徹底解説:ドコモから楽天モバイルに乗り換え - 解約金は?手順や最適タイミングまで全解説

ドコモから楽天モバイルに乗り換え - 解約金は?手順や最適タイミングまで全解説
ドコモから楽天モバイルに乗り換え - 解約金は?手順や最適タイミングまで全解説

ドコモから楽天モバイルへの乗り換えは満足できる?

乗り換え先として大人気の「第4のキャリア」楽天モバイルに興味がある方は多いのではないでしょうか?

ただ、携帯業界トップに君臨し続けたドコモユーザーからすると、「楽天モバイルは安いだけで品質が悪いのでは?」など、「楽天モバイルは興味はあるけど乗り換えるのは不安」という方も少なくないと思います。

では、ドコモから楽天モバイルに乗り換えて満足できるのでしょうか?

答えは「イエス」です。

ドコモの料金プランに慣れていると、楽天モバイルに乗り換えて、まず驚くのがその安さです。ドコモの様々な割引が適用されても、楽天モバイルの月額料金の安さにはかないません。
2022年7月に「1GB未満ゼロ円」を終了した楽天モバイルですが、それでもなお、業界では圧倒的な安さを誇っています。

また、通信品質に不安があった方にとっては、「思っていたよりはるかに快適に利用できる」という感想を持つようです。それもそのはず、楽天モバイルは急速に自社回線を広げていて、既に人口普及率96%に達しました。

ここでは、ドコモから楽天モバイルに乗り換えたメリット・デメリットの他、かんたん乗り換え手順や解約金について、乗り換えのタイミングなど、徹底解説します。

乗り換え先No1!4大キャリアで満足度2年連続1位!

楽天モバイル
  • iPhone購入乗り換えで最大24,000ポイント還元
  • かけ放題付き&3GBまでなら1,078円&どれだけ使っても3,278円!
  • 光回線楽天ひかりもあわせて使えば1年間光回線代がゼロに(詳細

ドコモから楽天モバイルへ乗り換えたらどうなる?

【料金プラン編】徹底比較:楽天モバイル vs ドコモ - 楽天モバイルなら大幅な節約が可能!

楽天モバイルの料金プラン:Rakuten UN-LIMIT VII

楽天モバイルのプランRakuten UN-LIMIT VIIは、月額3,278円(税込)という3大キャリアよりもかなり安価な価格です。

内容は、楽天モバイルの自社回線地域であれば高速データ通信の容量無制限、さらに通話アプリRakuten Linkを用いれば国内通話もかけ放題という圧倒的にお得なプランになっています。

段階性プランなので、使った分だけ支払えるというのも楽天モバイルのこのプランのメリットです。「今月は使い過ぎてしまった!」という場合も、楽天モバイルなら法外な料金が請求されないので、安心ですね。

新プランRakuten UN-LIMIT VIIの料金表
月額料金
(税込)
~1GB ~3GB ~20GB 20GB~
1,078円
(※2022年7月から料金が改訂されました。0円→1,078円)
1,078円 2,178円 3,278円
通信規格 4G・5G
通信容量 楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB/月
データ容量超過後も1Mbpsで通信可能
国内通話 Rakuten Linkのアプリを利用すればかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
公式サイト
Rakuten UN-LIMIT VIの料金表
月額料金(税込)
~1GB ~3GB ~20GB 20GB~
0円 1,078円 2,178円 3,278円
通信規格
4G・5G
通信容量
楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:5GB/月
データ容量超過後も1Mbpsで通信可能
国内通話
アプリRakuten Link使用でかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
公式サイト

7月から楽天モバイルの料金が変更楽天モバイルの料金は7月1日をもって改訂され、Rakuten UN-LIMIT VIIになりました。新プランでは1GBまでの料金0円は廃止され、3GBまで1,078円・20GBまで2,178円・無制限3,278円の3段階制となります。
 格安SIM 比較
 格安SIMのMNP乗換えキャンペーン

