電話で電気・ガス切替相談

東京電力のアンペア数変更に関するご質問にお答えします

0120-013-605 または


東京電力の連絡先・アンペア数変更方法をご案内します。東京電力よりも安価な電力会社への切り替えのご相談もお気軽にどうぞ。
▷営業時間・ご利用方法について確認する


セレクトラのらくらく窓口 広告

東京電力EPの問い合わせ電話番号は記事本文の記載をご確認ください。

東京電力のアンペア数変更のお手伝い

0120-013-605 または
  • 東京電力:アンペア数変更の連絡先・変更方法をご案内します。
  • アンペア数を下げると電気料金の節約にもつながります。
  • 今よりも安価な電力会社への切り替えご相談も承ります。

営業時間・ご利用方法についてはこちら


セレクトラのらくらく窓口 広告

契約アンペアの変更方法 | 東京電力

東京ガスのお申し込み

基本料金が3ヶ月無料[東京ガスの電気]

  • 東京ガスの電気(基本プラン・ずっとも電気3)新規お申し込みで基本料金3ヶ月無料
  • 二人暮らし(月300kWh)なら東京電力と比べて年間約2,700円安い
  • ファミリー世帯(月450kWh)なら東京電力と比べて年間約8,000円安い
  • 電気とガスのセットでさらに電気代が0.5%安い
  • さらに業界最高水準のポイント還元率1.5%(パッチョポイント)

今なら電気の基本料金が3ヶ月無料

  • 東京ガスの電気に新規お申し込みで基本料金3ヶ月無料
  • 二人暮らしなら東京電力と比べて年間約2,700円安い
  • ファミリー世帯なら東京電力と比べて年間約8,000円安い
  • ガスとセットでさらに電気代が0.5%安い
  • 業界最高水準のポイント還元率1.5%(パッチョポイント)

基本料金3ヶ月無料キャンペーンは「基本プラン・ずっとも電気3」が対象。キャンペーンの内容は予告なく変更されることがあります。二人暮らしは月平均300kWh使用する場合を想定。ファミリー世帯は月平均450kWh使用する場合を想定。東京電力の従量電灯Bの基本料金・従量料金の合計金額との差額を計算。

契約アンペアの変更方法 | 東京電力
契約アンペアの変更方法 | 東京電力

東京電力でのアンペア変更についてご紹介します。アンペアの基礎知識をなぞりながら東京電力での契約アンペアの変更方法について確認します。

東京電力エリアなら基本料金無料の「Looopでんき」がおすすめ

Looopでんき
  • 東京電力で60A契約なら毎月1716.00円かかるところ、Looopでんきならゼロ円
  • ファミリー世帯(月450kWh平均)なら東京電力より年間1万5千円安い
  • 東京ガスエリアなら電気とガスのセットで電気代がさらに2%お得
  • 解約金・違約金もゼロ円

アンペア数変更の連絡先:東京電力

東京電力の電気を利用していて、アンペア変更する場合現在利用している電力メーターの種類によって変更手続きが異なります。

電力メーターには従来のアナログ式の電力メーター(銀色の円盤がくるくる回っているタイプ)と、電力自由化以降に順次切り替えが進んでいるデジタル式のスマートメーターの二種類があります。

規制料金プラン(東京電力の場合:従量電灯B・従量電灯Cなど)を利用中の方は、アナログ式を利用されている家庭が多いでしょう。一方、自由料金プラン(東京電力の場合:スタンダードS・スタンダードL・プレミアムS・プレミアムL・夜トク)や新電力の料金プランに切り替えた場合は、原則スマートメーターへの切り替えが完了してるケースが多いでしょう。

従来の電力メーターの場合:アンペア数変更

従来のアナログ式の電力メーターを利用していて、契約アンペア数を変更する場合は、室内にあるアンペアブレーカーを交換する必要があります。アンペアブレーカーを交換する作業は20分程度かかります。

現在、東京電力で従来の規制料金プラン(従量電灯B・従量電灯Cなど)を利用中の場合は、インターネットの手続きフォームからアンペア変更を行うことができます。下記の手続きフォームから契約内容の変更手続き、インターネットでのお申し込みを選択してください。

 東京電力の手続きフォーム

スマートメーターの場合:アンペア数変更

スマートメーターを利用している場合、アンペアブレーカーはスマートメーターに内蔵されています。契約アンペア数の変更は東京電力がリモートで変更します。なので、アンペア数の変更は電話で申込むだけですぐに完了します。

現在、東京電力で自由料金プラン(スタンダードS、スタンダードL、プレミアムS、プレミアムL、夜トクなど)を利用中の場合は、東京電力のカスタマーセンターに電話してアンペア変更を依頼します。

