楽天モバイルから解約・乗り換え(MNP転出) - おすすめ格安SIM8選からかんたん手順・注意点まで

楽天モバイルから乗り換え(MNP転出) - かんたん手順から解約タイミング・注意点まで
楽天モバイルから他社にMNP転出!どこがおすすめ?解約金は必要?

楽天モバイルから解約・乗り換え(MNP転出)でお得なのはどこ?

業界最安級の料金プランで解約・乗り換え(MNP転出)先No.1となった楽天モバイルですが、実はその料金プランが改定されるとの発表がありました。

2022年7月から、楽天モバイル回線は「Rakuten UN-LIMIT VII」という新たな料金プランに自動的に切り換わりました。

現在の楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」では1回線目の場合、月のデータ使用料が1GBに満たない場合は無料で利用できました。

しかし、新しい料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」では、月のデータ使用料が3GBに満たない場合は一律1,078円の月額になります。つまり、全くデータを使わない場合も1,078円を支払う必要があります

このニュースを受けて、「楽天モバイル解約」というワードが一時Twitterのトレンド入りをしました。

今まで楽天モバイルを「ゼロ円運用」していたユーザーや、「毎月データを使う必要はない」というような場合は、楽天モバイルからの解約・乗り換え(MNP転出)を検討しましょう。

ただ、楽天モバイルからの解約・乗り換え(MNP転出)とはいえ、「楽天モバイルよりお得な格安SIMはあるの?」という疑問が出てくるかと思います。

答えは「あります!」

「1GB未満しか利用しない」という方や、「1,078円以下で3GB以上使いたい」という方など、様々なニーズにこたえられる格安SIMを紹介しています。

楽天への乗り換え(MNP転入)はこちらの記事をご覧ください。

関連記事:
楽天モバイル乗り換え徹底解説 - かんたん手順から注意点やキャンペーンお得情報も

ニュース・キャンペーン情報

格安SIMの中でも高速で人気のUQモバイルが今ならお得

UQモバイルロゴ
  • au Pay最大10,000円分相当残高還元(au・povo以外からの乗り換え)
  • 自宅セットセット開始!auでんきや各種光回線と一緒に使うと、3GB990円
  • 人気のiPhone SEも月々694円からの分割払いで購入可能
UQ応援割  U18&家族  開始!
20GB 月額990円から
(最大12か月間)
UQモバイルのサイトを見る

楽天モバイルから解約・乗り換え(MNP転出)!おすすめ格安SIM6選

おすすめ①楽天モバイルからLINEMOに解約・乗り換え(MNP転出) - LINE使い放題で楽天モバイルより安い

LINEMO ミニプラン
5G対応
格安スマホ
口座振替
店頭サポート
eSIM
解約金なし
乗り換え特典!
最大6カ月基本料金実質無料
月額料金
990円
 
データ容量
3GB
LINEカウントフリー
通信速度
容量超過後300kbps

楽天モバイルからの解約・乗り換え(MNP転出)でセレクトラ一押しは、LINEMOです

あまり知られていないのですが、実はLINEMOはソフトバンクのオンライン専用プランで、通信品質は折り紙付きです。

更に、LINEアプリの利用は、「LINEギガフリー」を無料で提供しているため、データを消費せずLINEが利用できます。

因みに、「スマホプラン」ならデータを使い切った後も1Mbpsまで速度が出るので、高画質動画等の視聴以外は問題なくできます。

NTTドコモの調査(2022年1月実施)によると、今やスマホ所有者の8割がLINEアプリを利用しています。LINEMOならRakuten Linkの代わりとしても十分使えそうですよね。更にソフトバンクの通信品質のなら、楽天モバイルからの解約・乗り換え(MNP転出)でも大満足できそうです。

  ミニプラン スマホプラン
基本データ容量 3GB 20GB
月額料金 990円 2,728円
基本データ容量超過時
節約モード時
最大300Kbps 最大1Mbps
データ量の追加購入 550円/1GB
国内通話 30秒ごとに22円
通話オプション 通話準定額:550円/月 (5分/回以内の国内通話無料)
1年間無料
通話定額:1,650円/月(国内通話が完全無料)
1年間1,100円
LINEギガフリー 対応
5G 対応
公式サイト LINEMO(ラインモ)のサイトを見る

関連記事:
徹底比較:楽天モバイル vs LINEMO、どちらがおすすめ?