ドコモのスマホプラン「5Gギガホプレミア」

ドコモの主要プランは、5Gギガホプレミアです。このほかに、「5Gギガライト」といって、毎月1~7GBまでの間で、データ量を使った分に応じて支払う段階性型料金プランがあります。

しかし、大手キャリアのメリットが発揮されるのは大容量(無制限)プランなので、今「5Gギガライト」を使用している方は、すぐにでも楽天モバイルへの乗り換えを検討しましょう。

「5Gギガホプレミア」はデータ量無制限の料金プランです。使用料が3GB以下の場合とそれ以外で金額が変わります。対象となる割引は3つあり、同居していない家族でも対象となる①「みんなドコモ割」、インターネットのドコモ光契約者と同一「ファミリー割引」である場合に対象となる②「ドコモ光セット割」、そして月々の支払い方法をdカード/dカード GOLD(家族カード含む)に設定してもらえる③dカードお支払い割で、最大2,387円割引となります。ただ、その適応が対象となった場合でも、無制限で3,278円の楽天モバイルの料金プランとは大きく開きがあります。

また、楽天モバイルだとRakuten Linkという国内/海外通話・メッセージ無料のアプリが利用できます。

一方で、楽天モバイルでもテザリングは無料で利用できますが、ドコモの高品質な通信環境を無料でシェアできるというのは魅力的です。

ドコモ「5Gギガホプレミア」
  無制限 ~3GB
月額基本使用料 7,315円 5,665円
割引・特典
  • みんなドコモ割(3回線以上)-1,100円
  • ドコモ光セット割-1,100円
  • dカードお支払い割-187円
割引後月額使用料 4,928円 3,278円
利用可能データ量 無制限
テザリング 無料かつ無制限
国内通話料 家族間通話は無料。家族以外は30秒あたり22円
音声オプション
  • かけ放題オプション 月額1,870円
  • 5分通話無料オプション 月額770円(5分超過:30秒あたり22円)

【通信速度編】徹底比較:楽天モバイル vs ドコモ - ドコモは圧倒的に速い!楽天モバイルでも十分

圧倒的な安さを見せる楽天モバイルですが、3大キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)と比較するとやはり劣ってしまうのが通信速度です。特に差が出るのが、ダウンロード速度です。やはりドコモの通信速度は他の大手キャリアと比較しても、群を抜いています。楽天モバイルの数字は、残念ながら芳しくないです。ではこの数字、どのように見るのでしょうか?

セレクトラでは、ダウンロード速度5Mbps以上で「YouTube動画視聴(1080p)、スマホのオンラインゲームが可能」、25Mbps以上で「4K動画の再生、PCオンラインゲームが可能」という基準で判断しています。つまり、結論としては、普通に動画視聴や音楽をダウンロードする程度の利用に関しては楽天モバイルの通信速度で十分です。

キャリア - 平均速度ランキング(Mbps)
順位 キャリア名(プラン) ダウンロード速度 アップロード速度
1位 NTTドコモ 162.16 17.29
2位 au 89.82 18.71
3位 ソフトバンク 89.2 18.71
4位 楽天モバイル 36.05 18.94

参照:みんなのネット回線速度(2022年2月時点)

ドコモから楽天モバイルへの乗り換えは解約金はなし!解約金留保は?

2021年10月をもって、ドコモの解約金は完全に廃止されました。

また、ドコモでは2年縛りの料金プランから、解約金なしの新プランに変更した場合、前プランの解約金が留保される「解約金留保」というシステムもありましたが、こちらも同時に廃止となりました。

つまり、今ならドコモもどのプランを契約していようが、楽天モバイルへの乗り換えはいつでも無料で好きなタイミングでできちゃいます

解約してもドコモ購入スマホの分割払いは可能!「スマホおかえしプログラム」も引き継がれる

ドコモでは、解約しても購入したスマホの分割払いは引き継がれます。

また、ドコモには「スマホおかえしプログラム」という、36回払いで購入した対象機種をドコモに返却することで、最大12回分の機種代金支払いが免除される割引オプションがあります。

「解約することで、この割引がなくなるのでは…」と思われるかもしれませんが、こちらも解約後も継続することができます。

ドコモを解約することで、一括払いで残額を支払ったり、月々の負担が増したりすることもないので、安心していつでも楽天モバイルに乗り換えることができます。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるおすすめのタイミングはいつ?

