乗り換え先No1!4大キャリアで満足度2年連続1位!

楽天モバイル
  • iPhone購入乗り換えで最大24,000ポイント還元
  • かけ放題付き&3GBまでなら1,078円&どれだけ使っても3,278円!
  • 光回線楽天ひかりもあわせて使えば1年間光回線代がゼロに(詳細

【2023年最新】徹底比較:ソフトバンク回線でおすすめの格安SIM6選

ソフトンバンク回線の格安SIM
ソフトンバンク回線の格安SIMでおすすめはどこ?

主な6つのソフトバンク系格安SIMを、料金・通信速度・独自サービス・キャンペーン別に比較。ソフトバンク回線のおすすめ格安SIMを紹介します。

※当記事では音声通話SIMを紹介しています。

ニュース・キャンペーン情報

家族でお得なワイモバイルが
親子割実施中!

  • 5年連続スマホ満足度No1
  • 親子割(家族)ならシンプルM(15GB)990円から利用可能!(*)
キャンペーン対象拡大!
毎日誰でもPaypayポイントがもらえる

ワイモバイルの公式サイトを見る

(*)2回線目以降

比較:ソフトバンク回線の格安SIM6社 - 一押しはLINEMO

ソフトバンク回線を使用する格安SIMの中で特にシェアの大きい6社を、料金・通信速度・独自サービス・キャンペーン別に比較していきます。

総合すると、ソフトバンク系の格安SIMの中ではLINEMOが一押しです。

ソフトバンク回線格安SIMのおすすめ度
格安SIM 料金・キャンペーン 通信速度の速さ 独自サービスの魅力
linemo ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★★
ワイモバイル ★★★★☆ ★★★★★ ★★★★★
mineo ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
HISモバイル(ソフトバンク回線) ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆
nuroモバイル ★★★★★ ★★☆☆☆ ★★★☆☆
QTモバイル ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆

ニュース・キャンペーン情報

ソフトバンクの高品質通信LINEMOから3GBプラン登場!

LINEMO
  • 3GB990円 + LINEでのギガ消費ノーカウント
  • LINE MUSIC6か月間無料
  • 5分定額1年間無料!24時間かけ放題も1,100円で利用可能(1年間)
新規または他社からの乗り換えで
Paypayポイント最大10,000円相当プレゼント

LINEMOのサイトを見る

関連記事:
ソフトバンクからの乗り換えでこんなにお得!絶対おすすめ格安SIM6選と手順

料金・コスパ:LINEMOは通常料金も最安級でキャンペーンで更にお得

各格安SIMのソフトバンク回線の料金プランは、ドコモ/au回線に比べて比較的割高になります。そんな中でもコスパに優れているのは、ソフトバンクのオンライン専用プランLINEMO(ラインモ)。

LINEMOはもともとのプランもお得ながら、申込キャンペーン適用でプラン基本料が6ヵ月間実質無料になり、さらに通話定額も1年間無料。これほどお得なソフトバンク回線系格安SIMは他に見当たりません。

音声対応格安SIMの料金(税込)
格安SIM 料金プラン(1GBあたり単価) 通話料・オプション料金
LINEMO 3GB:990円
⇒キャンペーン適用で8ヵ月実質0円!(2023年1月末まで)
20GB:2,728円
通常:22円/30秒
5分以内定額:550円/月
⇒キャンペーン適用で1年間0円!
かけ放題:1,650円/月
⇒キャンペーン適用で1年間1,100円!
ワイモバイル 3GB:990円
15GB:2,090円
25GB:2,970円
通常:22円/30秒
10分以内定額:770円/月
かけ放題定額:1,870円/月
mineo 1GB:1,298円/月
5GB:1,518円/月
10GB:1,958円/月
20GB:2,178円/月
通常:22円/30秒
5分以内定額:550円/月
かけ放題:1,210円/月
HIS mobile(ソフトバンク回線)* ~100MBまで:1,078円
2GB:1,562円/月
5GB:2,112円/月
10GB:3,102円/月
15GB:4,092円/月
30GB:6,567円/月
通常:22円/30秒
10分以内定額:935円/月
nuroモバイル(ソフトバンク回線) 3GB:792円/月
5GB:990円/月
10GB:1,485円/月
5分以内定額:490円/月
10分以内定額:880円/月
QTモバイル(ソフトバンク回線) 1GB:1,870円/月(6ヵ月目まで1,254円/月)
3GB:1,980円/月(6ヵ月目まで1,364円/月)
6GB:2,750円/月(6ヵ月目まで2,134円/月)
10GB:3,850円/月(6ヵ月目まで3,234円/月)
20GB:5,610円/月(6ヵ月目まで5,379円/月)
30GB:7,810円/月(6ヵ月目まで7,579円/月)
通常:11円/30秒
10分以内定額:880円/月
かけ放題:1,600円/月

