乗り換え先No1!4大キャリアで満足度2年連続1位!

楽天モバイル
  • iPhone購入乗り換えで最大24,000ポイント還元
  • かけ放題付き&3GBまでなら1,078円&どれだけ使っても3,278円!
  • 光回線楽天ひかりもあわせて使えば1年間光回線代がゼロに(詳細

【iPhone 14最新】ついに発表!その評価はいまいち?iPhone 14の中身を徹底解説

iphone 14 header

iPhone 14ついに発表

2022年アメリカ時間9月7日、日本時間9月8日、ついにiPhone 14が発表されました。

発表前は、今までのiPhoneを覆すような新たなモデルになるという予想が世界各国でされていましたが、実際のところどうだったのでしょう?

結論から言うと、発表の内容だと機能ではiPhone 13と比べてあまり変わらないというのが、世界各国の反応でした。

円安の影響を受けると懸念されていた値段に関しては、11,9800円からとなり、iPhone 13の発表時よりも2万円以上高くなっています。

さらに、今年2022年7月に全国のアップル製品が一斉に値上げされましたが、iPhone 14の発表と同時に、iPhone 13は7月の値上げ時の値段より1万円ほど値下げされています。

これを踏まえて、予想通り値段が高く設定され、機能的にもあまりiPhone 13と変わらないiPhone 14は、あまりコスパが良くないので正直おすすめできません。

現在、新しいiPhoneに買い替えを考えている方には、コスパを重視して、値下げされたiPhone 13かiPhone SEをおすすめします。

iPhone 13だけでなくiPhone SEも、発売当初よりも値下げされており、且つ機能の面でも満足度が高いものとなっています。

今からiPhoneの買い替えをするなら、iPhone 13またはiPhone SEがおすすめです。

関連記事:
iPhone 13シリーズで一番のおすすめはこれ!13 mini, 13, 13 Pro, 13 Pro Maxの違いを比較調査

関連記事:
iPhone SE第3世代は期待外れか?第2世代と徹底比較調査

関連記事:
【2023年最新】必見!iPhoneを最も安く買うおすすめの6つの方法

それでは、新しく発表されたiPhone 14の詳細を解説していきます。

iPhone 14発売日と予約開始日

iPhoneの販売は、初年度から毎年9月となっていました。

2020年は、新型コロナウィルスの影響で、発売は10月になっていましたが、2021年はいつも通り9月の販売でした。

この流れで、iPhone 14も予想通り9月の発売となりました。

発表では、予想通り、9月9日から予約開始でした。

発売日は9月16日金曜日、iPhone 14 Plusのみ10月7日金曜日の発売です。

  • iPhone 14
  • 予約開始:2022年9月9日午後9時から
  • 発売日:2022年9月16日金曜
  • 価格:11,9800円
  • iPhone 14 Plus
  • 予約開始:2022年9月9日午後9時から
  • 発売日:2022年10月7日金曜
  • 価格:13,4800円
  • iPhone 14 Pro
  • 予約開始:2022年9月9日午後9時から
  • 発売日:2022年9月16日金曜
  • 価格:14,9800円
  • iPhone 14 Pro Max
  • 予約開始:9月9日午後9時から
  • 発売日:2022年9月16日金曜
  • 価格:16,4800円

iPhone 14/14 Plusの特徴

遂に発表されたiPhone 14/14 Plusの主な特徴は次のようになります。

  • iPhone 14・iPhone 14 Plusの特徴
  • iPhone 14は6.1インチ、iPhone 14 Plusは6.7インチのビッグサイズ
  • iPhone 14は20時間、iPhone 14 Plusは26時間と今までで最長のバッテリー駆動時間
  • 暗い場所での撮影がよりキレイに
  • 航空宇宙産業レベルのアルミニウムで耐久性がさらに強化
  • 魅力的な5つのカラー(ブルー・パープル・ミッドナイト・スターライト・レッド)
  • 耐水性能で水に強い
  • セラミック・シールドでどのスマホよりも頑丈はディスプレイのガラス
  • 自動車での衝突事故を認識し、緊急連絡先に知らせることができる
  • 暗い場所での撮影がよりキレイに
  • カメラの性能が最大で2倍以上アップ
  • iPhone 14はiPhone 13 Proと同じチップで動画の圧倒的な速さを維持

