You are here

家のネット契約とスマホの契約は「まとめ」が絶対お得なの?通信費の節約を考える。

おうちのネット契約とスマホの契約は「まとめ」て契約した方がお得なの?必ず安くなるならもちろんセットて契約したいけど他に良い方法もあるのでしょうか?通信費の節約をまじめに考えてみます!

  • スマホとネットのセット割り(まとめ割り)はオプション契約の必要がないかどうかをよく確認。
  • セット割り(まとめ割り)はどれくらい安くなるのか計算が必要。家族の人数が少ないと割引き額もあまり大きくない。
プロバイダー・eo光のプランの料金と特徴

通信費の節約にネット代とスマホ代の「おまとめ」は役に立つのでしょうか?契約者のタイプ別にネット代とスマホ代のおまとめのメリットとデメリット(注意点)について考えます。

今より安いインターネットは?お引越しで新しいインターネット契約が必要?
簡単な質問に答えるだけで、ベストなプランを提案します。ご相談フォームはこちら。
電話でも受付:050-3196-9639(相談無料)までお気軽にお電話ください。

ネット代とスマホ代のセットでどのくらい安くなる?

ネット代とスマホ代をまとめると、スマホ代が安くなる。」そんな広告をよく目にします。

本当に自宅のネット代とスマホ代を「まとめ」ることでトータルの通信費は安くなるのでしょうか?実際にauのスマートバリューSoftBankのおうち割を例に検証してみることにします。

auの場合 - auスマートバリューを検証

auスマホのケータイやスマホとセットでどれくらい安くなる?

au光のスマートバリューは、auの光回線を契約すれば、auで契約している月々のスマホなどケータイ代を割り引いてくれるサービスです。ただし、割引額はケータイ・スマホの定額プランの種類によって異なります。もともと月額料金の安いスマホ・ケータイのプランを契約している場合は、割引額も低くくなっています。

以下の一覧で代表的なプランの場合でどのくらい割引になるかを確認することができます。

”最大で”1人あたり(1回線あたり)毎月2,000円割引になります。仮に5人家族として全員auの「データ定額10/13/30」を契約しているなら、1世帯で年間120,000円もお得になる計算になります。

ただし、月2,000円安くなるのは最初の2年だけで、3年目以降は毎月934円になることもあらかじめ覚えておきましょう。

50歳以上のご家族の場合は、別の住所に住んでいてもauスマートバリューの割引の対象になります。例えばおじいちゃん、おばあちゃんもauのスマホ・ケータイをを使用しているのであれば割引の対象になりますよ。

auスマートバリューによる割引額
スマホ契約
プラン
データ定額10/13/30 データ定額5/8/20等 データ定額2/3
ジュニアスマートフォン等
割引額 2,000円/月 (2年)
934円/月(3年目以降)
1,410円/月 (2年)
934円/月(3年目以降)
934円 /月(永年) 

auの場合 - auスマートバリューのデメリット・注意点

家の電話もauにするのが「まとめ割」の条件
プロバイダー・eo光のプランの料金と特徴

スマホやケータイ + ネット(auひかり)+ 電話、この3つが揃わないと、auスマートバリュー(まとめ割)は適用されません!(出典:au)

auひかりのスマートバリューのデメリットというよりも注意点ですが理解しておくべきポイントをご紹介します。

ご自宅のインターネット契約をauひかりにしているだけでは、auのスマートバリュー(ケイタイ・スマホの家族割り)の対象にはなりません。auのスマートバリューは、家のインターネット契約をauひかりにしており、加えて家の電話もau(auひかり電話)で契約している必要があります。

ネットをauひかりにしたからさあスマホが割引になる!というわけにはいきませんので事前に理解しておいてくださいね。

光電話は、固定電話よりも月額利用料も通話料が安いものの、もし、「”いえでん”(固定電話)自体をそろそろもう解約しようかな」と思っていた方には、ちょっと考えさせられる条件かもしれませんね。

