NTT西日本 : フレッツ光・光電話:料金・特徴・申し込み方法・解約方法

NTT西日本が提供するフレッツ光は、西日本エリアに展開されている光回線のインターネットです。それにはどんな特徴があり、初期費用や月額などの料金はいくらなのでしょうか?割引はあるのでしょうか?また、申込や解約はどうしたらいいのでしょうか?ここでは、そのような疑問を解決します。

NTT西日本・フレッツ光の特徴

フレッツ光とは、NTT西日本が提供する光回線インターネットです。名称はNTT西日本・東日本で共通です。

数ある光回線サービスのほとんどがフレッツ光を利用している

NTT以外にも光回線を提供する会社は複数ありますが、NTTほど広範囲のエリアをカバーしている光回線業者は他にありません。また、現在「ドコモ光」、「SoftBank光」、「So-net光プラス」といった名称で提供されている光回線サービスはほとんどがフレッツ光のサービスを利用した光回線サービスとなっています。これらは光コラボと言われるサービスで、フレッツ光の光ファイバーを利用して提供されているサービスです。

逆にフレッツ光を利用していない、つまり光コラボではないサービスは数が限られています。具体的には、次にあげる光回線サービス以外のほとんどがフレッツ光を利用した光コラボサービスとなっています。

独自回線の中でも提供エリアの広いNURO光。まずは、サービス対象エリアかどうか住所から確認。

大手キャリアKDDIが提供する光回線、auひかり。「auスマートバリュー」でスマホ代が割引に。

【東海4県限定】愛知県・静岡県・岐阜県・三重県にお住まいなら検討したいコミュファ光。

【近畿+福井県限定】関西電力系の企業、ケイ・オプティコムの提供する光回線プラン。オプションプランが豊富。

【中国地方限定】中国電力グループが提供する自社光ファイバーを使用しているメガ・エッグ。

【四国地方限定】Pikara(ピカラ)光は地元密着型で顧客満足度の高いサービスを提供。

【九州地方限定】九州を中心に光通信サービスを行なっているインターネットプロバイダー。

NURO光を・auひかりを除くと、これらの光回線は除いて各地域の電力会社の電力網をして提供されている光回線です。

NTT西日本のフレッツ光提供エリア

フレッツ光の提供エリアが大きいことを紹介しましたが、実際NTT西日本によるフレッツ光は西日本のエリアをすべてカバーしています。

NTT西日本のフレッツ光提供エリア北陸地方:福井県、石川県、富山県
東海地方:愛知県、三重県、岐阜県、静岡県
近畿地方:兵庫県、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県、和歌山県
中国地方:島根県、鳥取県、岡山県、山口県、広島県
四国地方:愛媛県、香川県、高知県、徳島県
九州・沖縄地方:佐賀県、福岡県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

ただし、住所によっては、光回線が通っていない可能性もあります。フレッツ光がお住まいの地域をカバーしているかどうか確実に知るためには、NTT西日本にお問合せください。

フレッツ光はネクスト・ライト・クロスの3タイプ

フレッツ光は現在、フレッツ光ネクスト・フレッツ光ライト、そして昨年新たに加わったフレッツ光クロスの3つに分けられます。これらの違いは、料金体系・最大通信速度・提供エリアにあり、次のようにまとめられます。

  最大通信速度 料金制度 提供エリア
フレッツ光ライト 100Mbps 段階制 NTT西日本のエリア全体
フレッツ光ネクスト 1Gbps* 定額制
フレッツ光クロス 10Gbps 東京・大阪・愛知の一部

ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼の場合

フレッツ光ライト・ネクスト・クロスの違い:料金プラン

フレッツ光ライトは、あまりインターネットを使わない人ように段階料金制となっています。言い換えると、フレッツ光は、インターネットを使った分に応じて月額料金が決まる仕組みになっています。ちなみに、ある上限に達した後は、料金がそれ以上高くなることはないので、無制限に料金が高くなるという心配はありません。

これに対して、フレッツ光ネクストとフレッツ光クロスは、どれだけインターネットを使っても料金が一定です。フレッツ光ライトは上限があるとはいえ、通信速度を考えると割高になるので、たくさんインターネットを使う場合にはフレッツ光ネクストを使うのがよいでしょう。

フレッツ光ライト・ネクスト・クロスの違い:通信速度

フレッツ光ライト、フレッツ光ネクスト、フレッツ光クロスの順番で最大通信速度が速くなっています。ちなみに、現在提供されている光回線のほとんどは、最大速度1Gbpsのものです。フレッツ光ライトの最大通信速度だと、通信速度が遅いと感じる人が多いと思われます。逆に、フレッツ光クロスの最大通信速度は、既存の光回線を凌駕するレベルの通信速度が期待できます。