iPhone 14シリーズの予約開始は9月9日午後9時から、発売日は、iPhone 14/14 Pro/14 Pro Maxが9月16日、iPhone 14 Plusが少し遅れての10月7日の発売となります。

2021年に発売されたiPhone 13は、13 mini、13、13 Pro、13 Pro Maxの4つのタイプがあり、この中で、iPhone 13 miniの人気は乏しく、最も売れたのがiPhone 13でした。

その影響を受けてか、iPhone 14はminiが廃止され、iPhone 14, iPhone 14 Plus, iPhone 14 Pro, iPhone 14 Pro Maxのみとなります。

iPhoneを動画視聴やゲームプレイに利用するユーザーが多く、「ビッグか超ビッグ」のキャッチフレイズ通り、ディスプレイ画面が大きくなりました。

発売前の予想通り、今回は、大画面で大容量のバッテリーを搭載したモデルを中心に展開しています。バッテリー持続時間は、iPhone 14が20時間、iPhone 14 Proが26時間となっています。

また、カラーは色々と新色が予想されていましたが、ブルー・パープル・ミッドナイト・スターライト・レッドとiPhone 13シリーズにあった色に、パープルが追加されたのみとなっています。

iPhone 14 Pro/14 Pro Maxの特徴

遂に発表されたiPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxの主な特徴は次のようになります。

  • iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Maxの特徴
  • Dynamic Island搭載で初めての常時表示ディスプレイ
  • 航空宇宙産業レベルのアルミニウムで耐久性がさらに強化
  • 晴天時の明るさが2倍になったディスプレイ
  • 革新的でより性能が上がった48MPカメラ
  • スマホの頭脳となるチップが、スマホ史上最も最新のA16 Bionicに
  • 魅力的な5つのカラー(ブルー・パープル・ミッドナイト・スターライト・レッド)
  • 耐水性能で水に強い

iPhone 14/14 Plusに比べて、14 Pro/14 Pro Maxは、スマホ史上最もクオリティの高いカメラに進化したようです。

iPhone 14 Pro/14 Pro Maxのカメラは、革新的でより性能が上がった48MPメインカメラとなっており、4倍の解像度でディティールの迫力が増す仕上がりになっています。また、望遠機能もiPhone 13よりも2倍になっており、遠くのものもよりクリアに撮れるようになりました。

また、動画に関しては、シネマティックモードが24fps 4K HDRに進化し、映画業界のスタンダードと言われるクオリティで動画撮影ができるようになっています。

iPhone 14 Pro/14 Pro Maxにのみ搭載された、スマホの頭脳となるチップ・A16 Bionic。このチップにより、カメラも動画プロレベルに進化し、スマホ史上最高のクオリティが実現できるようです。

ただ、このようなAppleの意見に反し、世界各国のテック専門家は、実際のところiPhone 13と比べても、目を見張るほどの違いはないだろうと予想している人が多くいます。

9月16日の発売後の評価は、確かにiPhone 14 Pro/14 Pro Maxは、進化しており、手振れに対応していたり、暗いところでもより明るくきれいに撮れるのは事実です。

しかし、やはり、iPhone 13 Proと比べると、目を見張るような違いや進化はないのが事実です。ただ、カメラ・ビデオにこだわりがある人、少しでもクオリティの高いものを撮りたい人には、iPhone 14 Pro Maxがおすすめです。

また、予想では、iPhone 14から、アップルでサブスクリプションのシステムが導入される可能性があるとの噂がありましたが、結局サブスクのシステムはないようです。

