東京電力・電気の開通方法は?

基本料金無料の電気料金プランに切替えませんか?[広告]

基本料金無料のLooopでんきに切替ませんか?東京電力の従量電灯プランで60A契約なら毎月1716.00円かかるところ、Looopでんきならゼロ円になります。
また2020年4月30日(木)までのお申込みで、2,020円分のQUOカードPayが申し込み者全員にプレゼント!!

対象プラン:おうちプラン・ビジネスプラン・動力プラン。また個人の申し込みのみ有効。(法人は対象外です。)

お申し込みには検針票をご準備ください。お客様番号が分かると申し込みがスムーズです。

※これは広告です

東京電力・電気の開通方法は?
東京電力・電気の開通方法は?

東京電力での電気の開通に必要な手続きをご紹介します。電気の開通手続きの際に気を付けたいポイントも合わせてご紹介します。

  • 東京電力での電気の開通申し込みはインターネットや東京電力のコールセンターで簡単に出来ます。
  • 契約アンペアや、支払い方法を決めておきましょう。

東京電力の供給エリアで電気の開通が必要となった場合、東京電力への申し込みが必要です。

引っ越しで電気の開通が必要な場合は、新しい住所と引越し日がすでに分かっていれば事前に手続きが可能です。

東京電力では電気の開通の手続きをインターネット、またはコールセンターで受け付けています。また、東京電力提供の「引っ越し連絡帳」の利用も便利です。

東京電力・電気の開通方法

お引っ越しなどで、電気の開通が必要になった場合は、電話かインターネットで東京電力に申し込みを行います。東京電力に電話をする場合は、住んでいる地域によってコールセンターの電話番号が異なりますので確認が必要です。

スマートメーター(新しい電力メーター)の普及がすすみ、お引越し前/入居日前までに電気の申し込みをしていおかないと当日電気が使えないことがありますので引っ越し日が決まったならば、すぐに開通の申し込みをすることが理想的です。

電話で簡単。お引っ越し先の電気の申し込み ☎️ 03 4571 1508 (営業時間:午前10時から午後9時/セレクトラ・ジャパンコールセンター)

東京電力 - 電気の開通に必要な情報

  1. 住所
  2. 契約名義(契約者名)
  3. 電気の使用開始希望日
  4. 電気料金メニュー
  5. 契約容量(アンペア)
  6. 支払い方法(クレジットカード・口座振替)

東京電力の提供の電気料金プラン

東京電力の電気開通の際には料金プランを選ぶ必要があります。オール電化でない場合、従量電灯Bが最も一般的なプランとして選ばれています。アンペア容量は自分で指定をしない限り、前住んでいた人の容量が踏襲されます。

夜間割引=夜間割引料金あり季節料金=季節料金あり週末祝日料金=週末祝日料金あり時間帯料金=時間帯料金あり

東京電力の電気料金メニュー
主な電気料金
メニュー
概要
従量電灯B・C
  1. スタンダードな電気料金メニューです。
  2. 電力小売自由化以前からある電気料金メニューで、現在最も契約数の多いプランです。
  3. 電力量料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。
  4. 基本料金は契約するアンペア数(10Aから60A)によって変わります。
スタンダードプランS・L
  1. 従量電灯プランと同様に基本料金は契約するアンペア数((10Aから60A)によって変わります。
  2. 電力量料金は、2段階(0-300kWhと300kWh以上)に設定されています。
  3. スタンダードSもスタンダードLも料金は同じで、スタンダードLは基本料金が6kVA以上の契約向けのプランになっています。
プレミアムS/Lプラン
  1. プレミアムLプランは、基本料金となる契約電力が、過去11カ月の使用電力量によって決定されるプランです。(スマート契約)
  2. プレミアムSプランは、従量電灯プランと同様にアンペアによって基本料金が変わります。
  3. 電力量料金が、最初の400kWhまでは定額で、400kWhを超えたら1kWhあたりで電気料金が計算されます。

スマートライフプラン
スマートライフS/Lプラン
夜間割引
  1. オール電化向けの電気料金プランです。
  2. スマートライフプランとスマートライフLプランは、基本料金となる契約電力が、過去11カ月の使用電力量によって決定されるプランです。(スマート契約)
  3. スマートライフSプランは、従量電灯プランと同様にアンペアによって基本料金が変わります。
  4. 昼間時間(午前6時から翌午前1時まで)と夜間時間(午前1時から午前6時まで)によって1kWhあたりの電気料金が異なります。
  5. エコキュートとIHクッキングヒーターなどの故障修理サービスが付いています。
夜トクプラン8/12
夜間割引
  1. 夜の時間帯の電気の使用が多い人向けのプランです。
  2. 基本料金となる契約電力が、過去11カ月の使用電力量によって決定されるプランです。(スマート契約
  3. 電力量料金が昼間時間と夜間時間の2つの時間帯により2種類に分かれています。

アクアエナジー100

  1. 水力発電の電気を100%使用したプランです。

スタンダードプランX
スタンダードプラン A
(関西エリア)

  1. スタンダードプランXは、基本料金となる契約電力が、過去11カ月の使用電力量によって決定されるプランです。(スマート契約)
  2. スタンダードプラン Aは、関西電力の従量電灯Aに準じたプランです。
プレミアムプラン
(関西エリア)
  1. 基本料金となる契約電力が、過去11カ月の使用電力量によって決定されるプランです。(スマート契約
  2. プレミアムプランは、電力量料金が、最初の400kWhまでは定額です。
  3. 1か月の電力使用量が400kWhを超えた場合は、1kWhあたりで電気料金が計算されます。