自由料金プランに契約中の場合は、以下の東京電力の電話番号に連絡します。

アンペア変更:東京電力の電話連絡先 0120-995-113
受付時間:月曜~土曜 9時~17時 (休祝日・年末年始を除く)

東京電力でアンペア数変更時に注意することを、下記にまとめました。

 アンペア容量を変更する時の注意点

アンペアの基礎知識

東京電力・アンペア容量
アンペアは一度に使用できる最大の電力を表します。一度にどれだけの電化製品を使うかがポイントです。

東京電力に連絡をする前に知っておきたいアンペアについて分かりやすく解説します。

東京電力にアンペア変更を依頼するよりも、新電力に切り替えると電気代が安くなるかもしれません。東京電力だとアンペア容量によって増えてしまう基本料金もゼロ円になる電気料金プランがあります。詳しくは下記のリンク先で確認しましょう

 東京電力より安くなる電気料金プラン

すでにアンペア容量の変更(アンペアダウン、アンペアアップ)決めている方もいるでしょう。もう一度、アンペア数とは何か復習・確認してみませんか?

 アンペア数についてはこちらもチェック

そもそもアンペアとは何か?

アンペアとは「一度に使える」最大の電力量を表す単位です。「電力量」という言葉が難しいかもしれませんが、一度に使える電化製品の「数」といえば分りやすいでしょう。それぞれ電化製品によって必要な電力量は異なりますが、「数」と考えると理解しやすいはずです。

例えば、エアコンを今まで1台しか使っていなかったのを、もう一台増やして同時に2台使用するようになった場合は、それに対応できるように多めに電流を流してもらう必要がありますね。こんな場合は東京電力に連絡して、アンペア容量の変更をお願いします。

 家電の消費電力はこちらで確認

また、繰り返しとなりますが、「同時に」というのがポイントです。2台エアコンを使っていても時間帯をずらして使うならば現在東京電力と契約しているアンペア容量のままでも問題ないといえます。

東京電力よりお得な電気料金プラン(関東エリア)

電気を使えば使うほどお得

アンペア数が高くても 基本料金無料

Looopでんきの特徴

  • 基本料金無料・電力量料金が一段階のシンプルな料金プラン
  • 都市ガスとセットでさらに電気代が2%安くなる
  • 太陽光発電など再生可能エネルギー発電を積極的に利用
公式サイト

東京電力から切り替えるだけで安くなる

従量電灯プランと比べて 10%安い

よかエネの特徴

  • 電気使用量が少なくても確実に電気代(基本料金+電力量料金)が安くなる
  • 都市ガスとセットならさらに電気代が2%安くなる
  • オール電化住宅向けプランは3%割引
公式サイト

利用スタイルに合わせて選べる料金プラン

5人家族なら1年で 16,800円お得

CDエナジーダイレクトの特徴

  • 中部電力と大阪ガスが共同設立した会社だから安心
  • 都市ガスとセットで電気代・ガス代がそれぞれ0.5%割引
  • Aamazonプライムがつくプランやゲームユーザー向けのプランがある
公式サイト

アンペアの計算方法:東京電力

もちろん、各電化製品の必要とする消費電力(W)からアンペアを1つずつ計算して最大に必要になるアンペアを知ることも可能です。

仮に、今使用しているドライヤーの消費電力が800Wだった場合、一般的な家庭内の電圧は100Vですので100で割ります。そうすると800W÷100Vイコール8、つまり8Aが必要となると計算できます。もし仮に、このドライヤーを5台「同時に」使うとならばドライヤーの分だけでも最低40Aを契約しなくてはいけないことになります。

電化製品の消費電力からアンペア(A)を求める
アンペア数(A)= 電化製品の消費電力(W)÷ 電圧(V)
例:消費電力が800W(ワット)のドライヤーを使った場合のアンペアは、800W ÷ 100ボルト(日本の電圧は100Vです)で、8アンペア(A)になります。

しかしながら、だいたい各家庭で必要とされるアンペアは決まっています。一般的には一人暮らしや二人暮らしの場合は30Aを、それ以上家族が多い場合は40A、50A以上が必要になるアンペアと考えることができます。

 

契約アンペア容量が少ない、多いとどうなる?

それでは、東京電力と契約しているアンペア容量が少なすぎる、もしくは多すぎるとどうなるのでしょうか?

