1年間無料を逃した人もチャンス!
楽天モバイルの3カ月プラン料金無料キャンペーン開始

  • 3カ月スマホ料金が無料!(1人1回線1度のみ)
  • 無料期間後もデータ使用量が1GBまでなら無料!
  • 光回線楽天ひかりもあわせて使えば1年間光回線代がゼロに(詳細

ドコモの格安プラン?ドコモ「エコノミーMVNO」の口コミや評判は?新サービスを徹底調査

ドコモ「エコノミーMVNO」の口コミや評判は?料金は?新サービス「エコノミーmvno」を徹底調査
ドコモ「エコノミーMVNO」の口コミや評判は?

ドコモから提供される新サービスの「エコノミーMVNO」はドコモの新しいプランではなく、MVNO他社の商品を全国のドコモショップで販売するというものです。本記事では、ドコモの「エコノミーMVNO」について、評判・口コミや料金比較をしながら詳しく解説しています。

ニュース・キャンペーン情報

ソフトバンクの高品質通信LINEMOから3GBプラン登場!

LINEMO
  • 3GB990円+LINEでのギガ消費ノーカウント
  • Paypayポイント還元(新規・MNP)
  • 5分定額1年間無料!24時間かけ放題も1,100円で利用可能(1年間)

ドコモの格安プラン?ドコモの「エコノミーMVNO」とは?

ドコモのサービスは、高品質で小容量から容量無制限の中から選べ、様々な使い方に対応しているプレミア「ギガプラン」、中容量でシンプルかつオンラインに特化したコスパの高いニュー「ahamo、そして3GB以下のデータ使用量で比較的安いプランの「エコノミー」の3つに大きく分かれています。

そして2021年10月から、この「エコノミー」の新たなサービス「エコノミーMVNO」がスタートしました。このサービスは、月々のデータ使用量が3GB以下という方を対象にしたものです。

「ドコモのエコノミーMVNOはドコモの格安プラン」というのは不正確

しかし、注意点として、このエコノミーは、あくまでもドコモショップで格安SIM業者「MVNO」の商品を紹介・販売するということで、ドコモから出た新しいプランではないということがあげられます。つまり、このサービスを利用したいとなると、ドコモ利用者の方はドコモの契約を解約してから、新たに格安SIM会社となるMVNOと契約しないといけないことになります。

このサービスの発表前は、ドコモの新しいサービスになると期待してた方も多く、期待外れだという声も多数あったようですが、まず「MVNO」という言葉をあまり聞いたことがないという方も多いと思いますので、はじめにMVNOとは何か?それからこの「エコノミーMVNO」の詳細について説明していきたいと思います。

ドコモ料金リスト

①MVNOとは?

MVNOとは、ドコモ・au・ソフトバンク等の大手キャリアから回線を借りて、携帯電話サービスを格安で提供している通信事業者です。

MVNOは、このように大手キャリアから回線を借りてサービスを提供しているため、たくさんの人がネットを使うお昼や通勤等の時間帯には通信速度が下がってしまう傾向があります。このため、普段からネットはWi-fiで利用することが多い方や、通信速度がたまに下がっててもとにかく携帯電話代を節約したいという方に向いているサービスです。

また、MVNOの多くは、料金を格安にするために、ショップをあまりもっていません。ショップでのサポートがないと困るという方には少し不便ですが、ある程度携帯やネットの利用に慣れていて、自分一人で申し込みが出来るという方が対象となっています。

②「エコノミーMVNO」サービスの仕組み

2021年10月7日、全国のドコモショップで安くてお得な「エコノミーMVNO」の料金サービスの契約が可能になると発表しました。対象のMVNOを全国約2300店舗のドコモショップで申し込めるサービスになります。

料金設定はあくまでもMVNO側であり、通信速度もドコモとは同じではなく、各MVNO事業者に依存する形となります。ドコモ主導で新料金の発表を期待する方も多かった中、ドコモが料金主体、提供主体となるのではなく、ドコモショップという販路を提供し、ⅾポイントで連携するMVNOというものになります。

基本的には従来の格安SIMと何も変わらず、新しいプランと期待していた方も多かったようですが、これはドコモ本体の新料金プランではなく、あくまでMVNOのサービスになります。それによって、今回の発表でもネガティブな意見が多く出てしまったようですね。

このサービスが始まった理由として、ドコモは店舗が利用可能なサブブランドをもっていないため、多くの格安のMVNOが出ている中、うまく共存していかないといけない立場にあるということが推測されます。そこで、今後の新たな策として提案されたのが、このMVNOエコノミーになります。