どれだけ安くなるかは計算が必要

家のネットもauで家族のスマホもauでまとめたら、どのくらい安くなるのかを知るには、どうしても計算してみなければなりません。上記に説明の通り、契約しているプランによって割引額が異なるためです。また、auひかり電話の契約にかかるプラス分の料金も計算に入れる必要もあります。

最近は家の固定電話(加入電話)を解約する家庭も増えており、固定電話の解約により通信費の節約を行うという選択肢もあります。固定電話を解約すると年間約20,400円以上節約ができますので、その方がトータルでお得になるかもしれません。加えて、スマホに至っては格安SIMの料金は大手キャリアよりも大分安く設定されていますから、そのような選択肢も考えると、まとめ割り以外の方法でぐっとご自宅の通信費を安くすることができるかもしれません。

いずれにしても、ネットとスマホのまとめ割りが本当にお得かは、ちょっと面倒かもしれませんが、プラスになる分とマイナスになる分を計算する必要があります。auひかりを契約した後、よく見たら期待したほど安くなっていなかった。なんていうことになったら残念ですのでよくチェックしましょう。

auでんきはお得? auでんきの料金は大手電力会社と同じ。電気料金の支払いの1-5%がau walletにキャッシュバックされる分がお得になります。支払い額少ないと1%しか還元される僅かです。電気料金も単純に大手電力会社よりも5%安いプランや基本料金がゼロ円のプランを選んだ方が単純に安くなるといえるでしょう。

SoftBankの場合 - おうち割 光セットを検証

ソフトバンクのケータイやスマホとセットでどれくらい安くなる?

ソフトバンクでインターネット契約(SoftBank光SoftBank Air、Yahoo! BB ADSLなど)を契約している場合は、「おうち割 光セット」でスマホやケータイ、タブレットの通信費が割引になります。

”最大で”1人あたり(1回線あたり)毎月2,000円割引になります。仮に5人家族として全員ソフトバンクの「データ定額30GB」を契約しているなら、2,000円 x 5人で1世帯で年間120,000円もお得になる計算になります。

ただし、月2,000円安くなるのは最初の2年だけで、3年目以降は毎月1,008円になることもあらかじめ覚えておきましょう。

ソフトバンクと契約しているスマホ・ケータイ定額プランにより、割引率は異なります。定額のプランが安いものは、割引額も500円と少額になります。

SoftBank光・おうち割による割引額
スマホ契約
プラン
データ定額 30GB データ定額20GB/5GB等 データ定額(3Gケータイ)
割引額 2,000円/月 (2年)
1,008円/月(3年目以降)
1,410円/月 (2年)
1,008円/月(3年目以降)
500円 /月(永年) 

ソフトバンクの場合 - おうち割 光セットのデメリット・注意点

家のネットがソフトバンク光なだけではおうち割 光セットの対象にならない。

おうちのネットの契約を「ソフトバンク光」にするだけでは、残念ながら、おうち割 光セットは適用されません。

「ソフトバンク光」を契約しているのに加えて、「Wi-Fiマルチパックおよびホワイト光電話、もしくは光電話(N)+BBフォン、もしくはBBフォンのいずれかの加入」が必須になります。

Wi-Fiマルチパック」と「光電話などの電話サービス」の2つをオプションで契約しなくてはいけません。しかも当然これらのオプションは有料です。

もちろん有料のこのようなオプションプランを追加しても、家族みんなソフトバンクで契約をしている場合は、トータルで割引額が安くなるなら、お得になるでしょう。ただし、契約しているスマホ・ケータイのプランがもともと安いものだと、割引額も低めなので、やはり計算をしてみる必要があります。

