OCNモバイルONEのバッテリー問題はこれで解決!原因と対処法・評判を徹底解説

ocnmobile

OCNモバイルONEは、2021年から、使っていない状態でもスマホのバッテリーが異常に消費されるという「バッテリー問題」を抱えていました。

OCNモバイルONEユーザーから多くの不満の声が上がっていましたが、2022年6月にOCNモバイルONEが、インターネット接続時に付与するIPアドレスを、グローバルIPアドレスからプライベートIPアドレスに変更することでこの問題を解決することができたようです。

この一連の流れを、OCNモバイルONEの「バッテリー問題」として、その原因と対処法を、OCNモバイルONEのユーザーの実際の評判も交えて解説していきます。

OCNモバイルONEについて

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが運営している格安SIMです。NTTグループなので、ドコモ回線を使用しています。

格安SIMの中でも、通信速度の速さと回線品質の良さはトップクラスとなっており、ドコモ回線の中でも通信品質はNO.1です。

格安SIMなら、通信速度が下がりやすい12時から13時の昼間や、通勤時間帯でも、OCNモバイルONEは通信速度が下がりにくく最も快適に使えると評判です。

また、ほとんどの格安SIMはネットのみでの対応になりますが、OCNモバイルONEは電話でのサポートもあるので、格安SIM初心者にも安心です。

プランとしては、かけ放題プランが充実しており、電話をよく使うという方におすすめです。

さらには、端末セールの種類が豊富で価格も安くてお得です。スマホの買い替えと同時に乗り換えたいという方にはとってもおすすめですね。

  • OCNモバイルONEについて
  • ドコモ回線の格安SIMの中で通信品質NO.1
  • 昼間も通信速度が下がりにくく快適な通信環境
  • 電話サポートで格安SIM初心者でも安心
  • かけ放題プランが充実
  • 端末セールの種類が豊富で安い

それでは、料金表を見てみましょう。

OCNモバイルONE 料金プラン
データ容量 500MB 1GB 3GB 6GB 10GB
月額料金 550円 770円 990円 1,320円 1,760円
OCN光モバイル割
適用
220円割引
ミュージックカウントフリー 音楽配信サービスでのデータ利用がカウントされない。(無料
対象サービス:Amazon music・AIUTA・AWA・Sportifyなど
通話料 通常通話アプリ:11円/30秒
10分間分の無料通話 なし
トップ3かけ放題*:935円/月
10分かけ放題:935円/月
完全かけ放題:1,430円/月

*その月の通話料上位3番号について 通話料が自動的に0円に

値段も手頃で、自分の使い方に合うぴったりのプランを選べるのは嬉しいですね。

関連記事:
OCNモバイルONEの評判は?おすすめ?料金プランから解約方法まで総合解説

OCNモバイルONEのバッテリー問題とは?

メリットが多くあるOCNモバイルONEですが、実は「バッテリー問題」という課題があります。

「バッテリー問題」とは、OCNモバイルONEを使い始めると、スマホのバッテリー消費が急に増えて、バッテリーの持ちが悪くなることです。

そこで、充電を100%にしたiPhoneを24時間放置してどれくらいバッテリーが減るか、検証してみると、

  • ahamo:残りの充電は80%
  • OCNモバイルONE:残りの充電は50%

という結果でした。スマホを使わないでも、このバッテリーの減り具合が出てしまうと、普段使いにはかなり影響がありますね。

それでは次の章で、実際のOCNモバイルONEユーザーの評判を見ていきましょう。

関連記事:
徹底比較!ahamoとOCNモバイルONEを7項目で比較

OCNモバイルONEのバッテリー問題についての評判

OCNモバイルONEのバッテリー問題に関して、実際のOCNモバイルONEユーザーの声を聞いてみましょう。

OCNモバイルONEにしたけどよく言われているような異常なバッテリー消費になっている。新品のiphone11だけど夜中何もしなくも1時間で約1%減る。LINEモバイルではこんな事無かった。色々なサイトをみて調べてるけどユーザー側で出来ることは無さそうだOCNモバイルONEやめたい

— だのおのお (@dano_onoo) April 18, 2021

OCNモバイルONEは他のMVNO(プライベートIPが多い)と異なりグローバルIPなので、スリープ時にもパケットが飛んできて頻繁にディープスリープから起こされるため、バッテリー消費が大きい。これ少し前に知ってびっくりした。https://t.co/hhYJOIFH7K

