毎月の携帯代・スマホ代が高い。理由は?- 通信費を安くする方法

携帯料金が高い・スマホ代が高い理由は? -  通信費を安くする方法
なんだか毎月のスマホ代が高い気がする。どうにかもう少し安くする方法はないの?

毎月支払う携帯料金、スマホ料金が高いような気がする・・・携帯料金・スマホ料金が高い理由を考えてみましょう。理由が分かれば、料金を安くする効果的な対策がみつかります。

  • 本記事のポイント
  • 毎月の携帯料金・スマホ料金が高い理由を探ります。
  • 理由を特定し、今よりも携帯料金・スマホ料金を安くするのをサポートをいたします。

携帯代・スマホ代が高い - 考えれらる理由

「毎月のスマホ料金の請求が高いような気がする」と悩んではいませんか?携帯代・スマホ代を高くしている主な理由を探ってみましょう。

どの理由に該当するかは現在契約しているスマホのプランによって異なります。契約内容が分かる明細が手元にあると便利です。

チェックポイント1:購入した端末(スマホ・タブレット)の分割支払い分ではないか?

スマホ代の節約のために月額料金が高い理由を探ります。

端末の分割料金が毎月のスマホ代を高くしているのかもしれません。

プランの契約の際に、キャリアドコモauソフトバンク)から端末(スマホ・タブレット)も購入していませんか?

このような端末の購入代金は、一括ではなく、分割で支払っている場合がほとんどです。毎月の請求額が多いのは、端末購入分割の料金の分で増えているからかもしれません。

分割払いの額はつい忘れがちですし、支払いの期間が長いといつまでも払っているような気がしてしまうものですね。今一度毎月どのくらい支払っているかチェックしてみてください。

該当する場合 - スマホ代を安くする対策

端末の代金ですので当然支払い終わるまで払う必要があります。また自動更新プランで契約している場合は、途中で解約することで解約金がかかることがありますし、解約した場合は残りの端末代を一度に払う必要がでてきます。よく確認しましょう。

プラン変更し、契約のデータ容量(GB)を下げることで、いまより月額料金を下げられる可能性があります。仮にSIMカードを2枚入れることができるスマホ(ダブルSIMスマホ)ならば、2枚目のSIM契約として格安SIM会社とデータ専用SIMだけを契約するという方法もあります。

チェックポイント2:不要なオプション契約をつけていないか?

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)では様々な有料オプションを提供しています。契約者にとって必要不可欠なオプションならば問題ありませんが、もしかしたら内容をよく理解せずになんとなくで契約してしまったオプションが請求に含まれているかもしれません。

有料オプションには、「留守番電話」や「キャッチホン」機能などいろいろあります。他にもメロディーコール(ドコモ)や待ちうた(au)なども。有料オプションについてはスマホの請求書に記載がありますから確認してみましょう。

それぞれ月額料金は僅かですが、オプションを複数契約していると金額がかさんで毎月のスマホ代を高くしてしまっているのかもしれません。

該当する場合 - スマホ代を安くする対策

必要がない有料オプションを契約しているならば解約をします。

チェックポイント3:無料通話分を超えて通話していませんか?または不要なかけ放題プランではありませんか?

スマホの通話プランには、「時間無制限で電話がかけ放題」の場合と「一定時間までかけ放題」の場合があります。

一定の通話時間まで無料のプランを契約している場合、その通話時間を超えて通話をすると、当然追加で料金がかかります。20円/30秒で通話料(ドコモ、au、ソフトバンクとも共通)がかかります。長く通話してしまうと結構料金がかさみます。この通話料分が原因で毎月のスマホ代が高くなっている可能性も考えられます。

逆に「時間無制限の通話プラン(携帯発信の通話がし放題、かけ放題)」を契約している人は、普段の通話スタイルを振り返り、本当に継続すべきか検討してみると良いでしょう。最近は音声通話はほとんどしない、あってもLINE通話がほとんど、また携帯通話はするけれども、毎回数分程度という人も増えています。完全かけ放題のプランは不要かもしれません。

この点を見直すと、毎月支払っているスマホ代を安くすることができる可能性があります。

該当する場合 - スマホ代を安くする対策

完全かけ放題オプションではなく、5分かけ放題のオプションに切り替える

大手キャリアのかけ放題のプランと料金一覧を参考に、自分の通話スタイルを考えて、プラン変更を検討しましょう。

以下の通話プランの一覧を見ると、例えばドコモの「かけ放題オプション」から「5分通話オプション」にすると月額料金が1,000円も下がることが分かります。

3大キャリアの通話プラン - 料金と内容(税抜)
  国内通話完全定額 1回5分以内の国内通話定額
ドコモ かけ放題オプション
(1,700円)
5分通話オプション
(700円)
au 通話定額2
(1,700円)
通話定額ライト2
(700円)
ソフトバンク 定額オプション+
(1,800円)
準定額オプション+
(800円)
LINEの通話が多い場合には、LINEモバイルを利用すると大幅な節約に