さらに、iPhone 13の議論で「マスクしたままでも生体認証ができるシステム」を求める声くありましたが、結局、iPhone 14ではTouch IDの復活は叶いませんでした。残念ですね。

iPhone 14シリーズは世界的にかなり期待されていた分、少し残念な結果になったようです。

iPhone 14シリーズの比較表

iPhone 14シリーズを表でまとめると次のようになります。

【iPhone 14シリーズ】
  iPhone 14 iPhone 14 Plus iPhone 14 Pro iPhone 14 Pro Max
ディスプレイ 6.1インチ 6.1インチ 6.7インチ 6.7インチ
カラー ミッドナイト、パープル、スターライト、(PRODUCT)RED、ブルー ミッドナイト、パープル、スターライト、(PRODUCT)RED、ブルー スペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープパープル スペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープパープル
容量 128GB/256GB
521GB
128GB/256GB
521GB
128GB/256GB
521GB/1TB/
128GB/256GB
521GB/1TB/
カメラ 4,800万画素 4,800万画素 4,800万画素
48メガピクセル
ペリスコープ望遠レンズ
4,800万画素
48メガピクセル
ペリスコープ望遠レンズ
CPU A15 Bionic A15 Bionic A16 Bionic A16 Bionic
生体認証 Face IDのみ Face IDのみ Face IDのみ Face IDのみ
値段 11,9800円から 13,4800円から 14,9800円から 16,4800円から
新システム なし なし Dymanic Island Dymanic Island

それでは、結論から申し上げます。

色々な予想が飛び交っていましたが、今回のiPhone 14シリーズは、iPhone 14/14 Plusに関しては、少し高くなっただけであまり変化を体感することはできません

それに反して、今回のiPhoneiPhone 14 Pro/14 Pro Maxは、Dynamic Islandという新機能のディスプレイ表示で、新しさを体感することはできます

また、今回のiPhoneカメラの機能も上がり、映画業界のスタンダードのクオリティを出せるようになりましたが、これは実際に使ってみてからの評価を参考にしたいところです。

今新しいiPhoneを買おうか迷っている方は、よっぽどカメラや新しい体験にこだわらない限り、中古でiPhone 13またはiPhone SEをおすすめします。

少しでも最先端のカメラクオリティや、より新しい体験を高くても求めたいという方は、iPhone 14 Pro Maxをおすすめします。

それでは、カテゴリー別に見ていきましょう。

iPhone 14シリーズのデザイン・サイズ・カラー

デザイン・カラー

iPhone 14シリーズのデザインは、Ceramic Shieldの前面でより頑丈なガラスになっており、テクスチャードマットガラスの背面と、ステンレススチールのデザインです。

カラーに関しては、今までの予想では新色がたくさんと登場するとなっていましたが、新しいカラーはパープルのみになります。

iPhone 14とiPhone 14 Plusのカラーは、ミッドナイト、パープル、スターライト、(PRODUCT)RED、ブルー、デザインは以下のようになります。

iPhone 14 et 14 plus

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxのカラーは、スペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープパープル、デザインは以下のようになります。

iPhone 14 pro et 14 pro max

サイズ

今まで需要が少なかったminiサイズがなくなり、それに変わって、6.1インチと6.7インチの2サイズで、iPhone 14/14 Plus/14 Pro/14 Pro Maxの4モデルになりました。また、iPhone 8ぶりに「iPhone 14 Plus」が出ています。

iPhone 14の価格・ストレージ

それでは、iPhone 14の価格とストレージについて見ていきましょう。

価格

日本では、円安の影響で、2022年7月1日から全国のアップル製品の価格が一斉に上がりました。iPhoneシリーズも例外なく高くなっており、iPhone 14の値段にも影響しています。