*ソフトバンク回線の段階料金制「ビタッ!プラン」

通信速度:ワイモバイルが最速、LINEMOは上り下り両方速い

スマホでダウンロード速度20Mbps・アップロード5Mbpsも出れば十分快適なデータ通信が可能です。それをふまえた上で下記の速度比較を見ると、ソフトバンク回線系の格安SIMは快適な通信ができることが分かります。

その中でも、通信速度が下り・上り共に速いのはワイモバイルとLINEMOとなっています。SNSに写真や動画をアップロードすることが多いなら、この2社のどちらかがおすすめです。

音声対応格安SIMの通信速度
格安SIM 平均ダウンロード速度 平均アップロード速度
LINEMO 55.6Mbps 14.8Mbps
ワイモバイル 71.8Mbps 17.3Mbps
mineo(ソフトバンク回 63.8Mbp 9.0Mbps
HIS mobile 51.9Mbps 10.9Mbps
nuroモバイル(ソフトバンク回線) 28.6Mbps 11.9Mbps
QTモバイル 45.4Mbps 8.2Mbps

データ超過時の最大通信速度

格安SIMプランのデータ容量を使い切ってしまうと、月末まで通信速度制限がかかります。大半の格安SIMは制限後に最大200kbpsになり、ネットをまともに使うことはできなくなります。

ですが、LINEMOとワイモバイルは速度制限時でも、下記のとおり最低限のネットを引き続き使えるスピードが出ます。追加料金を支払わずにネットを使い続けることができるので助かりますね。

格安SIM データ量超過後の最大通信速度
LINEMO 3GBプラン:300kbps 20GBプラン:1Mbps
ワイモバイル 3GBプラン:300kbps 15GB/25GBプラン:1Mbps
mineo 200kbps
HIS mobile 200kbps
nuroモバイル(ソフトバンク回線) 200kbps
QTモバイル 200kbps

独自サービス:店舗サポート必須ならワイモバイル一択、LINEヘビーユーザーならLINEMO

格安SIMによって、他社にはない独自のサービスを展開しています。自分に合ったサービスがある格安SIMを選ぶのもいいでしょう。

たとえばLINEをよく使う人には、LINEのトークや通話をいくら使ってもデータを消費しないLINEMOが一押し。

また、もし店舗サポートを受けたいならワイモバイルがおすすめです。大半の格安SIMは大手キャリアと違って店舗サポートがありませんが、ワイモバイルショップは全国に約2,600店も展開中。最寄りの店舗にて何でも気軽に相談することができますよ。

  • タイプ別のおすすめ格安SIM
  • LINEを多用する人に⇒【LINEMO】LINEのトーク・通話がデータ消費しない
  • 店舗でサポートしてもらいたい⇒【ワイモバイル】全国のショップでサポート対応
格安SIM 独自サービスの内容
LINEMO
  • LINEギガフリーだからトーク・通話がデータ消費ゼロ
  • 20GBプランはLINEスタンププレミアム(ベーシックコース)が無料
  • eSIM対応
ワイモバイル
  • 店舗サポートあり
  • 家族割引で2回線目以降は毎月割引
  • Yahoo!ショッピングがPayPay支払いでポイント最大12%貯まる
mineo
  • 最大1.5Mbpsでデータ使い放題(パケット放題Plus加入時)
  • mineoユーザー同士でパケットをやり取りできる
  • 3キャリア対応
HIS mobile
  • ソフトバンク回線プランは使った分だけ支払う段階料金制
nuroモバイル
  • 一部プランはLINEデータフリー
  • 一部プランは3ヵ月ごとにデータ容量プレゼント
QTモバイル
  • 店舗サポートあり(九州のみ)
  • 九電の電気・BBIQとセット利用で割引あり
  • 無料の端末補償あり(15,000円まで)