通話の多くをLINEでの通話に切り替えることができるならば、LINEモバイルに乗り換えることをおすすめします。ラインモバイルは、どのプランを選んでも、LINEでのデータの利用がカウントされないサービスがついているので、通話料もデータの消費もなく、LINEでの通話を行うことができます

LINEモバイル「ベーシックプラン」
データ容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
500MB 600円 1,100円
3GB 980円 1,480円
6GB 1,700円 2,200円
12GB 2,700円 3,200円
かけ放題オプションを提供している格安スマホ会社に乗り換える

仮に24時間国内通話かけ放題のオプションが必要な場合でも、ドコモ・au・ソフトバンク以外のスマホ会社で、格安でかけ放題プランを選択することもできます。たとえば、HISモバイルでは、月額2,480円でデータ容量3GBの完全かけ放題プランを利用することができます。HISモバイルのかけ放題プランを利用すれば、たとえ割引をすべて適用しても、キャリアの段階性プランにかけ放題オプションを付け3GBを利用した場合と比べて、年間で2万6,000円から5万7,000円の節約につながります。

HISモバイル 格安かけ放題プラン 2,480円
ドコモ ギガライト 5,850円(割引適用なし)
4,680円(割引最大適用)
au ピタットプラン4G LTE 6,180円(割引適用なし)
4,680円(割引最大適用)
ソフトバンク ミニフィットプラン 9,290円(割引適用なし)
7,280円(割引最大適用)

 

なお、ドコモ・au・ソフトバンク以外の会社によるかけ放題プランのさらなる詳細が気になる方は、次の記事をご覧ください。

時間無制限のかけ放題プランを提供している格安SIMはある?
比較
格安SIMでかけ放題オプションを提供しているのは?

時間無制限のかけ放題プランを提供している格安SIMはある?

キャリアではお馴染みの「電話かけ放題」オプションですが、格安SIMでは実は一般的ではありません。本記事では、電話かけ放題プラン・オプションを提供している格安SIMやサブブランドをご紹介し、キャリアのかけ放題プランをご利用の方が、乗り換えを考える際のヒントを提供いたします。

チェックポイント4:契約しているデータ容量が大きすぎませんか?

データ容量が増えると、料金もあがるしくみになっています。

スマホの方は、データ通信も契約しているはずです。データ通信料は、容量が増えるほど高くなる設定となっています。家で契約している光回線などのインターネットではデータ容量(GB)の上限がなく使い放題で毎月の料金が一定ですが、スマホやタブレットはそれと違って、選ぶ通信量によって料金が異なります。

今契約しているデータ容量を確認してみましょう。大きすぎるデータ容量を契約していることが毎月のスマホ代を高くしている原因かもしれません。

該当する場合 - スマホ代を安くする対策

段階性プランに切り替える

大手キャリアはそれぞれ、データ通信を多く行う人のための大容量プランとそこまでは使わない人のための段階性プランとを用意しています。

それぞれのタイプのプランを比較してみましょう。なお、簡単のために各種割引適用なしの値段で比較を行います。

大手キャリア - 大容量プラン一覧
  ドコモ
5Gギガホ
au
データMAX5G
ソフトバンク
メリハリプラン
容量 無制限* 無制限 50GB
月額料金 8,480円 8,650円 8,480円

*本来のデータ容量は100GBですが、キャンペーンによりデータ容量は無制限となっています。

このように、3社とも月々8,000円を超える値段となっています。

では、そこまでデータを使わない人向けの、段階性プランはどうでしょうか?

大手キャリア - 段階性プラン一覧
  ドコモ
ギガライト
au
ピタットプラン 4G LTE
ソフトバンク
ミニフィットプラン
1GB 3,150円 3,150円 3,980円
2GB 4,150円 4,650円 5,980円
3GB 7,480円
4GB 5,150円
5GB 6,150円
6GB 6,150円 なし
7GB

このように、大容量プランと比較すると、大幅に安くなることがわかります。統計的には、スマホ利用者の半数近くは、3GBのデータ容量までしか使わないため、多くの場合段階性にプラン変更した方がスマホ料金が下がることが予想されます

