光コラボ・フレッツ光の転用に必要な「転用承諾番号」とは?取得方法を紹介

光コラボ・フレッツ光の転用に必要な「転用承諾番号」とは?取得方法を紹介

光コラボ・フレッツ光の転用に必要な「転用承諾番号」とは?取得方法を紹介

フレッツ光から光コラボに転用する際に必要なのが「転用承諾番号」です。ここでは、転用のメリットや転用承諾番号を取得する方法を紹介します。加えて、光コラボ契約の注意点もおさえておきましょう。

  • 転用承諾番号の取得方法をご紹介します。
  • 「フレッツ光の転用」とは何か確認をしましょう。

光回線インターネットの「転用」とは?

「インターネット光回線を転用する」とは、どういう意味でしょうか?

「転用」とは、NTT東日本/西日本の光回線サービスである「フレッツ光」から、光回線はそのままで契約先を光コラボレーション(光コラボ)事業者に変更する手続きのことです。

なお、転用手続きでは利用する光回線自体は変わらないので、光ファイバーケーブルの設置工事は必要ありません。インターネット契約の窓口が変わるだけ、と考えるといいでしょう。

国内の光回線は長い間、NTT東日本/西日本がほぼ独占していました。そのため、光インターネットを利用するには、光回線はNTTでインターネット接続サービスは他のプロバイダーと、別々に契約する必要がありました。

しかし2015年に、NTTはこれまで独占していた光回線(フレッツ光)を、他の事業者にも卸提供するようになりました。

その結果、ソフトバンクソネット、ビッグローブなどのプロバイダー事業者でも、光回線とインターネット接続サービスの両方をユーザーに提供することが可能になりました。これが「光コラボレーション(光コラボ)」です。

では、フレッツ光から光コラボに転用することには何のメリットがあるのでしょうか?

フレッツ光から光コラボに転用するメリット

NTTのフレッツ光から光コラボへの転用には、料金や契約面で大きなメリットがあります。具体的にそれらを見ていきましょう。

インターネット月額料金が安くなる

転用のメリットとして一番に挙げられるのは、インターネット料金です。フレッツ光は高いというイメージがありますが、光コラボはフレッツ光よりも月額料金が安くなります。下記をご覧ください。

戸建てタイプ(最大1Gbps)の月額料金比較(税抜)
プロバイダー フレッツ光料金 光コラボ料金

・「ギガ推し!キャンペーン」適用
・「にねん割」適用
・光回線+プロバイダー料金

・各種割引適用
・光回線+プロバイダー料金

OCN 5,800円 5,100円
BIGLOBE 5,900円 4,980円
ぷらら 5,700円 4,800円
So-net 5,700円 3,980円
BB.excite 5,200円 4,360円
hi-ho 5,900円 4,450円

いかがでしょうか、光コラボに転用すると同じプロバイダーでも料金が安くなることが分かりますね。月額料金が安くなるというのは、インターネット転用の最大のメリットといえます。

いろいろな特典・割引が受けられる

転用の大きなメリットのひとつが、色々な特典や割引です。光コラボ事業者である数々のプロバイダーが独自色を出すために、フレッツ光にはない魅力的なサービスや割引を展開しています。

例えば、ドコモ光SoftBank光のように大手携帯キャリアの光コラボでは、同じキャリアのスマホとの併用で通信料金が割引になったりします。家族みんなでドコモやSoftBankの携帯を使っているなら、契約台数に応じて割引額が高くなるケースもあります。

下記は、光インターネットとスマホのセット割の一例です。

戸建てタイプ(最大1Gbps)の月額料金比較(税抜)
  SoftBank光 ドコモ光
セット割名 「おうち割 光セット」 「ドコモ光セット割」

割引内容

・「データ定額(3Gケータイ)」の場合、携帯代が永年毎月500円割引
・インターネット1回線につき携帯電話最大10台まで割引適用
・「ベーシックシェアパック(~5GB)」の場合、携帯代が毎月800円割引
・「ベーシックシェアパック(~10GB)」の場合、携帯代が毎月1,200円割引
・「ベーシックシェアパック(~15GB)」の場合、携帯代が毎月1,800円割引

また、大手キャリアだけではなく最近人気が高まっている格安SIM各社も、光コラボとのセットで割引になるプランを提供しています。

下記に、光コラボと格安SIMのセット割の一例をご紹介します。

戸建てタイプ(最大1Gbps)の月額料金比較(税抜)
  OCNモバイルONE BIGLOBEモバイル
セット割名 「OCN光モバイル割」 「光☆SIMセット割」
割引内容 ・OCN光とのセット利用でSIM料金が1契約毎月200円割引
・最大5契約まで、毎月合計1,000円割引
・ビッグローブ光とのセット利用で毎月300円割引

このように、利用中の携帯とそろえることで料金がさらに割引になるのはうれしいメリットですね。もちろん割引には条件があるので、申し込む前に必ず条件を確認するようにしましょう。

転用で、フレッツのひかり電話はどうなる?心配は要りません。ひかり電話の電話番号は転用先の光コラボ事業者に引き継ぐことができます。料金やサービスもほぼ同様となっていますので、違和感なく使用が可能です。

