OCN光の解約 - 解約方法・解約金はある?

OCN光を利用しなくなった場合や他社ひかり回線に乗り換えを行う場合、または引越しを行う場合にはOCN光を解約する必要があります。スムーズにインターネット回線を解約するためには、事前に手続きの流れを把握することが大切です。ここではOCN光の解約方法や解約の際の注意点、解約金の有無などを解説します。

OCN光の解約の流れ

OCN光NTT東日本NTT西日本がそれぞれ提供しているフレッツ光回線を利用した光回線サービスです。OCN光を解約する際は、以下の流れで手続きを進める必要があります。

  1. OCN光へ解約の申し出
  2. 回線撤去工事

それぞれの手続きについて具体的に解説します。

OCN光へ解約の申し出

多くのインターネット回線はWEBサイト上から解約できますが、OCN光を解約する方法は電話のみとなります(OCN光カスタマーズフロント)。OCN光はWEBサイト上からの解約手続きは受け付けていないので気をつけましょう。

OCN光カスタマーズフロント 0120-506-506(10:00〜19:00) ※日曜日・祝日・年末年始除く

OCN光カスタマーズフロントに電話する際は本人確認のためお客様番号が必要になります。このお客様番号は、OCN光を契約した後に郵送された「OCN会員登録証のご案内」の中に同封されています。OCN光カスタマーズフロントに電話する際には事前に用意すると良いでしょう。

また、光回線の撤去工事が行われる場合には、立ち合いができる日時を伝える必要があります。事前にスケジュールを確認して、撤去工事に立ち会える日程をオペレーターに伝えましょう。

OCN光の回線撤去工事

光回線の撤去工事は必ず実施されるとは限らず、工事が不要な場合もあります。回線撤去工事が必要な場合は、OCN光カスタマーズフロントのオペレーターがその旨をお伝えします。光回線の撤去工事は約1時間程度の立会いで終了します。

レンタル機器の返却

OCNからレンタルしていたモデムやWi-Fiルータ、無線カードなどは解約に伴いすべてOCNへ返却する必要があります。OCNから返却用のボックスが送付されるので、レンタル機器を中に入れて指定された住所へ迅速に送りましょう。

解約金がかかる場合

OCN光を解約する場合には、解約金が発生するケースがあるので注意が必要です。ここでは、解約の際に解約金がかかるパターンを具体的に紹介します。

OCNには「標準プラン」と「2年自動更新型割引プラン」があります。この2年自動更新型割引プランはユーザー側が解約の申し出をしない限り契約は自動更新され、更新月以外の月に解約をした場合には11,000円の解約金が発生します。

OCN光の2年自動更新型割引プランでは、契約月から25カ月目と26カ月目の2カ月間の更新月が設けられています。 この2カ月間の更新月に解約することができれば、11,000円の解約金が発生することはありません。

OCN光を2019年10月に契約した場合

この場合は、2021年の11月と12月の2カ月間の間に解約すれば解約金を支払うことなく解約が可能になります。それ以外の期間での解約は、11,000円の解約金が発生します。

2年自動更新型割引プランを選択している場合には、契約更新月の1カ月前に,契約更新月のご案内メールが送信されます。自分の契約の更新月を事前に知りたければ、ご案内メールを確認するかOCN光のカスタマーズフロントに問い合わせるといいでしょう。

OCN光を解約する際の注意点

OCN光を解約する場合、いくつかの注意すべき事柄があります。どのような点に注意すればいいのでしょうか。以下具体的に紹介します。

ひかり電話が使えなくなる

OCN光が提供する「ひかり電話」を利用していた場合、OCN光を解約するとひかり電話の申し込みの際に発番された電話番号は使えなくなるので気をつけましょう。

なお、もともとNTTのアナログ電話で利用していた電話番号をそのままひかり電話に引き継いでいる場合には、OCN光を解約した後も電話番号は引き続き利用できます。

メールアドレスが使えなくなる

OCN光を解約すると、OCNから提供されたメールアドレスは使えなくなります。仕事やプライベートでの使用だけでなく、メールアドレスは様々な会員制サービスを登録する際に使用していることが多いので注意が必要です。

