インターネット回線の乗り換え - 回線種類を変えるときの注意点。メリット・デメリットも。

インターネット回線の乗り換え - インターネット回線を乗り換えるメリットとデメリット

インターネット回線の乗り換え - インターネット回線を乗り換えるメリットとデメリット

インターネット回線の種類を変えたい、新しいネットに乗り換えたいという方のためのガイド。回線の特徴やデメリットを紹介しています。インターネット回線乗り換えの参考にしてくださいね。

  • インターネットにはどのような回線があるのでしょうか。
  • ADSLは新規の申し込みができません。サービスの提供自体も2023年に終了予定です。

インターネット回線の種類

インターネット回線・乗り換え
インターネットにはいくつか種類があります。回線の乗り換えの際は、各回線の特徴を調べましょう。

インターネットには、固定回線と無線回線の2タイプがあります。

現在主に利用されている固定回線には、光回線とADSLの2つがあります。一昔前にはISDNというダイヤルアップ接続方式の回線もありましたが、現在は利用されていません。

また、NTTのフレッツ・ADSLも2023年サービスの終了が決まっています。その他のプロバイダーでも新規の申し込み受付も終了しています。このため、もはや固定回線イコール光回線と考える必要があります。

固定回線のように「線」を宅内に引く必要がないのが、無線タイプのインターネットです。無線タイプのインターネットは、据え置きタイプのものから、WiMAX(ワイマックス)に代表される、モバイル回線の2種類に分かれます。

下記に、インターネット回線のそれぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

インターネット回線の種類
回線の種類 特徴
固定回線(有線回線) 光回線 ・光回線の設置工事が必要
・通信速度は一般的に最大1Gbpsと最速レベル
ADSL ・既存の電話回線を利用するため工事不要
・通信速度は最大50Mbps程度
・新規の申し込みは受付が終了している。
ISDN ・既存の電話回線を利用するため工事不要
・ダイヤルアップのため利用時間によって電話代がかかる
・現在は利用されていない
無線回線 WiMAX
(モバイル回線)
・モバイルWi-Fiルーターを持ち歩くことで外出先でもインターネット通信が可能
・通信速度は下り最大220Mbpsなど、ADSLよりも速い
据え置きタイプ ・専用機器をコンセントに差し込むだけで使える
・宅内でインターネット利用が可能
・ソフトバンクエアーなど

上記のインターネット回線の中で、主に現在利用されている光回線、ADSL回線、モバイル回線(WiMAX)について、メリットとデメリットを見てみましょう。

光回線

インターネット回線・乗り換え
映画はネットで観ることが主流となってきました。ストリーミングで映画を観るなら光回線を選ぶのが確実。

国内で最も主流となっているのが光回線インターネットです。総務省の発表によると、2018年には光回線の契約件数は3,000万件を超えました。この数字は、他のインターネット回線を圧倒しています。

光回線の契約者が増加するにつれて、通信事業者各社もサービスの量や質を高めてきています。そのため、光回線は今一番魅力的なインターネット回線といえるでしょう。

光回線に乗り換えるメリット

光回線に乗り換えるメリットとしては主に以下のようなものがあります。

 光回線は通信速度が非常に速く、通信品質も高い

光回線の最大のメリットは、通信速度が速く安定しているという点です。

NTTのフレッツ光およびフレッツ光を利用した光コラボなどは、下り最大1Gbpsというスピードを誇っています。これは、ADSL回線の最大50Mbpsと比べると約20倍の差があります。NURO 光 は下り最大2Gbpsを誇ります。

もちろん、これらの通信速度は理論上の最大値(ベストエフォート)なので、実際にはそれよりも落ちることになります。それでも、インターネットの通常利用においてはストレスを感じることはまずありません。

また、電話回線を利用しているADSLとは異なり、光回線は通信専用の光ファイバーケーブルを利用しています。光ファイバーケーブルは通信品質があまり落ちないという利点もあり、通信品質が安定しているというのも特筆すべき点です。