もし一人暮らしでスマホも1台しか使用していないならば、スマホ代を安くするためにソフトバンク光にオプションをつけても割引額はごくわずかです。

オプションプラン ソフトバンク光に追加で必要なプラン 月額料金
Wi-Fiマルチパック
  • 自宅でWi-Fiができるプラン
  • Wi-Fiマルチプランの申し込みには、Wi-Fiマルチパックの使用料に加え、光BBユニットレンタル料がかかります。
  • Wi-Fiマルチパック使用料:990円/月
  • 光BBユニットレンタル料500円 /月(永年)
ホワイト光電話
  • 光回線を使用した電話回線です。
  • プランによる467円-1,410月/月

SoftBank光さえ契約していればおうち割 光セットが適用されるわけではないことを契約前に理解しておいてくださいね。SoftBank光のおうち割でどれくらい安くなるかどうか計算が必要です。

ちなみに、SoftBank AirやYahoo BB! ADSLに加入されている場合は、追加オプションなしで「おうち割 光セット」が適用されます。

スマホに至っては格安SIMの料金は大手キャリアよりも大分安く設定されていますから、そのような選択肢も考えると、まとめ割り以外の方法でぐっとご自宅の通信費を安くすることができるかもしれませんので、そのような選択肢との比較も必要です。

おうち割 光セットの条件を満たすハードルが高い。

上記にすでに記載の通りですが、ネットの契約と一緒におうち割 光セットとセットにしたい場合、ソフトバンク光(光回線)だと、場合オプションを2つ加えなくてはなりません。auの場合は、家の電話をauにするのに比べると、条件がやや厳しいですね。

2つをオプションとして加えると、最低でも1,957円追加でかかってしまいます。2人以上契約してないと、おうち割 光セットに申し込んでも、トータルで通信費が安くなることはないので注意が必要です。

ネット代とスマホ代のまとめ割(セット割)はお得なのか? - 結論

auでもソフトバンクのインターネット契約でも、シンプルなネット契約だけでは、セット割り(家族割引)の対象にならないことを注意点としてあげました。

ネット代とスマホ代まとめれば、「自動的に」我が家の通信費安くなると思っていた方には、衝撃の事実かもしれませんね。

確かに、ひかり電話は、固定電話より通話料が安いのでオプション追加してもよいかもしれませんがが、ソフトバンクのWi-Fiマルチパックは、すでにご自身で無線LANルーターを持っていれば、ほとんど必要のないオプションです。

家のインターネットとスマホ・ケータイ・セット割の条件
  • auひかりなら・・・auひかり電話への加入が必要
  • ソフトバンク光なら・・・Wi-Fiマルチパックと電話(ホワイト光電話、もしくは光電話(N)、もしくはBBフォン)の加入が必要

というわけで、世帯人数が最低2人以上ならば、追加オプション分を払っても、まとめ割(セット割)でトータルでご自宅の通信費は安くなるといえます。

ただし、もともとケータイやスマホに安めのプランを契約している場合は、割引額がそれほどでもない可能性も。やはり、このため家族の契約しているプランが何か、そしてその割引がそれぞれどのくらいになるか、電卓をたたいてみる必要があります。

安い光回線や格安SIMも検討の価値あり

大手キャリアの提供する「まとめ割」や「セット割」だけに限らず、通信費を安くする選択肢は他にもいくつかあります。まとめ割(セット割)にすると絶対安くなるわけではないと分かった今、他の方法も検討してみる価値はあるでしょう。

スマホ代を下げたいならば、格安SIMが効果的

スマホのデータ通信代は、大手キャリア(ドコモ、au、SoftBank)に比べてかなり安く設定されています。スマホの契約を格安SIMにかえると「まとめ割」以上に安くなる可能性がありますので、一度比べてみると良いでしょう。

また、光回線の契約ももしいまから新規に契約するならば単純に月額料金の安い光回線プランや違約金のない光回線プランを選んだ方がよいかもしれません。加えて、光回線だけでなく、無線回線に方がご自身の生活スタイルにあっており使い勝手がよいということもあります。引越しなどで物理的な移動でも無線回線なら引き続きの契約が可能ですから、解約や新規契約などの煩わしさがありません。