今回のiPhone 14シリーズは、iPhone 13より高くなっています。

ストレージ 

iPhone 13のストレージの容量は、128GB/256GB/521GB/1TBの4つのタイプでした。これに、2TBが加わると予想されていましたが、結局iPhone 14では、14Proと14 Pro Maxでも同じ容量になっています。

iPhone 14Pro/14 Pro Maxに搭載された新しいDynamic Island

iPhone 14シリーズは、iPhone 13シリーズと比べて機能的には大きな変化はないように見えますが、一つだけ新しい機能がiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxに加わりました。

それは、「Dynamic Island」です。これは、iPhoneディスプレイの上の部分に出る常時表示で、ダイナミックに形が変わる通知やボタンなどが現れるようになっています。

dynamic island

iPhone 14シリーズは、ノッチ(上部の切り欠き)がない最新のデザインとなっており、iPhone14 Pro/14 Pro Maxには、新たな画面でもTrueDepthカメラ(顔認証用のパーツ)や自撮りカメラのために開けられた二つの穴を目立たなくした「Dynamic Island」が新たなインターフェースとして搭載されています。

iPhoneの最も新しい機能を体感したいという方でしたら、この「Dynamic Island」が搭載されているiPhone 14 Pro/14 Pro Maxをおすすめします。

iPhone 14のカメラ

iPhone 14では、メインとなるバックカメラの広角レンズの画素数が、4,800万画素に大きくバージョンアップされました

更に、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxには超高精細の48メガピクセルが搭載され、2倍の明るさで撮影できるようになっています。

また、望遠レンズは7レンズにアップグレードされ、最大で以前よりも2倍ズームが可能なペリスコープ望遠レンズが搭載されています。

動画撮影が8Kに対応するようになったで、映画業界のスタンダードレベルになりました。ボタン望遠のマクロな撮影も一般的な動画撮影も、かなりクオリティが上がるようです。

iPhone 14の最新チップA 16 Bionic

iPhone 13では、スマホの頭脳となるCPUという部分に、最新のA 15 Bionicというチップが搭載されています。

このCPUが最新になることで、全ての処理能力がアップし、バッテリーの持ちが良くなり、カメラやマイクの機能も向上しました。

更には、画面のなめらかな切り換わりのスピードが上がり、マップがより正確にもなっています。

iPhone 14の14 Proと14 Pro Maxには、更に最新のA 16 Bionicというチップが搭載されると言われています。

A 16 Bionicになることで演算性能が10〜15%上がり、この全ての処理能力が更にバージョンアップするようです。

演算性能とは? 演算性能とは、システムやアプリケーションの性能評価に使われる指標です。1秒間にCPUが浮動小数点演算(Flop)を何回できるかを示しています。

iPhone 14はTouch ID復活はなし

新型コロナウィルスの影響で、常にマスクをしていることが多くなりました。

このことでiPhone 13が販売された時に、マスクがあるとFace IDが機能しないということで、多くのユーザーから不満の声があがりました。

そこで、2022年3月15日からアップデートが可能になった新しいiOS15.4では、マスクしたままでも顔認証ができるようになりました。

しかし、この新しいiOS15.4では、アップデートした後からバッテリーの消耗が激しいという声が多く出てきています。

その影響で、iPhone 14シリーズでは、Touch IDの指紋認証機能が復活すると予想されていましたが、iPhone 14ではTouch IDは復活しませんでした

期待する声が多かった分、残念な結果になってしまいましたね。

iPhone 14から予想されていたサブスクはなし

また、iPhone 14からサブスクリプションのシステムが始まると予想されていましたが、結局その発表はありませんでした。

サブスクのシステムができれば、最新のiPhoneを最も安い料金で利用することができたので、残念だという声は多く出ていました。

ただ、iPhoneを安く買う方法は他にもあります。詳しくは「iPhoneを最も安く買う方法」の記事をご覧ください。

関連記事:
【2023年最新】必見!iPhoneを最も安く買うおすすめの6つの方法

iPhone 14シリーズを安く買う方法:一番お得は楽天モバイル

現在iPhone 14シリーズを買うことができるのは、アップルストア、携帯キャリア4社(楽天モバイル、ドコモ、au、ソフトバンク)、家電量販店です。

iPhone 14シリーズの本体価格が最も安いのはアップルストアですが、携帯キャリアの端末回収を前提とした分割払いプログラムを利用すると更にお得にiPhone 14シリーズを手に入れることができます。