ドコモでは解約金が完全に廃止されたため、もういつでも楽天モバイルに乗り換えることが可能です。

楽天モバイルの料金プランなら、1GB以下の利用であれば料金が発生しないので、月半ばの乗り換えでも問題ありません。

しかし、注意が必要なのは、ドコモでは料金プランおよび音声オプションの月額料金は、利用日数にかかわらず日割りで計算しません。なので、楽天モバイルに乗り換えるなら、ドコモでプランを使い切った月末がおすすめです。

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるかんたん手順

おすすめ最短5分!ドコモから楽天モバイルへのオンライン乗り換えかんたん手順

オンライン乗り換えかんたん手順①ドコモのスマホ機種が楽天モバイルで使えるか確認する

どのスマホでも楽天モバイルで使えるとは限りません。ただ、楽天モバイルで取り扱っていない製品の場合でも、一部のサービスのみ使える場合もあります。楽天モバイルに乗り換える前に、楽天モバイル公式ホームページの「ご利用製品の対応状況」より必ず動作確認しましょう。

また、お持ちのドコモ購入のスマホが2021年10月以前に購入したものである場合、必ずSIMロック解除をする必要があるのか確認しましょう。因みに、ドコモショップでSIMロック解除すると3,300円も掛かってくるので、なるべくMy docomoよりご自身で手続きしましょう。

【手持ちのスマホの対応状況確認方法】

  1. 楽天モバイルの公式ホームページ「ご利用製品の対応確認」にアクセスする
  2. 「AIチャットで調べる」もしくは「選択肢から選ぶ」から選択する
  3. ご利用中のスマホの情報を入力し、チェックする

楽天モバイルでは、ドコモのiPhoneを引き続き利用することができます。楽天モバイルではiPhone 6S以降すべてのiPhoneに対応しています。iPhone 6以前はSIMロックが解除できない等あるので、楽天モバイル以外でも利用できないので、新しいスマホを購入しましょう。

また、iOS14.4または14.5を搭載したiPhoneの場合でも、iPhone 13シリーズ、iPhone 12シリーズを除くモデルでは、楽天の自社回線とパートナー回線の自動切り替え機能が利用できない場合があります。機内モードのオン/オフ切り替えや製品の再起動により解決することもあるとのことですが、ちょっと注意が必要ですよね。

楽天モバイルに対応しているドコモのAndroidであれば、SIMを入れるだけで通常問題なく動作します。繋がらない場合は、スマホを再起動したり、機内モードをON/OFFしてみることをおすすめします。それでもダメという場合は、下記のAPN情報を入力してみましょう。

ドコモで購入したスマホに対して、楽天モバイルはアフターサービスや問い合わせを受付けていないため、最終手段は楽天モバイルで新しいスマホに買い換えるしかありません。 その前に、色々な解決法を全て試してみましょう。

