乗り換え先No1!4大キャリアで満足度2年連続1位!

楽天モバイル
  • iPhone購入乗り換えで最大24,000ポイント還元
  • かけ放題付き&3GBまでなら1,078円&どれだけ使っても3,278円!
  • 光回線楽天ひかりもあわせて使えば1年間光回線代がゼロに(詳細

機種変更で自分で簡単にiPhoneのデータを移行する3つの方法と機種変更前に必ずやること

iphonekishuhenkou

まずiPhone機種変更前にやること

機種変更をする前に、準備しておかなければならないことがあるので、まずそこから解説していきます。これらを準備しないでデータを移行すると、後で問題が発生する可能性もあるので、忘れずに準備しておきましょう。

iPhoneの容量の確認とデータの整理・バックアップ

iPhoneの容量がどれだけ残っているかの確認と、データの整理・バックアップを忘れずにしましょう。必要のないデータはどんどん消去し、必要なものだけバックアップを取ることをおすすめします。

機種変更をする時には、バックアップデータの移行やSIMカードのさし替えなど、普段行わない作業をするので、この手順を誤ると、ちゃんと全てのデータを移行できないこともあるので注意が必要です。

後で解説しますが、データ移行の方法の中で、iTunes、iCloudを使う方法はバックアップを取らなければいけません。

ただ、その他の方法を使う時でも、何が起こるか分かりません。万が一の場合に備え、常にバックアップを取ることをおすすめします。

iPhoneのLINE等アプリのバックアップ

iPhoneの機種変更をする時に必ず必要な作業となるデータ移行ですが、アプリに関しては、アプリ内のデータはiPhoneのデータ移行で移せないものが多くあります。

アプリのバックアップに関しては、アプリごとに確認が必要になるので注意してください。

バックアップを取る必要があるアプリは、LINE、Googleアカウント、二段階認証の認証アプリ、Apple Watch等になります。

特にLINEは、仕事やプライベートでも使っている方が多いと思いますが、連絡先や会話の履歴はしっかりバックアップを取らないと保存されないので、忘れずにバックアップを行うようにしましょう。

  • LINEのバックアップの取り方
  • LINEの設定から「トーク」をタップ
  • 「トークのバックアップ」をタップ
  • 「今すぐバックアップ」をタップ

この手順を行うと、LINEのバックアップがスタートします。早ければ5分ほどでバックアップが完了するので、簡単に大事なデータを保存することができます。

iPhoneのID・パスワードのバックアップ

iPhoneでは、様々な機能を使うのにApple IDやパスワードは必須です。

もちろん、バックアップデータを復元したり、アプリを購入したりする時にも必要なものですが、同じiPhoneをずっと使っている方は、Apple IDやパスワードを忘れてしまうことも多いと思います。

Apple IDの確認は、

  1. iPhoneの「設定」
  2. 「アカウント名」をタップ
  3. 名前の下に表示されるのがApple ID

パスワードを忘れた場合は、パスワードの再設定が必要になるので設定し直してください。

パスワードの再設定は、

  1. 「設定」を開く
  2. 「ユーザ名」>「パスワードとセキュリティ」>「パスワードの変更」の順にタップ
  3. 画面の案内にそって、パスワードをリセット

この手順でApple IDの再設定することができます。

「iPhoneを探す」をオフにする

iPhoneの機種変更後、古いiPhoneを下取りに出すことを考えている方は、「iPhoneを探す」の機能をオフにしておく必要があります。「iPhoneを探す」機能がオンのままだと、初期化する時に、iPhoneが自動的にロックされて使えなくなることがあるからです。