サブブランドとは? サブブランドとは、大手キャリアが展開する低価格の格安SIMサービスで、具体的にはKDDIの「UQ Mobile(ユーキュー モバイル)」、ソフトバンクの「Y! mobile(ワイモバイル)」が該当します。

それでは、その内容を詳しく見ていきましょう。

③サービスの内容

この「エコノミーMVNO」は、ドコモ回線を利用する一部のMVNOを、全国のドコモショップで取り扱うというものになり、ドコモが高いという料金面の弱点をMVNOに補ってもらい、その代わりにMVNOにはドコモショップという販売販路の場を提供するという関係になっています。

このサービスは、全世代において毎月のデータ利用料が3GBに満たないという方をターゲットとしており、このデータ使用料が少ないという方々に向けて、MVNOの最大の武器である安くてお得な月額料金で通信サービスを提供するというものです。

ドコモ利用者の実際のデータ使用料と利用者の満足度を見た時に、3GB以下のデータ使用量の利用者の満足度が急激に下がっているという調査結果があるので、この対策として、この「エコノミーMVNO」を導入したとも言えますね。

具体的にどういうことが可能になるのかというと、

  • SIMカードの発行や回線の開通などMVNOエコノミー料金サービスの新規契約の受付
  • APN設定やdアカウントの設定などドコモショップで購入した端末の初期設定サポート
  • ドコモスマートフォン等の端末販売
  • ドコモショップで購入した端末の故障受付
  • ドコモスマホ教室の受講が可能

が挙げられます。

つまり、このサービスに同意したMVNOはドコモショップのサービスの一つとなるという見方だと分かりやすいですね。

とはいえ、全国のドコモショップでドコモのプラン以外で更に、MVNOの契約・解約・クレーム対応等、全てがしっかりと対応出来るのかと言ったらこれは現実的に考えて難しいように見えます。

それでは次に、この「エコノミーMVNO」を利用する時の注意点につてい見て行きましょう。

④気を付けておきたい注意点

ドコモ回線を利用しているため、繋がりやすさとしてはドコモ品質になります。このため、MVNOだから繋がりにくいということはありません。しかし、注意点として「エコノミーMVNO」はドコモとは同じ通信速度ではないことが挙げられます。MVNOは回線設備をドコモのような大手会社から借りているため、お昼や通勤の時間帯には通信速度が遅くなってしまうのです。

このほかにも、エコノミーMVNOは、ドコモそれ自体の格安プランではなく、あくまでMVNOのサービスということになるので、次のようなことに気を付けなければなりません。

  • ドコモやソフトバンク等のキャリアのメールアドレスは利用不可
  • ドコモからエコノミーに変える時はドコモの解約が必須
  • ファミリー割引等ドコモの得点は利用不可
  • ドコモとMVNOのエコノミーで連携出来るは dアカウントとdポイントのみ

となります。つまり、エコノミーはドコモから出た新しいプランというのではなく、ドコモショップは一販路というだけということになりますね。

また、ドコモ回線を利用する全てのMVNOが対象というわけではなく、あくまでドコモと同意したMVNOのみとなります。それでは、対象となるMVNOを見てきましょう。

⑤ドコモの「エコノミーMVNO」の対象となるMVNO

NTTコミュニケーションズ

ドコモの子会社になる予定のNTT事業会社のうちの一社で、提供するMVNOはOCNモバイルONEとなります。10月21日から申し込みが始まり、OCNでんわの通話料が最大220円割引される新プランがスタートしました。

フリービット

フリービットは、実はMVNOではなくmvneという事業者で、MVNO事業者に対してネットワークを卸している会社になります。ここで出しているMVNOのTONE MOBILE(トーンモバイル for docomo)が対象となりますが、この名前は仮名となっているので今後サービス名や仕様が変わるかもしれません。

もともとトーンモバイルはリアル店舗との提携を推進しているMVNOの一社だったので、今回のドコモのエコノミーに参加したことで更なる店舗販売を狙っていると見えます。

ドコモ「エコノミーMVNO」の良い評判・口コミ

①月額料金が安い

MVNOならではの安くてお得な料金プランを提供しています。ここでの値段は、ドコモが料金を設定するのではなく、あくまで合意したMVNO側の設定となります。今までのドコモのプランよりも格安で、家族割などの割引もあり、とにかく携帯代を節約したいという方にオススメです。

