LIBMO(リブモ)の申し込み - 契約までの流れ・必要情報・注意点

LIBMO(リブモ)の申し込み  - 契約までの流れ・必要情報・注意点

TOKAIコミュニケーションが提供している格安SIMサービスLIBMO(リブモ)は、知名度こそまだあまり高くないかもしれませんが、各種サービスで毎月のスマホ代がかなりお得になる、要注目格安SIMです。本記事では、LIBMOへの申し込みを迷っている方のために、よくある懸念を検討し、申し込み方法について説明いたします。

LIBMO(リブモ)とは?

念のために、LIBMOについて簡単に紹介しておきましょう。(詳しくは、こちらのページをご覧ください:「LIBMO(リブモ)- 特徴、キャンペーン、メリット・デメリット、申し込み方法」)

LIBMOはTOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMサービスです。

LIBMOは、知名度はまだそこまで高くないかもしれませんが、着実なサービスで支持を伸ばしている、今後注目の格安SIMです。

リブモの料金プラン
容量 月額利用料金
データ通信のみ +SMS機能 +SMS機能 & 音声通話
ライトプラン(200Kbps) 480円 620円 1,180円
3Gプラン 880円 1,020円 1,580円
6Gプラン 1,480円 1,620円 2,180円
10G プラン 2,280円 2,420円 2,980円
20G プラン 3,980円 4,120円 4,680円
30G プラン 5,880円 6,020円 6,580円

LIBMO(リブモ)への申し込みの際の注意事項・確認事項

LIBMO(リブモ)に申し込みする際には以下のことにご注意ください。

 初期費用

申し込みの際には、初期費用として事務手数料が3,000円発生します。

 SIMカードは最大3枚まで

LIBMO(リブモ)では、1つの契約におけるデータ通信容量を複数のSIMカードでシェアすることができます。しかし無制限に追加できるわけでなく、最大3枚までの制限があります。

 契約は最大5契約まで

LIBMO(リブモ)は同一名義で複数の契約が可能ですが、最大5契約までの制限があります。

 子供が青少年の場合

未成年者は申し込みすることができず、もし契約者の子供である未成年者が利用する際は、フィルタリング設定をする必要があります。

 最低契約期間・解約金

LIBMOでは、データ通信専用SIMおよびデータ通信とSMSのみのSIMの場合は、最低契約期間や契約解除料がありません。しかし、音声通話付きSIMの契約の場合には、利用開始から1年以内に解約する場合、契約解除料9,500円(税抜)が発生します。

LIBMOを長期にわたって利用するつもりでも、契約解除料が9,500円(税抜)と聞くと、少ししり込みしてしまうかもしれません。とはいえ、この契約解除料は、「契約解除料0円プログラム」または「端末購入サポートプログラム」を申し込むことによって、免除されます。

ただし、ここで注意が必要なのは、「契約解除料0円プログラム」や「端末購入サポートプログラム」は、LIBMOの他のキャンペーンすべてと併用可能であるわけではないということです。

実際、両プログラムとも、音声サポートプログラムならびに学生応援プログラムと併用可能ではありません

このため、音声サポートプログラムや学生応援プログラムといった月々のスマホ代割引サービスを申し込む際には、契約料免除の選択肢がなくなるため、基本的に1年以上LIBMOを利用することが推奨されることに注意しなければなりません。

 キャンペーンの併用可能性

このように、LIBMOは魅力的なキャンペーンを複数提供していますが、株主優待制度によるものを除いて、基本的に割引サービスの併用はできないことに注意しなければなりません。

とはいえ、割引サービス1つだけで、もともと格安な料金プランがさらに格安になるため、これは至極当然のことといえます。

では、複数あるキャンペーンの中で何が最もお得かが問題になりますが、ダントツでキャッシュバックキャンペーンが最もお得です。

LIBMOのキャッシュバックキャンペーンでは、申し込んだプランのデータ容量や音声通話付きか否かといったことに応じて、最大2万円のキャッシュバックがもらえます。

プラン データ通信専用/
SMS機能付き
音声通話付き
ライトプラン 3,000円 8,000円
3GBプラン 5,000円 1万4千円
6GBプラン 7,000円 1万7千円
10GBプラン 7,000円 1万7千円
20GBプラン 1万円 2万円
30GBプラン 1万円 2万円