おすすめ②楽天モバイルからUQモバイルに解約・乗り換え(MNP転出) - 家族で乗り換えて実は楽天より安い!5GB月額990円~

UQモバイル くりこしプランS +5G(自宅セット割適用時)
5G対応
格安スマホ
口座振替
店頭サポート
eSIM
解約金なし
乗り換え特典!
最大1万3千円相当
月額料金
990円
 
データ容量
3GB
 
通信速度
容量超過後300kbps

UQモバイルでは、現在「くりこしプラン+5G」の利用者を対象に、自宅セット割を提供しています。自宅セット割が適用されると、なんと3GBが990円となるため、楽天モバイルより安くなるのです。

「くりこしプラン+5G」では、データが余ったら翌月に繰り越されるので無駄もありません。

また、「自宅セット割」キャンペーンの最大の特徴は、対象のでんきもしくはインターネット契約者が、「本人ではなく家族」という場合でも割引が適応される可能性があることです。こちらを利用すると主回線を含む家族全員が割引対象となります。最大10回線までの子回線が割引対象です。

通常、UQモバイルの「増量オプションⅡ」は月額550円で各プランのデータ容量が増量されるのですが、今ならキャンペーン適用で1年間オプション料金が無料になります。つまり、「自宅セット割」と「増量オプションⅡ」の適用で5GBが990円になるので、楽天モバイルよりかなりお得ということになります。

もちろん、UQモバイルは安定のau回線系列なので、通信品質にも定評があります。

「まさか、UQモバイルが楽天モバイルより安くなるとは知らなかった」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?自宅セット割が適用されるなら、UQモバイルが断然おすすめです。

UQモバイルくりこしプラン5G+
  くりこしプランS+5G くりこしプランM+5G くりこしプランL+5G
基本データ容量 3GB 15GB 25GB
月額料金 1,628円 2,728円 3,828円
自宅セット割適用* 990円 2,090円 2,970円
割引条件
  1. でんきコース
    auでんきに加入(本人または家族)
  2. インターネットコース
    対象のインターネットサービス(ネット+電話)またはau ホームルーター5Gへの加入(本人または家族)
インターネットコースの対象 【光回線・光コラボ】
au ひかり*、auひかり ちゅら・コミュファ光eo光ピカラ光メガエッグBBIQビッグローブ光So-net光@nifty光@T COMヒカリ・ひかりゆいまーる・ひかりJ
【ケーブルテレビ】
J:COM・提携先ケーブルテレビ
データ容量超過時
節約モード時
最大300Kbps 最大1Mbps
国内通話 30秒ごとに22円
通話オプション 通話パック:550円/月
(最大60分 / 月の国内通話が定額)
10分かけ放題:770円/月
24時間完全かけ放題:1,870円/月
60歳以上の方の場合は770円/月
公式サイト UQモバイルのサイトを見る

* プロバイダは@nifty、@T COM、ASAHIネット、au one net、BIGLOBE、DTI、So-netに限る

増量オプション適応時のデータ容量
 

基本データ容量

増量オプション適応時
くりこしプランS 3GB 5GB (+2GB)
くりこしプランM 15GB 20GB (+5GB)
くりこしプランL 25GB 30GB (+5GB)

関連記事:
UQモバイルの評判・口コミは?UQモバイル新プランの解説から他社との比較まで

関連記事:
徹底比較:楽天モバイル vs UQモバイル-おすすめはどちら?