楽天モバイルの「つながらない」問題についてはこちらをご覧ください。

関連記事:
楽天モバイル「つながらない」時のおすすめ対処法6選 - イライラ解消!原因と最終手段も徹底解説

オンライン乗り換えかんたん手順②現在契約中の携帯電話会社でMNP予約番号を取得する

楽天モバイルの乗り換えの際は、下記の各社のショップ、電話、Webサイトにて「MNP転出」の希望を伝え、取得してください。

MNP予約番号の取得方法
キャリア名 取得方法 受付時間
ドコモの
MNP予約番号取得
携帯電話から 151 9:00 - 20:00
一般電話から 0120-800-000 9:00 - 20:00
オンライン(パソコン)で 「My docomoサービス一覧」→「各種お申込・お手続き一覧」→「ご契約内容確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」から取得 9:00 - 21:30
ドコモショップにて 最寄りのドコモショップにて 各店舗により異なる
ドコモのMNP予約番号取得
取得方法 受付時間
携帯電話 151 9:00 - 20:00
一般電話 0120-800-000 9:00 - 20:00
オンライン 「My docomoサービス一覧」→「各種お申込・お手続き一覧」→「ご契約内容確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」から取得 9:00 - 21:30
ドコモショップにて 最寄りのドコモショップ 各店舗により異なる

オンライン乗り換えかんたん手順③本人確認書類を用意する

楽天モバイルのWebでの本人確認の方法は、①書類画像のアップロードと②AIでの本人確認の二種類になります。

代表的な本人確認書類として、免許証、マイナンバーカード、パスポート(※パスポートの場合は3か月以内に発行された公共料金の請求書などの補助書類必須)などが挙げられます。免許証およびマイナンバーカードの場合は、楽天モバイルの「AIかんたん本人確認(eKYC)」を使用することができます

楽天モバイルの「AIかんたん本人確認(eKYC)」を使えば、その場で本人確認が終了するため、審査の待ち時間がありません。ただ、例外的に最大1営業日掛かる場合もあるようです。

尚、書類画像のアップロードを選択した場合は、「my楽天モバイル」より、審査の状況等が確認することができます。

オンライン乗り換えかんたん手順④最短5分!Rakuten UN-LIMIT VII に申し込む

準備が整ったら、楽天モバイル公式ホームページの右上のボタン「お申し込み」より、早速手続きを始めましょう。

通常は、本人確認書類の画像をアップロードし、審査とSIMの郵送が手元に届くまで、平均2~3日掛かります。楽天モバイルへの回線のみの乗り換えは、「AIかんたん本人確認(eKYC)」と「eSIM」を使うことで、最短5分で乗り換えが完了しちゃうのでおすすめです。因みに、「AIかんたん本人確認(eKYC)」はスマホからのみ利用可能なため、PCやタブレットで楽天モバイルへの乗り換え手続きをする場合は利用できません。

オンライン乗り換えかんたん手順⑤開通手続きをしたら完了!

楽天モバイル乗り換え手続きが完了したら、「my楽天モバイル」のアプリをダウンロードし、ログインします。「お申し込み回線」の番号にある「開通手続きをする」のボタンをタップして、完了です。

iPhone購入乗り換えで最大24,000ポイント還元中。Rakuten UNLIMIT VIIではデータ使用量に応じて月額料金が変わり、3GBまでならかけ放題つきで1,078円。iPhone13/12シリーズも取扱いあり。

ドコモから楽天モバイルの店舗乗り換えかんたん手順

店舗乗り換えかんたん手順①乗り換え用の書類等を準備する

下記全ての書類を用意しましょう。尚、楽天モバイルではMNP予約番号取得も店舗でサポートしてもらうことができるので、この段階ではMNP予約番号が取得できていなくても大丈夫です。

  • 本人確認書類
  • 楽天会員ユーザID、パスワード
  • クレジットカード、銀行口座情報
  • ドコモのMNP予約番号(→詳細はこちら

店舗乗り換えかんたん手順②手持ちのドコモのスマホが楽天モバイルに対応可能か確認する

楽天モバイルの公式ホームページに、「ご利用製品の対応状況確認」というページがあり、AIチャットもしくは選択肢から選ぶことで、使用しているドコモのスマホがそのまま楽天モバイルで使えるかどうかチェックすることができます。