②店舗対応で安心

メインの販路がオンラインとなってしまうMVNOですが、「エコノミーMVNO」は全国のドコモショップで販売・サポートしてもらえるので、一人でオンラインで格安SIMに切り替えるということに抵抗があった方でも、安心して格安SIMをご利用頂けるようになりました。

元々MVNOは対面販売に弱いので、格安SIMについて詳しくない方や、自分で調べるのが面倒だという方にはアプローチ出来ませんでしたが、このサービスによって、全国の2300店舗以上のドコモショップでの対応がスタートするというのはMVNO業者にとっても嬉しいですね。

ただ、やはり現実的に考えた時に、既に自社のサービス対応で忙しいはずのドコモショップがどこまでMVNOの商品の対応をしてくれるか、厳しい現実が待っているように見えます。

③dアカウント・dポイントとも連携

対象のMVNOでは、マイページのアクセスやサービス認証等にdアカウントをメインで使用するようになっています。dアカウントがあればMVNOの管理もしやすくなりますね。

また、「エコノミーMVNO」がdポイントクラブの加盟店となるので、通信料やサービス利用に対してはdポイントがもらえるようになっており、通信料金の支払いにそのdポイントの利用が可能となります。

ドコモが実質的にやりたかったMVNOでの「dポイント経済圏」の獲得という流れに結びついていますね。

ドコモ「エコノミーMVNO」の悪い評判・口コミ

①通信速度はドコモと一緒ではない

ドコモ回線を使用しているので繋がりやすさという面ではドコモと同じですが、通信速度に関してはキャリアではなく従来のMVNOのサービス同様、お昼時や通勤時間等の時間帯は通信速度が遅くなり、キャリアであるドコモの品質とは異なります。  

②ドコモショップにおけるお客様サポートがどこまで受けられるのか不明

ドコモの公式ウェブサイトでは、ドコモのお客様と同等の手厚いサポートをし、契約からスマートフォンの購入、更にはMVNO特有の初期設定(apn設定)、端末保障サービス、ドコモスマホ教室も利用可能としていますが、このサポートを全うするのにものすごい人件費がかかるのも事実です。

mvno側が負担するとなっているので、確かに自ら実際の店舗を出すよりは割安になりますが、やはりものすごい費用がかかってしまいますよね。

実際にこんな声もあります。

自己矛盾の極み。

日曜夕方とか夜に、「オンラインで24時間受付」なのに、システムメンテナンスで使えないって、何なのさ(笑)

これでドコモショップ行ったら、手数料取るという荒手のビジネスモデル。こういうのが、ドコモにとっての「エコノミープラン」なんじゃないの〜?と言いたくなるよね。 pic.twitter.com/K7EktHklS1

— フラストレイター (@sleekmotors) October 31, 2021

2店舗で確認しました。在庫は昨日時点で終了。手続きに90分要するので来店予約必須とのこと(`・ω・´)ゞ

【衝撃】月額550円から。ドコモ「エコノミーMVNO」契約でiPhone SE第2世代が「一括1円」に。【ドコモショップ】 https://t.co/H9CuRy8zuL @skyblue_1985jpより

— Skyblue (@skyblue_1985jp) October 24, 2021

 

ショップ店員からすると別会社の手続きやプランを覚えるの地獄だよ。

OCN モバイル ONEがドコモの「エコノミーMVNO」に参入し、500MBプランを提供する狙いは?(ITmedia Mobile)#Yahooニュースhttps://t.co/SuQsO6SlSK

— IMCS (@IMCS286) October 28, 2021

追記:ドコモショップでの対応はフルサポートではない

OCNモバイルでは、以下のような契約内容の変更手続きは行っていませんと注意書きがあります。

  • OCN接続プランからのプラン変更のお申し込み
  • データ専用SIMカードから音声対応SIMカードへの変更
  • 容量シェアへの変更
  • SIMカードの追加・削除
  • SIMカードのサイズ変更
  • 解約の手続き

新規受付であっても、データ通信専用SIMやSMS対応SIMの受付は不可で、音声対応SIMのみになります。

ドコモショップではフルサポートと言って始まったサービスでしたが、実際には受けられない業務がこれだけあるので注意が必要ですね。

ドコモショップで、全てをサポートしてくれることを期待してはいけないようです。

③3GB以上のデータ利用者は対象としない

実際にドコモの公式サイトでは、3GB以上のデータ利用量であればドコモのプランを推奨する方針だと明言しています。

つまり3GB以上の「エコノミーMVNO」を売る理由はドコモ側にはないので、安いプランしか売れません。なのに、手数料、dポイント負担など諸々の費用がMVNO側にかかってしまうとなると、MVNOにとっては厳しい状況となります。