おすすめ③楽天モバイルからahamoに解約・乗り換え(MNP転出) - 楽天モバイルを超えるドコモ通信品質を安価で提供

ahamo 20GB
5G対応
格安スマホ
口座振替
店頭サポート
eSIM
解約金なし
乗り換え特典!Galaxy A22
約5千円

 
月額料金
2,970円
5分かけ放題込み
データ容量
20GB
 
通信速度
容量超過後1Mbps

楽天モバイルの「つながらない問題」に絶えられなくて解約・乗り換え(MNP転出)を検討されている方には、是非ドコモのオンライン専用プランahamoをおすすめします。

通信品質では常にトップのドコモ回線系なので、ahamoに切り換えれば、楽天モバイルでの「つながらない」問題に対するストレスが一気に解消されるはずです。

また、20GBで基本料金は2,970円と少し高めですが、「国内通話5分無料」も付いているので、全体的には大変お得です。

ドコモの料金プラン「ahamo(アハモ)」
月額料金 2,970円(機種代⾦別途)
通信規格 4G・5G
データ容量 20GB
海外ローミング 海外82の国・地域での20GBまで無料(1)
通信速度
容量超過時
最大1Mbpsで通信可能
国内通話 5分以内の国内通話無料
超過後は30秒22円(2)
オプション 24時間かけ放題:1,100円/月
1GBデータ追加:550円
ahamo大盛り(80GBデータ追加):1,950円/月
サポート 原則オンラインのみ
ドコモショップでのサポートは税込3,300円:
・ahamo Webお申込みサポート(3)
・ahamo WEBお手続きサポート(4)

(1) 15⽇を超えて海外で利⽤される場合は速度制限がかかります。国内利⽤と合わせての容量上限です。
(2) 「SMS」、他社接続サービスなどへの発信は、別途料⾦ がかかります。
(3) ahamo専⽤サイトからのお申込みの補助を受けられるサービス。ただし、端末の操作自体は自分で行う必要あり。
(4) ahamoアプリおよび専⽤サイトからのお⼿続き補助を受けられるサービス。ただし、端末の操作自体は自分で行う必要あり。

ahamoについての注釈を見る ahamoについての注釈を閉じる

【2022年12月】最新キャンペーン情報! お得なahamoのキャンペーンを見る

関連記事:
徹底比較:ahamo(アハモ) vs 楽天モバイル、どちらがおすすめ?

おすすめ④楽天モバイルからIIJmioに解約・乗り換え(MNP転出) - 楽天モバイルの低容量帯の選択肢が少なくてお困りの方に最適!

IIJmio ギガプラン
5G対応
格安スマホ
口座振替
店頭サポート
eSIM
解約金なし
乗り換え特典!
通話定額・月額割引+端末特価
月額料金
850円
 
データ容量
2GB
 
通信速度
容量超過後300kbps

「3GBは少ないけど20GBもいらない…」という方におすすめなのがIIJmioです。

「4GB、8GB、15GB」と低容量帯の選択肢が豊富なため、3GBを超えて利用して2,178円を支払っている方の中には、IIJmioで節約がかなうケースも多いので必見です。

IIJmio ギガプランの料金(税込)
  音声 SMS データ* データ*(eSIM)
2GB 850円 820円 740円 440円
4GB 990円 1,045円 900円 660円
8GB 1,500円 1,470円 1,400円 1,100円
15GB 1,800円 1,780円 1,730円 1,430円
20GB 2,000円 1,980円 1,950円 1,650円
データ追加 220円/1GB(最大20GBまで)
公式 IIJmioの公式サイトを見る

*データSIMとeSIMはドコモ回線のみの提供になります。

関連記事:
IIJmioの評判は?IIJmioの料金プランから解約方法まで総合解説

おすすめ⑤楽天モバイルからHISモバイルに解約・乗り換え(MNP転出) - 楽天モバイルの「0円運用」の代わりはコレ!月額290円~

HISモバイル 自由自在290プラン
5G対応
格安スマホ
口座振替
店頭サポート
eSIM
解約金なし
複数同時申込み
最大約8千円還元
月額料金
290*/550円
* 消費データ量100MBの場合
データ容量
1GB
 
通信速度
容量超過後200kbps

「今まで0円だから楽天モバイルのSIMをキープしていた」という方におすすめなのが、HISモバイルの新料金プランです。

音声通話付SIMで「1GB」のプランだと、100MB未満の利用量の月はたったの290円です。

また、低容量も選択肢が豊富なので、IIJmioとの比較検討にもおすすめです。

HISモバイル新プラン「自由自在290プラン」
項目 音声通話付
データ容量 1GB 3GB 7GB
290円(100MB未満の月)
550円
業界最安!
770円
業界最安!
990円
通話料金 業界最安!
30秒9円
通話オプション 5分かけ放題:500円/月
完全かけ放題:1,480円/月
データチャージ 200円/1GB※最大100GBまで
HISモバイルのサイトを見る

関連記事:
HISモバイルの評判・口コミを確認 - 速度やデメリット・注意点は?

