電話で電気・ガス切替相談

お引っ越しで新規に電気の申し込みが必要ですか?

電話での申し込みを受け付けています。電気料金のエキスパート、セレクトラにご相談ください。(受付時間:午前10時 - 午後9時)

電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。今よりも安くなる電気・ガスをお探しの方は、オンライン比較エンジンをご利用くださいませ。

東京電力:電気料金の計算方法

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[広告]

基本料金無料のLooopでんきに切替ませんか?東京電力の従量電灯プランで60A契約なら毎月1716.00円かかるところ、Looopでんきならゼロ円になります。
また2020年4月30日(木)までのお申込みで、2,020円分のQUOカードPayが申し込み者全員にプレゼント!!

対象プラン:おうちプラン・ビジネスプラン・動力プラン。また個人の申し込みのみ有効。(法人は対象外です。)

お申し込みには検針票をご準備ください。お客様番号が分かると申し込みがスムーズです。

※これは広告です

東京電力:電気料金の計算方法
東京電力:電気料金の計算方法

毎月何気なく払っている電気料金ですが、どのように請求額が計算されているのかご存じでしょうか?東京電力の電気料金の計算方法について詳しく説明します。また電気料金を安くするための方法についてもお伝えします。

  • 東京電力の電気料金計算方法のポイントは「基本料金」と「電力量料金」の2つです。
  • 「基本料金」と「電力量料金」の単価は電力会社によって異なります。電気代を安くするコツはここにあります。
 

東京電力の電気料金プラン

日本最大手の電力会社である東京電力では、色々な電気料金プランを発売しています。具体的には、ごく一般的なプランである「従量電灯」や、電力自由化後に登場した「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」などがあります。

このように東京電力ではいくつかの電気料金プランを販売しています。しかしながら、実際の契約数としては自由化前からある従量電灯プランが圧倒的に多いのが現状です。特にご自身で電気料金プランを選んだ記憶がなければ、おそらく今契約中のプランは従量電灯プランである可能性が高いでしょう。

この記事では、最も一般的な電気料金である「従量電灯プラン」を使って東京電力の電気料金の計算方法を解説していきます。

東京電力の電気料金の内訳

それではこの一番メジャープランである「従量電灯」を使って東京電力の電気料金の計算方法をご紹介します。まずは、内訳がどうなっているのか確認します。

ちなみに、自分がどのプランを契約したかわからない場合は、東京電力の「検針票」や「請求書」webサービスの「でんき家計簿」もしくは「くらしTEPCO」を見れば確認することができます。

関東地方には全国で最も多くの新電力が登場しています
東京電力エリアで申し込める電力会社をチェックして、東京電力より安い電気料金プランを申し込んでみましょう。

電気の使用量や請求額をお知らせください。今より安くなる電気料金プランをお探しします。 ☎️ 03 4571 1508 (営業時間:午前10時から午後9時/セレクトラ・ジャパンコールセンター)

私達が東京電力へ毎月支払っている電気料金(ここでは従量電灯B)は、以下の4つの要素によって構成されています。この中でも、東京電力の電気料金の計算をするポイントとして重要なのは「基本料金」と「電力量料金」です。表の後でもう少し詳しく説明します。

東京電力の電気料金内訳
1. 基本料金
  • 契約アンペア数によって決まる料金です。(10Aから60Aまで)
  • 電気を使ってなくても毎月必ずかかる料金です。
2. 電力量料金
  • 電気の使用量(kWh)に対してかかる料金です。電気を使わなければかかりません。
  • 「1kWhあたりいくら」という料金単価になっています。
  • 使用した電気量(kWh)× 「1kWhあたりの料金」をかけて計算します。
(その他) 燃料費調整額
  1. 発電の燃料費の変動を電気料金に反映するための料金。
  2. プラスになることもマイナスになることもあります。
再生可能エネルギー発電促進賦課金
  1. 東京電力が再生可能エネルギーで発電された電気を買い取る際に生じたコストを負担するための税金。

東京電力の基本料金と電力量料金 - 料金表

東京電力の電気料金(従量電灯プラン)の内訳がわかりました。4つの要素から構成されていますが、東京電力の電気料金の計算で重要なポイントになるのは、「基本料金」と「電力量料金」です。

なぜなら、この二つの料金は電力会社によって異なるからです。それに対して、上の表の(その他)に入っている2つの料金は同じエリアの電力会社なら全て同じ金額なのです。「燃料費調整額」は東京電力管内であればどこでも同じ、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」消費税のように全国共通の金額の税金です。

つまり、もし東京電力より安い電気料金を探したい場合はこの「基本料金」と「電力量料金」の単価を比べれば良いのです。

それでは、東京電力の電気料金の計算で重要な「基本料金」と「電力量料金」の特徴や具体的な料金を見ていきましょう。

1. 基本料金

東京電力の従量電灯Bでは、基本料金がアンペア毎に設定されています。契約アンペアが高くなるほど基本料金は高くなります。もし全く電気を使用しなかったとしても、支払わなければならない料金です。

東京電力だけでなく、多くの電力会社(特に大手電力会社)がこのような基本料金(最低料金)を定めています。しかしながら、新電力では、Looopでんきのように基本料金の設定がないところもあります。

東京電力-従量電灯B-基本料金(円・税込み)
契約アンペア数 基本料金
10A 286.00
15A 429.00
20A 572.00
30A 858.00
40A 1144.00
50A 1430.00
60A 1716.00