工事費用もフレッツ光の解約金もかからない

転用承諾番号の取得方法

フレッツ光の転用には、新たな工事は不要です。

NTTのフレッツ光の新規開通、またはフレッツ光から他の光回線に乗り換えるには、工事が必要になります。工事費は基本的に15,000円~と、安くはありません。

それに対して、光コラボへの転用は回線工事が発生しないため工事費用はかかりません。ただし、事務手数料は必要になります。

また、フレッツ光の契約では通常、更新月以外に解約すると解約金が請求されます。でも、フレッツ光から光コラボへの転用であれば、いつ転用しても解約金は一切かからないんです。

それに加えて、フレッツ光の工事費用を分割で支払いをしている途中に光コラボに転用した場合には、その工事費用の支払いはそのまま光コラボ事業者で継続されます。

工事費用や解約金の心配をしなくて済むというのは、うれしいですよね。

インターネット契約の窓口が1つになる

これまでは、光回線業者(NTT)とインターネット接続サービスを提供するプロバイダーとの両方の契約が必要でした。

解約する時も両方に連絡しなければならず、インターネットに不具合がある時にどちらに連絡したらいいのか分からない、という事態もあり得ました。

しかし光コラボに転用すると、光回線もインターネット接続サービスも一つのプロバイダーが提供することになります。つまり、問い合わせ先も支払い先も一つになるということです。

これにより、よりスムーズにインターネットに関するサービスが受けられるようになりました。

転用に必要な「転用承諾番号」を取得する

フレッツ光から光コラボタイプの契約に転用するためには、契約者名や住所等の基本的な情報の他に、「転用承諾番号」が必要になります。

転用承諾番号とはその名の通り、NTTがインターネット契約の転用を承諾したことを示す番号です。当然NTTから発行されます。

転用承諾番号を取得するには、インターネット(CLUB NTT-West会員サイト)にログインして手続きする方法と、電話で申し込む方法の2通りあります。

当然のことですが、NTT東日本のフレッツ光を契約しているならNTT東日本へ、NTT西日本のフレッツ光を契約しているならNTT西日本に申し込みます。

NTT東日本の転用承諾番号申し込み先
Web https://flets.com/tenyou/
受付時間 8:30~22:00
電話 0120-140-202
受付時間 9:00~17:00
NTT西日本の転用承諾番号申し込み先
Web https://flets-w.com/collabo/#modal00
受付時間 8:30~22:00
電話 0120-553-104
受付時間 9:00~17:00

転用承諾番号取得に必要な情報は以下の通りです。

  • お客様ID(フレッツ光契約時にNTTから届けられた「開通のご案内」に記載)
  • 契約名義
  • フレッツ光の利用住所
  • 現在の支払い方法(請求書/口座振替/クレジットカード)
  • メールアドレス

なお、転用承諾番号の有効期限は15日間です。この期間内に光コラボ業者への転用手続きに進みましょう。

光コラボへの転用手続きの流れ

フレッツ光から光コラボに転用する手続きは、次のような流れになります。転用は回線工事が不要なため、手続きもシンプルで容易です。

 NTTのホームページ/電話から転用承諾番号を申請する

手続きの所要時間は10分程度です。

 光コラボ事業者へ転用を申し込む

各プロバイダーや代理店のホームページ、電話、携帯キャリアの光コラボなら携帯ショップや量販店などでも申込可能です。手続きの所要時間は10~15分程度です。

 転用手続き完了

光コラボへ転用する際の注意点

光コラボに転用すると料金が安くなったり、特典などのサービスが受けられたりと、お得であることは間違いありません。ただし、デメリットというわけではありませんが、いくつか注意点もあります。

 プロバイダーを変えないといけない可能性がある

現在のフレッツ光の契約で利用しているプロバイダーが光コラボを提供しているとは限りません。その場合、光コラボに転用するならプロバイダーが変わることになります。

プロバイダーを変更すると、それまで受けていたプロバイダー提供のサービスが受けられなくなります。たとえば、プロバイダーから提供されていたメールアドレスは使用できなくなってしまいます。

また、プロバイダーを変更しなくてはならない場合、契約内容によってはプロバイダー側で解約金が生じる場合があります。

ですので、まずは現在フレッツ光で契約しているプロバイダーが光コラボを提供しているどうかを確認してみましょう。

 フレッツ光の通信速度が不満なら光コラボでも解決しない可能性がある

フレッツ光の通信速度が遅くて不満だから乗り換えたい、という人もいることでしょう。その場合、光コラボに転用することは解決策にならないかもしれません。なぜなら、光コラボもフレッツ光の光回線を利用しているからです。

ですので、その場合はNTTフレッツ光以外の光回線を提供している事業者を検討する必要があります。以下は、NTTフレッツ光ではない光回線を利用した光インターネットサービスです。

NTTフレッツ光ではない光回線を利用した光インターネットサービス
NURO光 ・ソニー系列のソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営
・自社の光回線を使用
・関東/東海/関西の1都2府13県でサービス提供
NURO光公式サイト
eo光 ・関西電力系の株式会社ケイ・オプティコムが運営
・関西電力グループの光回線を使用
・近畿2府4県と福井県でサービス提供
eo光公式サイト
auひかり ・KDDIの光回線を使用
・希望によりプロバイダーを選ぶことも可能
auひかり公式サイト

ただし、上記の光インターネットサービスはフレッツ光とは光回線が異なるため、回線工事が必要になり工事費用が発生します。

更新日