楽天モバイルに乗り換える

仮に段階性プランのデータ容量では足りないという方の場合、楽天モバイルに乗り換えることをおすすめいたします。楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vは、利用可能な高速データ通信容量が無制限であるという点で、ドコモ・au・ソフトバンクの主要プランと共通しているのにもかかわらず、月額料金は2,980円と大幅にお得です。そのうえ、国内通話も、通話アプリRakuten Linkで行う限り完全かけ放題です。

極めつけですが、現在楽天モバイルは、先着300万名を対象として、1年間のスマホ代が無料になるキャンペーンを行っています。このため、2年間利用した場合、ドコモ・au・ソフトバンクの大容量プランと比較して、少なくとも7万7千円から9万円程度の節約につながります。

楽天モバイルとドコモ・au・ソフトバンクの比較のさらなる詳細を知りたいという方は、ぜひ次の記事をご覧ください。

徹底比較:楽天モバイルを他社と比較 - キャリア、UQモバイル、格安SIM
比較
他のスマホ会社と比べて、楽天モバイルはどれくらいおすすめ?

徹底比較:楽天モバイルを他社と比較 - キャリア、UQモバイル、格安SIM

ワイモバイルとUQモバイルは、どちらも人気が高く、通信速度も安定して高いと評判です。プランも似ていますが、実は2社とも「キャリアのサブブランド」という点でも共通しています。では、実際あまり違いはないのでしょうか?どちらがどんな人におすすめなのでしょうか?今話題の新プランも併せてご紹介いたします。

どの理由にも該当しない場合 - 毎月のスマホ代を下げる方法はなにかある?

契約先をキャリアから格安SIMに変えるとスマホ代は安くなるのか?

上記にご紹介したどの理由にも当てはまらない場合は、基本的にご自身の必要にあった無駄のないプランを契約していると考えられます。

それでもさらにスマホ代(もしくはタブレット代)を安くしたいという方は、大手キャリアよりも全体的に料金を下げてサービスを提供している格安SIMへの切り替えを検討する必要があります。

3大キャリア間で契約を変更しても、ドコモ、au、ソフトバンクの料金は横並びですので、毎月のスマホ代を下げることはできません。

3大キャリアの家族割りなどを適用するよりも、格安SIMに切り替えた方がコストダウンとしては確実です。

格安SIMにするとスマホ代は本当に安くなるの?

格安SIMでは、データ通信料がキャリアよりもかなり安く設定されています。どのくらい料金が異なるのか実際に比べてみましょう。

ここでは、LIBMO(リブモ)UQモバイルY!mobile(ワイモバイル)を例にとって、考えてみましょう。

比較例1:LIBMO(リブモ)vs ドコモ

LIBMO(リブモ)は、TOKAIコミュニケーションズが提供している格安SIMサービスで、ドコモの回線を使用しています。

知名度はまだ高くないかもしれませんが、格安な値段設定と誠実なサービスで着実に支持を伸ばしている注目ブランドです。

ここでは、LIBMOの料金プランとドコモの料金プランを比較してみましょう。

まずは、ドコモのギガライトとそれに対応するLIBMOの音声通話付きプランを比較しましょう。

LIBMOの音声通話付きプランとドコモのギガライト(料金は税別)
  LIBMO(リブモ) ドコモ
ライトプラン(200Kbps) 1,180円 -
1GB - 3,150円(割引適用前)
1,980円(全割引適用)
3GB 1,580円 4,150円(割引適用前)
2,980円(全割引適用)
5GB - 5,150円(割引適用前)
3,980円(全割引適用)
6GB 2,180円 -
7GB - 6,150円(割引適用前)
4,980円(全割引適用)
10GB 2,980円 -

リブモの音声通話付きプランは、データ通信、SMS機能に、通話機能が付いたプランです。通話料金は、ドコモと同じく30秒20円です。

比較表を吟味するとわかりますが、全体的にLIBMOの方が大幅に安いことがわかります。一番明確なのは、データ容量が共通している3GBの場合です。ドコモでは、ファミリー割引等を可能な限りすべて適用したとしてもも2,980円ですが、LIBMOはほぼ半額の1,580円になっています。さらに、リブモの場合、ドコモと同額の2,980円を支払うことで、データ容量が3倍以上の10GBプランを選択することができます。

通話料金はどうでしょうか?

