電話で電気・ガス切替相談

新居の電気・都市ガスお申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

新居の電気・都市ガスお申し込み


セレクトラのらくらく窓口では電気・ガス切り替え、新規お申し込みを承っています。
お申し込みフォームにご記入いただくと、らくらく窓口より折り返しお電話いたします。最適な料金プランをご案内、お申し込みまで電話1本で完了します。

電気の開通方法は? | 東京電力

Looopでんきの申し込み

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[Looopでんき]

  • 東京電力で60A契約なら毎月1716.00円かかるところ、Looopでんきならゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得
  • 東京ガスエリアなら電気とガスのセットで電気代がさらに2%お得
  • 解約金・違約金もゼロ円

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?

  • 東京電力で60A契約なら毎月1716.00円かかるところ、Looopでんきならゼロ円
  • 毎月300kWh以上利用する家庭なら従量料金もさらにお得
  • 東京ガスエリアなら電気とガスのセットで電気代がさらに2%お得
  • 解約金・違約金もゼロ円
東京電力EP・電気の開通方法は?
東京電力EP・電気の開通方法は?

東京電力での電気の開通に必要な手続きをご紹介します。電気の開通手続きの際に気を付けたいポイントも合わせてご紹介します。

とくとくガスプランに申し込む 下記のリンクからとくとくガスプランへの申し込みができます。(代理店:株式会社NNコミュニケーションズ)
 公式サイトはこちら

東京電力の供給エリアで電気の開通が必要となった場合、東京電力への申し込みが必要です。

東京電力の電気とガスのセットプランは、電話(セレクトラのらくらく窓口)もしくはインターネット(代理店:株式会社NNコミュニケーションズ)からお申し込みすることができます。
 電話で申込む(03-4579-5787)
 インターネットで申込む

引っ越しで電気の開通が必要な場合は、新しい住所と引越し日がすでに分かっていれば事前に手続きが可能です。

東京電力では電気の開通の手続きをインターネット、またはコールセンターで受け付けています。また、東京電力提供の「引っ越し連絡帳」の利用も便利です。

 東京電力の地域別の電話番号を確認する

電気の開通方法:東京電力

お引っ越しなどで、電気の開通が必要になった場合は、電話かインターネットで東京電力に申し込みを行います。東京電力に電話をする場合は、住んでいる地域によってコールセンターの電話番号が異なりますので確認が必要です。

 東京電力の地域別の電話番号を確認する

スマートメーター(新しい電力メーター)の普及がすすみ、お引越し前/入居日前までに電気の申し込みをしていおかないと当日電気が使えないことがありますので引っ越し日が決まったならば、すぐに開通の申し込みをすることが理想的です。

とくとくガスプランに申し込む 下記のリンクからとくとくガスプランへの申し込みができます。(代理店:株式会社NNコミュニケーションズ)
 公式サイトはこちら

電気開通に必要な情報:東京電力

東京電力と電気契約を結ぶのに必要な情報は以下の通りです。選べる東京電力の電気料金メニューはこちらから確認できます。

 選べる東京電力の電気料金メニューを確認する

  1. 住所
  2. 契約名義(契約者名)
  3. 電気の使用開始希望日
  4. 電気料金メニュー
  5. 契約容量(アンペア)
  6. 支払い方法(クレジットカード・口座振替)

東京電力の電気契約を結ぶのに必要な契約アンペア数について説明します。東京電力で一般的な電気料金プランである従量電灯タイプの料金プランを利用する場合は、必ず必要なアンペア数について確認必要があります。

東京電力の従量電灯タイプのプランは【従量電灯B・C、スタンダードS・L、プレミアムS・L】になります。必要なアンペア数は部屋の大きさや世帯人数、一度に利用する電化製品の数によって異なります。

必要な契約アンペア数がわからないという方は次の記事を参照にしてください。

 必要なアンペア数の選び方

選べる東京電力の電気料金メニュー

東京電力の電気開通の際には料金プランを選ぶ必要があります。オール電化でない場合、従量電灯タイプの料金プラン【従量電灯B・C、スタンダードS・L、プレミアムS・L】が最も一般的なプランとして選ばれています。アンペア容量は自分で指定をしない限り、前住んでいた人の容量が踏襲されます。

各メニューボタンをクリックするとそれぞれの料金表を確認することができます。なお、料金表の金額以外に「燃料費調整額」、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」が使用量に応じてかかります。

東京電力の従量電灯プランとは?