— 𝕜𝟙𝕡𝕝𝕒𝕥𝕚𝕟𝕦𝕞🦕 (@k1platinum) October 14, 2021

ocnモバイルoneのバッテリー消費の激しさにハゲそう
ahamo使ってる人どうですか?
mnpしようかな

— AtsushiCachette (@Atsushi37423991) October 14, 2021

確かにOCNモバイルONE使ってた時のバッテリー消費は異常なレベルだったからなぁ、、支障をきたすレベルにエグかったよ、、

— 鴨 (@sgmka) August 2, 2020

OCNモバイルONEで約14時間使用時のバッテリー消費量。たまに開くくらいでほとんど操作してない状態でこれ。以前だとどれくらいか分からないから比較できないけど、たぶんOCNモバイルONE使ってなければまだ90%近くはバッテリー残ってたんだろうな。 pic.twitter.com/wIYX8QWgsI

— のりにぃ (@noriny) October 26, 2021

OCNモバイルONEのSIM一応開通させてSIM差してるけど、バッテリー消費が激しいからSIM無効にしてある。

バッテリー消費が激しいってYouTubeなので見てたが、本当だったとは😅

— ヴォルジル (@theVORGIL) November 6, 2021

やはり、2021年の時点から、OCNモバイルONEユーザーの間では、明らかにバッテリー消費が早いということを実感していたようです。

これだけ早くバッテリーを消費してしまうなら、常に充電器を持ち歩かないといけなくなるので、とても不便ですね。

それでは、このOCNモバイルONE「バッテリー問題」の原因を見ていきましょう。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEのバッテリー問題の原因

OCNモバイルONE「バッテリー問題」の原因は、グローバルIPアドレスと言われています。

グローバルIPアドレスでは、直接的な外部からのスキャン問題があり、これがスマホの異常なバッテリー消費につながっていたようです。

インターネットを接続する時に、OCNモバイルONEから付与されるIPアドレスが、プライベートIPアドレスではなく、グローバルIPアドレスでした。

そのため、バッテリーの消費量が増えてしまったまま、改善ができなかったことが「バッテリー問題」の原因と見られます。

OCNモバイルONEのバッテリー問題の対処法

この「バッテリー問題」に対して、2022年中ごろまでは、wifiを利用中はモバイルデータ通信をオフにするとバッテリーの消費は抑えることができると言われ、この方法が対処法でした。

iPhoneもAndroidも同じで、まずこの対策が有効でしたが、2022年6月に、OCNモバイルONEから大きな発表があります。

2022年6月から、OCNモバイルONEが、インターネット接続時に付与していたグローバルIPアドレスをプライベートIPアドレスに変更して、新しいAPNを設定したと発表がありました。

OCNモバイルONEは、直接的にこの変更で「バッテリー問題」が変更されるとは発表していませんが、実際には「バッテリー問題」が解決されたという声が多数上がっています。

グローバルIPアドレスでは、直接的な外部からのスキャン問題がありましたが、プライベートIPアドレスに変更することで、この問題は回避できたようです。

実際に、新しいAPN設定後に、iPhone 12を24時間放置してバッテリーの消費量を確認し、検証してみました。

  • iPhone 12の24時間後のバッテリー消費
  • グローバルIPアドレスの時:残りのバッテリー50%に減少
  • プライベートIPアドレスの時:残りのバッテリー80%に減少

この検証からも分かるように、OCNモバイルONEがIPアドレスをプライベートIPアドレスへ変更した後は、バッテリーの減りは少なくなっています。

このように、現在では、OCNモバイルONEの無駄なバッテリー消費は、避けられるようになりました。

  • 「バッテリー問題」対処方法
  • 2022年6月まで:wifiを利用中はモバイルデータ通信をオフにする
  • 2022年6月以降:新しいAPNを設定してプライベートIPアドレスにする

それでは、変更後のOCNモバイルONEユーザーの声を聞いてみましょう。

OCNモバイルONEのバッテリー異常消費問題については、個人的に信頼している情報筋もグローバルIP→プライベートIP化で解消したとのことなので、解消したという結論で締めたいと思います。牛はOCNブラックかもしれないのでそのあたりはまたお知らせします🐮 https://t.co/It9AOi3CJ9

— お得情報でぶち抜く!YouTube10万人 (@UshiTube) June 7, 2022

iphone SE3に使っているOCNモバイルONEのAPNを6月6日に更新し、グローバルIPからプライベートIPに切り替えました。
グローバルIPでは24時間でバッテリーが30%以下になっていたのが、プライベートIPでは20時間で85%残っていました。
寝ている間の減り方もこんなに違うなんて驚きです。 pic.twitter.com/P8QpkcCv5X

— 夜行性の鼓豆虫 (@amenbo_extin) June 6, 2022

OCNモバイルONEのバッテリーの消費問題が解決しました!

