auの解約金は?- auから格安SIMに乗り換えるとどのくらい安くなる?

auの解約金はいくらくらいなのでしょうか。どんな時にかかるのでしょうか。そして、格安SIMに乗り換えるとどのくらい安くなるのでしょうか?調べてみました。

  • auの解約金の金額と、どのような場合に解約金を支払わなくてはいけないか説明します。
  • auから格安SIM会社にスマホ・タブレットの契約を変えると、データ通信料が安くなります。
auの解約金は?- auから格安SIMに乗り換えるとどのくらい安くなる?

auの解約金はいくら?

auのスマホ・タブレット・ケータイの解約金

auの各プランの解約金を一覧にしました。ちなみに、auの解約金の正式名称は「契約解除料」と言います。

auは、基本料金が誰でも割引対象になるという意味で「誰でも割」という名称でしたが「2年契約」という名前に変更されました。

2年単位のauの継続利用で基本使用料が割引になる代わりに2年の自動更新(しばり)がつきます。

auの解約金
  1. 「2年契約(誰でも割)」「2年契約(誰でも割シングル)」:9,500円
  2. 「2年契約(誰でも割ライト・自動更新なし)」:9,500円
  3. 「誰でも割」と「家族割」の両方を契約していてかつ11年以上利用歴のあるユーザー:3,000円
  4. 年割:3,000円
  5. スマイルハート割引:3,000円

auの解約金はどんな時に払うの?

上記の解約金は、解約する時に無条件に支払わなくてはいけないものではありません。auでは以下の条件を両方満たしている場合に解約金が発生するしくみとなっています。

  • 「2年契約(誰でも割)」で契約している。
  • ”更新月”以外に解約の手続きをする。
  • 「2年契約(誰でも割ライト・自動更新なし)」は、2年たてば解約金が発生しなくなります。

auでは、「2年契約」は、自分の料金プランにオプションでつけるものなので、つけない事も出来ます。ただし、「2年契約」をつけないと、毎月の基本料金が、「2年契約」よりもかなり高くなってしまうため、「2年契約」を選んでいる方がほとんどです。

またauから、「新2年契約」という、 契約から2年経過したユーザーに対して、いつ解約しても契約解除料がかからない新プランも出ました。ただし、月額料金は「2年契約」よりも300円高くなります。

auのプランによる基本料金を比較してみました。かけ放題プランであるカケホをつけ、データ容量は3GBとしています。

auのプランによる基本料金比較
au プラン名 基本料金
2年契約 新2年契約 2年契約なし
auピタットプラン(カケホ)3GB 5,480円/月 5,780円/月 6,980円/月
auフラットプラン(カケホ)20GB 7,500円/月 7,800円/月 9,000円/月

そして、「2年契約」を選んでいた場合は、”更新月”と呼ばれる月に解約をしない限り、たとえ、2年以上auで同じプランを契約していてもauでは解約金がかかるしくみとなっています。

もし、自分の契約条件がどうなっているかわからない場合は、自分のアカウント”My au”にログインして確認するか、auショップに行って確認してもらうことができます。

(「2年契約」で最初契約していても、のちの「新2年契約」に切り替えていた場合は、解約をしても解約金はかかりません。)

auの解約手続きは?

auの解約手続きは、auショップで本人が行う必要があります。郵送、WEBでのお手続きはできません。

以下を持参して解約の手続きを行います。

  • 解約したいauの携帯電話本体(紛失や盗難の場合はなくても可)
  • 印鑑(サイン可)
  • 本人確認ができる書類の原本(運転免許、健康保険証、パスポートなど)

MNP(他社への転出)で解約したい場合は?もしau以外の他社にMNP(携帯番号を引き継ぐ方法)で契約を乗り換える場合は、auに解約の手続きを行わなくても、その新しいMNP新規契約完了をもってauの携帯電話は自動解約されます。

auより格安SIMの方が安いの?

auと格安SIMの料金を比べてみよう

auから格安SIMにすると、料金は安くなるのでしょうか?実際に比較してみましょう。

格安SIM会社はたくさんありますが、今回は格安SIMの中でも顧客満足度が高くて人気のIIJmio(アイアイジェイミオ)の料金と比べてみました。

auと格安SIMの料金を比較
auピタットプラン(シンプル)
auと格安SIMの料金を比較
格安SIM
IIJmio(アイアイジェイミオ)

月額料金 2年契約 0円
新2年契約 300円
2年定期契約なし 1,500円
音声通話
月額料金
700円
国内通話 20円/30秒 通話料 20円/30秒
SMS 3円/1通, 受信無料 SMS 3円/1通, 受信無料
データ
通信料
1GB 2,980円 データ
通信料
IIJmioには2GBの選択肢なし -
2GB 3,980円 IIJmioには2GBの選択肢なし -
3GB 4,980円 3GB 900円
5GB 5,980円 IIJmioには5GBの選択肢はなし -
auには6GBの選択肢なし - 6GB 1,520円
20GB  6,980円 20GB 4,000円
その他 インターネット使用料 300円 その他 なし

比べてみると、auの「2年契約」の縛りがある状態でも、IIJmio(アイアイジェイミオ)データ通信料の方がかなり安いですね。

通話料は同じですが、auもIIJmio(アイアイジェイミオ)もそれぞれかけ放題のオプションがあります。

auのしばりがない状態だと、IIJmio(アイアイジェイミオ)の月額料金がさらに割安になります。

auから格安SIMに乗り換えたら安くなる事が分かりました。

ちなみに3大キャリア(Docomo、au、SoftBank)に乗り換えたら?

auから格安SIMに乗り換えたら安くなるのはわかりましたが、それではDocomoやソフトバンクに変更しても安くなるのでしょうか。

auから大手キャリアへの変更を考えても、実は3大キャリアの料金はどのプランを比較してもほぼ横並びです。そのため、auからSoftBankやDocomoに乗り換えをしても料金はあまり変わりません。

格安SIMに乗り換えるメリット

それでは、格安SIMに乗り換えるメリットをまとめてみましょう。

  • 格安SIMは大手キャリアよりデータ通信料金が圧倒的に安い。
  • 格安SIMの音声通話SIMは"しばり"がないものがほとんど。"最低契約期間"が過ぎれば違約金なく解約できます。
  • 格安SIMのデータ通信のみのSIMは"しばり"も"最低契約期間"もないものがほとんどで気軽に格安SIMを始められます。
  • 解約が必要になった場合、たいていの格安SIMは電話やオンラインで手続きができます。本人がショップに行く必要はありません。
更新日