キャンペーン

なるべくお得に格安SIMに乗り換えたいなら、申込みキャンペーンを利用しない手はありません。ここでは、格安SIMごとのキャンぺーンを紹介します。

お得なキャンペーンがいくつもあるのは、LINEMOとワイモバイルです。家族みんなで乗り換えるならワイモバイル、一人で乗り換えてもお得なのはLINEMOとなります。

なお、キャンペーン内容は随時変更になることがあるため、最新情報は各格安SIMのホームページにて確認してください。

格安SIMの申込みキャンペーン
格安SIM キャンペーン内容
LINEMO
  • ミニプラン月額990円が最大8ヵ月実質無料
  • 他社から乗り換えで10,000円相当のPayPayポイント還元(スマホプラン)
  • 5分以内通話定額が1年間無料
  • LINE MUSICが6ヵ月間無料
  • 招待した人・招待された人に1,500円相当PayPayポイントプレゼント
ワイモバイル
  • データ増量オプション月額が1年間無料
  • ソフトバンク光/ソフトバンクエアーと併用でスマホ料金割引
  • 家族みんなで使うと毎月1,188円割引(2回線目以降)
  • 60歳以上は通話定額が毎月1,100円割引
  • 他社から乗り換えで10,000円相当のPayPayポイント還元(シンプルM/Lプラン)
  • LINE MUSICが6ヵ月間無料
mineo
  • U-NEXTオプション契約で3ヵ月間利用料金キャッシュバック
HIS mobile
  • 複数回線同時申込で最大8,250円キャッシュバック
nuroモバイル
  • 新規・乗り換えで5,000円キャッシュバック
  • NURO光とセットでスマホ料金1年間792円割引
  • So-net光とセットでスマホ料金1年間792円割引
QTモバイル
  • 新規・乗り換えと同時に端末購入で20,000円キャッシュバック
  • 30歳以下なら20GB/30GBプランが1年間割引

※2022年12月11日時点の内容です。

関連記事:
【2023年1月】徹底比較:1番お得な乗り換えキャンペーンを決定!キャリア・格安SIM全8社

ソフトバンク回線の格安SIMに乗り換えるメリット・デメリット

ソフトバンク回線系の格安SIMに乗り換えるメリットは何?デメリットはないの?という疑問をお持ちの人のために、それぞれ解説していきます。

ソフトバンク回線の格安SIMに乗り換える5つのメリット

①ソフトバンクスマホをSIMロック解除不要で使える

ソフトバンク回線の格安SIMなら、SIMロックがかかっているソフトバンクのスマホ端末でも、SIMロック解除せずに使えます。

SIMロックとは、他キャリアのSIMを使用できないようにするための制限のこと。SIMロックのあるソフトバンクスマホなら、ドコモやauのSIMカードを挿しても使えないわけです。

でも、同じソフトバンク回線を使う格安SIMであれば、SIMカードを差し替えるだけで使えるようになります。ちなみに、2021年10月以降に発売されたソフトバンク機種にはSIMロックはかかっていません。

②ソフトバンクのエリアにつながる

格安SIMとはいっても、使用する回線は大手キャリアと同じ。ソフトバンク回線系の格安SIMなら、ソフトバンクのエリアにつながります。

特に、ソフトバンクが提供するLINEMOとワイモバイルは、ソフトバンク自社回線を利用するため、通話・通信の品質は他の格安SIMより上です。

LINEMOとワイモバイルはソフトバンク直営 LINEMOとワイモバイルの運営会社はソフトバンクなので、厳密には格安SIMではありません。格安SIMは大手キャリアの回線を間借りしますが、LINEMOとワイモバイルは自社回線を利用しているからです。そのため、両方とも料金は格安SIM並みに安くても、サービス品質はキャリア並みということができます。

③キャリアより大幅に安くなる

キャリアから格安SIMに乗り換えると大幅に安くなり、通信費を節約することができます。

下記を見ると料金の違いは一目瞭然です。同じデータ容量で比べると、LINEMOがソフトバンクより5分の1程度安くなります。

料金プラン比較:ソフトバンクとLINEMO
  LINEMO「ミニプラン」 ソフトバンク「ミニフィットプラン+」
~1GB 3,278円(割引適用時2,178円)
~2GB 4,378円(割引適用時3,278円)
~3GB 990円 5,478円(割引適用時4,378円)

