電話で電気・ガス切替相談

お引っ越しで新規に電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?

電話での申し込みを受け付けています。電気料金・ガス料金のエキスパート、セレクトラにご相談ください。 (セレクトラ・ジャパンコールセンター)

 

コールセンターの営業時間・ご利用方法についてはこちら

お引っ越しで新規に電気・都市ガスの申し込みが必要ですか?

電話での申し込みを受け付けています。電気料金・ガス料金のエキスパート、セレクトラにご相談ください。(セレクトラ・ジャパンコールセンター)

 


営業時間・ご利用方法についてはこちら

Amazonプライムのついた電気料金 - CDエナジーダイレクトは本当にお得?

Amazonプライムのついた電気料金 - CDエナジーダイレクトは本当にお得?
Amazonプライムのついた電気料金 - CDエナジーダイレクトは本当にお得?

CDエナジーダイレクトには、Amazonの人気サービスであるAmazonプライムの年会費が無料になる「エンタメでんき」というプランがあります。エンタメでんきは具体的にどのような内容なのでしょうか。

  • 毎月330kWh以上ならAmazonプライムの年会費以上にお得になります。(東京電力・従量電灯Bと比較)
  • CDエナジーダイレクトのお申し込みはセレクトラのコールセンター(03-4571-1508)で承っています。

CDエナジーダイレクトとは

CDエナジーダイレクトは、電力の自由化をきっかけに中部電力大阪ガスがそれぞれ50%出資して2018年に設立した電力・都市ガスサービスを提供する会社です。

電力に関しては、主に関東圏の東京電力パワーグリッドの供給エリアのユーザーに対して、電気の小売りサービスを提供しています。

CDエナジーダイレクトの特徴として、豊富な特典付きプランがあげられます。PlayStationの利用券が付くプランや大阪チャンネルが付くプラン、読売KODOMO新聞が届くプランなど、ユーザーのライフスタイルに合わせて様々なプランを用意して顧客満足度を高めているのです。

CDエナジーダイレクトのAmazonプライム付きプランって何?

CDエナジーダイレクトのAmazonプライム付き電気料金プラン
Amazonプライム付き電気料金プランとは?

CDエナジーダイレクトでは、電気の使用量や家族構成、ライフスタイルなど消費者の様々なニーズに合わせたプランが豊富に用意されています。その中でも一際特徴的なプランが、「エンタメでんき」というAmazonプライムがついたプランです。

ちなみにAmazonプライムとは、Amazonが提供しているサブスクリプション(課金型会員サービス)であり、Amazonで購入した商品の配送の特典やプライムビデオ、プライムミュージックなどのデジタルコンテンツを楽しめる人気のサービスです。

このエンタメでんきに申し込めば、年間4,900円かかるAmazonプライムの年会費をCDエナジーダイレクトが負担してくれます。すでにAmazonプライム会員である方でも、会員期間を1年間延長するプライムギフトコードが付与されるのでおとくに利用できるようになります。

Amazonプライム付きプランの料金は

気になるエンタメでんきの料金は、以下の通りです。

「エンタメでんき」の基本料金 
契約アンペア 基本料金
10A 675.99円
15A 809.82円
20A 943.65円
30A 1211.31円
40A 1478.97円
50A 1746.63円
60A 2014.29円
「エンタメでんき」の電力量料金
使用電力量 電力量料金
15kWh超過120kWhまで 19.78円/kWh(税込)
120kWh超過300kWhまで 25.79円/kWh(税込)
300kWh超過 30.57円/kWh(税込)

東京電力従量電灯Bと比較した場合、月に330kWh以上の電気を利用する家庭であれば年間でAmazonプライム年会費相当額以上おトクになります。

さらにエンタメでんき料金100円につき、CDエナジーダイレクトの「カテエネポイント」が1ポイント付与されます。たまったカテエネポイントは、電気料金のお支払いへの利用や他社ポイントなどに交換することが可能です。

Amazonプライム付きプランにデメリットはある?