店舗乗り換えかんたん手順③ネットで「来店予約」をする

待ち時間や説明を短縮するためにも、楽天モバイル店舗に直接行く前に、「来店予約」をおすすめします。

予約方法は、楽天モバイルの公式ホームページのメニューバーより「店舗」を選択し、来店予定の都道府県の店舗を選択します。来店を希望する楽天モバイルの店舗を探して、「Webで予約する」をタップしたら、情報を入力し、希望の日時を予約して完了です。

尚、「重要事項の内容確認」のページでは、事前に内容を動画等で視聴することができ、当日の楽天モバイル店舗での手続きの時間短縮になります。pdfもしくは動画で内容確認後、「来店時の説明を省略する」を選択するだけなので、楽天モバイル店舗での時間を節約するのにおすすめです。

店舗乗り換えかんたん手順④店舗に行って手続きする

当日は、予約した日時に指定した楽天モバイル店舗に行くだけです。ただ、残念ながら楽天モバイルの一部の店舗では、店舗予約をしていても待ち時間が発生することがあるようです。

店舗乗り換えかんたん手順⑤手続き完了!当日からすぐに使える

これで完了です!楽天モバイル店舗での申し込みの場合、新しいスマホ端末を購入する場合も当日から楽天モバイルに乗り換えることが可能です。ただ、ご希望の端末によっては、在庫切れの店舗もあり、楽天モバイルでは事前に分からないのがネックです。

ドコモから楽天モバイルに乗り換える7つのメリット

ドコモから楽天モバイルに乗り換えるメリットとしてすぐに浮かぶのが、「料金の安さ」かと思います。

実は、それ以外にも楽天モバイルでは様々な特典やお得なサービスがあります。早速見ていきましょう。

【楽天モバイル乗り換えメリット7選まとめ】

  • ドコモから乗り換えは無料でかんたん。ドコモのスマホの分割払いも継続OK(→続きはこちら
  • 今なら、乗り換え特典が超豪華で、iPhone購入乗り換えで高額楽天ポイントが獲得できる(→続きはこちら
  • 楽天モバイルの料金プランなら、ドコモからの乗り換えで大幅節約が可能(→続きはこちら
  • 自社回線でつながれば、速度は十分速い(→続きはこちら
  • Rakuten Linkだと、24時間電話かけ放題(→続きはこちら
  • 利用するだけで楽天ポイントがたまる(→続きはこちら
  • 楽天ひかりと一緒に使えば1年間光回線料金を0円にできる(→続きはこちら

メリット①ドコモから楽天モバイルへの乗り換えは手軽で無料

上記で説明した通り、現在ドコモの解約金(解約金留保も)は完全に廃止されました。つまり、いつでも無料で解約することができます

また、解約後も、ドコモでの購入スマホの分割払いや「スマホお返しプログラム」といったようなサービスを引き続き利用できるので、「解約後に多額の残高を支払わなければならなかった」というような心配もありません

メリット②今なら、乗り換え特典が超豪華で、iPhone購入で高額楽天ポイントを獲得

楽天モバイルの乗り換えキャンペーンは他の格安SIMと比較してもかなり豪華な内容となっています。

楽天モバイルでは、現在iPhone購入乗り換えで高額の楽天ポイントがもらえるキャンペーンを実施しています。

その他にも、回線だけの楽天モバイルへの乗り換えでも楽天ポイント還元がもらえるキャンペーンも同時開催中です。

楽天モバイルのキャンペーンについてはこちらもご覧ください。

関連記事:
【2022年10月】楽天モバイルの最新キャンペーンまとめ - お得な情報・注意点を徹底解説

メリット③楽天モバイルの料金プランはドコモよりはるかに安い

楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」に関する評判は、総体的にとても良いです。

例えば、ドコモの「5Gギガホプレミア」の無制限を割引なしで利用した場合、月額料金は7,315円となり、楽天モバイルの無制限の月額料金3,278円と比較すると半額近くになります。

実際、Rakuten UN-LIMIT VIIの料金設定は各段階において業界最安級のため、「楽天モバイルが安い」というのは間違いありません。また、ドコモの全ての割引を適用したとしても、①みんなドコモ割(3回線以上)-1,100円、②ドコモ光セット割-1,100円、③dカードお支払い割-187円で、まだ楽天モバイルの方が安いことが分かります。

