インターネット回線 - どんな種類や会社がある?

インターネット回線 - どんな種類や会社がある?

インターネット回線について特徴別に分かりやすく説明しています。インターネットを申し込む時にも知っておきたいお役立ち情報。

インターネットにはどんな回線の種類があるのでしょうか?そして、どのような事業者がいるのでしょうか?インターネット回線から光コラボまでネットにまつわる大切な基本情報を分かりやすくまとめました。

インターネット回線 - どんな種類がある? 

インターネット回線の種類は、大きく、「固定(有線)タイプ」か「無線(モバイル)タイプ」かの2種類に分けられます。

固定(有線)タイプなら、「光回線」と「ADSL」をあげることができます。(ADSLは新規の受付を終了しています。)無線(モバイル)タイプのインターネットは、実質、WiMAX(ワイマックス)が主流となっています。(WiMAXは無線のの"規格"名称でもありサービス名でもあります。)

それぞれのインターネット回線の特徴や長所・短所をよく理解することで、自分にあった回線を選びやすくなります。以下に分かりやすく回線の種類と特徴をまとめました。

インターネット回線の種類
回線の種類 特徴 使用場所
有線 光回線
  • 光回線のケーブルを引く工事が必要。
  • 一般的に最も通信速度の早いのが光回線。
  • 契約件数の最も多いインターネット回線。
宅内
ADSL
  • 既存の電話回線の線を使用するため、新たにケーブルを引く必要はない。
  • 契約件数は減少傾向。→ 現在ADSLの新規での申し込みは終了しています。
宅内
無線 SoftBank Airなど
  • 専用の機器を購入/レンタルし、コンセントに差し込んで使用する。
  • 工事不要ですぐ使えることができる。
  • 宅内でのみインターネット可能。
宅内
WiMAX
(ワイマックス)
  • 専用のWiMAX(ワイマックス)ルーターを購入する。
  • 家ではもちろん、ルーターをもっていけば、外出先や旅行先でもネットに接続可能。
宅内と外出先
モバイルWi-Fi/ポケットWi-Fi
  • 新しい無線規格WiMAX(ワイマックス)の登場により現在、存在感かなり薄くなりつつある。
宅内と外出先
 

インターネット回線会社一覧

インターネット回線自体の種類と特徴を紹介しました。ADSLは新規の申し込みがもうできませんので、実質選べる選択肢は、光回線、室内専用の無線回線SoftBank Air、もしくはモバイル回線のWiMAXのいずれかになります。

続いて、これらの回線を提供してくれる回線会社にはどのようなところがあるのかみてみましょう。以下のリストをみて、もっと色々名前を聞いたことあるな・・・。」と思った方もいるでしょう。今頭に浮かんでいる社名は回線事業者ではなくプロバイダー事業者かもしれません。プロバイダー事業者は接続サービスを行う事業者で、厳密にいうと回線事業者とインターネットプロバイダー事業は異なります。

                             
光回線・ADSL回線を提供している事業者一覧
回線タイプ 回線会社 サービス名 概要
光回線 NTT東日本
NTT西日本
フレッツ光
  • いわずと知れた最大手の光回線事業者です。
  • 別途プロバイダー契約が必要です。
KDDI auひかり
  • 携帯3大キャリアの一つとしてもおなじみ。
ソネット NURO 光
  • 独自回線で通信速度が自慢。
ケイ・
オプティコム
eo光
  • 提供エリアが関西限定のサービス
ADSL回線 ソフトバンクなど Yahoo! BB ADSLなど
  • ADSLは電話回線を使ったインターネット・サービス。
  • ADSLの新規申し込みはできない。
モバイル回線 UQ
コミュニ
ケーションズ
WiMAX
  • 小型のワイマックスルーターを使用する
  • WiMAXというのは無線の「規格名」

基地局やケーブル等設備投資やメンテナンス、そして光回線の工事も請け負うインターネット「回線」会社は接続サービスを行うプロバイダーに比べ数はそれほど多くはありません。

インターネット回線を詳しく

続いて、それぞれのインターネット回線の特徴など、申し込みをしたい場合に理解しておくべきポイントをご紹介します。

光回線

インターネット回線-どんな種類の会社があるの?

