乗り換え先No1!4大キャリアで満足度2年連続1位!

楽天モバイル
  • iPhone購入乗り換えで最大24,000ポイント還元
  • かけ放題付き&3GBまでなら1,078円&どれだけ使っても3,278円!
  • 光回線楽天ひかりもあわせて使えば1年間光回線代がゼロに(詳細

徹底比較:楽天モバイル vs HISモバイル、今乗り換えるならどっち?

徹底比較:楽天モバイル vs HISモバイル、今乗り換えるならどっち?
楽天モバイルとHISモバイル、今乗り換えるならどっち?

徹底比較:楽天モバイル vs HISモバイル、今乗り換えるならどっち?

第三のキャリア」として人気を博している楽天モバイルと、大手旅行会社エイチ・アイ・エスが日本通信SIMと立ち上げたHISモバイルという、一見全く違う2つの格安SIMの比較です。

楽天モバイルといえば、業界最安級の料金プランで話題となり、一気に契約者数を伸ばしてきました。

ところが、2022年7月をもって「1GB未満0円」を終了したところ、楽天モバイルにて大規模なMNP転出が発生しました。HISモバイルもその乗り換え先として選ばれた格安SIMのひとつです。

では、本当にHISモバイルの方が楽天モバイルよりお得なのでしょうか?

答えは「場合によっては…」です

どういうことか、まずは下記の表で見ていきましょう。

楽天モバイルがおすすめの人 HISモバイルがおすすめの人
  • 生活圏が楽天モバイルの自社回線エリアである
  • データ料金を気にせず沢山使いたい
  • データ使用量が多い月と少ない月の差が大きい
  • 音声通話を時間や料金気にせず利用したい
  • 楽天ポイントを貯めている
  • 乗り換えと同時にスマホ端末をお得に購入したい
  • 楽天モバイルで「0円運用」をしていて、MNP転出先を探している
  • 通話はそんなにしないけど、通話品質にこだわりたい
  • データ使用量が3GB以上だけど10GBも使わない
  • データを小容量帯で細かく選択したい
  • ドコモの通信品質を格安で利用したい
  • 旅行が好きでHIS特典が気になる
公式サイト 公式サイト

ニュース・キャンペーン情報

格安SIMの中でも高速で人気のUQモバイルが今ならお得

UQモバイルロゴ
  • au Pay最大10,000円分相当残高還元(au・povo以外からの乗り換え)
  • 自宅セットセット開始!auでんきや各種光回線と一緒に使うと、3GB990円
  • 人気のiPhone SEも月々694円からの分割払いで購入可能
UQ応援割  U18&家族  開始!
20GB 月額990円から
(最大12か月間)
UQモバイルのサイトを見る

楽天モバイル vs HISモバイル①料金プラン編:
やっぱり楽天モバイルは安い!データ利用が少ないならHISモバイルもおすすめ

楽天モバイル料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」

2022年7月に発表された新プラン、「Rakuten UN-LIMIT VII」では、今まで1GB未満0円だったのが、1GB未満含む3GB未満が一律1,078円となります。

しかし、楽天モバイルでは24時間国内通話無料の「Rakuten Link」という通話アプリが利用できるため、「3GB+24時間かけ放題」を月額1,078円で提供できるのは、現在業界全体でも楽天モバイルのみです。

また、データ無制限を月額最大3,278円で提供しているため、「使い過ぎてしまった!」という場合も法外な金額を請求されるリスクもありません。「月々のデータ利用料がまちまち」という方も、楽天モバイルの段階性料金プランが最適です。

新プランRakuten UN-LIMIT VIIの料金表
月額料金
(税込)
~1GB ~3GB ~20GB 20GB~
1,078円
(※2022年7月から料金が改訂されました。0円→1,078円)
1,078円 2,178円 3,278円
通信規格 4G・5G
通信容量 楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB/月
データ容量超過後も1Mbpsで通信可能
国内通話 Rakuten Linkのアプリを利用すればかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
公式サイト

【2022年11月】最新キャンペーン情報! お得な楽天モバイルのキャンペーンを見る

Rakuten UN-LIMIT VIIの料金表
月額料金(税込)
~1GB ~3GB ~20GB 20GB~
1,078円
(※2022年7月から料金が改訂されました。0円→1,078円)
1,078円 2,178円 3,278円
通信規格
4G・5G
通信容量
楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB/月
データ容量超過後も1Mbpsで通信可能
国内通話
アプリRakuten Link使用でかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
公式サイト