古いiPhoneを下取りに出す時は、「iPhoneを探す」の機能をオフにすることを忘れないでください。

関連記事:
【2022年最新】必見!iPhoneを最も安く買うおすすめの6つの方法

機種変更で自分で簡単にiphoneのデータを移行する3つの方法について

iPhoneの機種変更を行う際、

  • 機種変更するiPhoneの初期設定
  • 古いiPhoneから必要なデータを移行する作業

が必要となります。

機種変更するiPhoneの初期設定は、

  • iPhoneの電源を入れる
  • クイックスタートをする or 手動で設定する

手動で設定する場合は、表示の支持に従って行ってください。クイックスタートについては、後ほど解説します。

次に、iPhoneの機種変更をする時に、自分で古いiPhoneのデータを移行する方法には、次の3つがあります。

  • 最も簡単なデータ移行:クイックスタート
  • iPhone上で行うiCloudのデータ移行
  • パソコンを使って行うiTunesのデータ移行

自分でiPhoneの機種変更を行う時、この3つの方法の中で、クイックスタートという方法が最もおすすめです。

クイックスタートは、初期設定と同時に古いiPhoneデータの移行も行うことができ、手順も簡単です。現在利用されているiPhoneの大部分は問題なく、このクイックスタートでデータの移行をすることができます。

クイックスタートは、データを移行をする前に、iPhoneのデータのバックアップを取る必要がありません。古いiPhoneから機種変更するiPhoneへ直接データを移行する、最も簡単なデータ移行の方法です。

それに反して、iCloudやiTunesを使う方法は、一度データのバックアップを取ってから、データを移行することになります。

この方法は、古いiPhoneで取ったバックアップを機種変更するiPhoneで復元する方法です。つまり、iCloudにあまり容量がなかったり、iTunesを使えないと、データを移行することができない可能性もあるので注意してください。

この3つの方法の中でもクイックスタートでデータの移行を行うことをおすすめします。

また、注意しないといけないのは、iPhoneが故障したので新しいiPhoneに買い換えたという場合です。

この時、この機種変更した新しいiPhoneに、古いiPhoneで取っておいたバックアップからデータを復元する必要が出てきます。

iPhoneが故障した時は、古いiPhoneですでにバックアップデータを取っていることが必須です。万が一に備えて、普段からiPhoneのデータのバックアップを小まめに取ることをおすすめします。

それぞれの方法を確認し、あなたに合ったデータ移行の方法で、iPhoneの機種変更からデータの移行を正確に行ってください。

それでは、次の章から、データを移行する3つの方法の手順をそれぞれ見ていきましょう。

関連記事:
iPhone SE第3世代は期待外れか?第2世代と徹底比較調査

方法1:機種変更後クイックスタートで簡単にiPhoneのデータ移行をする方法

iPhoneの機種変更を行い、自分でデータを移行する3つの方法の中で、クイックスタートという方法が最もおすすめです。

クイックスタートは、初期設定と同時に古いiPhoneデータの移行も行うことができる方法で、最も便利で簡単な方法となっています。

現在利用していて、データを取り出すことになる古いiPhoneと、データの移行先となる機種変更した新しいiPhoneの二つがあれば、データの移行がすぐできるようになっています。

このクイックスタートでは、パソコンなど別のデバイスが必要となることもないので、非常に手軽に行うことが出来ます。

ただ、注意点が、データの移行には少し時間がかかるので、待っている間は、新・旧両方のiPhoneが使えなくなることです。

データの移行時間は30分から1時間となりますが、しばらくスマホが使えなくても問題がないようにするのが良いでょう。

手順①事前準備をする

クイックスタートの手順①として、次の事前準備が必要となります。

  • Apple IDとパスワードを用意する
  • wifiの通信環境が良い状態か確認する
  • Bluetoothをオンにする
  • ストレージの空き容量を確認する
  • 不要なデータを整理する

まず、Apple IDとパスワードを用意してください。

Apple IDとパスワードは、古いiPhoneから機種変更する新しいiPhoneへデータを移行する時に必要です。

もし、パスワードを忘れた時は、次の手順でパスワードをリセットすることができます。

  1. アプリの「設定」を開く
  2. 「自分の名前」→「パスワードとセキュリティ」をタップ
  3. 「パスワードの変更」をタップ
  4. パスコード入力
  5. 支持に従いパスワード変更

