とにかく月額料金が一番安い光回線プランは?

光回線は多数ありますが、その中でも月額料金がとにかく安い光回線はいったいどれでしょうか?ここでは、最初から純粋に月額料金が安い光回線プランだけを厳選して紹介します。


月額料金が安い光回線選びのポイント

月額料金がとにかく安い光回線を選ぶ際のポイントをいくつか見ておきましょう。

  • 割引ではなく基本的に安い光回線を選ぶ
  • キャッシュバックは計算に入れない
  • スマホ割は計算に入れない

割引ではなく基本的に安い光回線を選ぶ

光回線の中には、最初の1~2年が割引で大幅に安く、その後に割高な通常料金になるものがあります。それらのサービスは、月額料金が非常に安く目を引くものの、長い目で見ると安くはありません。

そこで当記事では、割引で安くなる光回線プランではなく、基本的に月額料金が安い光回線だけを選びます。

キャッシュバックは計算に入れない

光回線の広告でキャッシュバックを見かけるのは珍しくありません。高額なものになると、10万円を超えるキャッシュバック金額を謳っているところも。

しかし、そのような高額キャッシュバックの裏には、必ずといっていいほど条件が存在します。有料オプション加入が必須だったり、一定期間は解約できないといった条件です。結局、基本利用料以外で料金がかさんでしまうことに。

そのため、ここではキャッシュバックを計算に入れず、単純に基本料金が安い光回線を紹介します。もちろん、基本料金が安いうえにキャッシュバックも付くなら、それに越したことはありません。

スマホセット割は計算に入れない

この記事で紹介するのは、スマホセット割(光回線とスマホのセット割)を適用しなくても安い光回線です。

他のほとんどのサイトでは、スマホセット割を計算に入れたうえでお得になる光回線を紹介しています。たとえば以下のようなパターンです。

ドコモ携帯電話を使っている ⇒ ドコモ光
au携帯電話を使っている ⇒ auひかり
ソフトバンク携帯電話を使っている ⇒ Softbank光

スマホセット割がある光回線にするのも間違いではありませんが、次の点を忘れないようにしましょう。

スマホセット割は主に3大キャリアのみ対応

スマホセット割は主にドコモauソフトバンクの3大キャリアにのみ対応しています。キャリアスマホ以外を使用しているのであれば、スマホセット割の恩恵を受けることはできません。

スマホセット割が適用されるスマホプランは限られる

キャリアスマホを使っていても、プランによってはスマホセット割が適用されないか、適用されても割引額が少なくなります。簡単にいうと、安い料金プランにはスマホセット割が適用されない場合が多いです。

家族内で最低3~4人以上同一キャリアだとお得

スマホセット割は携帯電話一台あたり最大1,000円引きになります。たとえば夫婦2人暮らしだと、スマホセット割で最大2,000円引きです。ただし、キャリアのスマホ料金自体がそもそも高いため、全体的に見てお得とはいえません。

スマホセット割適用で本当にお得になるには、最低でも家族内で3~4人以上同一のキャリアスマホを使用している必要があります。そうすれば、毎月3,000円~4,000円割引になるからです。

スマホセット割は光電話加入が必須(au・ソフトバンク)

携帯電話キャリアがauもしくはソフトバンクなら、光回線+スマホセット割の条件として光電話加入が必須です。光電話オプションは月額500円ですが、固定電話が不要な家庭にとっては無駄な出費といえるでしょう。

格安SIMにすればスマホ料金が半額以下になる

家計の節約を考えると、そもそもキャリアスマホから格安SIMに乗り換えるほうがお得。そうすればスマホ料金が半額~1/3程度に下がります。

“キャリアスマホ+スマホ割がある光回線”よりも、“格安SIM+月額料金がもともと安い光回線”のほうがもっと安くなるということです。

とにかく月額料金が安い5つの光回線

月額料金がとにかく安い光回線5つを、金額が低い順に紹介します。

5つのうち3つは、プロバイダーexcite(エキサイト)が提供する光回線サービスとなっています。エキサイトは、米国のExcite Inc.の100%子会社として始まった大手プロバイダーでです。