2. 電力量料金

電力量料金は使った電気の量に対してかかる料金です。「使った電気の量(kWh)」に「1kWhあたりの値段(円)」を掛けて計算します。少しややこしいのですがその単価は3段階に分かれており、使用量が増えるほど単価も高くなる仕組みになっています。

東京電力-従量電灯B-電力量料金(円・税込み)
電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段
0 - 120kWh 19.88円
120 - 300kWh 26.48円
300kWh以上 30.57円

東京電力の料金を実際に計算してみよう

東京電力:電気料金の計算方法

電気料金の計算方法は、一度理解出来ればあとは簡単です。安い電気料金を探すのにも役立ちます。

東京電力の電気料金の内訳と具体的な基本料金」と「電力量料金」の料金単価が分かりました。この情報をもとに、東京電力・従量電灯Bを実際に計算してみます。実際に順番に計算してみることできちんと理解できているか確認出来るでしょう。

ここでは仮に30Aの契約で今月の電気の消費量が360kWhだったとします。だいたい夫婦とお子さん一人のご家庭の電力消費量を目安としています。

まず、30Aですから「基本料金」の部分で、858.00円かかります。

次に、「電力量料金」を計算します。「電力量料金」は3段階に分かれているため、少し複雑です。

まずは、1段階目、120kWhに1段階目の1kWhあたりの料金単価19.88円を掛けます。次に、2段階目部分は180kWh(=300-120)ですから、これに2段回目の1kWhあたりの料金単価26.48円を掛けます。そして最後3段階目は、残りの60kWh(=360-300)に3段階目の料金単価30.57円を掛けます。これを全部足したものが、「電力量料金の合計」です。

そして「基本料金」とこの「電力量料金の合計」を足したものが、東京電力から請求される電気料金になります。もし仮に一か月の電力消費量が120kWh未満だったならば1段階目だけを、300kWh未満だったならば1段階目と2段階目だけを計算します。

  1. 基本料金 (アンペアごとに決まった金額)
  2. 電力量料金(1段階目を計算、2段階目を計算、3段階目を計算)

燃料調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金・・・燃料調整額は、発電のための燃料の価格や為替ルートの変動を電気料金に調整するためのもので、毎月マイナスになったりプラスになったりと、変動します。燃料費調整額は、燃料費調整単価 ×1か月の 電気使用量(kWh)で算出されます。再生可能エネルギー発電促進賦課金は、再エネ発電促進賦課金単価(円/kWh)× 電気使用量(kWh)で算出します。最終的な電気料金は、上記の「基本料金」「電力量料金」にこれらが加えられたものです。

東京電力エリアで電気料金を安くするには?

ここまでで、東京電力の電気料金の計算方法を知る事が出来ました。電気料金の計算方法を知りたいという方の中には、電気料金をなんとか減らしたいと思っている方もいるでしょう。そこで次に「東京電力エリアで電気料金を安くする方法」をご紹介します。

上の項目でも述べたように、毎月の東京電力の電気料金を決定するのは、アンペア毎に異なる「基本料金」と、毎月の「電力消費量(kWh)」に「1kWhあたりの値段」を掛けた金額です。

この2つのうち、「基本料金」は固定料金ですからアンペア容量を低くしない限り毎月同じ額を払わなくてはなりませんし、毎月の「電力消費量(kWh)」は、努力をして節電をしなければなかなか下げる事は出来ません。

ですから、簡単にすぐに電気料金を安くしたいのであれば、東京電力より安い「基本料金」や「電力量料金(1kWhあたりの値段)」を設定している電力会社に申し込むのが一番確実です。

それでは、関東地方で東京電力より安い「基本料金」や「電力量料金(1kWhあたりの値段)」を設定している電力会社に申し込んだらいくらくらい安くなるのでしょうか。具体的な数字を見ていきましょう。基本料金がそもそもゼロ円の会社もありますよ。

東京電力・従量電灯Bとの料金比較
契約アンペア数 基本料金
東京電力
従量電灯B

東京電力ホールディングス
HISのでんき
東京大江戸プラン

HTBエナジー
ENEOSでんき
Looopでんき
おうちプラン

10A 286.00円 × 286.00円 0 円
15A 429.00円 × 429.00円
20A 572.00円 × 572.00円
30A 858.00円 800.28 858.00円
40A 1144.00円 1067.04 1144.00円
50A 1430.00円 1333.80 1430.00円
60A 1716.00円 1600.56 1716.00円
電気の使用量 電力量料金(1kWhあたりの料金)
東京電力
従量電灯B

東京電力ホールディングス
HISのでんき
東京大江戸プラン

HTBエナジー
ENEOSでんき
Looopでんき
おうちプラン

最初の120kWhまで 19.88円 18.46 19.88円 26.40円
120-300kWh以上 26.48円 24.62円 24.54円
300kWh以上 30.57円 28.44円 26.22円

太字は最も安い料金。

関東地方には全国で最も多くの新電力が登場しています
⇒ 東京電力エリアで申し込める電力会社をチェックして、東京電力より安い電力会社を申し込んでみましょう。

電気の使用量や請求額をお知らせください。今より安くなる電気料金プランをお探しします。 ☎️ 03 4571 1508 (営業時間:午前10時から午後9時/セレクトラ・ジャパンコールセンター)

更新日