おすすめ⑥楽天モバイルからpovo 2.0に解約・乗り換え(MNP転出) - 完全無料で運用できる大人気格安SIM

povo 2.0
5G対応
格安スマホ
口座振替
店頭サポート
eSIM
解約金なし
FIND povo
ギガ活実施中
月額料金
990円
トッピング制
データ容量
3GB
30日間
通信速度
容量超過後128kbps
セレクトラでは申し込みできません
povo 2.0の口コミ・評判

povo 2.0は斬新な料金プランで話題のauのオンライン専用プランです。

トッピング」を都度購入するプリペイド方式のため、全く利用しない時は無料という運用が可能です。

povo 2.0料金プラン
ベースプラン
基本料金 0円
データ容量 0GB
通信速度
(容量0GB時)
最大128kbps
通話 30秒あたり22円
トッピング
データトッピング データ使い放題 (24時間):330円/回
1GB追加 (7日間):390円/回
3GB追加 (30日間):990円/回
20GB追加 (30日間):2,700円/回
60GB追加 (90日間):6,490円/回
150GB追加 (180日間):12,980円/回
コンテンツ
トッピング
DAZN使い放題パック (7日間):760円/回
smash.使い放題パック (24時間):760円/回
通話トッピング 5分以内通話かけ放題:550円/月
通話かけ放題:1,650円/月
サポート
トッピング
スマホ故障サポート:830円/月
povo 2.0の公式サイトを見る

関連記事:
徹底比較:楽天モバイル vs povo 2.0-おすすめはどちら?

おすすめ⑦楽天モバイルからmineoに解約・乗り換え(MNP転出) - 月額990円から利用できる低速データ使い放題

mineo マイそく スタンダードコース
5G対応
格安スマホ
口座振替
店頭サポート
eSIM
解約金なし
mineo × Selectra 事務手数料無料キャンペーン
月額料金
990円
 
データ容量
無制限
 
通信速度
最大1.5Mbps
平日12-13時は32kbps

mineoは低速モードのスピードを最大1.5Mbpsにしてデータを使い放題にできるサービスで知られています。最大1.5Mbpsの速度があれば、高画質の動画視聴や大容量のゲームを除けば、大半のことはスムーズに行うことができます。

たとえば、マイそくのスタンダードコースであれば、月額料金990円で低速モード使い放題を利用することができます。平日の12時から13時に速度が一気に制限されて、32kbpsになるのが注意点ですが、うまく使えば格安でデータをたくさん使うことができるでしょう。

関連記事:
mineoと楽天モバイルを徹底比較!最も便利でお得な格安SIMはどちら?

mineo × Selectra 事務手数料無料キャンペーン
mineoに申し込む

おすすめ⑧楽天モバイルからOCNモバイルONEに解約・乗り換え(MNP転出) - 10GB未満でもドコモ品質の通信・通話を快適に楽しみたい

OCNモバイルONE
5G対応
格安スマホ
口座振替
店頭サポート
eSIM
解約金なし
 
月額料金
550円
10分間/月の無料通話付き
データ容量
500MB
MUSICカウントフリー
通信速度
容量超過後200kbps

OCNモバイルONEはNTTグループの格安SIMのため、その通信・通話品質は折り紙付きです。

また、500MBが月額500円から利用できるので、「1GB未満しか利用しないのに1,078円も払いたくない…」という方にもおすすめです。

更に、毎月1回コースを変更できるので、データ容量が多過ぎる、または足りない、と感じたらプランを気軽に変更できるので安心です。

小容量データの選択肢が豊富なので、「(楽天モバイルの)3GBでは不安だけど、20GBも必要ない…」という人であれば、OCNモバイルONEのプランなら満足できるでしょう。

他にも、OCNモバイルONEでは「Musicカウントフリー」というサービスを提供しており、データを消費せずに特定の音楽アプリを無料で聴くことができます。音楽好きには最高のサービスですよね。