エンタメでんきのようなAmazonプライムがついたプランは、Amazonプライムの年会費をCDエナジーダイレクトが負担してくれることから、一見おとくなように見えます。

しかし、本当にエンタメでんきプランはおとくになるのか疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。

Amazonプライムがついたエンタメプランのデメリットは以下の3つです。

  1. 解約金がかかる
  2. 自分で解約が必要
  3. 自分で解約が必要

デメリット1:解約金がかかる

CDエナジーダイレクトのエンタメでんきには、1年間の契約期間が設定されています。この契約期間中に他のプランへ変更したり他社へ切り替えを行なった場合、解約金が発生するので注意が必要です。

具体的には、エンタメでんきの適用がなくなった月から契約終了日までの残りの期間にお応じて、1ヶ月あたり400円を乗じた金額と解約事務手数料の495円が発生します。

デメリット2:自分で解約が必要

エンタメでんきを解約した後、Amazonプライムを継続して利用しない場合は、自分自身でAmazonプライムの退会手続きを行う必要があります。

もしAmazonプライムの退会手続きを行わない場合、CDエナジーダイレクトが通知したプライムギフトコードの有料会員期間終了後は、AmazonよりAmazonプライム会費が請求されることになるため注意が必要です。

デメリット3:基本料金が割高になる

エンタメでんきの基本料金は、CDエナジーダイレクトの一般的なプランである「ベーシックでんきB」と比較して料金がやや割高に設定されています。

以下、エンタメでんきとベーシックでんきBの基本料金を紹介します。

[エンタメでんき]と[ベーシックでんきB]の基本料金を比較 
  エンタメでんき ベーシックでんきB 
10A 675.99円 267.66円
15A 809.82円 401.49円
20A 943.65円 535.32円
30A 1211.31円 802.98円
40A 1478.97円 1070.64円
50A 1746.63円 1338.30円
60A 2014.29円 1605.96円

上記の基本料金の比較から分かる通り、エンタメでんきの方がベーシックでんきBよりも400円ほど高く設定されています。

Amazonプライムを頻繁に利用する機会がない方や、電気料金をできるだけ低く抑えたいと思っている方は、エンタメでんきはあまりお得に感じられないかもしれません。

Amazonプライム付きプランはこんな人におすすすめ

CDエナジーダイレクト

Amazonプライムは人気の高いサブスクリプションであり、CDエナジーダイレクト以外にも複数の電力会社が同じようなAmazonプライム付きのプランを用意しています。

CDエナジーダイレクトのエンタメでんきは、以下のような人におすすめのプランです。

  1. Amazonで頻繁に買い物をする方
  2. 様々な動画や音楽を楽しみたい方
  3. 支払いをできるだけまとめたい方

以下、それぞれ解説します。

Amazonで頻繁に買い物をする方

日常的にAmazonを利用して買い物をする方は、Amazonプライム付きプランがおすすめです。Amazonプライム会員になると配送料が無料となるだけでなく、当日配送やお急ぎ便など配送に関する様々な特典も無料で利用できるようになります。

さらにAmazonプライム会員限定のセールに参加することもできることから、お得に買い物をできるメリットもあります。

様々な動画や音楽を楽しみたい方

Amazonプライム会員になると、プライムビデオで人気のある動画や音楽を無料で好きなだけ見ることができます。話題性の高い作品や最新の映画なども楽しむことができることから、動画や音楽などのエンタメを楽しみたい方はエンタメでんきを申し込むことをおすすめします。

支払いをできるだけまとめたい方

エンタメでんきを申し込むと、AmazonへAmazonプライムの年会費を支払うことなくAmazonプライムを利用できます。CDエナジーダイレクトとの契約でAmazonの会員サービスを利用できることから、支払い先をシンプルにすることができます。

まとめ

今回は、CDエナジーダイレクトのAmazonプライム付きプランを紹介しました。

Amazonプライム会員限定の様々なサービスを利用できるお得なプランである反面、事前に解約金の存在や解約手続きの必要性などを把握しておく必要があるでしょう。

今後お得なプランや新しいプランに申し込む際は、メリットだけでなくデメリットや注意点にも配慮して、契約を検討することをおすすめします。

CDエナジーダイレクトへの新規利用開始お申し込みは、CDエナジーダイレクトの公式サイトもしくは、セレクトラのコールセンター(03-4571-1508)で承っています。

更新日