結局はこの「エコノミーMVNO」は、他社商材でありドコモが実際に提供しているサービスではないので、サポートにも限界が出てきます。プラン変更、解約処理、問題が発生した時のクレームなど、どんどん課題は出てきてしまいますね。

結局ドコモショップでは全てのサポートに対応しきれず、「直接MVNOに問い合わせてください。」となれば、利用者に不満がたまってしまうことが予想されます。

④支払いにクレジットカードしか使えない

このサービスでは、お支払いに関しては銀行振込等は行っていなく、クレジットカードのみの受け付けとなっています。クレジットカードを使えない方、使いたくない方にとっては不便になってしまいますね。

他にもドコモ「エコノミーMVNO」はこんなところが心配!

①結局参加したMVNOはフリービットのみ

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズの子会社になるので、格安SIM業者MVNOの中ではフリービットのみこの「エコノミーMVNO」に参加する形となりました。やはり、ほとんどのMVNOからしたらこのサービスだと自分たちの利益にはなりにくいと判断したのでしょう。

②単なるドコモの弱点の穴埋めになってしまっている

ドコモのプランである「ギガライト」は、現在の市場環境を踏まえるとちょっと高いサービスになっていますが、ドコモの立場上「ギガプラン」を値下げすることは出来ないので、「エコノミーMVNO」満足度の低い使用量3GB以下の利用者を対象とした新たなサービスとしています。

しかし、それ以上に様々な問題が出てきてしまっていて、実際に顧客満足度のサービスになっているかは微妙なようです。

③MVNOへの負担が大きい

結局ドコモショップでの販売に頼る形になってしまうので、実際にドコモショップの店員さんがどこまでエコノミーMVNOを提案してくれるのかが重要になってきます。

また、全国のドコモショップ店舗で対応するとなると、もちろん販売手数料というのが発生してくるのですが、元々利益の少ないMVNOから多額の手数料は取れません。

そうなると、販売手数料があまり取れない代理店の販売意欲も下がってしまうので、結局店舗でのmnvoサポート自体が中途半端になってしまうと予測できます。

その上、ドコモの公式ページでは販売手数料に関しては、「取り扱いに関わる手数料については、MVNO側から原資を出していただき、ドコモから販売店へ支払う形」となっており、完全にMVNO側の負担となっているのです。また、端末販売時の値引きに関しても、MVNO側に相当額を負担してもらうことになりました。

これは正直、MVNO側からしたら厳しい状況です。MVNOが出せる手数料も微々たるものになるので、ドコモショップからしたら販売手数料の少ない商品を売ろうと気にはならないだろうと考えられますね。

④サービスやプランによって同じ端末の値段が変わる可能性

また、ドコモとMVNOでは既にプランも端末の価格も違ったり、MVNOの中でも負担する手数料の額がそれぞれ異なるので、同じショップの中でサービスやプランによってスマホの価格が違うなんてことが起こってしまいます。

例えば、iphoneSEが先日ドコモショップで大幅値下げとなり、5万円ほど安くなる9724円(税込)となっていましたが、エコノミーnvmoを利用するとなるとこれだけの値下げは出来ず、35,204円(税込)となり、これは利用者側からはなかなか納得のいかない話になってしまいますよね。

つまり、ドコモショップに来ても、このように同じ商品でも値段が違えばMVNOを通した商品の購買意欲が下がってしまうということになります。こういったことが起こらないようにするのが理想ですが、今の状況では少し難しいかもしれませんね。

更には、エコノミーMVNOで利用するdポイントの進呈や充当に関しても、結局MVNOの負担となっており、これでは負担が大き過ぎて、実際このサービスに参加するMVNOが実質フリービット1社のみとなっているのも理解できます。

どんな人にオススメか?どんな人にオススメじゃないか?

