インターネット回線 - どんな種類や会社がある?

インターネット回線 - どんな種類や会社がある?

インターネット回線について特徴別に分かりやすく説明しています。インターネットを申し込む時にも知っておきたいお役立ち情報。

インターネット回線にはどのような種類があるの?インターネット事業会社はどんなものがあるの?そんな疑問の答えと、インターネットにまつわる基本的な情報を分かりやすくまとめました。

インターネット回線の種類

インターネット回線の種類を大きく分けると、有線タイプ(固定回線)と無線タイプの2種類です。それぞれのインターネットサービスは次のようになります。

有線タイプ・・・光回線ADSL
無線タイプ・・・WiMAXモバイルWi-Fi(ソフトバンク回線)、ソフトバンクエアー

※ADSLは新規申込受付を終了している過去にインターネットサービスの主流だったADSLですが、新規申込受付はすでに終了しています。これは、光回線インターネットが全国に普及したためです。2023年1月31日には、フレッツ光提供エリア内のフレッツADSL回線サービス自体が完全終了することになります。

インターネット回線ごとの特徴

インターネット回線ごとの特徴やメリット・デメリットをよく理解することで、自分に合った回線を選びやすくなります。以下に、回線の種類と特徴を分かりやすくまとめました。

インターネット回線 – 特徴まとめ
回線の種類 使用可能場所 特徴
固定回線 光回線 宅内  通信速度が最も速い
 プロバイダーごとに異なる特長や特典がある
 最初は回線引き込み工事が必要
ADSL 宅内  既存の電話回線を使用するため工事不要
 通信速度は光回線に比べてかなり遅い
 サービス終了が近づいている
無線回線 WiMAX 宅内/外出先  工事不要ですぐに始められる
 家でも外出先でもルーターひとつでネット接続可能
 電波が遮蔽物に弱く建物内は届きにくい
 契約縛りが3年と長い
モバイルWi-Fi 宅内/外出先  工事不要ですぐに始められる
 家でも外出先でもルーターひとつでネット接続可能
 電波が遮蔽物に強く届きやすい
 料金はWiMAXより高め
ソフトバンクエアー 宅内  工事不要ですぐに始められる
 ソフトバンクのスマホ/ケータイ料金が割引される
 宅内でしか利用できない

ではここから、それぞれのインターネット回線について具体的に説明していきます。

 

光回線

現在、固定回線として主流なのが光回線インターネットです。光ファイバーケーブルを使用して、大容量かつ高速のインターネット通信が可能になっています。光回線は電磁波の影響や距離によるデータ損失がほとんどなく、安定性が高いという特徴があります。

光回線インターネットを利用するにはまず、宅内に光ファイバーケーブルを引き込む工事が必要となります。申し込んでから光回線インターネットを実際に利用開始するまで、約1~2ヵ月かかります。

回線事業者とプロバイダーの関係

インターネットを利用するには、以下の回線事業者・プロバイダー両方と契約する必要があります。

回線事業者・・・物理的な通信回線や設備を敷設・管理するのが主な業務です。東西NTTなどがこれに当たります。
プロバイダー※・・・インターネット接続サービスを提供する会社です。

 

※プロバイダーの意味とはISP(インターネット・サービス・プロバイダー)の略です。プロバイダー(provider)は提供者という意味があるので、インターネット接続サービス提供事業者となります。インターネットサービスプロバイダーという正式名称が長いため、通常はプロバイダーと呼ばれています。

たとえばNTTの光回線を使いたいのであれば、NTTフレッツ光の契約を回線事業者のNTT東日本/西日本と、接続サービスをプロバイダー(OCNSo-netぷららBIGLOBEYahoo!BBなど)と契約することが必要というわけです。

ちなみに、光回線はNTTフレッツ光だけではありません。「auひかり」や「NURO光」などは自社の光回線を使用したインターネットサービスを提供しています。

フレッツ光と接続サービスのセット「光コラボ」とは

光コラボ(光コラボレーションの略)は、2015年以降にスタートしたサービスの総称です。プロバイダーがフレッツ光回線をNTTから卸購入し、接続サービスとセットにして提供するサービスのことをいいます。

