタップする

 「お客さま確認のため一時的にWi-FiをOFFにしてください」の画面が現れた場合、Wi-FiをOFFにして「次へ」をタップする

 「連携完了しました」の画面を確認出来たら完了

eSIMの開通と通信設定

eSIMを申し込んだ場合の開通手続きと通信設定です。

 アプリ「LINEMO かんたんeSIM開通」をダウンロード、案内に従って開通

LINEMO設定手続きeSIM

 再起動
画面上部のステータスバーの通信事業者名が「LINEMO」(iOSの場合は「SoftBank」となる場合あり)になってることを確認できればOKです。

 LINEとMy Menuを連携
LINEMO公式LINEアカウントを友だち追加し、「My Menuとの連携はこちら」をタップすると連携されます。(⇒手順⑦LINE連携するを参照)

LINEMOでiPhoneを使うときのよくある質問

iPhoneユーザーがLINEMOに乗り換えたときによく出る質問をまとめました。

LINEMOで機種変更はできる?

LINEMOでは端末を販売していないため、LINEMOで機種を購入して機種変更はできません

ただし自分でSIMフリースマホを用意すれば、LINEMOのSIMカードを挿し直し、またはeSIMをインストールすることでLINEMOを契約したまま機種変更ができます。

新しい機種を用意する際は、SIMロックがかかっていないこと・LINEMOで動作確認されている機種であること、を必ず確認しましょう。

通信が「3G」と表示されるのはなぜ?

iPhoneで通信するための設定が正しくできていない可能性があります。

まずはお手持ちのiPhoneのiOSを確認し、最新バージョンでない場合は必要に応じて設定をします。(⇒通信設定の手順を参照)

iPhoneでインターネットが利用できない、繋がらない場合の対処方法は?

iPhoneでLINEMOのモバイルネットワークに繋がらない場合、まずは「モバイルデータ通信」がオフになっていないかバージョンがiOS 14.5以上になっているかを確認しましょう。

そこが問題ない場合は、以下を順に確認します。

 APNの設定を確認する
通常はiOS 14.5以降にアップデートし、キャリア設定をアップデートすることでAPN設定は不要となります。ただ、何らかの原因でアップデートを行えない場合はAPN設定を行うことで改善することがあります。

【APN設定の手順】

①LINEMO公式サイトからQRコードを読み込み、APN構成プロファイルをダウンロードする。
②「このWebサイトは構成プロファイルをダウンロードしようとしています」が表示されたら、「許可」をタップ
③「プロファイルがダウンロードされました」が表示されたら「閉じる」をタップ
④設定アプリを開き、「プロファイルがダウンロードされました」のメッセージをタップ
⑤「インストール」をタップ
⑥パスコードを入力
⑦右上に表示される「インストール」を選択、インストールが完了するまで待つ
⑧設定完了

⑥でパスコードを入力後、「プロファイルをインストールできませんでした」が表示される場合、他通信事業者(乗り換え元)のAPN構成プロファイルの削除が必要です。

【APN構成プロファイルを削除する手順】

①設定アプリを開き、「一般」→「プロファイルとデバイス管理」もしくは「VPNとデバイス管理」
②削除したい「構成プロファイル」をタップ
③「プロファイルを削除」をタップ
④パスコードを入力
⑤「削除」をタップ
⑥構成プロファイルが削除されたことを確認して完了

 モバイルデータ通信の設定を確認をする
設定アプリ→「モバイル通信」をタップ、オフになっている場合はタップしてオン(緑)に切り替えます。

 機内モードのオンとオフを切り替える
設定アプリ→「機内モード」をタップ、オン(緑)に切り替え(右上に飛行機マークが現れる)、もう一度オフに切り替えます。この状態で、モバイルデータ通信ができるか確認します。

 電源の入れ直しと、SIMカードの抜き差しをする
まずは端末の電源を切ります。その後SIMカードで契約している場合はSIMカードトレイを引き出し、挿し直します。再度電源を入れ、モバイルデータ通信ができるか確認します。

 ネットワーク設定をリセットする
設定アプリ→「一般」→「転送またはiPhoneをリセット」→「リセット」→「ネットワーク設定をリセット」→警告画面が表示されたら、もう一度「「ネットワーク設定をリセット」→自動で再起動が行われます。再起動後、モバイルデータ通信ができるか確認します。

 ネットワーク障害の状況を確認する
LINEMOの通信障害やメンテナンスの状況を確認します。
障害情報のご確認はこちら
工事情報のご確認はこちら

 支払い状況を確認する
My Menuにログインして、未払い料金がないか確認しましょう。未払いがある状態で一定期間が経過するとインターネット/メールに規制がかかります。

まとめ - LINEMOでiPhoneを使えばメリットが多い!スマホ代節約なら乗り換えが正解

LINEMOはiPhoneユーザーにもメリットが多いことが分かりました。

一方で、以下の注意点はしっかり押さえておきましょう。

せっかく高機能のiPhoneを持っているなら、音楽を聴いたり、動画やゲームを楽しんだりとストレスなくコンテンツを楽しみたいですね。
LINEMOであればソフトバンク品質の通話・データ通信を格安で利用できます。店舗に頼らなくても、オンラインサポートがあれば自分で操作ができる方はLINEMOでのiPhone利用をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめSIM会社

iPhone購入とプラン契約で最大22,000円分ポイント還元繋がり易くなったRakuten最強プランではデータ使用量に応じて月額料金が変わり、3GBまでならかけ放題で1,078円

通信品質トップクラス。新プランのコミコミプランでは、10分かけ放題付で20GB3,278円(税込)でオンライン専用プラン並みの低価格店舗サポートも魅力。

ドコモ品質で安心。20GBと5分かけ放題で月額2,970円。大盛りオプション利用で月額4,950円で100GBの大容量もおまかせ。海外でも20GBまで利用可能。

ソフトバンクグループになったLINEMO(ラインモ)。だからキャリア品質。LINEのデータ消費がカウントフリー(LINEギガフリー)。データ容量使い切ってもLINEの通信速度はそのまま。いまなら、通話オプション(5分)が契約から7か月目まで無料!

更新日