 
  楽天モバイル 他社かけ放題最安値
1GB 0円
(※2022年7月から1,078円)
HISモバイル
2,030円
3GB 1,078円 HISモバイル
2,250円
20GB 2,178円 mineo
3,388円
無制限 3,278円 3大キャリア割引適用後
6,798円

さらに、楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIIは段階的に料金が変動するのもポイントです。月々のデータ使用量に応じて料金が勝手に調整されるため、使ってもいないデータ分を余分に支払ったり、逆に「使い過ぎてしまった」という場合もデータ無制限で月額最大3,278円なので、楽天モバイルでは法外な料金が請求されることもありません。

メリット④自社回線でつながれば、速度は十分速い

スマホでのインターネット通信の速さは計測地点・計測時間・周辺環境といった要因によって左右されるため、一概にはいえません。

セレクトラの調査では、生活圏内に楽天モバイルの自社回線エリアがある人は、楽天モバイルの速さに満足している方が多いようです。

実際にセレクトラでも楽天モバイルの通信速度と使いやすさを、都内で地下や建物の中など、楽天モバイルで繋がりにくいとされている場所で測定した結果、最初のアクセスに少し時間がかかる時もありましたが、基本的にどこでもYouTubeの動画視聴は問題なく快適に視聴することができました

もちろん、ドコモの通信環境と比較すると劣ってしまう楽天モバイルですが、自社回線エリア内であれば問題なく動画や音楽視聴を行うことができます

楽天モバイルの通信速度についてはこちらもご覧ください。

関連記事:
楽天モバイルの通信速度は速い?速度測定・楽天エリアの評判も徹底調査

メリット⑤Rakuten Linkだと、24時間電話かけ放題

楽天モバイルの大きなメリットの一つは、国内無料で24時間かけ放題が利用できる点にあります。条件は、通常の通話アプリではなく、楽天モバイルの専用アプリRakuten Linkから架電するということだけです。

楽天モバイルでは、Rakuten Linkでの通話で月々のデータ容量は消費されません。このため、Rakuten UN-LIMIT VIIでは、データをできるだけ消費せずに「Rakuten Link」で通話だけを楽しみつつ、楽天モバイルの月額料金は1,078円に押さえるということも可能です。

通話をよくする人には楽天モバイルのこのアプリを利用することで、大幅な節約が可能です。

Rakuten Linkに関してはこちらもご覧ください。

関連記事:
徹底解説:楽天モバイルのRakuten Link(楽天リンク)

メリット⑥利用するだけで楽天ポイントがたまる

楽天モバイルを利用することで得られるメリットの一つに、楽天ポイントがお得に貯まるという点があります。

契約者の方は、楽天市場での買い物でポイントが+1倍されます。また、楽天モバイルキャリア決済で+0.5倍が加算されます。

更に、楽天回線利用で+1倍、ダイヤモンド会員ならまた更に+1倍となるため、楽天モバイル契約者は最大合計3.5倍ものポイントがもらえることなります。

楽天経済圏を利用している方は、楽天モバイルを使って更にお得になりますね。

メリット⑦楽天ひかりと一緒に使えば1年間光回線料金を0円にできる

ドコモでは「ドコモ光」とドコモのスマホを契約していると、割引が発生する「ドコモ光セット割」という割引サービスがあります。

楽天モバイルでも、すでに楽天モバイルを使っている、または楽天モバイルを新規に申し込む場合、楽天ひかりを1年間料金無料で利用することができる特典サービスがあります

なるべく月のスマホ使用料を3GB未満に押さえることで、ネットとスマホの通信費が年間12,936円(「Rakuten UN-LIMIT VII」月額3GB 1,078円×12か月)だけ、しかも「Rakuten Link」で電話かけ放題という驚きの節約結果となります。

