一番いいインターネットプラン・パーフェクトなインターネット回線を探す方法

自分にあった一番よいインターネット回線を選ぶ
インターネット選びがよく分からない。とりあえずこのインターネット回線おすすめ!というのを契約していいの?一番いいインターネット回線を教えて!いう疑問や悩にお答えします。

色々あるみたいだけど、一番いいインターネット回線って?どのインターネット契約をすれば間違いなくお得?インターネット選び「迷える人たち」へのパーフェクト・ガイドです。

一番いいインターネット回線・おすすめ回線は人によって違う

「料金も超安くて、工事もいらない、通信速度もサクサクで、安定している、特別な機器も不要で、いつでもどこでも使えるインターネット!」をお探しですか?

一番安いインターネット回線はこれだ!」「おすすめのプロバイダーここ!」と直球の回答を探していた方はごめんなさい。実は、ベストなインターネット回線は、人によって様々で、誰にでもピッタリの完全無欠のインターネットは存在しません。

インターネットの種類はいくつかあり、それぞれメリットやデメリット、すばらしい長所もあれば、残念な短所もあります。ここでは、それぞれのインターネット回線の特徴や注意点を学んで、自分にとってベストなインターネットを選ぶために必要な情報を分かりやすく解説します!

どうやってベストなインターネットを選ぶ?

インターネット回線にはいくつか種類があります。それぞれの特徴を理解して、自分のニーズにあったものを選ぶことが大切です。

そのため、自分にとってのベストなインターネットを契約するためには、まずは回線の種類を選ぶことに他なりません。その次に、それからその回線を提供する会社(回線業者やプロバイダー)を選ぶ、というのがベストなプロセスです。

CMや広告でよく目にする耳にするというだけで、プロバイダーや回線業者の名前からインターネット選びを始めるのは得策とは言えません。

  1. まずは契約するインターネット回線の種類を選ぶ。
  2. 次に、回線業者やプロバイダーを選びます!

インターネット回線の種類と特徴を知ろう

自分にあった一番よいインターネット回線を選ぶには、どんなインターネット回線があるか知ることがファーストステップです。

今選ぶことのできるインターネット回線は主に、固定回線なら光回線とADSL回線、そしてモバイル回線のに3種類になります。この3種類のインターネット回線の特徴を理解しましょう。

光回線

自分にあった一番よいインターネット回線を選ぶ

家族が多く、みんなそれぞれ自宅でインターネットを使用するならば、やはり光回線がおすすめです。

光ファイバーを使用したインターネット回線です。光の名が示す通り、通信速度の速さが売りです。物理的に線(ケーブル)を自宅に引いてもらう必要があるため、有線タイプの固定回線インターネットです。同じく、固定回線のインターネットとしては、ADSLがあります。現在、固定回線インターネットの契約件数としては、光回線がADSLを圧倒的に上回っています。

ちなみに、「光コラボ」とは、光回線と同じものです。

インターネット回線・光とは?・・・光ファイバーを利用したインターネット固定回線(有線)です。光ファイバーを引く工事が必要です。無線LAN・ルーターを使用すればご自宅内でワイヤレスでインターネットも可能。

インターネット回線・光回線の良いところと注意点
  • 通信速度が速い。
  • 通信のクオリティが安定している。
  • 電話加入権(固定電話)を所有していなくても、ひかり電話(オプションサービス)で電話番号を持てる。
  • 光回線を引く工事が必要。工事費にお金がかかる。
  • 月額料金がADSLより高い。
  • 家の中でしかインターネットが使えない。

モバイル回線(モバイルWi-Fi)

モバイル回線とは、モバイルWi-Fiルーターを使用して無線で使用するインターネット回線です。固定回線インターネット(光回線・ADSL)に対して、外出先でも使用できることから、「モバイル」回線と呼ばれます。

ルーターと呼ばれる小型の専用機器を自宅に置いたり外出先で持ち歩くことで、場所を選ばすにインターネットを利用することができます。基地局(アンテナ)と通信機器を無線で直接つないでいますので、基地局の手薄なエリアに移動した場合は、通信が弱くなるということもありえます。ただし、主要な都市部はカバーされています。

インターネット回線・モバイル回線とは?・・・移動可能で持ち運びの出来る無線のインターネット回線です。WiMAX(ワイマックス)と呼ばれるものもモバイル回線の一種です。

インターネット回線・モバイルWi-Fiの良いところと注意点
  • 固定回線に必要なケーブルやモデムを家に置かなくていい。
  • 工事が不要。
  • 車や新幹線など高速移動中(時速120km以下)でもつながりやすい。
  • WiMAX(ワイマックス)ならADSLよりも通信速度が早い。
  • 電波が不安定になることもある。地下など電波が届きにくいエリアがある。(WiMAXならサイトでエリアの確認が可能。)
  • 主に単身世帯向け。外出先にルーターを持ち運んだ場合、当然自宅ではネットが使えなくなる。
  • 充電に注意。

ADSL

ADSLは、ご自宅にある電話回線を利用したインターネット回線です。プロバイダーと契約後、郵送で届けられるモデムを設置すればすぐにインターネットが使用できます。ADSLの契約者数は年々減っているものの、インターネットのヘビーユーザーでない人にはADSLに満足している人も多いようです。通信速度は光回線・光速モバイル回線(WiMAX)には敵いませんが、プラン料金の安いものが多いのADSL回線の特徴です。

インタネット回線・ADSLとは・・・電話線を利用した固定回線(有線)インターネット回線です。無線LAN・ルーターを使用すればご自宅内でワイヤレスでインターネットも可能。