OCN光を解約する前には、フリーメールを利用するなどの代替手段を用意しておくことをおすすめします。

メールコースがあるOCN光には、メールアドレスだけを残すことができる「バリュープラン」という月額250円のコースがあります。OCN光を解約してもメールアドレスを残したい場合は、このメールコースを申し込むことをおすすめします。

光テレビについて

光テレビの契約している場合、OCN光を解約するとこれまで見ることができた全てのチャンネルをそのまま視聴できるとは限りません。BS放送やCS放送、スカパーなどの専門チャンネルは、新たに契約をし直す必要があるでしょう。

工事費の残額が発生

OCN光の新規契約を行なった場合、光回線の引き込み工事の費用を分割で支払っているのであれば注意が必要です。

工事費用を分割で支払う場合は。初回3,000円に加えて2回目以降は毎月500円を30カ月支払うことになります。OCN光の解約をする際にまだ工事費用の未払い分がある場合は、解約後は一括で請求が来ることになります。

レンタル機器を返却

OCN光を解約後もOCNからレンタルしていたモデムやルーターなどを返却しなかった場合には、レンタル機器に応じて10,000円前後の違約金が発生します。解約後はレンタル機器は忘れることなく迅速に返却しましょう。

再転用ができない

一度フレッツ光からOCNへ「転用」した場合、OCN光からフレッツ光へ戻る「再転用」はできません。再びフレッツ光を利用したい場合には、OCN光を解約後新たにフレッツ光の新規契約をする必要があります。

転用とは 「フレッツ光回」を利用していた方が「光コラボ」へ変更する場合、新たな工事をする必要なく移行できる手続きを指します。

空白期間が発生する

OCN光を解約して回線が撤去されるとインターネットが使えなくなります。仮に他のインターネット回線を利用する場合であっても、OCN光の回線撤去の日と新たな回線の開通の日に空白期間があれば、その間インターネットは利用できないことになります。インターネットが必要であれば、モバイルwifiを用意するなどなんらかの対策を立てる必要があります。

OCNモバイルONEの割引

OCN光と、OCNの格安SIMサービスである「OCNモバイルONE」をセットで契約することによりモバイル料金の割引を受ける「OCNモバイル割」というサービスがあります。OCN光を解約するとその割引がなくなり通常料金を支払うことになるので注意が必要です。

即日の解約はできない

OCN光のカスタマーズフロントに解約を申し込んだとしても、即日の解約はできません。解約日は解約手続きをした当月末か翌月末のいずれかを選択して決めることができます。

オプションの解約

OCN光のオプションの解約は、ウェブサイト上や電話でする必要があります。しかし「ひかり電話」「テレビオプション」「リモートサポートサービス」の3つのオプションに関しては、電話での解約手続きしか受け付けていないので気をつけましょう。

電話の受け付け先はカスタマーズフロント(0120-506506)になります。

解約新規契約と引越し手続きの比較

現在住んでいる場所から他の場所へ引越しをする場合、一度解約して新たに契約する場合とOCN光の引越し手続きをする場合とではどちらの方がお得なのでしょうか。ここでは、費用面と手続き面に分けて解説します。

費用面での比較

解約新規契約の場合も引越し手続きの場合も、費用に関しては「契約事務手数料」「工事費用」「解約金」の3つの費用が発生します。以下それぞれ具体的に紹介します。

契約事務手数料

OCN光を新規契約する場合もOCN光の移転手続きをする場合も、いずれも契約事務手数料として3,000円が発生します。

工事費用

移転工事の際に発生する移転工事費用は、新たに契約をする際に行う開通工事の際に発生する開通工事費用と同じ金額になります。

OCN光の移転工事費用
新設工事の有無 戸建てタイプ マンションタイプ
屋内配線新設あり 18,000円(一括)初回3,000円+500円×30カ月(分割) 15,000円(一括)初回3,000円+400円×30カ月(分割)
屋内配線新設なし 7,600円(一括・派遣工事ない場合2,000円)200円×30カ月(分割) 戸建てタイプと同じ料金