大手キャリアだと、平均して3GB未満だと月額5,600円程度がかかります。楽天モバイルなら、大手キャリア3か月分の月額料金でインターネット×スマホが1年間利用でき、更にお釣りがくるような計算になりますよね。

iPhone購入乗り換えで最大24,000ポイント還元中。Rakuten UNLIMIT VIIではデータ使用量に応じて月額料金が変わり、3GBまでならかけ放題つきで1,078円。iPhone13/12シリーズも取扱いあり。

楽天モバイルの評判やメリット・デメリットについてはこちらもご覧ください。

関連記事:
楽天モバイルの口コミ・評判は?メリット・デメリットを評価

ドコモから楽天モバイル乗り換え5つの注意点

ドコモから乗り換えた場合、やはり一番大きな注意点としては通信環境です。セレクトラでは、そんな通信環境が気になる人に向けた裏技契約方法も紹介しています

また、メールやポイントなどのドコモ特有のサービスに関しても、楽天モバイルに乗り換える前に対応しておきましょう。

【楽天モバイル乗り換え注意点5つまとめ】

  • dアカウントを持っていないとdポイントを失効してしまう(→続きはこちら
  • ドコモスマホから楽天モバイルのスマホに買い換える際はドコモ電話帳などのバックアップが必要(→続きはこちら
  • ドコモのメールアドレスを引き継ぐ場合月額330円かかってしまう(→続きはこちら
  • ドコモのiPhoneで乗り換えるとRakuten Linkが使えない機能がある(→続きはこちら
  • ドコモより5Gエリアが少なく、つながりにくいことも多い(→続きはこちら

注意点①dアカウントを持っていないとdポイントも失効してしまう

dアカウントを持っていない場合、ドコモ利用時に貯めていたdポイントクラブは引き継がず、dポイント(dカードやdポイントカードなどで獲得したポイントも含む)を失効してしまいます

せっかく貯めたポイントを逃さないよう、必ず解約前にdアカウントを発行しましょう。

注意点②楽天でスマホごと乗り換える場合はドコモ電話帳をバックアップしましょう

ドコモ電話帳はドコモだけで利用できるアプリです。よって、楽天モバイルで新しいスマホに買い換える場合は、必ず電話帳のバックアップを取りましょう。

バックアップ先のおすすめはiPhoneでもアンドロイドでも利用できる、Google連絡先です。

注意点③ドコモのメールアドレスを引き継ぐ場合月額330円かかる

ドコモのメールアドレスを、引き続き楽天モバイルで利用することも可能です。ただ、引き継ぐのに月額330円が掛かってしまいます

最近はGメールやヤフーメールなど、無料のフリーメールの選択肢も豊富なので、この際そちらに切り換えるのも良いかもしれません。

注意点④ドコモのiPhoneで乗り換えるとRakuten Linkが使えない機能がある

Rakuten Linkは2021年に仕様が変更になってから、一部のサービスがiPhoneでは利用できなくなってしまいました。ドコモのiPhoneで楽天モバイルに乗り換える際は注意が必要です。

まずは、着信です。Rakuten Link以外から着信があった場合、iOSの標準アプリでしか受けることができません。問題は掛けなおす時に、Rakuten Linkに切り換えるケースです。登録していない番号に関しては、一度iOSで受けた番号を改めてRakuten Link上で入力して掛けなおす必要があります。かなり面倒くさい作業ですよね。

次に、iPhoneではRakuten LinkでのSMSの送受信は一切できなくなっています。よって、iOSの標準メッセージアプリを利用するため、送信は有料となります。

ただ、楽天モバイルの「10分かけ放題」を利用すれば、10分以下の通話であれば何度でもかけ放題ですし、SMSも無料で利用できます。

Rakuten Linkの海外利用ですが、残念ながらiPhoneではこちらも制限があります。着信を海外で受ける場合も、同様にiOSの標準アプリで受けることになってしまい、国際通話料金が発生してしまいます。

