ひかり電話とは? - メリット・デメリット・光電話との違い・注意点

固定電話 赤

ひかり電話がおトクと聞いた事はありませんか?ひかり電話と光電話の違いってなんだろう?知識ゼロでもよく分かるひかり電話の解説ページです。あなたの疑問に答えます。

  • ひかり電話とは、光ファイバーケーブル回線を利用した電話サービスです。
  • ひかり電話は本当に固定電話より安いのでしょうか?

ひかり電話とは?

光電話では電話線の代わりに光回線が使用されています。

ひかり電話とは、光ファイバーケーブルを利用した電話サービスのことです。従来の電話が電話線を使用しているのに対してひかり電話は、光回線(光ファイバーケーブル)を使用しています。

「光ファイバー」という言葉から想像できるように、実際のところ、光回線インターネットを契約している人へのオプションとして存在しているのがこの「ひかり電話」です。つまり「ひかり電話」だけを単体で申し込むことはできません。

こらから光回線インターネットを契約する人は、一緒に「ひかり電話」を申し込むことができます。また、すでに光回線インターネットを利用中の人でも、これから追加で「ひかり電話」を申し込むことができます。

ひかり電話と光電話の違い

ひかり電話と光電話と二種類の表記を見かけることがあると思います。何か違いがあるのか気になるかもしれませんね。

ひかり電話と光電話は、いずれも光回線(光ファイバーケーブル)を利用した電話サービスであり、同じものと考えて問題ありません。利用できるサービス内容、つまり、「電話として利用する」という点では何も変わるところはありません。転送やキャッチホンなど付随のサービスもほぼ同じものが利用できます。

ではなぜひかり電話と光電話と2種類の表記があるのでしょうか。これは単純にサービス提供元によって表記の方法が違うというだけです。NTT東日本/NTT西日本が提供しているものが、「ひかり電話」(商品名)で、他の会社が提供しているものは、光電話となっています。auひかりのオプションサービスなら「auひかり電話サービス」、ソフトバンク光の電話オプションサービスならば、「ホワイト光電話」といったように名称はプロバイダによって多少違いますが、いずれも光回線を使用した電話サービスです。

なんだかややこしいような気もしますが、つまり、これから光回線の電話サービスを利用したいと思っているならば、NTTでも他の光回線インターネット会社でも、どこでも好きなところのインターネット回線をまずは申し込めばOKです。

光電話のメリット・デメリット

光電話を検討中の方のために、「光回線のこんなところが魅力、こんな点はちょっと残念・・・」をまとめてみました。

光電話のメリット

新規に固定電話が必要なら、ひかり電話がお得

固定電話が必要になった場合、NTTに「加入電話」を申し込まなくてはいけません。しかしながら、光電話の契約をすれば、新たに電話加入権を買わなくても電話を使う事が出来るようになるので、従来の固定電話よりも安く家用の電話を準備することができます。

月額料金・通話料金が安い

光電話は、距離に限らず通話料が全国一律です。固定電話の利用が多い人にはおすすめ。

光電話は、「月額基本料金」も、「通話料」も通常の固定電話よりも安く設定されています。

光電話の場合、通話料が、日本全国どこでもだいたい3分8円前後です。しかも、距離に関係なく一律同じ料金のため、長距離に頻繁に電話をするという方はお得です。

月額使用料が毎月500円(税抜き)と光電話をするために必要なルーター(ホームゲートウェイ)のレンタル料が300円程度かかります。これらを合わせても、通常の固定電話の月額基本料よりも光電話の基本料金は安くなります。

最近は、固定電話を完全に解約するご家庭も増えていますが、「どうしても固定電話は必要」、もしくは「商売などで頻繁に長距離電話をする」という方は、光電話にすることで電話代が安くなります。

同じ電話番号・電話機が使える

ひかり電話は、現在の電話番号がそのまま使えます。電話機の買い替えも必要もありません。しかも、電話をかける場合も、110番や119番などの緊急電話も、普通の電話と同じように使えます。天気予報や時報も大丈夫です。

音質が良い

インターネットの回線を使って電話、というと、音が途切れたり音質が悪くないか、と心配かもしれません。意外にも、光回線は速度が速く高品質な通信が可能なため、アナログ電話よりクリアで音質も良いとされています。

ひかり電話のデメリット

光回線をひかないと使えず、また別途基本料金がかかります

ひかり電話は、あくまで光回線プランのオプションプランです。デメリットと言うには大袈裟かもしれませんが、光回線を利用していない人は、まずはインターネットを申し込むという手続きが必要です。そして、もちろん光回線インターネットの月額使用料がかかります。

節約という点では「固定電話の解約」には敵わない

もし自宅の「いえでん」をほとんど使っていないのならば、固定電話そのものを解約する方がコスト的にはゼロ円になるのでベストです。

固定電話の使用頻度が低い場合は、光電話にしても、実際に安くなる額は僅かです。光電話を申し込んでも、損はしませんが、それほどお得感はないでしょう。

コレクトコールはかけられません

コレクトコール以外にも、伝言ダイヤル(0170)やお話中調べ(114)など、いくつかの特殊電話番号にはかけられません。また、NTT以外のナビダイヤルにも電話できません。

停電の時には使えません

アナログではなくてデジタルな電話ゆえ、停電の時には使えません。光回線のルーターの電源が落ちてしまうと使えなくなるのです。スマホ・ケータイを所有している人がほとんどの現在では、光電話の決定的なデメリットとは言えませんが、念のためご紹介します。

光電話の申し込み方法

すでに光回線インターネットを利用している場合

ご利用中のプロバイダー、もしくはNTT東日本/NTT日本のフレッツ光に連絡をし、追加でひかり電話の申し込み手続きをします。工事費がある程度かかりますから、確認しましょう。

光回線をこれから申し込む場合

すでにご理解の通り、光電話を使用するには、インターネットの光回線を契約していることが条件になります。そのため、まずは光回線の契約をします。光回線の申し込みの際に光電話申し込みも一緒に行うことができます。

ひかり電話を契約し、使用開始するまでの流れ

  1. 契約する光回線の会社(プロバイダー)を選ぶ
  2. 光回線の申し込み時にオプションとして光電話の申し込みを行う。
  3. 今お使いの電話で光電話を使えるようにするための小型の機器(ルーター)を用意する。
  4. 光回線を初めて契約する場合は光回線を通す工事が必要。(光電話導入の初期費用もかかります。)工事が終了したら、すぐにひかり電話は使えます。

光電話を提供しているインターネット・プロバイダは?

ほぼすべてのインターネットプロバイダが光回線のオプションで光電話を提供しています。ですから、皆さんの好きなプロバイダーに申し込めば問題ありません。

どこに申し込んでいいか見当がつかないという人のために、以下に実績のある代表的なプロバイダーを紹介します。大手キャリアの光回線(auひかりSoftBank光ドコモ光)の場合は、スマホとの割り引きの提供もあります。

キャッシュバックキャンペーンも頻繁に行われていますので、条件をよく確認の上、利用すればお得に申し込むこともできるでしょう。

光回線・主なプロバイダー
光回線プラン名 特徴 代理店名

NURO光

DTI光
So-net光プラス
更新日