OCNモバイルONE 料金プラン
データ容量 500MB 1GB 3GB 6GB 10GB
月額料金 550円 770円 990円 1,320円 1,760円
OCN光モバイル割
適用
220円割引
ミュージックカウントフリー 音楽配信サービスでのデータ利用がカウントされない。(無料
対象サービス:Amazon music・AIUTA・AWA・Sportifyなど
通話料 通常通話アプリ:11円/30秒
10分間分の無料通話 なし
トップ3かけ放題*:935円/月
10分かけ放題:935円/月
完全かけ放題:1,430円/月

*その月の通話料上位3番号について 通話料が自動的に0円に

関連記事:
徹底比較:楽天モバイル vs OCNモバイルONE、どちらがおすすめ?

楽天モバイル解約は違約金なし

今回の「0円終了」のニュースがとても急だったため、「楽天モバイルを契約して1年未満だけど、解約金が発生するのでは?」という質問も多かったです。

答えは、楽天モバイルではいつ解約しても違約金は発生しません

つまり、数日前に楽天モバイルと契約したという場合も、気軽に今すぐ解約することが可能です。

セレクトラ編集部 SIM選びにお悩みならこの記事もチェック

 一番安い格安SIMはどれ?最安おすすめ格安SIM比較ランキング

楽天モバイル解約後もスマホ端末の分割払いは継続可能

楽天モバイルは、いつ解約しても解約金が発生しないことが分かりました。

次に心配になるのが、「楽天モバイル解約と同時に、スマホ端末を一括返済しないといけないのでは?」という問題です。

こちらも心配いりません。

楽天モバイルでは、スマホ端末の分割払いを継続することができます

よって、解約と同時に高額なスマホ端末の残りの返済額を一括で返すような負担もありません。

解約・乗り換え(MNP転出)先の月額プラン料金を支払いながら、楽天モバイルでスマホ端末の分割返済を継続すれば良いのです。

もちろん、楽天モバイルで購入したスマホ端末はSIMさえ交換すれば、ほとんどの場合解約・乗り換え(MNP転出)先でも利用できます。

関連記事:
徹底比較:ドコモ・au・ソフトバンク ・楽天モバイル- 大手キャリアのスマホ代・携帯料金比較

楽天モバイル解約のおすすめタイミング

では、楽天モバイルの解約に最適なタイミングはあるのでしょうか?

楽天モバイルでは、段階性の料金プランで、更にオプションサービスは日割りが可能です。

よって、「解約しよう」と決めた段階で、データ利用料が無料ならいつ解約しても問題なさそうです。

しかし、注意したいのが解約・乗り換え(MNP転出)先です。

ほとんどの格安SIMやキャリアは、月途中から利用を開始しても月額のプラン料金を日割りすることができません。

よって、楽天モバイルを月末に解約し、解約・乗り換え(MNP転出)先をなるべく翌月初から利用するというのがおすすめです。

セレクトラ編集部 SIM選びにお悩みならこの記事もチェック

 一番安い格安SIMはどれ?最安おすすめ格安SIM比較ランキング

楽天モバイル購入のiPhoneは解約・乗り換え(MNP転出)先でも使える?

iPhoneを始めとした、楽天モバイルで購入したスマホ端末は、他社で利用することができるのでしょうか?

答えは「できます」

楽天モバイルで販売しているスマホ端末は全てSIMロックフリーになります。

よって、解約・乗り換え(MNP転出)時にSIMロック解除を依頼するなど、面倒くさい手続きは必要ありません。

楽天モバイルで購入したiPhoneのSIMを差し替えるだけで、すぐに解約・乗り換え(MNP転出)先の料金プランが利用できます。

楽天モバイルでは、解約時にSIMの返却が必要なので注意しましょう。

他にも、楽天モバイルでiPhoneを購入した際に「アップグレードプログラム」を利用された方は、解約後もこのプログラムを継続することができます。月々の返済額が抑えられるので、おすすめです。

ただ、その場合は25か月目に楽天モバイルにご使用のiPhoneを返却することを忘れないようにしましょう。

関連記事:
iPhone SE第3世代は期待外れか?第2世代と徹底比較調査

楽天モバイルからの解約・乗り換え(MNP転出)ならどの格安SIMキャンペーンも対象!