10分かけ放題についてはこちらもご覧ください。

関連記事:
楽天モバイルの10分かけ放題はなぜ必要?- メリットや注意点を徹底解説

注意点⑤楽天モバイルはドコモより遅くてつながりにくいことがある

楽天モバイルの自社回線はデパートや地下街などには届きにくいという特徴があります。

専門的・技術的な話になりますが、楽天モバイルには「プラチナバンド」という周波数帯が割り当てられていません。プラチナバンドはドコモ・au・ソフトバンクには割り当てられているもので、通常の電波と比べて壁の厚いビルの中といった屋内でも電波が伝わりやすい傾向があります。

また、5Gエリアについても、5Gサービスエリア展開を加速し、2024年3月までに人口カバー率90%以上を目指すドコモと比較すると、楽天モバイルはまだ5Gの普及が追い付いていません。よって、ドコモから乗り換えることで、楽天モバイルでは5Gが出ない場合があったり、場所によってはつながりにくいという問題が気になってしまうかもしれません。

楽天モバイルの「つながならい」問題についてはこちらもご覧ください。

関連記事:
楽天モバイル「つながらない」時のおすすめ対処法6選 - イライラ解消!原因と最終手段も徹底解説

結論:ドコモから楽天モバイルへの乗り換えはかんたんでとってもお得!

  • 楽天モバイル:セレクトラのおすすめ契約方法
  • 楽天モバイルの自社回線エリアがカバーする都心に住んでいる場合は迷わず乗り換えで正解!今ならiPhone購入乗り換えで高額楽天ポイントが獲得できちゃう。
  • データ通信環境が不安な場合は、端末料金実質無料お試しキャンペーン中のモバイルWiFi "Rakuten WiFi Pocket 2B/2C"を使って楽天モバイルを試してみる。
  • 楽天モバイルの電波やRakuten Linkでの通話品質に不安がある場合、デュアルSIMのサブ回線として使用してみて、自分のニーズにあっているか確かめてみる。

ドコモから楽天モバイルへ乗り換えることで、大幅な節約ができることが分かりました。現在ドコモで割引が適用されている場合と比較しても、無制限で月額3,278円の楽天モバイルの料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の方が大変お得です。

よって、楽天モバイルの自社回線エリアが生活圏だという場合は、迷わずドコモから楽天モバイルへ乗り換えることをおすすめします。乗り換える際は必ず月末を狙いましょう。

「楽天モバイルが安くて気になるけど、楽天モバイルの自社回線にちゃんとつながるか心配…」という場合は、実質ゼロ円キャンペーン中の楽天モバイルのポケット型WiFi「Rakuten WiFi Pocket 2B/2C」に契約して、持ち運んでお住まいの通信環境をチェックしましょう。

また、ahamoなどの高くて安定した通信品質を提供する格安SIMと楽天モバイルのデュアルSIMもおすすめです。Rakuten Linkとのダブル使いで、通話料ゼロ円を実現しながら快適なインターネットが楽しめます。

楽天モバイルからドコモへの乗り換えは、ご自身のライフスタイルに合わせて検討しましょう。

関連記事:
楽天モバイルのポケット型WiFi「Rakuten WiFi Pocket 2B/2C」の評判・口コミは?メリット・デメリットを徹底解説

関連記事:
【2022年最新版】デュアルsim最強の組み合わせはこれ!もう悩まないおすすめ4選

おすすめSIM会社

通信品質トップクラス。新プラン「くりこしプラン+5G」では、割引なしで3GB1,628円(税込)と格安SIM最安級プランにデータを繰り越しできるのも魅力。

ソフトバンクグループになったLINEMO(ラインモ)。だからキャリア品質。LINEのデータ消費がカウントフリー(LINEギガフリー)。データ容量使い切ってもLINEの通信速度はそのまま。いまなら、通話オプション(5分)が1年無料!

更新日