【2022年11月】最新キャンペーン情報! お得な楽天モバイルのキャンペーンを見る

7月から楽天モバイルの料金が変更楽天モバイルの料金は7月1日をもって改訂され、Rakuten UN-LIMIT VIIになりました。新プランでは1GBまでの料金0円は廃止され、3GBまで1,078円・20GBまで2,178円・無制限3,278円の3段階制となります。
 格安SIM 比較
 格安SIMのMNP乗換えキャンペーン

関連記事:
楽天モバイルの口コミ・評判は?メリット・デメリットを評価

HISモバイル料金プラン「自由自在290」

HISモバイルの最新プラン「自由自在290」プランは、楽天モバイルが「1GB未満ゼロ円」を終了した今、小容量帯において業界最安ないしそれに準ずる料金設定になっています。

このため、スマホをあまり使わないという人でHISモバイルへの乗換えをする人が多いようです。特に、自由自在290プランの発表は、楽天モバイルが1GBまでなら0円という方針を変更する発表をした時期と重なったため、楽天モバイルからHISモバイルへと乗り換えを検討している人も多いようです。

「データもそんなに使わないし、通話もあまりしない」という場合は、HISモバイルの「自由自在290」がおすすめです。

HISモバイル新プラン「自由自在290プラン」
項目 音声通話付
データ容量 1GB 3GB 7GB
290円(100MB未満の月)
550円
業界最安!
770円
業界最安!
990円
通話料金 業界最安!
30秒9円
通話オプション 5分かけ放題:500円/月
完全かけ放題:1,480円/月
データチャージ 200円/1GB※最大100GBまで
HISモバイルのサイトを見る

関連記事:
2022年5月開始!HISモバイルの月額料金290円新プラン自由自在290プランを徹底解説

関連記事:
HISモバイルの評判・口コミを確認 - 速度やデメリット・注意点は?

楽天モバイル vs HISモバイル②通信品質・速度編:
HISモバイルはドコモの安定性、楽天モバイルは自社回線なら速い

楽天モバイルは自社回線エリアかどうかが問題

楽天モバイルといえば、一時期「つながらない」問題が話題になりました。

残念ながら、楽天モバイルの自社回線エリア外や田舎の地域などでは、そういったケースがまだ残っているようです。

ただ、現在楽天モバイルは自社回線エリアの人口普及率が97%に達しており、通信環境も大幅に改善されています。

特に、都内の地下鉄などでは問題なく繋がることがセレクトラの調査でも分かっています。

都会に住んでいて、尚且つ楽天モバイルの自社回線エリアが生活圏という場合であれば、安心して楽天モバイルに乗り換えて問題ないでしょう。

関連記事:
楽天モバイル「つながらない」時のおすすめ対処法6選 - イライラ解消!原因と最終手段も徹底解説

HISモバイルは安定のドコモ通信品質

HISモバイルでは、基本的にドコモ回線を利用しています。(ビタッ!プランは、ソフトバンクかドコモ回線か選択可能。)通信速度に関しては概ね好意的な意見が多いようです。

やはりドコモ回線なので、通信品質や速度の安定性には定評があります。

とはいえ、格安SIMなので、データ通信に関しては、混み合うお昼時や通勤時間の間に、通信速度が下がることもあります

また、HISモバイルではデータ容量超過後は通信速度が128kbpsに制限されます。これは他の格安SIMの速度制限時よりも遅いので注意が必要です。

楽天モバイル vs HISモバイル③音声通信編:
「安さ」なら通話無料の楽天モバイル、「通話品質」ならドコモ品質のHISモバイル

楽天モバイルなら国内通話が無料でかけ放題

楽天モバイルといえば、24時間かけ放題の料金が無料で利用できる「Rakuten Link」が評判です。条件は、通常の通話アプリではなく、専用アプリRakuten Linkから架電するということだけです。

因みに、海外から日本国内にかける場合も無料なので、海外旅行の際も手放せません。また、海外在住で、日本に頻繁に電話をかける場合も便利ですよね

楽天モバイルでは、Rakuten Linkでの通話で月々のデータ容量は消費されません
Rakuten Linkの通話品質に関しては賛否両論あるようですが、セレクトラ編集部で試したところ、「すごく気になる…」ということはなく、特に問題なく利用できました。

「とにかく通話機能を沢山使いたいけど、スマホ代を安く抑えたい」という場合には、月額1,078円で「3GB+24時間国内かけ放題無料」の楽天モバイルが最適な選択となるでしょう。