インターネット回線・ADSLの良いところと注意点
  • 手軽に始められる。(電話線があれば宅内工事不要)
  • 月額料金が安い。
  • スピードやクオリティに決定的な問題があるわけではない。(ブロードバンドのパイオニアである。)
  • 通信速度が光回線や高速モバイル通信に劣る。
  • 通信速度が距離に影響される。NTT収容局から自宅が遠いと速度が遅くなる。(ただし、NTT収容局がどこにあるか調べることは可能)
  • 契約人数が減りつつあるのでなんとなくマイナー感がある。

インターネット回線の料金で選ぶ

一番いいインターネット契約のためには、回線の種類で選ぶのが重要と説明しましたが、もちろん料金も気になります。3つのインターネット回線の料金はどれくらいになるのか費用のイメージを理解してもらうためにかかる費用を一覧にしました。

工事費がかかるものの、光回線は高額なキャッシュバック・キャンペーンを行っているところが多いので、工事費分が実質0円になるケースもあります。

  モバイルWi-Fi(WiMAX) 光回線 ADSL
初期費用
(申し込み手数料)
  • 3,000円程度までかかる。
  • 3,000円程度までかかる。
  • 3,000円程度までかかる。
工事費
  • 工事不要
  • 宅内工事が必要。
  • 家のタイプにもよるが20,000-40,000円ぐらいかかる。
  • 宅内工事不要。
  • NTT局内の工事があるが立ち合いなど不要。工事費は0-3,000円程度。
別途機器の購入が必要か?
  • ルーターの購入が必要(0円から5000円程度。)
  • 分割で月々の使用料金に含まれるタイプもある。
  • モデムの設置が必要だが購入不要。
  • モデムはレンタルで返却が必要なことが多い。
  • モデムの設置が必要だが購入不要。
  • モデムはレンタルで返却が必要なことが多い。
月額使用料
  • 4,500円程度
  • 新規入会キャッシュバックがある。
  • 外出先で使用すればスマホの通信費を下げることができるので、トータルの通信費が下がる。
  • ルーター代金が分割で含まれているか、による。
  • 4,500-6,500円程度
  • 新規契約でキャッシュバックがある。
  • 無線LANの無料レンタルやセキュリティーソフトがついていることもある。
  • 工事費を分割で払うかどうかで月々の支払いは変わる。
  • 2,000円から3,500円程度
  • 新規契約でキャッシュバックがある。
  • 最高でも月3,500円程度。

インターネット契約よくある失敗例

自分にあった一番よいインターネット回線を選ぶ

解約時のことも考えてインターネット契約をすることで満足のいくインターネットライフを実現!

ご自身にとってベストで最適なインターネット契約選びのために、良くあるインターネット契約にまつわる失敗談をご紹介します。

急な引越しが決まり、解約が必要になった

工事をして光回線を契約したが、引越しなどで契約を解約しなければならなかったという場合。初期投資が無駄になることに加えて、解約金を払う必要も出てくる事があります。

契約期間が長期すぎた!

高額なキャッシュバックキャンペーンの場合は、契約期間が長いことがあり、解約が自由にできなかった、という事があります。

契約条件が自動更新のタイプだった

インターネットやスマホの契約で多いのが、「自動更新」タイプのもの。更新月に契約が2年もしくは3年、自動的に更新されるものをさします。

2年、もしくは3年使ったから、他のインターネット契約に乗り換えてみようかな、と思っても自動更新の場合は「更新月」に解約をしなけらば、解約金がかかります。

通信速度が満足できなかった

各回線やプロバイダーの紹介している通信速度は、ベストな条件での最高速度です。実際にどれくらいの速度が出るかは、使っているパソコンやスマホや使用環境、エリア、使用時間にもよります。

つまり同じ回線業者・プロバイダーで契約していても、例えば大阪と東京、夜中と昼間では、スピードに差が出てしまいます。そのため、特に光回線の場合は、「とにかく高速」というイメージがあるため、いつでもサクサク使用できないと不満に感じる場合もあります。

速度をシェアしているサイト(みんなの測定結果)というものもありますが、時間帯とその時間の使用人数によっても通信速度は、左右されますので、参考程度にしかなりません。

しかしながら、安定性が高く、通信速度が高いという点においては、やはり現状では光回線がベストなオプションと言えます。

一番いいインターネットプラン・パーフェクトなインターネット回線を探す方法 - まとめ

パーフェクトなインターネット

留学するかも、引っ越すかも、今の家に何年も住まないかもという人は特にインターネット回線選びは慎重に。

一番いいインターネットプランを探すには、回線選びが重要ということが分かりました。今、選べる回線は、光回線、ADSL回線、モバイル回線の3種類です。

工事費がかかるものの、通信が安定しており、世帯人数が多い家庭、引っ越す予定は全くない、という方は自動的に光回線がおすすめです。ADSL回線は3つの回線の中でも、通信速度が他の2つオプションに劣ります。そうはいっても、料金の安さと手軽さは魅力的ですので、インターネットで高画質のゲームや画像を見るということがないならば、問題ないでしょう。単身世帯や二人暮らしなどの場合は、モバイルWi-Fi(WiMAX)が最適です。

光回線ならば・・・プロバイダー(光回線業者)を選び、契約します。auひかり、ソフトバンク光、ドコモ光なら、スマホ代がセット割りで安くなります

モバイル回線ならば・・・高速モバイル回線のWiMAX(ワイマックス)が本命です。WiMAXの提供元である、UQ Communicationsか、その他プロバイダー経由で契約します。

ADSL・・・ADSLのサービスを提供しているプロバイダーで契約をします。

更新日