電気料金・ガス料金の比較

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、無料の電気ガス料金比較ツールをご利用ください。

電話で電気・ガスの切替相談

只今のお時間は弊社コールセンターの営業時間外となります。営業時間内に改めてお電話いただくか、無料の電気ガス料金比較ツールをご利用ください。

今すぐ電気料金プランを変更しないと損?

今すぐ電気料金プランを変更しないと損?
今すぐ電気料金プランを変更しないと損?

ついに、電力自由化がスタートしました!
毎日、コマーシャルやダイレクトメールを目にしますし、時には訪問販売も来ますね。今すぐ電気料金を変更しないと損してしまうのでしょうか?

今すぐ電気料金を変更しないと損?

結論から言うと、きちんと内容を理解していてこちらに乗り換えれば絶対安い、と自分ではっきりわかっているプランでなければ、慌てて契約するよりはじっくり時間をかけて調べて考えてからの方が良さそうです。

「今だけオトク!」なキャンペーンも確かに存在し、キャンペーンによっては金額も大きいです。
契約したい電力会社電気料金プランがはっきりしているなら、キャンペーン期間中にしっかり申し込むのがいいでしょう。その場合も、解約条件の確認は忘れずに!

電気料金を変更する時のポイント

電気料金を変更する場合は、以下のポイントをよく見て変更しましょう。

  • 料金から選ぶ
    なんといっても料金は、多くの人にとって一番重要なポイントです。ガス会社の電気料金プランや、通信会社のネットとセットのプランなど、その電力会社ごとに個性豊かな様々な料金プランがあります。また、比較的新しい電力会社である新電力の会社の料金プランは個性豊かなものも多く、一度見てみる価値はあるでしょう。
  • 発電方法から選ぶ
    どうやって作られた電気なのか、発電方法に関しては、風力や水力など環境に優しい再生可能エネルギーを多く使った会社から電気を買いたい、という人は多いかもしれません。
  • セット割引から選ぶ
    電力小売り自由化に伴い、ガス会社やインターネット、携帯の会社から、スーパー、ガソリンスタンドなど、本当に様々なジャンルの会社が電力の小売りに参入を表明しています。これにより私達は、いろいろな普段の支払いと電気料金とのセット割が期待できます。

電気料金を変える時、こうならないように注意しよう!

電気料金プランは、基本的にはいつでも変える事はできますが、気を付けなければいけないのは、契約するのは簡単だけれど解約が難しいプランも少なからずあるという事です。
特に、携帯やネット、ガスなどとのセット割引で契約する場合、解約が簡単でなかったり、解約するともう片方のものが高くなったりしてしまいがちです。
 

  • 別の会社に変えたくて解約したら、違約金を請求された!
    これらは、携帯電話やインターネットプロバイダーなどの契約時に発生する違約金と同じイメージです。“長期契約を結ぶと安くなる”ことをうたっている場合、年数縛りや、解約時違約金がセットでついてくる可能性は高いです携帯電話やインターネットの会社とのセット割引の場合、解約条件をしっかり確認しましょう。
  • 契約したはいいけれど、解約が難しい。
    これも特に、携帯電話やインターネットプロバイダーなどの元々契約が複雑なプランに多くありがちです。解約条件が複雑な場合も多いので、契約する前に解約条件までしっかり確認しましょう。
  • セット割で片方を解約したら、電気料金が割高になってしまった
    セット割の場合、セットの対象となるガス、携帯電話、ケーブルテレビなどを解約してしまうと、その割引が適用にならなくなる可能性が高いです。そして、割引が適用にならなくなると、割高な電気料金になる可能性はとても高いてす。
  • 料金だけで決めてしまい、サポートが不十分。
    料金だけしか見ずに契約したら、電話でのサポートはなく、メールやチャットのみだった、という事は今後起こり得ます。これは逆に、値段さえ安ければ過剰なサポートは不要、という方にはぴったりでしょう。悪質なケースだとサポートに電話してもつながりにくい事もあるかもしれません。サポート体制もしっかり確認して選びたいですね。 ちなみに、サポートが悪くても、停電が起こりやすい、といったことは一切ありません。
  • 今までは電気料金をしばらく滞納しても大丈夫だったのに、2週間滞納しただけで電気を止められた!
    現在の大手電力会社10社は、電力会社によって差はありますが、滞納してもおよそ検針の2か月後までは電気が止められません。経営に余裕のある地域独占事業であった事や人道的な観点から、すぐに電気が止まることはありませんてじた。電力小売り自由化後も、滞納したらすぐに電気が止まることはありません。電力取引監視等委員会は、小売電気事業者が契約の解除を行うには、解除を行う一定期間前(15日程度前)に利用者に予告することをガイドラインの中で定めています。 電力小売り自由化後は、このガイドラインを厳格に運用する電力会社も出てくると思われます。電気料金は滞納せずにきちんと払いましょう。

などといったトラブルの可能性があります。

また、契約した電力会社が倒産する事もありえます。(その場合でも電気は止まりませんので安心してください。)
セレクトラで、じっくりと、あなたにあった電気料金プランを探してみましょう!

更新日