④プラン内容がシンプルで分かりやすい

ソフトバンクを含む大手キャリアの料金プランは、内容が分かりにくいと感じることがあります。その理由は、家族割や光回線とのセット割など適用後の金額を目立つように表示しているため。でも実際には、そこまで割引されないことも少なくありません。

いっぽう、格安SIMの料金プランはシンプルで分かりやすいのが特徴です。料金プランも一般的に割引適用なしの金額を表示しているため、後から「思ったより安くないな」と感じることもないんです。

⑤サブ回線にすることで通信障害対策になる

あなたは、デュアルSIMスマホのメイン回線にドコモ/au回線を使用していますか?それなら、ソフトバンク回線の格安SIMをサブ回線にすることで通信障害対策になります。

キャリアでも時折、大規模な通信障害が発生することがあるもの。いざという時に電話や通信ができないと困りますよね。そこで、キャリアの異なる2回線があれば、ひとつのキャリアが使えない事態になっても安心です。

ソフトバンク回線の格安SIMに乗り換える2つのデメリット

①通信速度は落ちる

格安SIMは大手キャリアから回線を借りている立場なので、キャリアのプランよりも通信速度が落ちます。特に、回線が混雑しやすい夕方から夜の時間帯は速度低下することも珍しくありません。

ソフトバンク回線系の格安SIMもソフトバンクより速度が落ちますが、LINEMOとワイモバイルはソフトバンク直営なだけあり、本家に大きく劣ってはいません。

平均速度比較
キャリア 平均ダウンロード速度 平均アップロード速度
ソフトバンク 94.8Mbps 20.3Mbps
ワイモバイル 71.8Mbps 17.3Mbps
LINEMO 55.6Mbps 14.8Mbps

参照:みんなのネット回線速度(2022年12月時点)

②選択肢が少ない

ソフトバンク回線の格安SIMは、ドコモ/au回線に比べて種類が少ないのが実情です。また、ソフトバンク回線のプランを提供している場合でも、他回線に比べて割高なことも少なくありません。

そのため、ソフトバンク回線で安いプランを探しているのであれば選択肢はかなり限られます。実質的におすすめできるのは、LINEMOかワイモバイルの二択といっても過言ではありません。

ソフトバンク回線のおすすめ格安SIMランキング

ソフトバンク回線の格安SIMの中で自信をもっておすすめできる2つを紹介します。

おすすめ1位:LINEMOーキャンペーンのお得感が半端ない

ソフトバンクグループになったLINEMO(ラインモ)。だからキャリア品質。LINEのデータ消費がカウントフリー(LINEギガフリー)。データ容量使い切ってもLINEの通信速度はそのまま。いまなら、通話オプション(5分)が1年無料!

  • LINEはギガフリー
  • 月額基本料が最大8ヵ月実質無料
  • 乗り換えで10,000円相当のPayPayポイント還元
  • 5分以内通話定額が1年間無料
  • データ容量を使い切っても最大1Mbps

LINEMOは、オンラインで申し込むことができる人にはダントツでおすすめです。申込キャンペーンが非常にお得なので、ソフトバンクから乗り換えるとその安さにビックリすること間違いなし。

安いとはいえ、LINEMOはあくまでソフトバンク公式のプランなので、その品質は折り紙付き。ソフトバンクから乗り換えても違和感なく使い続けることができます。

なお、ミニプラン(3GB)とスマホプラン(20GB)のどちらにするかあまり迷う必要はありません。プランは後から変更可能だからです。

LINEMOの口コミ

48オタでスマホ代を抑えたい民は、
キャリア決済でモバイル枠が使える、
LINEMOしか勝たん気がする。

3GBと20GB選べるし、
LINE MUSIC6ヶ月無料だし、
PayPay還元が大きいし。

— 新潟のしげ⛄️🍊 (@kurobu_mo_seka1) December 11, 2022

ソフトバンクからLINEMOになりました!!!(ソファでビール飲みながら30分でできた……私は今まで何を、何に、なんで悩んでたんやろ)