これまではフレッツ光を使うに当たって、回線事業者(NTT)とプロバイダーの両方と契約しなければいけませんでした。しかし光コラボなら、契約先はプロバイダーだけとなりシンプルです。

他にも、通常のフレッツ光+プロバイダーと光コラボを比較すると、次のような違いがあります。

特徴比較 - フレッツ光+プロバイダーと光コラボ
  フレッツ光+プロバイダー 光コラボ
料金 比較的に高い 比較的に安い
割引・特典 少ない とても多い
通信品質 良い 時々混雑する
サポートの受けやすさ 受けにくい 受けやすい
光コラボ – 特徴と料金(税抜)
光コラボ名 月額合計料金 主な特徴
戸建て マンション
ドコモ光×GMO 5,200円 4,000円 ・ドコモのスマホ料金が割引される
・キャッシュバックやポイントプレゼント
・v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料
公式サイト
SoftBank光 5,200円 3,800円 ・ソフトバンクのスマホ料金が割引される
・乗り換えなら高額キャッシュバック
公式サイト
So-net光プラス 3,980円 2,980円 ・キャンペーンで3年間月額割引
・v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料
公式サイト
DTI光 4,800円 3,600円 契約縛りなし、解約金もかからない
公式サイト
OCN光 5,100円 3,600円 ・国内最大プロバイダーだから安心
・接続設定の訪問サポートが初回無料

※基本的に2年契約(So-net光は3年契約)の料金を記載しています。

ADSL

ADSLは電話回線を通して電気通信する方式のインターネットです。すでに各家庭に届いている電話回線を利用するため工事も必要なく、申し込んですぐに開始できるのがメリットでした。

ただ、ADSLの最大通信速度は約50Mbpsで、1Gbpsのフレッツ光と比べても20分の1と光回線には遠く及びません。

今では光回線に取って代わられ、すっかりマイナーになったADSL回線。ヤフーBBや@nifty、BIGLOBEなど大手プロバイダーは軒並みADSLサービスの新規申込を停止しています。

というのも光全盛時代になり、ADSLはこれから数年以内にサービスを完全終了する予定です。

値段の安さと、宅内工事がなく簡単に始められる手軽さにより人気があったADSL。すでに契約中の方はしばらくの間は引き続き使用が可能ですが、ADSLサービス自体が終了してしまう前に光回線など他の回線に乗り換える必要があります。

無線回線

無線回線とは、有線ケーブルが不要で遠隔接続できるインターネットのことです。工事が不要なので、光回線と違って申し込みから1~3日以内に使い始めることができます。

無線回線の代表格はWiMAXやポケットWi-Fi、ソフトバンクエアーなど。それぞれのサービスを具体的に説明します。

WiMAX(ワイマックス)

モバイル回線・WiMAX(ワイマックス)とは?- WiMAXの特徴や注意点
スティックタイプのWiMAX(ワイマックス)ルーター。すっきりとした見た目です。

無線通信技術の主流となっているのが、このWiMAXです。WiMAX回線を提供しているのは、KDDIグループのUQコミュニケーションズのみ。光回線はNTTだけでなく他社も提供していますが、WiMAXは一社独占というわけです。

その代わりに、WiMAX接続サービスはプロバイダーごとに独自の割引や特典を打ち出しつつ提供しています。WiMAXを選ぶのであれば、プロバイダーのサービス内容や口コミを比較検討するといいでしょう。

WiMAXは、小型ルーターを持ち歩くことで、宅内でも外出先でもインターネット可能という大きなメリットがあります。タワー型の据え置き型ルーターは宅内でのみ使用できますが、小型ルーターに比べてより安定した通信ができます。

無線回線は料金が割高で速度は遅いというイメージがあるかもしれませんが、WiMAXは光回線と同じような金額で、ADSLよりも高速なインターネットを実現しています。

WiMAXが向いているのは、一人暮らしや外出が多い人、またこの先引っ越しを控えている学生や単身赴任の方などです。

WiMAXが一台あれば、外ではスマホにつなげてSNSチェックや音楽ストリーミング、家に帰ったらパソコンをつなげてネットサーフィンや動画を観たりダウンロードしたりすることができます。スマホのデータ通信も節約できてお得になりますよ。