ちなみに、最大10Gbpsの通信速度は、光コラボの事業者の一部でも提供されていますが、すべての事業者により提供されているわけではありません。また、冒頭で紹介したフレッツ光を使わない光回線サービスでも最大10Gbpsのプランを提供しているのは、nuro光、auひかり、eo光とコミュファ光のみです。

フレッツ光ライト・ネクスト・クロスの違い:提供エリア

もう一つの違いは、提供エリアです。フレッツ光ライトとフレッツ光ネクストはNTT西日本の提供エリア全域で基本的に利用可能です。これに対して、2020年4月より開始されたフレッツ光クロスは提供エリアが東京・大阪・愛知の一部に提供エリアが限定されています。

本記事では、フレッツ光ライトおよびフレッツ光にしぼって紹介を行います。フレッツクロスについて詳細を知りたい方は次の記事をご連絡ください。

NTT西日本・フレッツ光の料金

フレッツ光の料金には、定額制の「フレッツ光ネクスト」と段階料金制の「フレッツ光ライト」の2つがあることが分かりました。 これらは、さらに、戸建てに住んでいるか、アパート・マンションに住んでいるかでさらにプランが分かれています。ここからは料金について詳しく説明をします。

戸建て住宅向けプラン

戸建て住宅向けプランの料金

フレッツ 光ライト ファミリータイプ

フレッツ 光ライト ファミリータイプ
月額利用料
月額利用料 基本料金 3,520円~上限料金 6,600円
初期費用(「フレッツ光」を新規にご利用の場合)
契約料 880円
工事費 19,800円
(31回の分割払いの場合、初回 3,300円 + 2回目以降 550円/月 × 30回)
合計 20,680円
品目変更工事費(「フレッツ光」をご利用中の場合)
変更内容(例) Bフレッツ ファミリー100タイプ、フレッツ・光プレミアム ファミリータイプからの品目変更
基本工事費 4,950円
交換機等工事費 1,100円
回線終端装置工事費 2,310円
合計 8,360円

フレッツ 光ネクスト

フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ
月額利用料
月額利用料 5,940円(※新規お申し込みで「にねん割」適用時の金額です。)
初期費用(「フレッツ光」を新規にご利用の場合)
契約料 880円
工事費 19,800円
(31回の分割払いの場合、初回 3,300円 + 2回目以降 550円/月 × 30回 )
合計 20,680円
品目変更工事費(「フレッツ光」をご利用中の場合)
変更内容(例) Bフレッツファミリー100、フレッツ・光プレミアムファミリータイプからの品目変更
基本工事費 4,950円
交換機等工事費 1,100円
回線終端装置工事費 2,310円
合計 8,360円

集合住宅向けプラン

集合住宅向けプランの料金

フレッツ 光ライト マンションタイプ

「フレッツ 光ライト」は、高速で安定した今までの光回線インターネットの良い特徴をそのまま引き継いで、さらに基本料金が安くて使った分だけ支払う事の出来る、フレッツ光のお手頃なサービスです。

そしてマンションタイプ、とあるように、この「フレッツ 光ライト」の中でも、一戸建て向けではなく、集合住宅やビルで使うためのプランになります。

ちょっと長い名前ですが、フレッツ光を手頃なお値段で利用できる「フレッツ光ライト」の「集合住宅(マンションやビル)向け」のプランが、この「フレッツ 光ライト マンションタイプ」になります。

フレッツ 光ライト マンションタイプ
月額利用料
月額利用料 基本料金 2,860円~上限料金 5,940円
初期費用(「フレッツ光」を新規にご利用の場合)
契約料 880円
工事費 16,500円
(31回の分割払いの場合、初回 3,300円 + 2回目以降 440円/月 × 30回)
合計 17,380円
品目変更工事費(「フレッツ光」をご利用中の場合)
変更内容(例) フレッツ・光プレミアム マンションタイプからの品目変更
基本工事費 4,950円
交換機等工事費 1,100円
回線終端装置工事費 10,450円
合計 16,500円
フレッツ 光ライト マンションタイプ - 月額利用料のしくみ
使用量 料金
320MBまで 2,860円 あまりインターネットを使わなかった場合(320MBまで)なら基本料金の2,860円。320MB以降は使用量に応じて課金される。ただし、1,110MB以上使用しても、料金の上限が決まっており、たくさん使った月でも5,940円。
320MB以降は、従量制
30.8円/10MB
(320MB - 1,110MB)
使用量によって異なる
例えば、580MBを使用した場合は2,930円。
1,110MB以上 5,940円(定額)