光回線は、光ファイバーケーブルを使った固定インターネット回線。

光ファイバーケーブルを使う事で、大容量、高速でのインターネット通信を可能にしたのが、光回線と呼ばれるインターネット回線です。電磁波の影響や距離によるデータ損失がほとんどなく、非常に安定性の高いのが特徴的です。

「光ファイバー」という言葉が表すように、光回線のインターネットの使用には、このケーブルを光回線業者に宅内まで引いてもらう必要があります。つまり、光回線には工事が必要となります。

回線事業者とプロバイダーの関係

インターネット接続(契約)の陰には、「回線事業者」と「プロバイダー」の2者が存在しています。回線事業者とは、物理的な線(回線)を管理・敷設を主な業務としています。一方、インターネットの接続サービスを提供するのがインターネット・プロバイダーです。

光回線インターネットを契約する際は、「光回線(フレッツ光)の契約」を回線事業者(NTT東日本・NTT西日本)と、接続サービスを、「プロバイダー」(OCNSo-netぷららBIGLOBEYahoo! BBなど)と契約することが必要というわけです。

しかしながら2015年以降、フレッツ光とプロバイダーサービスがセットになったプラン(光コラボ)がスタートし、現在はこちらが一般的となっています。

回線と接続サービスがセットになったプラン

新規で光回線を申し込む場合は、バラバラでなく光回線とプロバイダー契約が一緒になったものを申し込むのが、断然分かりやすくシンプルです。契約先が一社になるので、契約内容、解約等の条件も統一されるためです。

光回線・主なプロバイダー
光回線プラン名 特徴 代理店名

NURO光

DTI光
So-net光プラス

ADSL

光回線に押されてすっかりマイナーになった感もあるADSL回線。最大手であるNTTのフレッツADSLは申込を実は停止してしまいました。ヤフーBBやニフティ提供のADSLも同様です。

値段の安さと、宅内工事がなく簡単に始められる手軽さにより一定の人気のあったADSL。すでに契約中の方は、引き続き使用が可能ですが、これから新規にADSLを申し込みたいとお考えだった方は、残念ながら光回線など他の回線を選ぶ必要があります。

無線回線の基礎知識

モバイル回線・WiMAX(ワイマックス)

モバイル回線・WiMAX(ワイマックス)とは?- WiMAXの特徴や注意点
スティックタイプのWiMAX(ワイマックス)ルーター。すっきりとした見た目です。

光回線のような工事が不要なのが無線回線インターネットの最大の特徴です。宅内でも外出先でもインターネットが可能なのが、モバイル回線のWiMAX(ワイマックス)です。WiMAXは、一人暮らしや外出が多い人、またこの先引っ越しを控えているような学生などに適しています。

モバイル回線は高くて遅いイメージもありますが、WiMAXが登場してからは、光回線と変わらぬ金額で、ADSLより高速なインターネット環境が実現されました。

WiMAXは、「WiMAX(ワイマックス)」という無線通信の1つの規格です。この回線を提供してるのは、UQコミュニケーションズ(KDDIグループ)の一社のみです。

WiMAX(ワイマックス) 契約は、サービス提供元のUQコミニュケーションズに直接行うこともできますが、代理店である各社プロバイダーからも申し込みが可能です。

工事不要なSoft Bank Air

ソフトバンクのSoftBank Airは工事不要・無線で接続できるインターネット回線です。ターミナルと呼ばれる専用の機器を置いてコンセントを差すだけですぐにインターネットがはじめられます。

高速のインターネット回線な上、データ容量制限もなく使い放題です。なによりも工事がいらないが手軽さがありがたいインターネット回線と言えます。Wi-Fiの設定も不要です。

パソコン、スマホ、ゲーム機(PlayStationやニンテンドーDSなど)、タブレットなど、Wi-Fiに対応している機器であればなんでも、SoftBank AirのWi-Fiで無制限にインターネットへの接続が可能です。

ただし、WiMAXのように外出先で使用するということはできません。SoftBank Airは宅内専用であることはあらかじめ理解しておきましょう。

更新日