最安光回線の月額料金(税抜)
  契約の縛り マンション(集合住宅) ファミリー(戸建て)
excite光Fit なし 2,400円~ 3,200円~
メガエッグ光 3年 3,200円 4,200円
enひかり なし 3,300円 4,300円
excite光 なし 3,360円 4,360円
excite MEC光 なし 3,500円 4,500円

光回線を選ぶ際には「契約の縛り」に気を付けよう契約の縛りとは、あらかじめ定められた契約期間内に解約すると違約金が発生するというもの。光回線の縛り期間は2年か3年が一般的で、解約違約金は10,000円前後となります。当記事で紹介する光回線は契約の縛りがないので、いつ解約しても違約金がかからず安心です。(メガエッグ光を除く)

※当記事内で紹介している平均通信速度は「みんなのネット回線速度」を参照しています。(2020年7月時点)

月額の安さ1位:excite光Fit

最安のexcite光Fitは、なんと月額2,400円~という衝撃の安さ。スマホやモバイルWiFiよりも安い金額で光回線を使えるというのは凄いですね。

excite光Fitの特徴

  • 段階料金制だからネット利用が少ない月は非常に安い
  • 初期費用と工事費が無料になる
  • いつ解約しても違約金なし
  • IPoE接続対応で通信スピードが速い

 

excite光Fitのサービス
提供エリア 全国(NTTフレッツ光と同じ)
月額料金 マンション 2,400円(~30GB)
3,100円(30~200GB)
3,800円(200GB~)
戸建て 3,200円(~30GB)
3,900円(30~200GB)
4,600円(200~500GB)
5,300円(500GB~)
契約時の手数料 無料
回線工事費 マンション:15,000円 戸建て:18,000円
(30回分割払いで実質無料)
解約時の手数料 なし
IPv6 IPoE接続 対応
WiFiルーター 無料プレゼント

excite光Fitは段階料金制

excite光Fitは、光回線の中でも珍しい段階料金制になっています。

月間の通信使用データ量が30GB未満なら光回線業界でダントツの安さ。月間200GB未満なら、業界トップのコストパフォーマンスを誇ります。

そのため、excite光Fitは自宅でインターネットがないと困るものの利用量は多くないというご家庭なら非常におすすめです。

excite光Fitの口コミ

excite光Fitユーザーの口コミを紹介します。やはり200GB未満ならとても安いのに魅かれている人が多い印象です。

月額の安さ2位:メガエッグ光

メガエッグ光は、中国地方5県でサービス提供している光回線です。回線・接続サービスともに、中国電力系のエネルギア・コミュニケーションズ(略称エネコム)が一括提供しています。

NTTフレッツ光回線と異なる独自回線なので、平均速度が全国3位と非常に速いのがポイント。そこまで速いうえに、月額料金の安さも2位とは驚きですね。

メガエッグ光の特徴

  • 平均速度が全国3位と超高速
  • 中国電力の電気と合わせて割引になる
  • セキュリティソフトが標準装備
  • auスマートバリュー対応

 

メガエッグ光のサービス
提供エリア 広島県、岡山県、島根県、鳥取県、山口県
月額料金 マンション:3,200円 戸建て:4,200円
契約時の手数料 3,000円
回線工事費 35,000円(35ヵ月利用で実質無料)
解約時の手数料 10,000円
IPv6 IPoE接続 対応
WiFiルーター 500円/月※光電話にWiFiルーター付き

メガエッグ光は下り平均300Mbps超え

メガエッグ光は月額料金がとても安いのに、通信スピードは下り平均330Mbpsと超高速。NTTフレッツ光ネクストの下り平均が170Mbpsなので、じつに2倍の速さとなります。

これは中規模以上の光回線ではコミュファ光、NURO光に次ぐ全国3位の速さです。安くて速いメガエッグ光は、中国地方にお住まいなら最有力候補になるでしょう。

メガエッグ光の口コミ

メガエッグ光の口コミを調べると、やはり安さと速度が魅力ということが分かります。

 

月額の安さ3位:enひかり

enひかりは、一律料金制の光回線の中では最安です。これほど安く提供できる理由は、enひかりを展開する株式会社縁人(enjin inc.)が小規模プロバイダーで人件費を抑えることができているから。

小規模だからといって、enひかりはサービス品質が良くないわけではありません。下り平均速度は180Mbps、上り平均速度は240Mbpsと十分なスピードを備えています。