スタンダードプランS・L
(中部エリア)

  1. 中部電力の従量電灯プランと同様に基本料金は契約するアンペア数((10Aから60A)によって変わります。
  2. スタンダードSもスタンダードLも料金は同じで、スタンダードLは基本料金が6kVA以上の契約向けのプランになっています。

スタンダードプランX
(中部エリア)

  1. 基本料金となる契約電力が、過去11カ月の使用電力量によって決定されるプランです。(スマート契約)
  2. スマートメーターの設置がされていない場合は、スマートメーターの設置が必要になります。
  3. 電力量料金は、スタンダードSとスタンダードLと同じです。

プレミアムプラン
プレミアムS/L 
(中部エリア)

  1. プレミアムプランは、基本料金となる契約電力が、過去11カ月の使用電力量によって決定されるプランです。(スマート契約
  2. プレミアムS/L プランは、中部電力の従量電灯プランと同様に基本料金は契約するアンペア数((10Aから60A)によって変わります。
  3. 電力量料金が、最初の400kWhまでは定額で、400kWhを超えた場合は1kWhあたりで電気料金が計算されます。

東京電力の会社概要

東京電力の会社概要
社名 東京電力株式会社
英訳名 Tokyo Electric Power Company, Incorporated
(TEPCO)
本社所在地 〒100-8560 東京都千代田区内幸町1丁目1番3号
TEL:03-6373-1111(代表)
設立 1951年5月1日
資本金 1兆4,009億円
株主数 789,633人
売上高 6兆8,024億円 (2014年度)
経常損益 2,080億円 (2014年度)
当期純損益 4,515億円 (2014年度)
総資産額 13兆7,276億円
従業員数 33,853人
関係会社数 84社

(2018年6月)

東京電力・従量電灯プランとは?

東京電力に限らず、オール電化でない限り「従量電灯」という電気料金が最も一般的で、契約者の多い電気料金プランになっています。

「基本料金(アンペア容量ごとに料金が変わる)」+「電力量料金(電気の使用量ごとに電気料金が変わる)」の2つで構成されているのが従量電灯プランです。

新電力(自由料金制で電気料金を設定している電力会社)もこの従量電灯プランと同じ構成で料金を設定しているところがほとんど(ENEOSでんきなど)ですが、別の料金構成をとっているところ(Looopでんき
)もあります。

東京電力・従量電灯Bってどんなプランなのか?
契約アンペア数 基本料金
東京電力
従量電灯B

東京電力ホールディングス
ENEOSでんき Vプラン

(関東エリアでのみ契約可能)
Looopでんき
おうちプラン


(関東を含む全国で契約が可能。)
契約するアンペア容量によって基本料金が上がるしくみなっている。 契約するアンペア容量によって基本料金があがるしくみなっている。(東京電力のしくみを踏襲) 契約するアンペアに限らず基本料金が0円に設定されている。
10A 286.00円 286.00円 0 円
15A 429.00円 429.00円
20A 572.00円 572.00円
30A 858.00円 858.00円
40A 1144.00円 1144.00円
50A 1430.00円 1430.00円
60A 1716.00円 1716.00円
電気の使用量 電力量料金(1kWhあたりの料金)
東京電力
従量電灯B

東京電力ホールディングス
ENEOSでんき Vプラン
Looopでんき
おうちプラン

使用量によって1kWhあたりの料金が3段階に変わる。 使用量によって1kWhあたりの料金が3段階に変わるが料金は安く設定されている。 使用量によって1kWhあたりの料金は変わらない。
東京電力の120kWh以上の料金に比べて安い。
最初の120kWhまで 19.88円 19.88円 26.40円
120-300kWh以上 26.48円 24.54円
300kWh以上 30.57円 26.22円

電気の開通当日

賃貸住宅に引っ越す場合は、通常は分電盤のブレーカーを「入」にすればすぐに電気が使えることがほとんどです。

ただし、長くそこで電気が使用されていない場合は、ブレーカーを入れても電気がつかない場合や、すでに電力メーターがスマートメーターに代わっている場合は、事前に電気開通の手続きをしておかないと電気が当日使えないことがありますので、注意が必要です。

ブレーカーの「入」は、1)アンペアブレーカー、2)漏電遮断器 3)配線用遮断器の順で。

東京電力・電気の支払い方法

東京電力の電気料金の支払い方法は、「口座振替」払い、「クレジットカード」払い、「振込用紙」払いの3種類から選ぶことができます。

引越し先で、引き続き東京電力の電気を使用する場合、それまでの支払方法と同じ方法で支払いたい場合でも、別途申し込みをする必要があります。

支払方法の申し込み方法が完了するまでは、 振込用紙(請求書)での支払いになりますので、支払期限に気を付けて、指定の金融機関窓口、コンビニエンスストアで現金で支払うことになります。

東京電力・電気の開通方法 - まとめ

電気料金・ガス料金を選ぶならセレクトラにお電話を。

東京電力の電気の開通が必要な場合は、電話・インターネットでの申し込みが可能です。スマートメーターの普及により、事前に電気開通の申し込みをしていなかった場合、当日電気が使えないということもありますので早めに申し込みを行います。

申し込みの際には、電気料金プラン、契約アンペア、支払い方法を選択する必要がありますので、事前に準備をしておきましょう。

お引っ越し先で、新電力を選んで契約することも可能です。電気開通の手続きはいずれにしても必要になりますから、安い電気料金を探して契約するのも一つの方法です。

更新日