基本通話料はリブモもドコモも同じで、30秒20円です。注意点としては、ドコモの場合、家族間通話が無料になる「ファミリー割引」がありますが、リブモにはそれに対応するサービスはないことがあげられます。また、ドコモでは、月額料金1,700円で「かけ放題オプション」を選択することができますが、多くの格安SIMと同様リブモにもかけ放題オプションはないことにも気を付けなければなりません。

しかし、リブモでは、月額850円で、1回10分までの通話が何度でもかけられるようになる「10分かけ放題」オプションがあります。さらに、このオプションでは、10分超過後の通話料金が通常の半額の30秒10円になります。

LIBMOのキャッシュバックキャンペーン

これだけでもドコモに比べて大幅にお得なLIBMOですが、さらにリブモはお得なキャッシュバックキャンペーンを行っています。

リブモキャッシュバックキャンペーン
プラン データ通信専用/
SMS機能付き
音声通話付き
ライトプラン 3,000円 8,000円
3GBプラン 5,000円 1万4千円
6GBプラン 7,000円 1万7千円
10GBプラン 7,000円 1万7千円
20GBプラン 1万円 2万円
30GBプラン 1万円 2万円

LIBMOの通話付き3GBプランを選択した場合、1万4千円のキャッシュバックがあるので、月々のスマホ代からの割引とみなすと、元々1,580円から月々1,000円以上の割引が1年分あることになります。

なお、このキャッシュバックキャンペーンは、以下のリンクからの申し込み限定であることにご注意ください(→ リブモの申し込み方法詳細)。

比較例2:UQモバイル vs au

UQモバイルは、KDDIがauに対するサブブランドとして運営しているSIM会社です。UQモバイルは、以前より、auの実質的サブブランドとして知られており、2020年10月1日に正式にauのサブブランドになりました。

サブブランドとは、auのように自社回線を持つ会社(キャリア)がメインで展開するブランド(au)とは別に、格安SIMのように安い料金設定でサービスを展開するSIM会社のことです。

サブブランドであるUQモバイルは、キャリアと格安SIMのいいところどりです。

  • auのようなキャリアは、高品質なサービスを展開しているものの、設備投資や店舗サービスのための人件費などで、料金が高くなってしまうという欠点があります。
  • 他方で、キャリアから回線を借りている格安SIMは、コストカットを実現し、格安でサービスを展開できるものの、回線が込み合っている場合には、通信速度が大きく制限される場合があるという欠点があります。

auのサブブランドであるUQモバイルは、KDDIの回線を自社回線として使用することができるため、格安SIMに生じるような速度制限の問題が起こりません。他方で、料金の面についていうと、キャリアのメインブランドよりも、大きく値段が下げられています

 UQモバイルの料金プラン

実際に、UQモバイルの料金プランを確認しましょう。UQモバイルの料金プランは、スマホプランSスマホプランRの2つにわかれます。

  スマホプランS スマホプランR
月額料金 1,980円 2,980円
基本データ容量 3GB 10GB
節約モード時 最大300Kbps 最大1Mbps

スマホプランSもスマホプランRも、通話機能付きで、基本データ容量はそれぞれ3GB10GBになっています。

このデータ容量の違いに加えて、スマホプランRでは、節約モードにしたときでも最大1Mbpsの通信速度がでることが魅力です。

国内通話に関しては、基本料金は30秒20円とその他のSIM会社と同じですが、オプションとしてかけ放題10分かけ放題通話パックの3つのオプションから自分に合ったものを選択することができます。

かけ放題 10分かけ放題 通話パック
1,700円 700円 500円
24時間国内通話が無料 1回10分までの通話なら、何回かけても無料 ひと月60分までの通話が無料
かけ放題
1,700円
24時間国内通話が無料
10分かけ放題
700円
1回10分までの通話なら、何回かけても無料
通話パック
500円
ひと月60分までの通話が無料

UQモバイルでは、UQ家族割を利用することができ、これを適用すると、月額料金が500円割引されます。

では、UQモバイルのスマホプランとauピタットプランとを比較してみましょう。次の表をご覧ください。

UQスマホプランとauピタットプランの比較
  UQモバイル
スマホプラン
au
ピタットプラン 4G LTE
1GB - 3,150円
(割引適用前)
1,980円
(全割引適用)
3GB 1,980円
(割引適用前)
1,480円
(家族割適用)
-
4GB - 4,650円
(割引適用前)
2,980円
(全割引適用)
7GB - 6,150円
(割引適用前)
4,480円
(全割引適用)
10GB 2,980円
(割引適用前)
2,480円
(家族割適用)
-

UQモバイルの3GBに家族割が適用されなかった場合の値段は、1,980円ですが、これはauのピタットプラン1GBに割引を最大適用した場合の値段と同じです。それにもかかわらず、UQモバイルでは、同じ値段で2GB分多くのデータ容量を使うことができます

また、スマホプランRとauピタットプラン7GBとを両社とも割引があった状態で比較しても、スマホプランRはデータ容量が10GBと3GB分多いのに、スマホプランの方がピタットプランよりも2,000円分安くなっています