Netflixに代表されるようなオンラインDVDレンタルやストリーミング映画を、ストレスなく楽しみたいという方は、光回線がマストです。

 光回線はサービスや割引が充実している

2015年から登場するようになった「光コラボ」では、数々のプロバイダーが競ってサービスや割引の充実を図っています。

光コラボとは、NTTの光回線「フレッツ光」を借り受けたプロバイダーが、光回線とインターネット接続をセットにして提供するサービスのことです。これにより、プロバイダーが単独でサービス展開をすることが可能になり、様々な独自のサービスや特典を打ち出すようになりました。

ユーザーからすると、光回線に申し込むことで月額割引や数万円もの現金キャッシュバックなど、魅力的な特典が受けられるようになったわけです。

光回線に乗り換えるデメリット

光回線に乗り換えるデメリットには以下のようなものがあげられます。

 光ファイバーケーブルをひくための工事が必要

光ファイバーケーブルを宅内に引き込むためには工事が必要です。実際の工事は1時間程度で終わりますが、工事の日程調整から工事日まで通常1~2ヵ月かかります。

加えて、回線を宅内に引き込んでもらうわけですから、当日立ち合いも必要です。時間がとられるのが少々やっかいです。

また工事費もかかります。工事費用は一般的に、マンションなら15,000円(税抜)、戸建てなら18,000円(税抜)かかります。

ただし、工事費が無料になるキャンペーンや工事費を相殺できるようなキャッシュバックを実施しているプロバイダーがたくさんありますから新規で光回線を申し込む場合はそのようなプロバイダーをよく探しましょう。

光回線・工事費無料キャンペーン
光回線プラン名 内容 代理店名

NURO光

工事費が月額料金からマイナスされることで実質的に工事費が無料になる。
DTI光 キャッシュバックが工事費に該当する。
So-net光プラス 月額料金に工事費が含まれている。
楽天コミニュケーションズ光 工事費がもともとないプラン。

 固定回線だから長く利用することが前提

光回線には、据え置きタイプのインターネット(SoftBank Air など)やモバイル回線(ワイマックスなど)のような機動性はありません。光回線は長く使うことが前提です。

近いうちに引っ越すかも、良い物件があればいつでも越したい、インターネット回線も気軽に移動させたい、そんな方は光回線は向いていないでしょう。

光回線の申し込み - プロバイダー一例 
ぷらら光
NTT系列の老舗のプロバイダー
ぷらら光に申込む
DTI光
業界最安級の光コラボ。契約縛りがなく解約金もない
DTI光に申込む
So-net光プラス
ソニー系列のプロバイダー。キャンペーンや特典も充実
So-net光プラスに申込む
SoftBank光
ソフトバンクのスマホ代が割引になる。Yahoo!BB ADSLから乗り換えキャンペーン実施中
SoftBank光に申込む
auひかり
auのスマホ代が割引になる。申し込みプロバイダーによって高額キャッシュバック等特典あり
NURO光
関東/東海/関西エリア限定。通信速度が定評あり。
プラスNURO光に申込む

ADSL回線

光回線の登場により影が薄くなってきているADSL回線ですが、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

ADSL回線に乗り換えるメリット

 工事不要ですぐに始められる

ADSL回線はNTT電話回線を利用するため、自宅に電話をつないでいる場合は工事不要でインターネットを始めることができます。自宅に電話線が来ていない場合は、ADSL専用線を引き込むことで利用できますが、月額料金は高くなります。