実際、これがどれくらい他のキャンペーンと比較してお得か見るために、音声サポートプログラムと比較してみましょう。音声サポートプログラムでは、音声通話付きのプランを選択した場合に、最初の半年の間、月々のスマホ代が600円割引されるサービスです。つまり、6か月間で3,600円の割引です。

これに対して、キャッシュバックキャンペーンの場合、音声通話付きのもので、一番少額なものでも、8,000円のキャッシュバックがあります。このため、単純計算すると4,400円分キャッシュバックキャンペーンを選択した方がお得ということになります。

LIBMO(リブモ)への申し込み

リブモに申し込むには、店舗での申し込みとオンラインでの申し込みの2つの方法があります。

店舗での申し込み

LIBMOは静岡県内に、10以上の店舗・取扱店を構えています。店舗・取扱店で申し込みを行えば、オンラインでの申し込みの場合と異なり、申し込みの日からすぐにサービスを利用しはじめることができます。このため、お住まいの場所のお近くに店舗や取扱店がある場合には、店舗での申し込みを利用するのもよいかもしれません。

オンラインでの申し込み

ここからは、オンラインでのLIBMO(リブモ)の申し込み方法の流れを紹介します。

LIBMOのチャットサポート

LIBMOのオンラインでの申し込みは、チャットサポートもついているため、これまでスマホを買うときは店舗サポートをいつも受けてきたという人にも安心です。(なお、チャットサポートは、14:00-22:00(年中無休)対応で、それ以外の時間は自動応答による回答のみとなっていることにご注意ください。)

  1. 端末を購入するか決める
  2. 申し込みプランやオプションを決める
  3. 今の電話番号をそのまま使いたい場合は、MNPを準備しておく。
  4. 必要情報を入力する
  5. SIMカードの送付・設定
  6. 利用開始

 端末を購入するか決める

申し込みの最初の画面。端末を購入するか決めます。

まずはじめに決めなければならないのは、お手持ちのスマホやタブレットでリブモのSIMを使うか、それとも新たに端末を購入するかです。

お手持ちのスマートフォンやタブレットを使用する場合は、それがLIBMO(リブモ)に対応しているのか確認する必要があります。動作確認が済んでいる端末かどうかはLIBMO(リブモ)のサイトで確認できます。

端末+SIMプランを選択した場合の画面。

新たに端末を購入する場合には、端末+SIMのプランを選択して、希望する端末を購入します。

 申し込みプランやオプションを決める

ここでは3GBのプランを選択しています。

データ通信プランとデータ通信+SMS機能プラン、音声通話付きプランの3つのプランからどのプランを申し込むか決めましょう。データ容量により料金が異なるので、利用用途や予算に合わせて適切なプランを選択するといいでしょう。

  今の電話番号をそのまま使いたい場合は、MNPを準備しておく。

MNP入力画面

他社からののりかえで、現在ご利用になっている電話番号をそのままお使いになりたい場合には、MNPを準備しておかなければなりません。

 必要情報を入力する

次に氏名、住所、連絡先等の必要情報を入力します。

支払い方法は、クレジットカードか、「ISPまとめて請求」があります。ISPまとめて請求は、TOKAIコミュニケーションズが提供しているインターネットサービスプロバイダーを利用している場合に、そちらの支払いとLIBMOの支払いを合算して行うものです。

  • 申し込みの際に用意するもの
  • 契約者名義のクレジットカード
  • 連絡用メールアドレス
  • 本人確認書類(音声通話プランの場合)
  • MNP予約番号(他社から乗り換えの場合)

 SIMカードの送付・設定

申し込み内容に不備がなければ、申し込みから1週間程度で、SIMカードが送付されます。SIMカードを端末に挿入して、APN設定を行いましょう。設定方法は利用しているOSごとにことなります。LIBMO(リブモ)のサイト上に設定方法が記載されているので、参考にすると良いでしょう。

APN設定とは APN設定のAPNとは、Access Point Nameの略です。スマートフォンなどの端末にインターネットを接続する際に必要となる設定です。この設定を行うことで、利用する端末がインターネットの接続先を認識できるようになります。

 利用開始

SIMカードの設定が完了すれば、通信サービスが利用できます。

更新日