本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

セレクトラの記事には広告が含まれていますが、実際の記事はコンテンツポリシーに則って一次情報を確認・参考にして作成しており、広告掲載がコンテンツの評価やランキングに影響を与えることは一切ありません。

【PR】

セレクトラの記事には広告が含まれていますが、実際の記事はコンテンツポリシーに則って一次情報を確認・参考にして作成しており、広告掲載がコンテンツの評価やランキングに影響を与えることは一切ありません。

🥇おすすめNo.1!全てにおいて業界最安級 楽天モバイル

楽天モバイルiPhoneトク得乗り換えキャンペーン
  • iPhone業界最安値
  • データ無制限&24時間通話無料3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • MNPで iPhoneが最大40,000円相当お得

🥇業界最安級!
楽天モバイル

楽天モバイルiPhoneトク得乗り換えキャンペーン
  • iPhone業界最安値
  • データ&通話が無制限3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • MNPで iPhoneが最大40,000円分お得

iPhone 16/iPhone 16 Proの噂・リーク情報まとめ - 発売日はいつ?新AI機能、新たなボタン登場?最新情報をお届け

更新日
本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
iPhone16/iPhone16Proの噂・リーク情報まとめ

2024年9月の発売が期待される、iPhone 16シリーズの噂・リーク情報をまとめています。

注目は、全モデルに「アクションボタン」の搭載と、iPhone 16 Pro / 16 Pro Maxに新搭載の「キャプチャボタン」。
新たな側面のボタンが、iPhoneの使い勝手を更に向上してくれそうです。デザイン面の変更にも期待大!

そしてiPhone初の本格的なAI機能搭載iPhoneとなりそうです。

新型のiPhone 16を買うべきか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

📱ドコモ品質のスマホを格安で!

ahamo端末セットキャンペーン

iPhone 16シリーズの発売日はいつ?

セレクトラ編集部のiPhone 16シリーズ発売日予想は、2024年9月20日(金)です。

というのも、 歴代iPhoneの発売日は、9月の2~3週目の金曜日が多いからです。予約は発売の1週間前に開始します。
2024年9月発売が濃厚のiPhone 16シリーズも、例年の傾向に従って発表、発売となることが期待されます。

今からiPhone 16シリーズの情報を集めて、iPhone 16を待つべきかどうか検討していきましょう。

\楽天カード会員は2万円分還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

【大注目】iPhone 16シリーズのAI機能

iPhone 16シリーズでは、Appleが大きく戦略を変更してさまざまな生成AI機能を搭載してくる見込みが出てきました。

Google PixelやGalaxyがAIスマホの代表格になっていく一方、そこまでAI機能で目立ってこなかったiPhone。
新型iPhone 16の大きなアピールポイントが、AI機能になる可能性が高まっています。

新しいAI機能のカギを握るのが、同じく2024年9月にリリースされるiOS18です。

iOS18のAI機能に関する最新リーク情報がこちらです。

Siriの大幅な改良

Siriの大幅な改良で、より自然な対話ができるよになり、Siriにタスクをお願いするのがよりスムーズになりそうです。

AIでカスタム絵文字生成

ブルームバーグ社のマーク・ガーマン氏のニュースレターPower Onによると、Appleがユーザーがテキストメッセージで送った内容に基づいて、カスタム絵文字を即座に作成できるソフトウェアを開発しているとのことです。

iOSでは毎年のアップデートで新しい絵文字が追加されますが、もうそれを待たずとも、新しい絵文字を作れる時代がすぐそこに来ているようです。

RCSでiPhone-Android間のメッセージング大幅改善

RCS(リッチ・コミュニケーション・サービス)とは、SMSとMMSの後継となるサービスです。SMSよりも多くの文字数を送信でき、ファイルの送受信やコンテンツの共有なども可能です。

RCSが導入されることで、iPhoneとAndroid間の会話で、既読通知、入力インジケーター、高品質の画像や動画の送信、位置情報の共有などの機能が有効になります。