このように、スマホプランの方がかなりお得ですが、上述のようにUQモバイルはauのサブブランドであるため、auに対して通信品質が劣るということもありません。

auユーザーの方はUQモバイルへの乗り換えを考えてみてもよいのではないでしょうか

比較例3:Y!mobile(ワイモバイル)

ネットも通話もコミコミ ワイモバイルのウェブサイトより

Y!mobile(ワイモバイル)は、ソフトバンクのサブブランドです。

このため、UQモバイルと同様に、ワイモバイルのメリットは、格安SIMを提供しながらも、ソフトバンクの回線を自社回線として使用できるため、安定して高速通信を提供することができる点にあります。

実際どれくらい安いのかを確認するために、ソフトバンクの料金と比較してみましょう。

Y!mobile通話付きプランとソフトバンクミニフィットプランの比較(税抜)
  Y!mobile(ワイモバイル)通話付きプラン ソフトバンクミニフィットプラン
1GB - 3,980円(割引適用なし)
2,980円(半年おトク割)
2GB Sプラン 1,400円 5,980円(割引適用なし)
4,980円(半年おトク割)
3GB - -
4GB - -
5GB - 7,480円(割引適用なし)
6,480円(半年おトク割)
6GB - -
7GB Mプラン 2,200円 -
13GB Lプラン 3,400円 -

このように、たとえ半年おトク割を適用したとしても、Y!mobileの方がソフトバンクよりも半額以上安いことがわかります。

また、Y!mobileのもう一つの特徴として、月額1,000円でかけ放題オプションをつけられることが挙げられます。(なお、デフォルトでは、1回10分まで何回でも通話し放題です)

ワイモバイル

格安SIMでは、携帯通話が完全にかけ放題のプランを提供しているところがほとんどありませんので、通話重視の人にとってはありがたいオプションです。

また、月額1,000円というのは、大手キャリアのかけ放題オプションと比べても700円から800円安いため、かなりお得だと言えます。

スマホ代を節約したい人には、格安SIMがオススメ

ここでは、格安SIMの代表としてLIBMO、UQモバイル、Y!mobileを選びましたが、他のどの格安SIM会社でもデータ通信の料金がキャリアよりも安く設定されています

あなたは毎月のスマホ代にいくら使っていますか?この機会に、格安SIMに乗り換えてみるとよいかもしれません。

おすすめSIM会社リスト

SIM会社 特徴
LIBMO(リブモ)
キャッシュバックキャンペーンがお得
ワイモバイル
通話プランが充実
ワイモバイルのサイトを見る
UQモバイル
安定した高速通信
UQモバイルのサイトを見る
楽天モバイル
通信・通話無制限「アンリミット」
楽天モバイルのサイトを見る
LINEモバイル
LINEノーカウント・LINE Payカードで支払い可能
LINEモバイルのサイトを見る
mineo(マイネオ)
顧客満足度の高い格安SIM
mineoのサイトを見る
nuroモバイル
3つのキャリアの回線に対応
nuroモバイルのサイトを見る
BIGLOBEモバイル
データSIMなら口座振替で支払い可能
BIGLOBEモバイルのサイトを見る
IIJmio(アイアイジェイミオ)
従量制プランや今話題のeSIMも使える
IIJmioのサイトを見る
DTIモバイル
3GBバイトのプランが業界最安値
DTIのサイトを見る
HISモバイル
月額2,480円で格安かけ放題
HISモバイルのサイトを見る

おすすめSIM会社リスト

LIBMO(リブモ)
キャッシュバックキャンペーンがお得
ワイモバイル
通話プランが充実

ワイモバイルのサイトを見る
UQモバイル
安定した高速通信

UQモバイルのサイトを見る
楽天モバイル
通信・通話無制限「アンリミット」
楽天モバイルのサイトを見る
LINEモバイル
LINEノーカウント・LINE Payカードで支払い可能

LINEモバイルのサイトを見る
mineo(マイネオ)
顧客満足度の高い格安SIM

mineoのサイトを見る
nuroモバイル
3つのキャリアの回線に対応

nuroモバイルのサイトを見る
BIGLOBEモバイル
データSIMなら口座振替で支払い可能

BIGLOBEモバイルのサイトを見る
IIJmio(アイアイジェイミオ)
従量制プランや今話題のeSIMも使える

IIJmioのサイトを見る
DTIモバイル
3GBバイトのプランが業界最安値

DTIのサイトを見る
HISモバイル
月額2,480円で格安かけ放題

HISモバイルのサイトを見る

人気・おすすめ記事

更新日