月額利用料金ですが、1 契約回線ごとに1ヵ月あたり320MBまでは基本料金のままになります。その後、1,110MBまでは、従量課金となり、使った分だけ支払います。ちなみに、320MBがどれくらいかというと、動画やゲームはしない前提で、週に1回30分程度ホームページを見たりメールを利用する感じ、となっています。

工事費は、「フレッツ光」に既に入っているか新規かによって、工事費自体は変わりませんが、内訳が変わります。

いずれにしても工事費は15,000円と高く感じられるかもしれませんが、初回3,000円毎月400円、の分割払いにする事も出来ます。

フレッツ光ネクスト

上で確認したように、フレッツ光ネクストはフレッツ光ライトよりも通信速度が速く、料金プランが定額制のサービスです。

「フレッツ光 ネクスト」は、その中でも使い放題の光回線プランについているサービス名です。ちなみに、使い放題ではなく段階性のプランとして「フレッツ光 ライト」というものも存在しますが、やはり現在は使い放題のプランの「フレッツ光 ネクスト」を契約する人が大多数です。

「フレッツ 光ネクスト マンションタイプ」とあるように、一戸建て向けではなく、集合住宅やビル向けのプランになります。

ちょっと長い名前ですが、NTT西日本の提供する使い放題の光回線「フレッツ光ネクスト」の「集合住宅(マンションやビル)向け」のプランが、この「フレッツ 光ネクスト マンションタイプ」になります。

フレッツ光 ネクスト マンションタイプ(NTT西日本)の料金

NTT西日本のフレッツ光ネクストマンションタイプは、その通信速度によってさらに3種類に分かれます。加えて、同じ集合住宅内でどれだけの人が、同じプランの契約を見込めるかでで月額料金が変わります。

  1. プラン1・・・集合住宅で8ユーザ以上の申し込みが見込める場合。(1ユーザから申し込み可能。)
  2. プラン2・・・代表者(管理組合等)からの申し込みで、集合住宅で16ユーザ以上の申し込みが見込める場合。(1ユーザから申し込み可能。)
  3. ミニ・・・集合住宅で6ユーザ以上の申し込みが見込める場合。(1ユーザから申し込み可能。)

これらの料金は「光回線(フレッツ光」の料金です。実際のインターネットの開始には、「プロバイダー契約」が必要です。(プロバイダーはご自身の好きなところを自由に選ぶことができます。)

フレッツ光 ネクスト マンションタイプの月額料金

フレッツ 光ネクスト マンションタイプのプラン一覧と通信速度、月額利用料
プラン名 通信スピード 月額利用料
プラン1 プラン2 ミニ
ネクストマンション・スーパーハイスピードタイプ隼 最大概ね1Gbps 4,070円 3,520円

4,950円

ネクストマンション・ハイスピードタイプ 最大200Mbps

4,070円

3,520円

4,950円

ネクストマンションタイプ 最大100Mbps

4,070円

3,520円

4,950円

*通信スピードは、技術規格上の最大値であり、宅内での実効速度を示すものではありません。

フレッツ光ネクストの通信速度

フレッツ光ネクストは3つのプランがあり、それぞれ通信速度が異なります。しかし、月額料金はすべて同じなので、スーパーハイスピードタイプ隼一択だと言えます。実際、NTT西日本もスーパーハイスピードタイプ隼を「おすすめ」としています(https://flets-w.com/service/next/)。

上記の通り、夜間や土日祝日の工事には割増料金がかかりますので、できるだけ平日昼間(8:30-17:00)に工事日を設定するといいでしょう。

フレッツ光ネクストファミリー/マンションタイプのプラン一覧と通信速度
プラン名 通信スピード
ネクストファミリー/マンション・スーパーハイスピードタイプ隼 最大概ね1Gbps
ネクストファミリー/マンション・ハイスピードタイプ 最大200Mbps
ネクストファミリー/マンションタイプ 最大100Mbps

※通信スピードは、技術規格上の最大値であり、実効速度を示すものではありません。

フレッツ光ネクストの料金

フレッツ 光ネクスト マンションタイプ
月額利用料
月額利用料 プランにより異なるので、上の一覧表を御覧ください(※新規お申し込みで「 にねん割」適用時の金額です。)
初期費用(「フレッツ光」を新規にご利用の場合)
契約料 880円
工事費 16,500円
(31回の分割払いの場合、初回 3,300円 + 2回目以降 440円/月 × 30回)
合計 17,380円
品目変更工事費(「フレッツ光」をご利用中の場合)
変更内容(例) Bフレッツファミリー100、フレッツ・光プレミアムファミリータイプからの品目変更
基本工事費 1,100円
交換機等工事費 1,100円
合計 2,200円