クイックスタートでiPhoneの機種変更をするときは、新・旧両方のiPhoneをwifiに接続するのを忘れないでください。また、wifiがちゃんと機能している必要があるので、通信環境が良い状態かも確認しましょう。

また、Bluetoothもオンにしてください。

次に、古いiPhoneと機種変更するiPhoneの両方に、どれくらいのストレージ容量の空きがあるかも確認しまましょう。

移行するデータ量と移行先の機種変更するiPhoneの容量が合わないと、新しいiPhoneの容量を圧迫することもあるので気を付けてください。

手順②古いiPhoneと機種変更したiPhoneの準備をする

そして、事前準備ができたら、機種変更する新しいiPhoneの電源を入れ、古いiPhoneの近くに置いてください。

すると、古いiPhoneにデバイス設定のオプションが表示されます。これから機種変更するiPhoneのApple IDが正しいかどうかを確認し、次に「続ける」をタップしてください。

「続ける」が出てこないときはBluetoothを「オン」にして試してみましょう。

手順③古いiPhoneで機種変更したiPhoneの画面を読み取る

次に、機種変更する新しいiPhoneにアニメーションが表示されます。

その表示されたアニメーションを、古いiPhoneのカメラで読み取ってみてください。

すると、古いiPhoneに「新しいデバイスの設定を完了」と表示されれば準備はOKです。

もし、液晶が破損していたり、カメラが壊れている等の理由で、機種変更する新しいiPhoneに表示されるアニメーションが読み取れない時、画面下の「手動で認証」をタップしてください。

その次は、画面の指示に従って進めていきましょう。

手順④機種変更したiPhoneにパスコードを入力する

4つ目の手順では、機種変更する新しいiPhoneに、古いiPhoneで使っているパスコードを入力してください。

この時点では、まだ機種変更は完了していません。古いiPhoneの電源は切らずに待ってください。

手順⑤機種変更したiPhoneの生体認証設定する

そして、パスコードの入力が完了したら、機種変更する新しいiPhoneで生体認証を設定する必要があります。

機種変更する新しいiPhoneで、Face IDまたはTouch IDを、実際に顔、または指を充てて設定します。生体認証は、iPhoneのモデルによってFace ID、またはTouch IDのどちらかになります。

次に、機種変更する新しいiPhoneで、iCloudのデバイス設定も行ってください。事前に準備するものの中にあったApple IDとパスワードで、iCloudにサインインをすれば完了です。

関連記事:
UQモバイルでiPhoneがお得に使える!その方法とメリットを徹底解説

手順⑥古いiPhoneから機種変更したiPhoneへデータを移行する

以上の手順を完了すると、機種変更する新しいiPhoneのディスプレイに「データを転送」の表示が出ます。

そして、「iPhoneから転送」をタップします。このデータ転送が完了するまでは、古いiPhoneと新しいiPhoneは近づけたままにしてください。

また、途中でどちらかのiPhoneの電源が切れないよう、古いiPhoneも新しいiPhoneも充電をしたままにすることをおすすめします。

最後に、iPhoneの機種変更が完了した後、古いiPhoneに残っている契約は必要があれば解約することも忘れないでください。古いiPhoneを下取りに出す場合は、保存されたままのデータを初期化してから下取りに出しましょう。

関連記事:
【2022年最新】必見!iPhoneを最も安く買うおすすめの6つの方法

関連記事:
UQモバイルでiPhoneがお得に使える!その方法とメリットを徹底解説

方法2:機種変更後にiTunesでiPhoneのデータ移行をする方法

自分でデータを移行する2つ目の方法として、パソコンがある方は、iTunesを使ってデータを移行する方法があります。

手順は簡単ですが、必ずパソコンとiPhoneを接続する必要があるので、頻繁にバックアップを取るには少し手間がかかるかも知れません。

iPhoneのデータは、日ごとにアップデートされて増えていきます。可能なら、クイックスタートやiCloudを利用するデータ移行の方法の方が、簡単で手間をかけずにデータの移行を行うことができるのでおすすめです。