MNP乗り換え特典の説明

楽天モバイルから乗り換える(MNP転出)際、キャンペーンは利用できるのでしょうか?

よく、「同じドコモ回線系内での乗り換えはキャンペーン対象にならない」というようなことがあります。

どういうことかというと、「ドコモからahamo」「povoからUQモバイル」というような、同じキャリア回線系内での乗り換え(MNP)は、キャンペーンが適用されないという場合が多いです。

しかし、「第4のキャリア」である楽天モバイルは独立したキャリアであるため、povo、ahamo、LINEMO、UQモバイル、ワイモバイル…どのキャリア回線系の格安SIMに解約・乗り換え(MNP転出)てもキャンペーンが適用となります。

是非、キャンペーンを利用してお得に楽天モバイルから解約・乗り換え(MNP転出)しましょう。

関連記事:
【2022年12月】徹底比較:1番お得な乗り換えキャンペーンを決定!キャリア・格安SIM全8社

4ステップで完了!楽天モバイルから解約・乗り換え(MNP転出)かんたん手順

かんたん手順①「my楽天モバイル」にてMNP予約番号を取得する

まずは「my楽天モバイル」にてMNP予約番号を取得しましょう。

このMNP予約番号を取得することで、解約・乗り換え(MNP転出)先にて申し込み手続きが完了した段階で、自動的に楽天モバイルは解約となります。

【楽天モバイルMNP予約番号取得手順】

  1. 「my楽天モバイル」にログインする
  2. トップメニューから「契約プラン」を選択する
  3. 各種手続きの「その他のお手続き」から[手続きへ進む]を選択する
  4. [他社へのお乗り換え(MNP)]を選択する
  5. 必要事項を入力し、[MNP予約番号を発行する]を選択する
  6. MNP予約番号が表示されるので、MNP予約番号、有効期限、対象の電話番号を確認する

これで転出作業は完了です。

次はいよいよ解約・乗り換え(MNP転出)先での申し込み手続きです。MNP予約番号の有効期限に関わらず、早めに申し込み手続きに移りましょう。

かんたん手順②解約・乗り換え(MNP転出)先にて申し込み手続きをする

⑥で取得したMNP予約番号と必要書類を持って、解約・乗り換え(MNP転出)先で申し込み手続きをしましょう。

ここで注意したいのが、多くの格安SIMで「有効期限が〇日未満は申し込み不可」という基準が設けられています

必ず事前に、必要書類とMNP予約番号有効期限の確認をして手続きに移りましょう。

解約・乗り換え(MNP転出)先での申し込みが完了した段階で、楽天モバイルは自動で解約されるので、別途解約手続き等する必要はありません。

かんたん手順③楽天モバイルにSIMを返却する

「これで終わり!」ではありません。

楽天モバイルでは解約後1か月以内にSIMを返却する必要があります。

返却を怠ると違約金が発生するので、忘れないようにしましょう。

かんたん手順④楽天モバイルのオプションサービスの解約を検討する

楽天モバイルでは、回線を解約しても一部のオプションサービスは引き継がれてしまいます

よって、「解約したと思っていたのに…」とならないように、いまいちど楽天モバイルから引き継がれたサービスを見直しましょう。

特に、楽天モバイルのスマホ端末の掛け捨て保障サービス、「スマホ交換保証プラス」などは不要に感じる方も多いようです。このタイミングに解約を検討してみても良いかもしれません。

セレクトラ編集部 SIM選びにお悩みならこの記事もチェック

 一番安い格安SIMはどれ?最安おすすめ格安SIM比較ランキング

楽天モバイルから解約・乗り換え(MNP転出)注意点4選

次に、楽天モバイルから乗り換える(MNP転出)際の注意点です。

楽天モバイルからの解約・乗り換え(MNP転出)は非常に簡単ですが、いくつか抑えるべきポイントがあるので注意しましょう。

  • 楽天モバイルから解約・乗り換え(MNP転出)注意点4選
  • 注意点①MNP予約番号は解約・乗り換え(MNP転出)に必要な有効期限がある
  • 注意点②楽天モバイルの通信契約を解約しても一部のオプションは解約にならない
  • 注意点③解約時にSIMを返却しないといけない
  • 注意点④解約後は楽天市場での買い物ポイント還元率が下がる