iPhone 14シリーズの本体価格比較

iPhone 14シリーズの本体価格を比較すると、最も安いのはアップルストアになります。ただ、次点の楽天モバイルとの価格差はわずかです。アップルストアに在庫がない場合、楽天モバイルをチェックしましょう。

【iPhone 14シリーズ本体価格比較表(税込価格)】
    iPhone 14 iPhone 14 Plus iPhone 14 Pro iPhone 14 Pro Max
アップルストア 128GB 119,800円 134,800円 149,800円 164,800円
256GB 134,800円 149,800円 164,800円 179,800円
512GB 164,800円 179,800円 194,800円 209,800円
1TB     224,800円 239,800円
楽天モバイル 128GB 120,910円 135,900円 164,800円 181,800円
256GB 135,900円 150,900円 181,800円 197,800円
512GB 165,900円 180,900円 214,800円 230,800円
1TB     247,800円 263,800円
ドコモ 128GB 138,930円 158,180円 174,130円 201,850円
256GB 161,480円 179,520円 198,880円 220,330円
512GB 201,740円 220,330円 238,480円 257,070円
1TB     275,220円 289,300円
au 128GB 140,640円 158,490円 175,860円 201,925円
256GB 161,770円 179,850円 201,925円 220,355円
512GB 201,925円 220,355円 238,555円 257,100円
1TB     275,415円 293,845円
ソフトバンク 128GB 140,400円 158,400円 175,680円 201,600円
256GB 161,280円 179,280円 201,600円 220,320円
512GB 201,600円 220,320円 238,320円 257,040円
1TB     275,040円 281,520円

※最安値は赤字表示、次点は緑字表示

iPhone 14シリーズの最安価格比較

楽天モバイル、ドコモ、au、ソフトバンクの携帯キャリアには、2年目に端末を返却することを前提にした分割払いプログラムがあります。
48回払いで端末を購入し、23~25か月目に返却すると残りの支払いが不要になるので、自己負担額を大幅に下げることができます。

また、他社からの乗り換え(MNP)に伴うキャンペーン特典で、端末料金から割引になったりポイント還元を受けたりすることができます。

携帯キャリアでiPhoneを購入する場合、この下取り分割払いプログラムとMNP乗り換えキャンペーンを併用することでiPhoneの価格が最安になります。
ここでは、携帯キャリア各社の最安価格を比較します。