主なWiMAXプロバイダー
BIGLOBE WiMAX So-net WiMAX カシモWiMAX
GMOとくとくBB WiMAX Broad WiMAX @nifty WiMAX

ソフトバンクエアー(SoftBank Air)

ソフトバンクのSoftBank Airは、工事不要で無線接続するタイプのインターネットです。ターミナルと呼ばれる専用の機器を置いてコンセントに差すだけで設定も不要、すぐにインターネットがはじめられます。

SoftBank Airは光回線ほどではなくても十分に高速インターネットが可能で、データ容量制限もなく使い放題です。

パソコン、スマホ、ゲーム機(PlayStationやニンテンドーDSなど)、タブレットなど、 Wi-Fi接続に対応している機器であれば全てSoftBank Airに接続が可能。家中の通信機器がSoftBank Airひとつでインターネットにつながります。

WiMAXの据え置き型ルーターと同じタイプですが、使用回線はソフトバンクの4G/4G LTEモバイル回線です。最大通信速度はWiMAXに劣りますが、実際に体感できる速度は大差なく、よほどヘビーな通信をしない限り快適にネットできます。

ただし、WiMAXの小型ルーターのように外出先で使用することはできません。SoftBank Airは宅内専用であることを覚えておきましょう。

回線事業者一覧

インターネット回線を提供している主な事業者を紹介します。回線サービスのみ提供していることもあれば、回線と接続サービスどちらも提供している事業者もあります。

主な回線事業者 – サービス概要
回線タイプ 回線事業者 サービス名 概要
光回線 NTT東日本
NTT西日本
フレッツ光  人口カバー率およそ96%で一番メジャーな光回線
 東西合わせると光回線市場のシェアは約68%、3人に2人が利用している
KDDI auひかり  auスマホ料金が割引になる
 フレッツ光より速度が速いという声あり
So-net NURO光  ダークファイバー使用で最大速度2Gbpsと圧倒的に速い  未対応の県・地域あり
ケイ・オプティコム eo光  関西エリア限定の光インターネット
 ガスや電気料金のセット割引あり
中部テレコミュニケーション コミュファ光  東海地方限定の光インターネット
 プロバイダーは自由に選べる
BBIQ(ビビック) BBIQ光  九州エリア限定の光インターネット
 速度・サービスに定評がある
無線回線 UQコミュニケーションズ WiMAX  ルーターは小型・タワー型を選べる

接続サービス事業者(プロバイダー)一覧

日本には非常に多くのプロバイダー会社があり、全国的にサービス展開しているところや、地域限定サービスを提供しているところまで様々です。

ここでは、有名な大手プロバイダーから地域限定でも規模が大きいプロバイダーまで、提供サービスを一覧にしてみました。小規模な事業者を加えると、この欄以外にもまだまだプロバイダー会社は存在します。

プロバイダー - インターネットサービス一覧
プロバイダー 光インターネット 無線インターネット 格安SIM
OCN OCN光 - OCNモバイルONE
BIGLOBE BIGLOBE光 BIGLOBE WiMAX2+ BIGLOBEモバイル
So-net So-net光プラス So-netモバイル WiMAX 2+ So-netモバイル
@nifty @nifty光 @nifty WiMAX NifMo(ニフモ)
@TCOM @TCOMヒカリ - LIBMO(リブモ)
au one net auひかり - -
Yahoo!BB ソフトバンク光 SoftBank Air ワイモバイル
楽天コミュニケーションズ 楽天コミュニケーションズ光 - 楽天モバイル
DTI DTI光 DTI WiMAX 2+ DTI SIM
GMO GMOとくとくBB×ドコモ光 GMOとくとくBB WiMAX とくとくBB SIM
NTTぷらら ぷらら光 - -
Hi-ho(ハイホー) Hi-hoひかり hi-hoモバイルコースWiMAX 2+ hi-ho LTE typeD
エディオンネット エディオン光 - -
WAKWAK WAKWAK光プラス - -
更新日
このブロックは壊れているか見つかりません。コンテンツが存在しないまたはオリジナルのモジュールを有効化する必要があります。