但し、iPhoneでは一部の機能が利用できないため、注意しましょう。詳細はこちらの記事「最高にお得!楽天モバイルの賢いiPhone乗り換え方法とは? - 注意点やかんたん設定も」をご覧ください。

HISモバイルは通話品質もドコモ並み

HISモバイルの強みは、ドコモ回線ならではの電話の繋がりやすさと、その音声品質にあります。

格安SIM他社では、裏で他の通信会社のネットワークを使うことが多くあります。

しかし、HISモバイルでは、過去の交渉経緯から、通常通話も国内かけ放題も、ドコモと同じものをそのまま利用します。

専用アプリも必要なく、普通に電話をかけるだけで、ドコモと同じ高音質なVoLTE HD+をそのまま使うことができるので、快適な通話の利用が可能ということです。

料金は9円/30秒で、5分かけ放題は500円/月、完全かけ放題が1,480円/月となっています。

楽天モバイル vs HISモバイル④スマホ端末販売編:
楽天モバイルならiPhoneもオリジナルスマホもあり。HISモバイルは中古スマホが豊富

楽天オリジナルスマホは楽天モバイルだけ

楽天モバイルでは豊富なiPhoneの取扱いが評判です

また、最近では楽天モバイルでApple Watchの取扱いも開始しました。

AQOUSやXPERIAなどアンドロイドスマホも色々と選択肢が豊富な楽天モバイルですが、楽天モバイルにはRakuten Handという楽天モバイルでしか手に入らないオリジナルスマホがあります。

スマートなデザインで持ちやすく、低価格なのが特徴です。Rakuten Handが欲しい場合は、楽天モバイル一択となります。

HISモバイルでは安価な中古スマホが入手できる

HISモバイルではアンドロイドスマホの他に、iPhoneの中古製品も購入できます。
また、XPERIAやAQUOSなど、比較的高額なスマホ端末も中古での販売があるため、HISモバイルなら1万円以内で購入できるのが魅力です。

楽天モバイル vs HISモバイル⑤キャンペーン編:
iPhone購入乗り換えなら楽天モバイル、HISモバイルのキャンペーンは旅好きにピッタリ

楽天モバイルならiPhone購入で高額楽天ポイント還元

現在注目したいのが、「iPhone乗り換え(MNP)キャンペーン」です。楽天モバイルに乗り換えをする際に、対象のiPhoneを「アップグレード」プログラムを利用して購入し、Rakuten Linkを利用することで、なんと最大で24,000円相当のポイントを獲得できます。

「アップグレードプログラム」とは、楽天カードで48回払いでiPhoneを購入するプログラムです。このプログラムを利用すると、24回目の支払いを終えた後はいつでも新しいiPhoneを購入でき、返却した方のiPhoneは未払い分の金額は支払い義務がなくなります。

例えば、楽天モバイルでiPhone 13の128GBを、通常価格で購入すると117,800円となります。一方、この乗り換え(MNP)キャンペーンを利用すれば、「アップグレードプログラム」で54,432円となり、更に楽天ポイントが還元されるため、人気のiPhone 13(128  GB)が実質30,432円で購入できる計算となります。

また、先日発表された話題の最新iPhone 14 (128GB)は楽天モバイルの通常価格131,800円のところ、乗り換え(MNP)キャンペーンを利用すれば実質41,880円で購入できます(「アップグレードプログラム」価格:65,880円-MNPキャンペーン特典:24,000円)。