手順①事前準備をする

まずは事前準備をします。パソコンにiTunesをインストールしてください。iTunesはAppleの公式サイトからインストールできます。

iTunesを使ってデータの移行をする機種変更では、パソコンとiPhoneを接続する必要があります。専用のLightning-USBケーブルを使ってください。

このケーブルがないと、iTunesを使ってのデータの移行・機種変更ができなくなってしまうので、必ず準備するようにしましょう。

手順②PCのiTunesを起動する

次に、パソコンでiTunesを立ち上げたら、Lightning-USBケーブルでパソコンと古いiPhoneを接続してください。

接続できたら、パソコンのメニューバーに行き、iPhoneマークが表示されているのが見えます。それが確認できたら、そのiPhoneマークをクリックしてください。

関連記事:
UQモバイルでiPhoneがお得に使える!その方法とメリットを徹底解説

手順③iTunesのバックアップを取る

3つ目の手順は、iTunesのバックアップを取ることです。

iTunes上で「バックアップ」が表示されるので、「今すぐバックアップ」をクリックしてください。

すると、iTunesにデータがバックアップされていくのでその間は待機します。

iTunes上に、Appleマークが表示されればバックアップ完了のサインです。

最後に、データが正しくバックアップされてたかは、「バックアップ」に記される「最新のバックアップ」の日付で確認ができます。今日の日付で、最新のデータがちゃんとバックアップされたかを確かめましょう。

手順④PCと機種変更したiPhoneを接続する

それでは、iTunesでデータのバックアップが完了できたら、古いiPhoneとパソコンを離しても大丈夫です。

パソコンのディスプレイ左上の「編集」から「環境設定」に行ってください。

そこで、「デバイス」が表示されるので、その中の「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期する」にチェックを入れたら、OKをクリックして完了です。

そして次に、パソコンと、機種変更をする新しいiPhoneを接続しましょう。

手順⑤機種変更したiPhoneにiTunesのバックアップデータを復元する

それでは、機種変更する新しいiPhoneをパソコンに接続したら、次の手順で進めてください。

  1. iPhoneのマークをクリック
  2. 「バックアップ」→「バックアップを復元」をクリック
  3. 復元したいバックアップを選択する→「OK」をクリック
  4. バックアップの復元が完了

復元したいバックアップを選ぶ時は、手順③で取り込んだバックアップデータの日付と合っているかを確認しましょう。

この後、機種変更する新しいiPhoneが再起動します。

再起動が行われたら、機種変更する新しいiPhoneとパソコンとの同期が完了するまで、その接続を外さないように注意しましょう。

関連記事:
【2022年最新】必見!iPhoneを最も安く買うおすすめの6つの方法

関連記事:
iPhone SE第3世代は期待外れか?第2世代と徹底比較調査

方法3:機種変更後にiCloudでiPhoneのデータ移行をする方法

iCloudは、大容量のiPhoneのデータでも問題なく安全に保存することができるサービスです。このiCloudを使うことで、iPhoneのデータを瞬時に全てバックアップすることができます。

機種変更する新しいiPhoneでも、同じようにバックアップしたデータを復元することで、古いiPhoneからのデータを移行することができ、データの移行をするのにとても便利な方法です。

iCloudは、無料でデータ量5GBまで保存することができ、月額料金を支払うことで容量を追加も可能です。

iCloudへのデータのバックアップは、iPhoneの設定画面から簡単に行えます。また、最新のデータのバックアップを取ったり、設定によっては、定期的にデータのバックアップを取ることもできます。

さらに、iCloudのバックアップ機能をオンにすると、毎日自動的にバックアップを取ることができるので、忘れずに常にデータを保存したいという方にはおすすめです。

iCloudのデータ保存は非常に簡単で便利なので、iPhoneの故障など、一度にデータが消えてしまう最悪の自体に備え、バックアップ機能をオンに設定して自動的にバックアップを取ることをおすすめします。