AppleはRCSについて「2024年後半にiPhoneで利用できるようになる」としており、iOS18の一部に含まれることが期待されています。

アクセシビリティの強化

Appleは5/15に、iOS 18のソフトウェアアップデートで導入される、新しいアクセシビリティ機能を発表しました

  • アイトラッキング:AIとフロントカメラを連動させ、目の動きでiPhoneやiPadを操作できる
  • ミュージック ハプティクス:聴覚に困難のあるユーザーに、iPhoneが音を振動に変換して音楽を伝える
  • ボイスショートカット:Siri が理解できるカスタム発話を割り当てて、ショートカットを起動したり複雑なタスクを完了したりできる
  • 乗り物酔い防止機能:画面の端にあるアニメーション化されたドットが乗り物の動きの変化を表し、メインのコンテンツを妨げずに見ているものと感じているものの感覚的矛盾を軽減する

アプリへのAI活用

iOS18では、アプリにも様々なAI機能の搭載が期待されています。

  • メッセージアプリにAIを統合し、「質問に答えたり文章を自動補完したり」できる
  • Apple Musicで「自動生成プレイリスト」を作成
  • KeynoteやPagesなどのiWorkアプリに生成AIを統合

新しいAI機能の詳細は6月のWWDC(Apple Worldwide Developers Conference:アップルの開発者向けイベント)で発表される予定です。AppleがAIブームの波に乗れるのか、注目ですね。

最新のAチップを搭載したiPhone 16シリーズは、iOS18を最大限に楽しめるiPhoneとなることは間違いありません。
iPhone 16で生活がより便利に、楽しくなりそうですね。

\楽天カード会員は2万円分還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

iPhone 16シリーズのラインナップ

iPhone 16シリーズも、15に引き続きiPhone 16、16 Plus、16 Pro、 16 Pro Maxの4種類のラインナップとなることが予想されています。

最上位モデル「Ultra」登場の噂もありましたが、iPhone 16シリーズに搭載が見込まれるiOS18の情報からは、「Ultra」の存在が見られなかったMacRumorsのレポートが伝えています。

\楽天カード会員は2万円分還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

iPhone 16シリーズの価格

気になるiPhone 16シリーズの価格は、iPhone 15シリーズよりも値上げとなりそうです。

値上げの理由は、iPhone 15から急騰している製造コストの回収です。

標準モデルのiPhone 15でも、製造にかかるコストはiPhone 14に比べて16%上がっていました。しかしiPhone 15シリーズでは小売価格に完全に上乗せをせず、Appleは大部分を吸収していました。

しかし、このまま増加するコストを吸収していては、Appleの収益に影響が出ると見込まれているため、iPhone 16シリーズの発売では、販売価格にコスト分の値上げが予想されます。

セレクトラ編集部が2023年に行った調査では、iPhone購入で「価格」を最も重視する方は全体の41%でした。
価格を上げてもiPhoneファンが付いてくるのか、iPhone 16シリーズの仕上がりに注目です。

\楽天カード会員は2万円分還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

iPhone 16シリーズのカラー

iPhone 16 / iPhone 16 Plusのカラー

iPhone 16のカラーバリエーション
画像引用:MacRumors

中国のSNS、webio上のリーカー「Fixed focus digital」は、iPhone 16のカラーバリエーションは、ブルー・ピンク・イエロー・グリーン・ブラック・ホワイト・パーブルの7色展開と伝えています。
iPhone 15/15 Plusのカラバリにホワイトとパープルが追加される形です。

16とPlusの両方が7色展開になるのか、どちらか1つのモデルだけなのかは、まだはっきりした情報はないようです。

色の選択肢が増える分、それぞれの製造台数は少なくなりそうです。人気色は早く売り切れになる可能性があるので、好みのカラーは早めに購入がよさそうです。

また、iPhone 15で取り入れられた「カラー・インフューズド・ガラス」という、ガラス素材に直接色を塗り込む手法がiPhone 16でも採用される見込みです。

\楽天カード会員は2万円分還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

iPhone 16 Pro / iPhone 16 Pro Maxのカラー

iPhone 16Proのカラーバリエーション
画像引用:MacRumors

iPhone 16 Proモデルでは、iPhone 15 Proモデルにあるブルーチタニウムが新色のローズに入れ替わると、リーカーのShrimpAppleProが中国のWeiboのリークを引用しています。

iPhone 15 Proでは、人気色のゴールドが採用されなかったこともあり、ローズは「チタン版ゴールド」のような色になるのでは、とも噂されています。

この中国のリーカーは、iPhone 14 Proのディープパープルを的中させたそうなので、新色ローズは期待できるかもしれません。

\楽天カード会員は2万円分還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

iPhone 16シリーズのサイズ

iPhone 16 Proモデルでは、画面のサイズがiPhone 15 Proよりも大きくなることが噂されています。

iPhone 16 Proモデルは約6.3インチ(iPhone 15 Proは6.1インチ)、iPhone 16 Pro Maxは約6.9インチ(iPhone 15 Proは6.7インチ)と、数年ぶりに一回り大きくなるようです。