アンペア容量が少ない場合

東京電力との契約アンペア容量が同時に使用する電化製品が必要とする電力量に足りない場合は、十分な電力を流してもらえないわけですから、それらの電化製品を同時に使用することはできません。

具体的には、「契約量を超えています。これ以上電気は流せません。」というようにアンペアブレーカーが落ちてしまい、いったん電気供給がストップしてしまいます。ブレーカーが落ちて急に真っ暗になった、というのは誰でも一度は体験があるのではないでしょうか。

ご存知の通り、ブレーカーが落ちてしまった場合、同時に使う電化製品の数を減らし、そしてアンペアブレーカーを「入」にする必要があります。

アンペアブレーカーがしょっちゅう落ちては面倒ですし、それだけアンペア容量が必要ということですから、アンペア容量が少なすぎる場合は東京電力に連絡をしてアンペア容量を上げる必要があるでしょう。

アンペア容量が多すぎる場合

東京電力と契約のアンペア容量が多い場合は、それだけ一度に使用できる電化製品の量に余裕があるわけですから特に問題はありません。アンペアブレーカーが落ちるということもありませんから、日々の生活で何か不便を感じることはないでしょう。

しかしながら、多めのアンペア容量を契約しているということは、東京電力に多めの基本料金を払っているとも言えます。というのも、東京電力の電気料金(従量電灯B)は、基本料金が契約するアンペア容量によって異なり、アンペア容量の大きさに比例して料金も高く設定されているためです。

基本料金は、電気の使用量に関わらず毎月支払うものです。ですから、本当に必要以上のアンペア容量を契約しているならば、アンペア容量を変更した方がいいでしょう。

以下では実際にアンペア容量によってどれくらい電気料金(基本料金)が異なるか確認をしてみましょう。

基本料金はアンペア容量によって変わる

東京電力の電気料金(従量電灯B)はアンペア容量に異なり、容量が増えると料金があがることを説明しました。実際の料金表を見ながら確認しましょう。

東京電力の一般的な電気料金プランである従量電灯Bでは、60アンペア(A)まで選ぶことができますが、容量が増えるごとに段階的に基本料金も上がっていくことが分かります。

このように、基本料金は、電気の使用量(kWh)に関わらず毎月同じ額を支払う固定料金ですから、もし容量に余裕がある方は東京手電力と契約のアンペア容量を変更アンペアダウン)した方がお得と言えますね。

契約アンペアによって基本料金が変わる。(税込)
契約アンペア数 東京電力
従量電灯プラン基本料金
10A 286.00円
15A 429.00円
20A 572.00円
30A 858.00円
40A 1144.00円
50A 1430.00円
60A 1716.00円
img

基本料金がゼロ円の電気料金プラン

(沖縄・離島を除く)全国で利用できるLooopでんきの電気料金プラン「おうちプラン」は基本料金ゼロ円・従量料金も1段階でシンプルで、極端に使用量が少ない場合をのぞいて大手電力会社よりお得なプランです。

東京電力でアンペア容量を変更する時の注意点

東京電力で契約アンペア数を変更する場合の注意点をまとめました。

  • 従来型の電力メーターの場合は、アンペアブレーカーの取り替え工事が必要になります。
  • アンペアブレーカーの取り替え工事は約20分で終わりますが、その間は電気を使えません。工事には立会いが必要となり、平日、土日の9-5時の間に実施できます。
  • 契約アンペア数の変更に伴う、電気契約の基本料金の変化には、日割り計算が適用されます。
  • 集合住宅に住んでいる場合は、管理人の承諾が必要となる場合があります。管理人にご確認ください。

東京電力で契約しているアンペア容量を調べる

契約アンペア
分電盤を開けて契約アンペアをチェック。

今現在、東京電力との契約アンペアがどのくらいか分からないという人は以下のような方法で確認することができます。

現在の契約アンペア数は、分電盤のなかのアンペアブレーカー自体をみるか、もしくは検針票で確認できます。なお、電力メーターにスマートメーターを利用している場合は、室内にアンペアブレーカーがない場合があります。

アンペアブレーカーの色をみて確認する

分電盤についているアンペアブレーカーの色や数字を確認することで契約アンペアを確認できます。詳しくは色と契約アンペア数の対応表をご覧ください。

東京電力で契約のアンペア容量
ブレーカーで確認する
アンペアブレーカーの色 契約アンペア数
10A
ピンク 15A
20A
30A
40A
50A
60A

東京電力から届けられる検針票の記載を確認する

東京電力から発行される検針票(電気使用量のお知らせ)は、いわゆる請求書です。毎月、使用した電気量と一緒に、契約アンペア数が記載されています。検針票の右側に、「ご契約種別」の下に「ご契約」という項目がありますが、ここに契約アンペア数が記載されています。

東京電力から届けられる検針票
ご契約「XX A」の箇所に契約アンペアの記載があります。(出典:東京電力)