手順①事前準備をする

iCloudストレージを使えば、保存する容量は無制限で、すべてのデータを一時的にバックアップすることが可能です。

現在では、OSをiOS 15にアップデートすれば、iCloudのストレージ上で、一時的に全てのデータの保存を利用することができるようになっているのでとても便利です。

手順②古いiPhoneのバックアップを取る

それでは、古いiPhoneをiOS 15にアップグレードしてから、次の手順でiCloudにバックアップを取ってみましょう。

  1. 「設定」→「一般」をタップ
  2. 「転送またはデバイス名をリセット」をタップ
  3. 「新しいiPhoneの準備」の「開始」をタップ
  4. 「バックアップをオンにして転送」をタップ
  5. iCloudストレージのページに行ったら「続ける」をタップ
  6. バックアップが完了

iCloudストレージのページに飛ばない時は、そのiPhoneのiCloud上に空きの容量がまだあるということなので、通常の方法でiCloudにデータを保存しましょう。

iCloudストレージを使わずに、iCloudでデータをバックアップする際の手順は、次のようになります。

  1. 「設定」→「自分の名前」をタップ
  2. 「iCloud」→「iCloudバックアップ」をオン
  3. 「今すぐバックアップを作成」をタップ

手順③機種変更したiPhoneにiCouldのデータを取り込む

次に、機種変更したiPhoneにiCouldのデータを取り込んでいきましょう。

「設定」→「自分の名前」→「iCloud」→「iCloudバックアップから復元」をタップしたら、次の手順で進めてください。

  1. Apple IDとパスワードを入力
  2. 「バックアップデータ」を選択
  3. 「続ける」or「手動でアップデートをインストール」をタップ
  4. 支持に従って進める
  5. バックアップデータ復元完了

すべてのバックアップが完了するまでは、iPhoneのwifiがちゃんと繋がっていること、iPhoneの充電がしっかりと残っていることを確認してください。

iPhoneをチャージャーに接続したままバックアップデータを取るのも良いでしょう。

この手順でも問題ないですが、やはりiCloudを使う場合は、自動バックアップ機能をオンにしておくことがおすすめです。

毎日最新のデータを全て自動でバックアップしてくれるので、どんな時でも安心です。

関連記事:
【2022年最新】必見!iPhoneを最も安く買うおすすめの6つの方法

関連記事:
UQモバイルでiPhoneがお得に使える!その方法とメリットを徹底解説

機種変更でデータを移行する3つの方法と機種変更前に必ずやること:まとめ

この記事では、機種変更でデータを移行する3つの方法と機種変更前に必ずやることを解説しました。

やはり、iPhoneを機種変更する時には、正しいデータの移行が最も重要です。

機種変更でデータを移行する3つの方法の中で、最もおすすめなのはクイックスタートです。

OSさえしっかりアップデートしていれば、最も簡単に古いiPhoneから機種変更した新しいiPhoneへデータを移行することができます。

また、それと同時に、iCloudの自動バックアップ機能を常にオンにしておくこともおすすめします。

これは、新しいiPhoneに機種変更した後でも、日々増えていくデータを毎日欠かさず、常時データをバックアップしてくれる優れものです。

このiCloudの自動バックアップ機能を常にオンにしておけば、iPhoneが万が一故障になったり、どんなことが起こっても、問題なくデータを保存し守ることができます。

クイックスタートでiPhoneの機種変更でデータを移行した後は、忘れずにiCloudの自動バックアップ機能をオンにしてください

自分のスマホの使い方をちゃんと知った上で、自分に一番合った方法で、今よりもっと便利にスマホを利用してみましょう。

関連記事:
【2022年最新】必見!iPhoneを最も安く買うおすすめの6つの方法

関連記事:
iPhone SE第3世代は期待外れか?第2世代と徹底比較調査

更新日