解決方法は6月6日にリリースされた新しいAPN/構成プロファイルを設定するだけ

スリープ時の電池消費が大幅に減るので、電池持ちが改善します。何もしなくても12時間で電池が100%→81%だったのが、92%に改善しましたhttps://t.co/E7TIcvvG3a

— 格安SIMの管理人@格安スマホ (@kakuyasu_sim_jp) June 6, 2022

OCNモバイルONEのプライベートIPアドレス接続、確かにバッテリー消費が激減した。一日ほぼ待機状態だったスマートフォンで、前半がグローバルIPアドレス、後半がプライベートIPアドレス pic.twitter.com/VR6koOKtzh

— SH2 (@sh2nd) June 6, 2022

ocnモバイルone
プライベートIPアドレスに移行したら
待ち受け時のバッテリー消費がほとんどなくなった
今まではなんだったんだ?

iPhoneSE2 pic.twitter.com/Y54QNjud2L

— sfuku1228 (@sfuku1228) June 6, 2022

【続報】OCNモバイルONE
プライベートIPアドレスに変更で、バッテリー消費に有為な差が出ているとの記事です。私も昨日から変更しましたが、体感できるほどにバッテリー消費量が減少しました☺リンク先記事に詳細と変更方法がありますので、気になる方はご確認くださいね🍀https://t.co/fIfSsMIXhb

— 河瀬深 生響 (Ukyo Kawasemi) (@Ukyo_Kawasemi) June 9, 2022

こうして見ると、OCNモバイルONEユーザーのほとんどが、グローバルIPからプライベートIPに変えたことで、バッテリー消費が激減したと実感しています。

現在では、OCNモバイルONEのバッテリー消費問題は解決したと言えますね。

ただ、バッテリーの消費は、アプリの使用状況や環境によって異なるのでその点は注意しましょう。

また、既存のOCNモバイルONEユーザーは、新しいAPNの設定は自動では切り替わらないので、自分でAPN設定をする必要があるので注意してください。

それでは、その設定方法を次の章で見ていきましょう。

関連記事:
徹底比較!ahamoとOCNモバイルONEを7項目で比較

関連記事:
OCNモバイルONEの評判は?おすすめ?料金プランから解約方法まで総合解説

OCNモバイルONEのAPN設定方法

既存のOCNモバイルONEユーザーが、プライベートIPアドレスへ変更して新しいAPNを設定する方法を解説します。

OCNモバイルONEでは、2022年6月6日以降、グローバルIPアドレスからプライベートIPアドレスへの変更が可能になりました。

新規のOCNモバイルONEユーザーは「新コース」を選べば、自動的にプライベートIPアドレスを付与されて、新しいAPN設定で利用が可能です。

しかし、これまでの既存のOCNモバイルONEユーザーは、ユーザー個人個人でAPN設定を変更する必要があります。

このプライベートIDを利用するためには、OCNモバイONEユーザー個人が、スマホのAPN設定をこれまでの[lte.ocn.ne.jp]から[ocn.ne.jp]へ変更する必要があります。

ocnmobileoneapn

既存のOCNモバイルONEユーザーは、バッテリーの無駄な消費を防ぐためにも、このAPN設定を忘れないようにしてください。

OCNモバイルONEのバッテリー問題まとめ

OCNモバイルONEは、格安SIMの中でもトップクラスに通信速度が早く、回線品質が高いブランドです。

  • OCNモバイルONEの魅力
  • ドコモ回線の格安SIMの中で通信品質NO.1
  • 昼間も通信速度が下がりにくく快適な通信環境
  • 電話サポートで格安SIM初心者でも安心
  • かけ放題プランが充実
  • 端末セールの種類が豊富で安い

しかし、2021年から、バッテリーの消費量が激しいというデメリットがあり、OCNモバイルONEユーザーから多くの不満の声が上がっていました。

そんな中で、OCNモバイルONEは、2022年6月6日以降から、バッテリー異常消費の原因であったグローバルIPアドレスをプライベートIPアドレスに変更することができるようになりました。

新規ユーザーは、「新コース」を選べば、今までの「バッテリー問題」を経験することもなく、快適にOCNモバイルONEを利用することができます。

既存のOCNモバイルONEユーザーは、自分でこのAPN再設定をする必要がありますが、この設定さえすれば、今までの「バッテリー問題」はやっと解決されます。

新規のユーザーも既存のユーザーも、再び快適にOCNモバイルONEを利用することができるのはとても嬉しいですね。

今まで「バッテリー問題」で困っていた方は、是非この対処法を試してみてください。また、新規のユーザーは特に、「バッテリー問題」を心配することなく乗り換えられます。

自分のスマホの使い方をちゃんと知った上で、自分に一番合った格安SIM・プランを見極め、今よりもっとお得にスマホを利用してみましょう。

関連記事:
OCNモバイルONEの評判は?おすすめ?料金プランから解約方法まで総合解説

更新日