NTT西日本・ひかり電話

ひかり電話とは、インターネットで使用する光回線を利用した電話サービスを指します。フレッツ光の契約をしている方がオプションで申し込みをすることが可能です。(ひかり電話だけを契約することはできません。)

インターネットを利用した電話というとIP電話が有名ですが、IP電話が050ではじまる電話番号に切り替えなければならないのに対して、ひかり電話は従来の電話番号を使うことができ、通話品質もよいことが特徴です。

また、ひかり電話全般に言えることですが、なんといっても通話料が安いのが魅力的です。通常の固定電話が距離によって料金が異なるのに対して、光電話ならば、全国一律の通話料になっています。

固定電話で使用している同じ電話番号をそのまま使用することができますので、電話番号を変える必要がありません。

ひかり電話とひかり電話A(エース)

NTT東西提供のひかり電話には通常のひかりでんわとひかり電話A(エース)があります。

「ひかり電話A(エース)」は通常の「ひかり電話」よりも、基本サービスに含まれている内容が多いのが特徴的です。具体的には、ナンバーディスプレイ、キャッチホン、ボイスワープ、ナンバーリクエスト、迷惑電話おことわりサービス、着信お知らせメール、の6つのサービスが、追加料金の発生するオプションサービスではなく、基本サービスとして「ひかり電話A(エース)」基本料金の中にすべて含まれています。

さらに、480円の通話料金も基本料金に込みに含まれています。しかも、使わなかった分の通話料金は翌月に1か月分繰り越されるのもありがたいですね。

フレッツ 光ひかり電話A(エース)とひかり電話(基本プラン)の違い
NTT西日本・ひかり電話A(エース)
  • 有料サービスであるナンバー・ディスプレイ、キャッチホン、着信お知らせメールなどがすべて含まれている。
  • 480円分の通話料が含まれている。
NTT西日本・ひかり電話(基本プラン)
  • ナンバーディスプレイやキャッチホンのサービスは含まれない。別途契約が必要。

NTT西日本 - フレッツ 光ひかり電話・ 光ひかり電話A(エース)の料金

NTT西日本が提供するインターネット回線である、フレッツ光ひかり電話A(エース)は、以下のような料金となっています。

ひかり電話A(エース)はフレッツ光のオプションサービスです。フレッツ光の利用料金が、別途かかります。

フレッツ 光ひかり電話A(エース)の料金
  ひかり電話A(エース) ひかり電話(基本プラン)
光回線のタイプ フレッツ光ネクストはもちろん、
フレッツ光!NTTとは
フレッツ光ライトでも申し込み可
フレッツ光!NTTとは
フレッツ光ネクストはもちろん、
フレッツ光!NTTとは
フレッツ光ライトでも申し込み可
フレッツ光!NTTとは
基本料 1,650円
(528円分の通話料が基本料金に含まれています。)
550円
通話料

8円/3分
(国際電話、携帯電話、PHS、050IP電話を除く)

8円/3分
(国際電話、携帯電話、PHS、050IP電話を除く)

ナンバーディスプレイ
(1契約ごとに)

基本料金に含まれます。
440円
キャッチホン
((1契約ごとに)
330円
ナンバーリクエスト
(1契約ごとに)
220円
迷惑電話おことわりサービス
(1契約ごとに、または1電話番号ごとに)
200円
ボイスワープ
(1電話番号ごとに)
500円
着信お知らせメール
( 1電話番号ごとに)
100円

NTT西日本 - フレッツ 光ひかり電話オフィスタイプ

フレッツ光のひかり電話には法人向けサービスである、フレッツ光電話オフィスタイプも存在します。個人向けの光電話と同じように通常とエースプランの2プランがあります。

NTT西日本 - フレッツ 光ひかり電話オフィスタイプ・ 光ひかり電話オフィスA(エース)の料金

フレッツ 光 ひかり電話オフィスタイプ

  ひかり電話オフィスタイプ
光回線のタイプ
フレッツ光!NTTとは
フレッツ光ネクスト
ファミリー・ハイスピードタイプ隼
マンション・ハイスピードタイプ隼
基本工事費 1,100円
オプションサービス工事費 1,100円/1サービス
機器工事費
(ひかり電話オフィスタイプ対応アダプター工事費)
8,800円/1装置
基本料

1,430円/1番号・3チャネル

通話料 8円/3分
複数チャネル 440円/1チャネル
追加番号 110円/1番号
ナンバーディスプレイ 1,320円/1契約
ボイスワープ 550円/1番号

フレッツ 光ひかり電話オフィスA(エース)