画面のサイズが大きくなる分、本体もiPhone 15 Proモデルよりも背が高くなり、その分重さも増えることが予想されます。本体の厚さは変わらないようです。

標準モデルのiPhone 16ではサイズの変更はなさそうですが、後に紹介する新しいボタンの追加で、微調整はありそうです。

\楽天カード会員は2万円分還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

iPhone 16シリーズのカメラ

現在のスマホ市場で、カメラ機能はかなり重要な要素です。そのため、2024年のiPhone 16は更に進化したカメラが期待されています。

iPhone 16のカメラは対角線から縦方向の配置に

デザインにも関係しますが、標準モデルのiPhone 16ではカメラの並びが縦方向に変わるようです。

カメラが縦並びに変わることで、今はiPhone 15 Proモデルだけに搭載の空間ビデオ撮影が可能になると言われています。

iPhone 16 Proモデルの超広角カメラが4,800万画素にアップグレード

iPhone 16 Proモデルでは、超広角カメラが現在の1,200画素から4,800万画素にアップグレードすることも期待されています。暗い所での撮影が、より高画質になりそうです。

iPhone 16 Proも5倍光学ズームを搭載

iPhone 16 Proモデルでは、Pro MaxだけでなくProでもテトラプリズム式の光学5倍望遠カメラが搭載されると噂されています。

iPhone 16 Pro Maxはスーパーテレフォトペリスコープカメラが初搭載か

焦点距離が300mm以上のカメラを「スーパーテレフォトカメラ」と呼びます。これだけ焦点距離が長いカメラは、野生の動物やスポーツの写真を撮ることに使え、背景を強くぼかしながら遠くの被写体を鮮明に捉えることができます。
まさにプロカメラマンレベルの写真を、iPhoneで手軽に撮影できるようになりますね。

\楽天カード会員は2万円分還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

iPhone 16シリーズのデザイン

ダミーモデルのリークで確度が高まるiPhone 16 / iPhone 16 Proのデザイン

2024年4月、リークアカウントのSonny Dickson(ソニー・ディクソン)氏がX上でiPhone 16、iPhone 16 Proのものとされるダミーモデルをリークしました。

この画像から分かる、デザインの噂を見ていきましょう。

iPhone 16のカメラの配置は対角線から縦方向に

iPhone 16のデザイン
画像引用:MacRumors

ダミーモデル含む複数のリークから、iPhone 16のカメラ配置に大きな変化が予想されています。

標準モデルのiPhone 16では、カメラが対角線ではなく、2つのカメラが縦に並ぶ配置になり、カメラの周りのカバーも、正方形から細長い形になっています。

デザインとしてはiPhone 12に似たものになりそうです。

iPhone 16Proのカメラ部分は、リーカーのMajinBuOfficialが2024年2月に三角形の独特のデザインをリークしましたが、3月に「カメラデザインに変更はない」と撤回しています。

アクションボタンは全モデル搭載!新たなキャプチャボタンも?

iPhone 16のボタン
画像引用:MacRumors

iPhone 16シリーズでは、Proモデルだけでなく標準モデルにも「アクションボタン」の搭載が期待されています。

「アクションボタン」は、iPhone 15 Proモデルから搭載されたボタンで、側面のボタンを長押しするだけで、よく使う機能やアプリをすぐに起動することができます。