①オススメの人

そんな心配事の多い「エコノミーMVNO」ですが、敢えて申し上げるとこんな方達にオススメになります。

  • とにかく今より通話料の月額料金を安くしたい方
  • 店舗でサポートを受けながら安心して格安SIMを使ってみたい方
  • ⅾアカウントを作ってdポイントを利用したい方

自分のニーズに合わせて自分に合ったプランを選んでみてくださいね。

②オススメじゃない人

そして、「エコノミーMVNO」はオススメじゃないという方はこんな方になります。

  • データ使用量が多く月々3GB以下では収まらないという方
  • やっぱり通信速度や通話品質は下げたくないという方
  • どうしても充実した店舗サポートで対応してもらいたいという方

基本的にこの「エコノミーMVNO」は、前世代において毎月のデータ利用料が3GBに満たないという方がターゲットになりますので、完全に容量が少ない方向けのサービスになり、やはり動画視聴などで容量を使うという方にはオススメできません。

結局はこのサービスは他社の商品であり、ドコモが実際に提供しているサービスではないので、店頭サポートにも限界が出てくるのは予測できます。プラン変更、解約処理、問題が発生した時のクレームなど、どんどん課題は出てきてしまいますね。

料金プラン

それでは改めてドコモの料金プランを見てみましょう。

ドコモ料金比較

①プレミア「ギガプラン」

このプレミアの中には、データ使用量の多い方向けの「ギガホプラン」、そして、データ使用料上限設定により無駄なく使える「ギガライト」、更には使用するデータ容量は少ないけど、始めてのスマホを手軽にお得に使いたいという方向けの「はじめてスマホプラン」があります。

全世代を対象としており、小容量から容量無制限まで選べて自分に合ったプランを見つけられます。ドコモならではの店頭でのフルサポートも充実しており、どんなトラブルでも対応してもらえます。

また、「キッズケータイ」「らくらくホン」などがあり各世代に対応し、家族割プランも充実しているので、ご家族まとめてドコモ利用者だと更にお得になっています。

②ニュー「ahamo」

データ使用量は中容量のコストパフォーマンスの高いプランになります。キャリアメールや留守電機能がないシンプルなサービスとなっており、手続きやサポートは全オンラインでの対応になるので、デジタルに強い世代の20代、30代を対象としています。

③エコノミー「エコノミーMVNO」

2021年10月に新しく出た、小容量で且つ、これまでの「エコノミー」より更に安くなった格安料金設定のプランになります。

これは、従来の「エコノミー」と違い、ドコモショップで格安SIMの販売・サポートをするというサービスになり、ドコモから出た新しいプランではありません

まとめ:ドコモの「エコノミーMVNO」

ドコモの「エコノミーMVNO」について気になる事項を確認しました。

とにかく今より通話料の月額料金を安くしたい方には一応オススメのプランになりますが、データ使用量が多く月々3GB以下では収まらないという方、やっぱり通信速度や通話品質は下げたくないという方、どうしても充実した店舗サポートで対応してもらいたいという方にはやはり使いにくいサービスとなっているようです。

やはり、結局充実した店頭サポートが受けられないのであれば、他の格安SIMサービスのMVNO他社でも良いですよね。

自分は実際どんなデータ通信の使い方をしているのか、どんなサービスが自分に合っているのか、しっかり考えてから自分にぴったりのプランで快適な携帯ライフを送りたいですね。

おすすめSIM会社

3カ月スマホ代無料キャンペーン中。Rakuten UNLIMIT VIではデータ使用量に応じて月額料金が変わり、1GBまでならなんと0円国内通話もかけ放題

通信品質トップクラス。新プラン「くりこしプラン」では、割引なしで3GB1,628円(税込)と格安SIM最安級プランにデータを繰り越しできるのも魅力。

通信品質トップクラス。新プラン「シンプルプラン」では、家族割(2回線目以降)または光回線とのセット割の割引で3GBなら月額990円に(税込)。

顧客満足度の高い格安SIMで、通信品質の高さも特徴。新プラン「マイピタ」はデータ増量・価格は値下げとさらにお得に。5Gも利用可能

ドコモ回線の通信品質No1。音楽配信サービスでのデータ使用がカウントされないMusicカウントフリーかけ放題オプションなど充実のサービス。OCN光利用者なら月々220円引き

Youtubeなどの動画やApple Musicといった音楽配信サービスでのデータの使用がカウントされない「エンタメフリー・オプション」が特徴。

人気・おすすめ記事

更新日

価格表示について 2021年4月1日以降、各種サービスの料金は総額(税込)での表示が義務づけられています。当サイトでは順次表示の切替を進めておりますが、一部の記事及び掲載中のサービス提供元のサイトで表示が切り替えられていない可能性があります。料金をご参照いただく際は十分ご注意ください。
セレクトラのらくらく窓口ではインターネットのお申し込みに関するご相談を受付中。電話予約はこちら