— あまごちゃん (@amago_55555) December 10, 2022

おすすめ2位:ワイモバイルー店舗サポートを受けたいなら一択

ソフトバンクのサブブランド通信品質トップクラス。新プラン「シンプルS/M/L」なら家族割(2回線目以降)または光回線とのセット割の割引で3GB 月額税込990円。10分かけ放題・24時間かけ放題もあり。iPhone12シリーズも取り扱い中。

  • 全国2,600店舗でサポート
  • データ増量オプションが1年間無料
  • 家族割・親子割
  • ソフトバンク光orソフトバンクエアーとセット割
  • 60歳以上は通話定額が割引

ソフトバンクのサブブランドY!mobileは、スマホの扱いにそれほど慣れていない人や、店舗で直接何でも聞きたい人にピッタリ。格安SIM並みに安いうえに、近くのショップで懇切丁寧なサポートが受けられます。

また、格安SIMにはほとんど見られない家族割や光回線とのセット割があるのもワイモバイルの特徴です。家族でソフトバンクから乗り換えを検討しているなら、ワイモバイルは魅力的といえるでしょう。

ワイモバイルの口コミ

格安SIMのワイモバイルに乗り換えました!
通信制限は少し心配ですが、それでも月5000円もマイナスになりました🤩
夫婦で合わせると月1万円の支出減です!
これはデカい!!
固定費を見直すことは本当に大切ですね🤭

— こうじ先生🍎働き方改革 (@koji00024) December 10, 2022

ワイモバイルの店員さんめっちゃ親切だったわ…いらないアプリはこれは不用なんですぐ消してくださいとか、別の人に引き継ぎした後のその人もアプリで購入した後のお支払い方法とか聞いたら親身になって教えてくれた…優しい…

— tomato (@tmt0324) July 17, 2022

UQモバイルへの乗り換えもおすすめ

ニュース・キャンペーン情報

格安SIMの中でも高速で人気のUQモバイルが今ならお得

UQモバイルロゴ
  • au Pay最大13,000円分相当残高還元(au・povo以外からの乗り換え)
  • 自宅セットセットがお得!auでんきや各種光回線と一緒に使うと、3GB990円
  • 人気のiPhone SEも月々1,042円からの分割払いで購入可能
UQ応援割  U18&家族  開始!
20GB 月額990円から
(最大12か月間)
UQモバイルのサイトを見る

ソフトバンク回線ではありませんが、UQモバイルに乗り換えるのも魅力的な選択肢です。UQモバイルはKDDIのサブブランドで、au回線となります。

UQモバイルの概要
料金プラン くりこしプラン+5G
S:3GB(5GB*)1,628円/月
M:15GB(20GB*)2,728円/月
L:25GB(30GB*)3,828円/月
平均通信速度** ダウンロード速度:78.0Mbps アップロード速度:13.8Mbps
データ容量超過時 S:最大300Kbps
M:最大1Mbps
L:最大1Mbps

*増量オプションⅡ(550円/月)適用時。キャンペーン適用で7ヵ月間はオプション料金無料。
**参照:みんなのネット回線速度(2022年12月時点)

UQモバイルに乗り換えるとキャッシュバックされる

他社からUQモバイルにMNP乗り換えすると、最大13,000円相当が還元されます。(au・povoからの乗り換えを除く)

SIMのみ契約でこれほどの高額キャッシュバックがあるのは珍しいため、見逃せないポイントといえるでしょう。

UQモバイルがおすすめの人

 

  • 18歳以下の子供がいる家庭
    18歳以下の子供がいるなら、UQモバイルの「UQ親子応援割」を適用できます。1年間は月額が大幅割引されて、データ容量15GBのプランが990円/月と非常にお得になります。(2回線目)

 

  • ショップでサポートしてほしい
    UQモバイルは、他の格安SIMと違い店舗サポートがあるので安心。全国のUQスポット/auショップでサポートを受けられます。

 

  • 60歳以上で電話をよくかける
    UQモバイルの通話放題オプション(1,980円/月)は、60歳以上のユーザーだと永年880円/月に割引されます。主に電話を使う年配の方にもってこいですね。

 

  • 自宅でインターネットを使っている家庭
    もし家庭でインターネットを使っているなら、UQモバイルの「自宅セット割」対象かどうかを公式サイトで確認してみましょう。もし対象インターネットをすでに利用しているのであれば、月額料金が永年割引されます。

更新日