解約金

通常OCN光の引越し手続きを行う際には解約金は発生しませんが、2年自動更新型割引プランを利用し、かつNTT東日本からNTT西日本、またはNTT西日本からNTT東日本へとエリアをまたいで引越しをする場合には11,000円の解約金が発生します。この場合は引越し手続きができず、解約として扱われるので注意する必要があるのです。

OCN光 - 解約金の有無
  標準プラン 2年自動更新型割引プラン
エリア内の引越し 解約金なし 解約金なし
エリア内をまたぐ引越し 解約金なし 11,000円

解約新規契約をする場合、同じように契約事務手数料と工事費用、解約金が発生します。

発生する費用

引越し手続き
  • 契約事務手数料
  • 工事費用
  • 解約金(2年自動更新型割引プランでエリアをまたぐ引越し)
解約新規契約
  • 契約事務手数料
  • 工事費用
  • 解約金(2年自動更新型割引プランの場合)

費用面を比較すると、金銭的には引越しも解約新規契約も同じ額を負担することになります。

手続き面での比較

解約新規契約をする場合と引越し手続きをする場合、どちらの手続きの方がスムーズに進めることができるのでしょうか。

解約新規契約の手続き

解約新規契約では、現在の回線の解約手続きと、新規契約の2つの手続きが必要になります。その際、事前に新しい住所が分かっていれば解約手続きと新規契約を同時に進めることができることから、引越し先に移転後早い段階でインターネットが利用できる可能性があります。

引越し手続きの場合

引越し手続きの場合は現在の契約をそのまま移転先でも継続することから、たとえ事前に新しい住所が分かっていても回線撤去工事と開通工事を同時に進めることはできません。従って解約新規契約よりも引越し先でのインターネットの利用は遅くなる可能性があります。

解約新規契約

解約手続きと新規契約を同時に進めることができる

引越し手続き

解約手続きと新規契約を同時に進めることができない

解約新規契約のメリットとデメリット

OCN光を解約して、引越し先で新たに新規契約をする場合のメリットとデメリットを解説します。

メリット

解約手続きと開通手続きを同時に進めることができることから、開通が早い

デメリット

更新月以外の解約の場合、違約金が発生する

引越し手続きのメリットとデメリット

現在契約しているOCN光の引越し手続きを行う場合のメリットとデメリットを解説します。

メリット

現在の契約内容をそのまま引き継げる。NTTのエリアが同じ場合は解約金がかからない

デメリット

NTT東日本とNTT西日本のエリアをまたぐ場合は、解約手続きになる

解約新規と引越しのメリット・デメリット
  メリット デメリット
解約新規契約 解約手続きと開通手続きを同時に進めることができる 違約金が発生する
エリア内をまたぐ引越し 現在の契約内容をそのまま引き継げる・解約金がかからない エリアをまたぐ場合、解約手続きになる

解約後、他社のキャンペーンを受ける

OCN光を解約後、他社の回線を選択することによりキャンペーンを受ける方法があります。他社の光回線の中には、解約時に発生する解約金の還元キャンペーンや、新規契約者向けのキャッシュバックキャンペーンを行っている会社もあるのでお得です。

これらのキャンペーンを上手に利用することにより、OCN光の解約時に発生した解約金を補填できるメリットもあります。

キャンペーンの有無

  • 解約新規・・・キャンペーンなし
  • 引越し手続し・・・キャンペーンなし
  • OCN光以外の他社回線を契約・・・解約金の還元キャンペーン、キャッシュバックキャンペーン(会社による)

まとめ

OCN光回線の解約方法や解約金、お得な解約方法などを紹介しました。OCH光を解約する場合、2年自動更新型割引プランでは解約金が発生するデメリットがありますが、更新月を上手に利用することにより解約金を避けることが可能です。さらにキャッシュバックなどのキャンペーンを行っている他社回線を選択することによりお得に乗り換えることが可能です。

OCN光回線を解約する場合は、今回の記事を参考にしてスムーズに手続きを進めることをおすすめします。

更新日