東京電力に限らず、オール電化でない限り「従量電灯」という電気料金が最も一般的で、契約者の多い電気料金プランになっています。

「基本料金(アンペア容量ごとに料金が変わる)」+「電力量料金(電気の使用量ごとに電気料金が変わる)」の2つで構成されているのが従量電灯プランです。

新電力(自由料金制で電気料金を設定している電力会社)もこの従量電灯プランと同じ構成で料金を設定しているところがほとんど(CDエナジーダイレクトよかエネなど)ですが、別の料金構成をとっているところ(Looopでんき)もあります。

注目の新電力:Looopでんき、CDエナジーダイレクト、よかエネと東京電力の従量電灯プランと比べてどれくらい安くなるのか比べてみました。


東京電力・従量電灯Bと新電力の料金比較
基本料金
契約アンペア数 東京電力
従量電灯B
東京電力
Looopでんき
おうちプラン
Looopでんき
よかエネ
従量電灯B
よかエネ
CDエナジーダイレクト
ベーシックでんき
CDエナジーダイレクト
10A 286.00円 0円 257.40円 267.66円
15A 429.00円 386.10円 401.49円
20A 572.00円 514.80円 535.32円
30A 858.00円 772.20円 802.98円
40A 1144.00円 1029.60円 1070.64円
50A 1430.00円 1287.00円 1338.30円
60A 1716.00円 1544.40円 1605.96円
電力量料金
電力使用量 東京電力
従量電灯B
Looopでんき
おうちプラン
よかエネ
従量電灯B
CDエナジーダイレクト
ベーシックでんき
120kWhまで 19.88円 26.40円 17.89円 19.78円
120kWh超えて300kWhまで 26.48円 23.83円 25.47円
300kWh超える 30.57円 27.51円 26.38円

比べてみると、どの料金プランも東京電力より安くなっていることがわかります。Looopでんきは基本料金が0円になるので、アンペア数が高い契約の場合は節約額が大きくなります。よかエネは基本料金と電力量料金がそれぞれ10%安くなります。ですので、電気をあまり使わない方でも切り替えるだけで10%電気代を節約できます。

CDエナジーダイレクトもそれぞれ基本料金と電力量料金が東京電力に比べて安くなります。またCDエナジーダイレクトは電気代の支払いにも利用できるカテエネポイントが1%還元されます。なので実質この金額からさらに1%電気代を節約できます。またAmazonプライムがついた料金プランや、ポイントが最大6%還元されるプランなど生活スタイルに合わせた料金プランもあります。

新電力 特徴
Looopでんき
 公式サイト
基本料金が0円、電力量料金が1段階のシンプルなプラン。
よかエネ
 公式サイト
基本料金と電力量料金が10%安くなる。
CDエナジーダイレクト
 公式サイト
1%のポイント還元がつく。生活スタイルに合わせた料金プランがある。

この他にも東京電力エリアで選べる新電力はまだまだあります。下記のリンク先を参考にしてください。

 関東エリアで一番安い電気料金プランは?

電気の開通当日にやること:東京電力

電気の契約がすでに完了している場合、やることはそれほど多くありません。ただし、電力メーターの種類によってやり方が異なる点に注意が必要です。

電力メーターは戸外に設置してある、電気の使用量を計測するメーターのことです。従来のアナログ式のメーターと、電力自由化以降切り替えが進んでいるデジタル式のスマートメーターの二種類があります。

従来のアナログ式のメーターの場合は、アンペアブレーカーが室内に取り付けられているので、ブレーカーを操作して通電状態にします。通電状態にする方法は以下の通りです。

  1. アンペアブレーカー(ついていない場合もあります)
  2. 漏電遮断器
  3. 配線用遮断器
アンペアブレーカーの使い方

スマートメーターの場合はブレーカーが内臓されていおり、電気の通電管理は全てリモートで電力会社および送配電会社によって管理・操作されています。

そのため電気を契約しているにもかかわらずスマートメーターを利用していて通電されない場合は、契約した電力会社もしくは送配電会社に連絡しましょう。また従来の電力メーターを利用していてブレーカーを操作しても電気がつかなかった場合も同様に電力会社・送配電会社に連絡しましょう。

東京電力管内(関東エリア)の送配電会社は東京電力パワーグリッドになります。連絡先は以下の通りです。

契約しているのに電気がつかない時:東京電力エリア 東京電力パワーグリッドに連絡する:0120-995-007(フリーダイヤル)/03-6375-9803(有料)

電気の支払い方法:東京電力

東京電力の電気料金の支払い方法は、「口座振替」払い、「クレジットカード」払い、「振込用紙」払いの3種類から選ぶことができます。

引越し先で、引き続き東京電力の電気を使用する場合、それまでの支払方法と同じ方法で支払いたい場合でも、別途申し込みをする必要があります。

支払方法の申し込み方法が完了するまでは、 振込用紙(請求書)での支払いになりますので、支払期限に気を付けて、指定の金融機関窓口、コンビニエンスストアで現金で支払うことになります。

とくとくガスプランに申し込む 下記のリンクからとくとくガスプランへの申し込みができます。(代理店:株式会社NNコミュニケーションズ)
 公式サイトはこちら

まとめ:東京電力の電気の開通方法

東京電力の電気の開通が必要な場合は、電話・インターネットでの申し込みが可能です。スマートメーターの普及により、事前に電気開通の申し込みをしていなかった場合、当日電気が使えないということもありますので早めに申し込みを行います。

申し込みの際には、電気料金プラン、契約アンペア、支払い方法を選択する必要がありますので、事前に準備をしておきましょう。

お引っ越し先で、新電力を選んで契約することも可能です。電気開通の手続きはいずれにしても必要になりますから、安い電気料金を探して契約するのも一つの方法です。

更新日