もし東京電力から紙媒体の検針表を受け取る契約になっていない場合や、紙をなくしてしまった場合は、東京電力の会員サービス:くらしTEPCO webでも確認することができます。ただし従来の規制料金プラン(東京電力・従量電灯B・従量電灯Cなど)を利用中の場合は、くらしTEPCO webで確認できない場合がございます。

基本料金が東京電力より安い電力会社

電力自由化以降、東京電力よりも安い電気料金を提供する新電力がたくさん登場しました。ここでは、基本料金に焦点をあてて、東京電力よりも安い基本料金を提供するところがあるのか調べてみました。

基本料金がゼロ円:Looopでんき

基本料金が究極に安い新電力と言えば、Looopでんきです。Looopでんきなら契約アンペア数にかかわらず基本料金はゼロ円です。

東京電力の従量電灯Bを利用していて契約アンペア数が60Aの方は、毎月1716.00円を基本料金として支払っています。

でもLooopでんきなら基本料金はゼロ円になります。また電気を利用した分だけ支払う電力量料金も1段階となっておりシンプルです。契約アンペア数が大きく、電気の使用量が多い家庭にオススメの新電力です。

Looopでんきが気になる?

Looopでんきの公式サイトで、電気代がどのくらい安くなるかシミュレーションしてみませんか?申し込みも24時間受付中です。

Looopでんき

Looopでんきが気になる?

Looopでんきの公式サイトで、電気代がどのくらい安くなるかシミュレーションしてみませんか?申し込みも24時間受付中です。

東京電力より10%安い:よかエネ

よかエネ」は大手電力会社の主要な電気料金プランを利用している場合、基本料金と電力量料金が10%が安くなります。つまり東京電力で従量電灯プランを利用していて、基本料金と電力量料金の合計が毎月1万円なら、毎月千円割引、年間なら1万2千円割引になります。

よかエネの良さは、電気をたくさん使う方でもそうでない方も、一律10%安くなるのが魅力です。

 「よかエネ」の公式サイト

関東人気ナンバー1:CDエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクト」は中部電力と大阪ガスが共同で設立した会社で、関東エリアに電気と都市ガスを販売しています。

CDエナジーダイレクトの魅力は、毎月の使用量やライフスタイルに合わせて料金プランが選べるところです。

例えば一人暮らしや二人暮らしなど契約アンペア数が少なく、使用量も多くない方にはベーシックでんきがオススメです。東京電力の従量電灯Bに比べて、基本料金も電力料金もどちらも安くなります。

またCDエナジーダイレクトで電気と都市ガス(東京ガスエリア)をセットで利用すると、電気代とガス代がそれぞれ0.5%安くなります。

CDエナジーダイレクトに申し込みたい CDエナジーダイレクトの公式サイトから24時間新規申込受付中。CDエナジーダイレクトに変えて本当に安くなるか、シミュレーションで簡単に確認できますよ!
 公式サイトはこちら

よくある質問(東京電力のアンペア数変更)

東京電力のアンペア数変更に関する質問と回答を一覧にまとめました。

よくある質問一覧(東京電力のアンペア数変更)
質問1:東京電力のアンペア数変更の連絡先は?
回答1

東京電力で契約しているプランの内容によって、連絡先がことなります。

現在利用中の料金プランが、従来の規制料金(従量電灯B・従量電灯Cなど)の場合は、東京電力のインターネットの申し込みフォームから行います。

現在利用中の料金プランが、自由料金(スタンダードS・スタンダードL・プレミアムS・プレミアムL・夜トクなど)の場合は、東京電力に電話でアンペア変更を申し込みます。

▷連絡先を確認する

質問2:アンペア数の変更は何度もできますか?
回答2

東京電力でアンペア数を一度変更すると、1年間は再度変更することができません。

アンペア数が高いと基本料金が高い、アンペア数が低いと一度に多くの電化製品を使えないということがあります。

新電力にはアンペア数にかかわらず、基本料金がゼロ円という会社もあるので、東京電力から電気契約の切り替えも検討してみましょう。

▷基本料金が東京電力より安い電力会社を確認する

質問3:アンペア数の変更はどれくらい時間がかかりますか?
回答3

現在利用している電力メーターによって、変更にかかる時間が異なります。

利用している電力メーターが従来のアナログ式の電力メーターの場合、室内にアンペアブレーカーが設置してあります。アンペア数が変更になる場合は、このアンペアブレーカーを交換する必要があります。作業員の方が自宅に来ていただき、交換してもらいます。交換する時間は約20分程度になります。

利用している電力メーターがスマートメーターの場合は、ブレーカー機能がスマートメーターに内蔵されています。そのため、電力会社からリモートでスマートメーター内のアンペア設定を変更することになります。東京電力へは電話1本でアンペア契約の変更が完了します。

▷連絡先を確認する

更新日