  ひかり電話オフィスA(エース)
光回線のタイプ
フレッツ光!NTTとは
フレッツ光ネクスト
ファミリー・ハイスピードタイプ隼
マンション・ハイスピードタイプ隼
基本工事費 1,100円
オプションサービス工事費 1,100円/1サービス
機器工事費
(ひかり電話オフィスA(エース)対応アダプター工事費)
8,800円/1装置
基本料 1,210円(1ch/1番号)
通話料 8円/3分~
複数チャネル 1,100円/1チャネル
追加番号 110円/番号
ナンバーディスプレイ 基本料に含まれます。
ナンバーリクエスト
迷惑電話おことわりサービスなども
基本料金に含まれます
ボイスワープ

NTT西日本・フレッツ光の申し込み方法

フレッツ光の回線を使った光回線の契約には2種類あります。回線契約とプロバイダー契約を別々に行うパターンと、回線とプロバイダーが一緒になったプランを契約するパターンです。後者は「光コラボ」と呼ばれ、回線とプロバイダー契約を別々に行うよりも契約がシンプルになり、値段もお得になるため、セレクトラでは光コラボの契約をおすすめしています。

ここでは、おすすめの光コラボのプロバイダーを掲載しています。公式サイトから必要情報を入力し申し込み受付を行った後、工事日の相談をして開通、という流れになります。ウェブなら24時間いつでも簡単に申し込むことができるので、忙しい人にもおすすめです。

おすすめの光回線としてここでは光コラボプランを紹介します。光コラボはNTTのフレッツ光を利用した光回線プラン。全国広く申し込みが可能で、工事も最小限で済むため導入までがとてもスピーディーです。

サービス名
GMO光アクセス
公式サイト
  • 月額料金が安い。
  • 契約の縛りや解約金がない
  • Wi-Fiルーターのレンタルサービスが0円
  • IPv6接続が標準装備で速度も速い。
  • 工事費実質無料のキャンペーン中!

とくとくBB光(GMO光アクセス)の詳細

サービス名
OCNひかり
公式サイト
  • NTT系の大手プロバイダ
  • 光コラボシェア15年連続No.1
  • 訪問サポートが初回無料!

OCN光の詳細

サービス名
ドコモ光
公式サイト
  • 新規契約で今なら工事費0円
  • 最大40,000円キャッシュバック
  • IPoE対応高品質Wi-Fiルーター無料レンタル!
  • 初回訪問サポート無料
  • インターネットセキュリティーサービス1年間無料

ドコモ光 x とくとくBBの詳細

サービス名 おすすめポイント
GMO光アクセス 公式サイト
  • 月額料金が安い。
  • 契約の縛りや解約金がない
  • Wi-Fiルーターのレンタルサービスが0円
  • IPv6接続が標準装備で速度も速い。
  • 工事費実質無料のキャンペーン中!

とくとくBB光(GMO光アクセス)をもっと詳しく

OCN光
公式サイト
  • NTT系の大手プロバイダ
  • 光コラボシェア15年連続No.1
  • 訪問サポートが初回無料!

OCN光をもっと詳しく

ドコモ光
公式サイト
  • 新規契約で今なら工事費0円
  • 最大40,000円キャッシュバック
  • IPoE対応高品質Wi-Fiルーター無料レンタル!
  • 初回訪問サポート無料
  • インターネットセキュリティーサービス1年間無料

ドコモ光 x とくとくBBをもっと詳しくチェック

NTT西日本・フレッツ光の解約方法

フレッツ光を解約するには、NTT西日本の窓口に電話で連絡することが必要です。NTT西日本の電話番号は下記のとおりです。携帯電話からも利用ができます。

インターネット回線・フレッツ光の問い合わせ・申込みの手続きなど
0120-116-116
受付時間9:00~17:00(土・日・祝も受付中。ただし12/29〜1/3を除く)

なお、フレッツ光の割引やキャンペーンを適用されている場合は解約金が発生することもあります。解約する前に確認しておきましょう。詳しい解約方法はこちらの解説記事をご覧ください。

>>フレッツ光の解約手続き【解説記事】

更新日

解約違約金・工事費の記載について2022年7月1日の電気通信事業法改正で、消費者保護の視点に立ったルールが法律に加わりました。これにより、契約者は以前より解約などがしやすくなります。
法改正に伴い、各種インターネットプランの解約金や工事費の料金設定、および請求方法が変更になる場合があります。当サイトでは順次表示の切替を進めておりますが、掲載している情報が最新ではない可能性があります。十分ご注意ください。