高額な最新のiPhoneも楽天モバイルなら手が届きそうですよね。

楽天モバイルiPhone購入契約キャンペーン概要
  乗り換え(MNP) 新規
期間 終了日未定
内容 初めて「Rakuten UN-LIMIT VII」のプランを申し込む全ての人(新規、乗り換え)を対象に、契約時に所定の方法でiPhone購入した場合、楽天ポイントをプレゼント
iPhone 14Pro Max / iPhone 14 Pro / iPhone 14 / 購入時のキャンペーン特典 最大24,000ポイント還元 最大24,000ポイント還元
iPhone 13Pro Max / iPhone 13 Pro / iPhone 13 / iPhone 13 mini / 購入時のキャンペーン特典 最大24,000ポイント還元 最大24,000ポイント還元
iPhone 12Pro Max / iPhone 12 Pro / iPhone 12 / iPhone 12 mini 購入時のキャンペーン特典 最大13,000ポイント還元 最大13,000ポイント還元
iPhone SE(第3世代) 購入時のキャンペーン特典 最大24,000ポイント還元 最大19,000ポイント還元
ポイント獲得の流れ ①対象製品(iPhone)と一緒に「Rakuten UN-LIMIT VII」に申し込む(Webもしくは店舗)
②申し込みの翌月末日23:59までに開通手続きを行い「Rakuten UN-LIMIT VII」 のプラン利用開始
③プランお申し込みの翌月末日23:59までにRakuten Linkアプリで10秒以上通話する
④Rakuten Link 利用の翌々月末日頃に、ポイントを付与
注意点
  • ポイント有効期限は6か月
  • 「Rakuten WiFi Pocket 2 本体価格1円キャンペーン」等のキャンペーン併用は不可
  • 楽天モバイル公式オンラインサイトや店舗外で契約した場合は対象外
  • Rakuten Linkを利用しなかった場合は対象外
  • iPhoneを購入しても「アップグレードプログラム」を利用しない場合は、最大獲得ポイントより5,000ポイントマイナスとなる
詳細 楽天モバイルのサイトを見る

HISモバイルはユニークな旅行関連のキャンペーン

大手旅行会社エイチ・アイ・エスが立ち上げただけあり、HISモバイルでは、旅行関連のキャンペーンが実施されています。

新規契約でオンライン世界一周ツアーに参加できる特典のほか、HISモバイル既存の契約者も利用できるキャンペーンも豊富です。「海外Wi-Fiレンタル20%OFF」になるもの、また、ホテル+航空券の予約時に使えるクーポンなど、HISモバイルなら旅行好きには大変魅力的なキャンペーン内容となっています。

HISモバイルで通信費が節約できるうえに、旅行もお得になるなら、利用しない手はないですよね。

楽天モバイル vs HISモバイル:まとめ

最後におさらいです。結果は以下のようになりました

  • 徹底比較:楽天モバイル vs HISモバイル - 乗り換えるならどっち?  
  • 比較①料金プラン編:やっぱり楽天モバイルは安い!データ利用が少ないならHISモバイルもおすすめ
  • 比較②通信品質・速度編:HISモバイルはドコモの安定性、楽天モバイルは自社回線なら速い
  • 比較③音声通信編:「安さ」なら通話無料の楽天モバイル、「通話品質」ならドコモ品質のHISモバイル
  • 比較④スマホ端末販売編:楽天モバイルならiPhoneもオリジナルスマホもあり。HISモバイルは中古スマホが豊富
  • 比較⑤キャンペーン編:iPhone購入乗り換えなら楽天モバイル、HISモバイルのキャンペーンは旅好きにピッタリ

いかがでしたでしょうか?結論としては、「0円終了」後もやはり楽天はお得だということが分かりました。3GB+かけ放題を月額1,078円で利用できるという点では、楽天モバイルが安さにおいて圧勝といえるのではないでしょうか。

ただ、「そもそもデータをそんなに使わない」という場合や、「通話品質にこだわりたい」という場合は、小容量帯の選択肢が豊富で、ドコモ通信品質のHISモバイルがおすすめです。

そのほかにも、iPhone購入乗り換えで高額な楽天ポイントがもらえる楽天モバイルとは対象的に、HISモバイルでは新規だけでなく既存のユーザーに対しても、HISらしい旅行関連のキャンペーン特典を提供しています。旅行好きならHISモバイルは一度チェックしたいところかと思います。

楽天モバイルとHISモバイル、全く異なるサービスを提供する2社を比較しましたが、ご自身のライフスタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。

関連記事:
徹底比較:楽天モバイル vs Y!mobile(ワイモバイル)- どちらがおすすめ?

関連記事:
徹底比較:楽天モバイル vs UQモバイル-おすすめはどちら?

関連記事:
徹底比較:楽天モバイル vs povo 2.0-おすすめはどちら?

関連記事:
徹底比較:楽天モバイル vs LINEMO、どちらがおすすめ?

関連記事:
月額290円業界最安値の日本通信とHISモバイルの違いとは?メリット・デメリットも徹底解説

おすすめSIM会社

通信品質トップクラス。新プラン「くりこしプラン+5G」では、割引なしで3GB1,628円(税込)と格安SIM最安級プランにデータを繰り越しできるのも魅力。

ソフトバンクグループになったLINEMO(ラインモ)。だからキャリア品質。LINEのデータ消費がカウントフリー(LINEギガフリー)。データ容量使い切ってもLINEの通信速度はそのまま。いまなら、通話オプション(5分)が1年無料!

更新日