 速度にこだわらなければ月額料金が安い

通信速度が遅いものでもよければ、月額料金の安いプランを選ぶことができます。

ADSLは新規申し込み受付を終了しています。これからADSLを申し込むことはできません。光回線や無線回線(据え置きタイプやモバイルタイプ)を選びましょう。

ADSL回線に乗り換えるデメリット

 通信速度が遅い

最大のデメリットは、通信速度の遅さです。通信速度は下り最大50Mbpsのプランが最速で、その他に最大39Mbpsプラン、最大12Mbpsプランとあります。

これは、光回線にはもちろん、モバイル無線回線のWiMAXにも劣る通信速度です。動画などをストレスなく見たい、写真をオンライン上にスピーディーにアップロードしたい人にはADSLは向いていません。

無線回線 - 据え置きタイプ

インターネットの乗り換え

とにかく簡単にインターネットを始めたい人にはおすすめの据え置き・無線回線。写真はSoftBank Air(ソフトバンクエア-)

据え置きタイプのインターネットは、専用の機器をコンセントに差すだけで、すぐにインターネットができます。もちろん、工事などは不要です。置くだけ Wi-Fi(ワイファイ)ルーターなどど呼ばれることもあります。代表的な据え置きタイプのインターネットとしてSoftBank Air があげられます。

据え置きタイプに乗り換えるメリット

 とにかく簡単に始められる

工事がいらない、Wi-Fiの設定をしなくても最初からすぐにワイヤレスでインターネットをすることができる、など、とにかく手軽さ・簡単さが最大の魅力です。

据え置きタイプに乗り換えるデメリット

 通信速度と安定性は光回線に劣る

速度に関しては、光回線には敵いません。家族の人数が多く、各々が高画質動画を観る、オンラインゲームをよくする、もしくは大量のデーターをダウンロードしたり、アップロードする、そんな場合は光回線にすることで不満なくインターネットを利用できるといえます。

モバイル回線(WiMAX)

無線モバイル回線の代表格であるWiMAXには、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

モバイル回線に乗り換えるメリット

 工事不要で気軽に始められる

WiMAX(ワイマックス)を利用するには、プロバイダーのホームページから申し込んでWi-Fiルーターが届くのを待つだけです。申し込んでからたったの2,3日でインターネットを始めることができます。工事がないので、初期費用も事務手数料のみと少なく済みます。

 外出先でもインターネットが使える

WiMAXでインターネットをするのに必要なのは、専用のモバイルWi-Fiルーターだけです。ポケットサイズの小型ルーターなので、どこにでも持ち歩けます。家でも外出先でも、場所を選ばすにインターネットを利用できるのはうれしいですね。

モバイル回線というと、通信速度が遅いイメージがあるかもしれませんが、WiMAXはADSLよりもかなり速く、最大220Mbpsと快適なインターネットが可能です。

モバイル回線に乗り換えるデメリット

 建物や地下などインターネットにつながりにくい場所もある

モバイル回線は無線なので、無線が届きにくい場所では通信速度が遅くなったり、通信できなかったりすることもあります。

住んでいる場所でインターネットがつながらないと困りますよね。でも、そんな事態を予測してモバイル回線サービス業者は、本契約に進む前に自宅でつながるかを確認できるサービスを提供していたりします。

 家族が多い場合は、「モバイル」である点をいかせない

誰かが外出でWiMAXルーターを持ち出した場合、自宅にいる人はその間インターネットが使えなくなります。モバイル回線とは、その利点を生かせるのは単身世帯やカップルに限られます。

無線回線インターネット
据え置きタイプ ソフトバンクエアー
  • ソフトバンクの提供する据え置きタイプの無線回線インターネット
  • Airターミナルと呼ばれる機器を接続すればすぐにインターネットができる。
  • 引っ越しがあっても、住所変更するだけですぐに使用ができる。
モバイルタイプ UQ WiMAX 
  • WiMAX専用ルーターを購入もしくはレンタルし、プランを選んで契約スタート。
  • 自宅で使用できる他、ルーターを持ち運べば外出先でもインターネットが使える。
  • 主に単身世帯に向いている。
更新日
このブロックは壊れているか見つかりません。コンテンツが存在しないまたはオリジナルのモジュールを有効化する必要があります。