【iPhone 14シリーズ最安価格比較表(税込価格)下取りプログラム+MNP乗り換えキャンペーン】
    iPhone 14 iPhone 14 Plus iPhone 14 Pro iPhone 14 Pro Max
楽天モバイル 128GB 36,432円
2,518円/月×24回
43,944円
2,831円/月×24回
58,392円
3,433円/月×24回
66,888円
3,787円/月×24回
256GB 43,944円
2,831円/月×24回
51,432円
3,143円/月×24回
66,888円
3,787円/月×24回
74,880
4,120円/月×24回
512GB 58,944円
3,456円/月×24回
66,432円
3,768円/月×24回
83,400円
4,475円/月×24回
91,392円
4,808円/月×24回
1TB     99,888円
5,162円/月×24回
107,880円
5,495円×24回
ドコモ 128GB 49,690円
3,030円/月×23回
59,220円
3,444円/月×23回
67,370円
3,798円/月×23回
81,890円
4,430円/月×23回
256GB 61,680円
3,541円/月×23回
70,000円
3,913円/月×23回
79,880円
4,342円/月×23回
91,250円
4,836円/月×23回
512GB 82,140円
4,440円×23回
91,250円
4,836円/月×23回
100,400円
5,234円/月×23回
109,990円
5,651円/月×23回
1TB     119,260円
6,054円/月×23回
124,940円
6,301円/月×23回
au 128GB 49,760円
2,163円/月×23回
58,730円
2,553円/月×23回
67,700円
2,943円/月×23回
80,925円
3,518円/月×23回
256GB 60,570円
2,633円/月×23回
69,770円
3,033円/月×23回
80,925円
3,518円/月×23回
90,355円
3,928円/月×23回
512GB 80,925円
3,518円/月×23回
90,355円
3,928円/月×23回
99,555円
4,328円/月×23回
109,100円
4,743円/月×23回
1TB     118,415円
5,148円/月×23回
127,845円
5,558円/月×23回
ソフトバンク 128GB 48,600円
2,025円/月×24回
57,600円
2,400円/月×24回
66,240円
2,760円/月×24回
79,200円
3,300円/月×24回
256GB 59,040円
2,460円/月×24回
68,040円
2,835円/月×24回
79,200円
3,300円/月×24回
88,560円
3,690円/月×24回
512GB 79,200円
3,300円/月×24回
88,560円
3,690円/月×24回
97,560円
4,065円/月×24回
106,920円
4,455円/月×24回
1TB     115,920円
4,830円/月×24回
119,160円
4,965円/月×24回

※最安値は赤字表示

結論:iPhone 14シリーズを最も安く買うなら楽天モバイル

楽天モバイルの下取りプログラム「iPhoneアップグレードプログラム」と最大24,000円相当の楽天ポイントをもらえる「iPhoneトク得乗り換えキャンペーン」を併用すると、実質負担額が大幅に下がります。
ドコモ、au、ソフトバンクにも下取りプログラムはありますが、本体価格が最安で高額のポイント還元がある楽天モバイルが最安となります。

更に楽天モバイルは利用料金が安いので、iPhoneの毎月の支払いと合わせても負担が大きくならないところも魅力ですね。

iPhone 14シリーズをお得に手に入れたい、という方は楽天モバイルへのMNP乗り換えを検討してはいかがでしょうか。

iPhone購入乗り換えで最大24,000ポイント還元中。Rakuten UNLIMIT VIIではデータ使用量に応じて月額料金が変わり、3GBまでならかけ放題つきで1,078円。iPhone13/12シリーズも取扱いあり。

iPhone 14のまとめ

色々な予想が飛び交っていましたが、今回のiPhone 14シリーズは、iPhone 14/14 Plusに関しては、少し高くなっただけであまり変化を体感することはできません

それに反して、今回のiPhoneiPhone 14 Pro/14 Pro Maxは、Dynamic Islandという新機能のディスプレイ表示で、新しさを体感することはできます

また、今回のiPhoneカメラの機能も上がり、映画業界のスタンダードのクオリティを出せるようになったのは事実で、カメラにこだわりがある方は、iPhone 14 Pro Maxがおすすめです。

ただ、すでにiPhone 13 Pro/13 Pro Maxを持っている方にとっては、大きな変化はあまりなかったのが現状です。

今新しいiPhoneを買おうか迷っている方は、よっぽどカメラや新しい体験にこだわらない限り、中古でiPhone 13またはiPhone SEをおすすめします。

少しでも最先端のカメラクオリティや、より新しい体験を高くても求めたいという方は、iPhone 14 Pro Maxをおすすめします。

自分がiPhoneをどんな使い方をしたいのかしっかり考えて、無駄なく賢く購入しましょう。

関連記事:
iPhone 13シリーズで一番のおすすめはこれ!13 mini, 13, 13 Pro, 13 Pro Maxの違いを比較調査

関連記事:
iPhone SE第3世代は期待外れか?第2世代と徹底比較調査

更新日