更に、本体側面に新しいボタン「キャプチャボタン」の登場も噂されています。

「キャプチャボタン」はデジカメのシャッターボタンのような役割で、軽く押すことでピンとや露出を合わせ、強く押すことで撮影となります。

すでに高性能なiPhoneのカメラですが、キャプチャボタンが搭載されると、より本物の一眼レフに近づいていく勢いです。

左側側面にアクションボタン(ミュートボタンと入れ替え)、右側側面にキャプチャボタンが配置されると予想されています。

全画面デザインは2025年以降に持ち越しが濃厚

iPhone 16 Proモデルで、ディスプレイ内にFace IDと前面カメラが納まるようになり、カメラの切り抜きのない全画面デザインが採用されるのでは、との噂がありましたが、これは2025年以降、2026年発売予定のiPhone 18に持ち越されるのが濃厚のようです。

\楽天カード会員は2万円分還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

iPhone 16シリーズのCPU

技術情報からのリークによると、iPhone 16では、標準モデルもProモデルも、新しいA18チップに統一されそうです。

今までは、標準モデルは一世代前のAチップが使われていました。例えばiPhone 15ではA16チップ、iPhone 15 ProモデルではA17チップでした。

標準モデルでも新しいAチップになるのは新型を買った甲斐を感じそうです。

ただし、同じA18チップでも、一部の機能を制御するといった形で、標準とProモデルでは差別化が出るかもしれません。

\楽天カード会員は2万円分還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

その他のiPhone 16の噂

5Gモデムチップ

5G通信をする上で、重要になるのがモデムチップです。モデムチップ次第で繋がりやすさが変わり、バッテリー持ちにも影響します。

iPhone 16 Proモデルでは、QualcommのSnapdragon X75モデムが搭載される可能性があり、より高速で効率的な5G接続が期待されます。また、電力消費も最大20%少なくなります。

一方、標準のiPhone 16モデルでは、すでにiPhone 15モデルで使用されていたQualcommのX70チップが使用されると予想されています。

Appleでは独自のモデムチップ開発も進んでいますが、アナリストの郭明錤(ミンチー・クオ)氏は、Appleが設計したモデムチップが2025年に登場すると考えています。

\楽天カード会員は2万円分還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

Proモデルはスマートフォン初の積層型バッテリー搭載

複数のリーク情報によると、iPhone 16 Proモデルには積層型バッテリーが搭載され、バッテリー持続時間やバッテリー寿命が向上します。

積層型バッテリーは、一般的には電気自動車や医療機器に使われているもので、スマートフォンでは初の技術となります。

\楽天カード会員は2万円分還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

次世代のWiFi7技術

アナリストの郭明錤(ミンチー・クオ)氏によると、iPhone 16 Proモデルは次世代のWiFi7に対応すると考えています。

「WiFi7」はWiFi 6/6Eに次ぐ次世代のWiFi規格で、2.4GHz・5GHz・6GHzの3帯域全てを利用できます。

WiFi6/6Eは世界中で増加するデバイス数に対応するための規格だったのが、WiFi7では全デバイスに高速通信を提供するための規格となります。

WiFi7はiPhone 16 Proモデルに限定される可能性は高いですが、iPhone 16はWiFi6E(現在はiPhone 15 Proモデルに限定)にアップグレードされるかもしれません。

\楽天カード会員は2万円分還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

USB-Cポート

iPhone 15シリーズから充電がUSB-Cポートに変更されました。iPhone 16でも、引き続きUSB-Cポートが使われる見込みです。

\楽天カード会員は2万円分還元/
楽天モバイルの公式サイトを見る

iPhone 16リーク情報まとめ - AIとカメラ機能にかなりのアップグレードの予感!

まだ噂の段階ではありますが、iPhone 16シリーズはAI機能がすごいことになりそうです。
iPhoneはAIで後れを取っている、という見方を逆転してくれることを期待します。

そして、カメラ機能が一段と本物の一眼レフに近づいていく印象です。

新搭載が予想される側面のキャプチャボタンや、超広角カメラのアップグレードなど、本格的な写真を撮りたい方でも満足できそうな内容が期待されます。

標準モデルでも空間ビデオの撮影が可能になるなど、今のiPhoneからワンランク上の機能を使いたい方は必見です。

ただし、iPhone 15以降上がり続けているコストが、どのように販売価格に反映されるかは気になるところです。

2024年は出荷台数が下がるとも言われているAppleがiPhone 16をどう仕掛けていくのか、今後の情報に目が離せませんね。

9月の正式発表まで更新を続けていきますので、これからもぜひチェックしてみてください。