大手プロバイダーがひしめく光回線業界において、少数精鋭で臨んでいるのがenひかりといえるでしょう。

enひかりの特徴

  • 年3回までWiFiレンタル3泊4日無料
  • 月々180円でIPv6接続が可能
  • UQ mobileユーザーは月額100円割引

 

enひかりのサービス
提供エリア 全国(NTTフレッツ光と同じ)
月額料金 マンション:3,300円 戸建て:4,300円
契約時の手数料 3,000円
回線工事費 15,000円
解約時の手数料 なし
IPv6 IPoE接続 対応(v6プラスオプション180円/月)
WiFiルーター レンタル料300円/月

enひかりはWiFiレンタルがお得

enひかりのモバイルWiFiレンタルは、3泊4日まで無料というお得なサービスです。

WiMAXルーターのレンタルが年3回まで、1泊2日以上の注文でプラス3泊4日分が無料となります。1日390円なので、780円で計5泊6日利用できるというわけです。

16時までの注文で最短翌日にはモバイルルーターが届きます。旅行や出張時、またスマホに速度制限がかかった時など、色んな場面で活用するでしょう。

enひかりの口コミ

enひかりの口コミを見てみると、縛り無し・料金格安・速度もそこそこ速いというのが好評になっています。インターネットをバリバリ使いたいけど料金はできるだけ節約したい、という人には一押しの光回線です。

 

月額の安さ4位:excite光

excite光(エキサイト光)は、縛りなし光回線の元祖ともいえるサービスです。

光コラボ(プロバイダーがNTTフレッツ光回線を借り受けて自社オリジナル光回線として提供するサービス)として、最低利用期間なしタイプの先駆けとなりました。

特筆すべき特徴があるわけではありませんが、大手プロバイダでフレッツ光回線を安く利用したいのなら、excite光は魅力的な選択肢といえます。

excite光のサービス
提供エリア 全国(NTTフレッツ光と同じ)
月額料金 マンション:3,360円 戸建て:4,360円
契約時の手数料 1,000~2,000円
回線工事費 マンション:15,000円 戸建て:18,000円
(どちらも30ヵ月分割払い)
解約時の手数料 なし
IPv6 IPoE接続 非対応(IPv6対応ホームゲートウェイを使用しているならIPv6接続可)
WiFiルーター レンタル料300円/月

excite光の口コミ

excite光のユーザー口コミでは、速度が不満という声が少なくありません。インターネット利用はニュース記事などブラウザ閲覧が主というライトユーザーであれば、スピードが気になることはないでしょう。

 

 

月額の安さ5位:excite MEC光

excite MEC光(エキサイトMEC光)は、上記のexcite光にIPv6接続サービスがプラスされた光回線です。

月額はexcite光より140円高いですが、通信速度がより速くなります。どれくらい速度が違うかというと、excite光の下り平均130Mbpsに対して、excite MEC光は下り平均200Mbpsです。

2つを天秤にかけるのなら、140円プラスしてexcite MEC光にするほうがいいかもしれません。

excite MEC光のサービス
提供エリア 全国(NTTフレッツ光と同じ)
月額料金 マンション:3,500円 戸建て:4,500円
契約時の手数料 4,000円
回線工事費 マンション:15,000円 戸建て:18,000円
(どちらも30ヵ月分割払い)
解約時の手数料 なし
IPv6 IPoE接続 対応
WiFiルーター レンタル料100円/月

excite MEC光の口コミ

excite MEC光のスピードはexcite光よりは速いものの、夜間は特に速度低下が著しいという声が見られます。ネットを利用する人が増える時間帯に弱いといえそうです。

 

 

まとめ:月額料金が一番安いexcite光Fitがおすすめの人とは?

コストパフォーマンス重視で、とにかく月額料金が安い光回線ナンバーワンはexcite光Fitです。月間200GB未満であれば、文句なしに業界最安となります。

次のような状況であればexcite光Fitがおすすめです。

  • 1人暮らしだけど光回線を引きたい
  • 普段はスマホやモバイルWiFiでネット接続する
  • 夫婦共働きで週末だけ家でゆっくり過ごす
  • 実家の両親宅に光回線を引いてあげる
更新日