注意点①MNP予約番号は解約・乗り換え(MNP転出)に必要な有効期限がある

MNP予約番号には有効期限があります。

そして、それとは別に解約・乗り換え(MNP転出)先によって、手続きに日にちを要するため、「MNP予約番号の有効期限が〇日未満の場合は申し込み不可」というケースがあります

下記を参考にしてみてください。

  申し込み時必要MNP予約番号有効期限
ahamo 10日以上
LINEMO 10日以上
povo 2.0 13日以上
UQモバイル 10日以上
ワイモバイル 10日以上

楽天モバイルではMNP予約番号の再発行は無料で何度でも行えます。

しかし、再発行はその前に発行したMNP予約番号の有効期限が切れた後しかできないため、一度発行したらなるべく早めに解約・乗り換え(MNP転出)手続きを完了しましょう。

関連記事:
徹底比較:楽天モバイル(キャリア)vs 全10社を速度・料金比較

注意点②楽天モバイルの通信契約を解約しても一部のオプションは解約にならない

楽天モバイルの回線を解約しても、下記の一部のオプションサービスは引き継がれます

これらは個別でサービスの解約手続きが必要となります。

  • 「スマホ交換保証プラス」
  • 「故障紛失保証 with AppleCare Services」
  • 「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」
  • 「あんしん保証with AppleCare Services for Apple Watch」

注意点③解約時にSIMを返却しないといけない

楽天モバイルではSIMを返却しなければなりません

楽天モバイルへの返却は、楽天モバイルを解約してから1か月以内です。

紛失した場合は手続き不要とのことですが、やはり貸し出されたものなので、手元にSIMがある場合はちゃんと返しましょう。

送料は契約者負担となります。エアパッキンでSIMを包んだものを封筒に入れて下記住所に郵送します。普通郵便でも大丈夫です。

【SIM送付先】

〒143-0006 東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F
楽天モバイル SIM返却係

注意点④解約後は楽天市場での買い物ポイント還元率が下がる

楽天モバイル契約者は、現在楽天市場でのポイントが+1倍アップするSPU特典の対象です。

当然、楽天モバイルを解約することでポイントアップ対象外となってしまい、通常のポイント還元率に戻ります。

セレクトラ編集部 SIM選びにお悩みならこの記事もチェック

 一番安い格安SIMはどれ?最安おすすめ格安SIM比較ランキング

結論:楽天モバイルから解約・乗り換え(MNP転出)はかんたん!乗り換えにおすすめなのは月末

いかがでしたでしょうか?

楽天モバイルから他社格安SIMへの乗り換え(MNP転出)は、コツさえ掴めばとてもかんたんです。

特に、解約金も発生しない上、分割払いや「iPhoneアップグレードプログラム」といったようなサービスも継続できるので、「楽天モバイルを解約した瞬間に一括返済による金銭的負担が大変!」といったようなこともないので、楽天モバイルなら安心して気軽に解約・乗り換える(MNP転出)ことができますね。

また、乗り換え(MNP転出)手順も、乗り換え先のMNP予約番号の必要有効期限や楽天モバイルへのSIMの返却など、ポイントを抑えながら対処すれば、かんたんに楽天モバイルから他社格安SIMに乗り換える(MNP転出)ことができます。

楽天モバイルの0円終了後、「もっとお得な格安SIMはないかな…」と模索中のあなた。是非、この記事で賢い乗り換え(MNP転出)を検討しましょう。

関連記事:
徹底比較:楽天モバイル vs Y!mobile(ワイモバイル)- どちらがおすすめ?

関連記事:
徹底比較:楽天モバイル vs UQモバイル-おすすめはどちら?

おすすめSIM会社

通信品質トップクラス。新プラン「くりこしプラン+5G」では、割引なしで3GB1,628円(税込)と格安SIM最安級プランにデータを繰り越しできるのも魅力。

ソフトバンクグループになったLINEMO(ラインモ)。だからキャリア品質。LINEのデータ消費がカウントフリー(LINEギガフリー)。データ容量使い切ってもLINEの通信速度はそのまま。いまなら、通話オプション(5分)が1年無料!

更新日