格安SIM - Y! mobile(ワイモバイル)の料金とポイント解説
Y! mobile(ワイモバイル)の料金とポイント解説

ヤフー株式会社運営のY!mobile(ワイモバイル)。格安スマホの先駆けというイメージもあります。そんなワイモバイルの詳細について調べてみました。

  • Y!mobileは「通話」も重要視する人には便利なプランを提供しています。
  • Y!mobileはデータ通信容量に応じた3種類のプランの中から選びます。シンプルです。

Y!mobile(ワイモバイル)・SIM・料金

Y!mobileの契約は3つのプランの中から選びます。多くの格安SIMの場合、1GB単位で細かくデータ容量を選ぶ必要がありますが、ワイモバイルの場合はデータ容量別にプランが3つだけというシンプルな料金プランになっています。

またどのプランを選んでも共通して「国内通話が1回10分無料」がついているのが特徴的です。

Y!mobile SIMカード 月額料金(税抜)
Y!mobileプラン 月額料金(税抜き) 内容

スマホプランS

1,980円(1年間)
(2年目以降は2,980円)
  1. 1GB → 新規契約・MNP(番号移行)なら2年間2GB
  2. 国内通話1回10分まで無料
スマホプランM 2,980円(1年間)
(2年目以降は3,980円)
  1. 3GB → 新規契約・MNP(番号移行)なら2年間6GB
  2. 国内通話1回10分まで無料
スマホプランL 4,980円(1年間)
(2年目以降は5,980円)
  1. 7GB → 新規契約・MNP(番号移行)なら2年間14GB
  2. 国内通話1回10分まで無料

Y!mobile(ワイモバイル)・SIM・料金の解説

Y!mobileの料金のしくみ

ワイモバイルの料金プランはシンプルです。自分がどのくらいデータ容量が必要かによって1GB(新規なら2年間2GB)か3GB(新規なら2年間6GB)もしくは7GB(新規なら2年間14GB)の選択肢の中から選ぶだけです。

通話に関しては、どのプランを選んでも1回10分までの通話が含まれているので安心です。

料金は、「ワンキュッパ割引」により最初の1年はそれぞれ、1000円引きの1980円、2980円、4980円で契約が可能です。

さらに新規契約もしくはMNP(他社からの乗り換え)でY!mobileの契約をする場合、データ容量が2年の間倍になるというキャンペーンも行っています。

ただし、これらのスマホプランS、スマホプランM、スマホプランLは「2年契約」が基本的な条件です。契約期間の縛りのないプランを選ぶことも可能ですが、月額料金が高くなりわざわざY!mobileを選ぶ意味がなくなりますのでおすすめしません。

Y!mobile(ワイモバイル)・SIM・料金の初期費用

新規、もしくは他社からの乗り換え(MNP)でワイモバイルを契約する場合、契約事務手数料として3,000円(税抜)かかります。

Y!mobile(ワイモバイル)のここがポイント - メリット

プランの変更が無料でできる

Y!mobileでは、スマホプランS・M・L間の契約プランの変更(SからM、LからS)が可能です。スマホプランSだとちょっとデータが足りないなと思ったら、Mにアップすることも出来ます。その際、手数料や解約金の支払いないく変更ができます。

無料通話(1回10分まで)が基本プランに含まれている

Y!mobileならではメリットですが、無料通話(1回10分まで)がオプション契約でなく、基本プランに必ず含まれているのがとても便利です。

ほとんどの格安SIMは通話分はオプションになっているので、頻繁に連絡をする人の中にガラケーもしくは固定電話をメインに使っている人がいるならば、とてもありがたいプランです。(ちなみに10分を過ぎた場合は、スマホ・ケータイ固定電話30秒につき20円通話料がかかります。)

またSNSが必要な場合は1通につき3円で送信が可能です。

ちなみに「いや10分では通話が足りない」という方は、「スーパーだれとでも定額」(月額1,000円)に追加加入をすれば、国内の電話が通話回数、通話時間制限なく無料になります。

ワイモバイルはサポートが充実

格安SIMは店舗を持っていないところが多く、スマホ代は是非安くしたいと思うものの、何かトラブルがあった時が心配なこともあるでしょう。

一方、Y!mobileはワイモバイルショップがあるので、どうしても店舗で相談をしたいという人には安心です。

Y!mobile(ワイモバイル)のここが注意点 - デメリット

Y!mobileは2年契約で自動更新

Y!mobileのスマホプランS,M,Lは2年間の契約が基本です。また、更新月といわれる2か月間(契約満了月の翌料金月と翌々料金月)の間に解約の手続きを行わない限りこの契約はさらに2年更新されます。

また、この更新月以外に解約をする場合は、9,500円(税抜)の解約金がかかる点に注意が必要です。

更新月がいつなのかは、ご自身のアカウントで簡単に確認することができますし、2年くらいは続けて使おうと思っている方は、この条件をあらかじめ理解しておけば特に問題はないでしょう。

ただし、いわゆるこういった契約期間のしばりをとにかく避けたい、”しばり”がないという条件に対する優先順位が高い人は他の格安SIMを考えた方が良いかもしれません。

データ容量だけ使いたい人には向いていない

通話機能も電話番号もいらない、とにかくもっとデータ容量が必要という方は、Y!mobileはデータ容量は7GB(14GB)までで、容量を超えるとデータ通信速度が低速化し、通常速度に戻す場合は有料での手続き(0.5GBごとに500円)が必要です。

このためデータ容量がとにかくたくさん必要という人はY!mobile以外のオプションの方がメリットが高いといえます。

ここが違うY!mobile

実はY!mobileは正確にいうと”MNVO”と呼ばれる「格安SIM」ではありません。

”MNVO”とは、ドコモやauの回線を使用して格安SIMを提供している会社のことをいいます。(なぜ、ドコモやauの回線を使用しているのにさらに格安でサービスを提供できるかというと、ドコモやauから回線をまとめて卸で購入しているからです。)

一方、Y!mobile(ワイモバイル)は、ソフトバンクの回線を使用しています。どこか他社から回線を買っているのではなくワイモバイル自前の回線をそのまま使用した格安スマホSIMサービスというわけです。

このため、通話品質にも定評があり、格安SIMだと割高になりがちな「通話」が安く提供できるのです。しかも、実際にワイモバイルショップという店舗を持てているのにもこのような強みが生かされています、

外出先でスマホを使って動画をみたりインターネットもそこそこするけれど、「通話も結構重要」という人には非常に向いている格安SIM、それがY!mobileと言えます。

Y!mobile(ワイモバイル)の公式サイトはこちらからご覧いただけます。

更新日