本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

セレクトラの記事には広告が含まれていますが、実際の記事はコンテンツポリシーに則って一次情報を確認・参考にして作成しており、広告掲載がコンテンツの評価やランキングに影響を与えることは一切ありません。

【PR】

セレクトラの記事には広告が含まれていますが、実際の記事はコンテンツポリシーに則って一次情報を確認・参考にして作成しており、広告掲載がコンテンツの評価やランキングに影響を与えることは一切ありません。

🥇おすすめNo.1!全てにおいて業界最安級 楽天モバイル

楽天モバイルiPhoneトク得乗り換えキャンペーン
  • データ無制限&24時間通話無料3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • MNPで 最大13,000円楽天ポイント還元中
  • iPhone業界最安値

🥇全てにおいて業界最安級!
楽天モバイル

楽天モバイルiPhoneトク得乗り換えキャンペーン

>

  • データ&通話が無制限3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • MNPで 最大13,000円還元中
  • iPhone業界最安値

【2024年3月最新版】徹底比較:au回線でおすすめの格安SIM5選

au回線の格安SIM
au回線の格安SIMで1番おすすめは?

5つの主なau系格安SIMを、料金・通信速度・独自サービス・キャンペーン別に比較します。au回線の格安SIMに乗り換えるメリット・デメリットも解説しています。

※当記事では音声通話SIMを紹介しています。

高速通信で人気のUQモバイルが今ならお得

UQモバイルロゴ

📱iPhone SE(第3世代)が48,935円~
SIMのみ契約で最大10,000円 au Pay還元(au・povo以外からの乗り換え)
オンラインショップMNP乗り換え特価人気Androidスマホ一括1円~

比較:au回線の格安SIM5社 - 魅力的なサービスでUQモバイルが1番おすすめ!

au回線を使用する格安SIMの中で特にシェアの大きい5社を、料金・通信速度・独自サービス・キャンペーン別に比較していきます。

総合的に見て、au回線をメイン回線にするならUQモバイルが一押しです。

au回線の格安SIM:おすすめ度
格安SIM料金・コスパ通信速度の速さ独自サービスの魅力
UQモバイル★★★★☆★★★★★★★★★★
povo★★★★☆★★★★★★★★★☆
IIJmio★★★★★★★★★☆★★★☆☆
mineo★★★☆☆★★★☆☆★★★★☆
イオンモバイル★★★★☆★★★☆☆★★☆☆☆
au回線の格安SIM:おすすめポイント
  • 料金プランは最安ではない
🥇UQモバイル
  • auからお得に乗り換えられる
  • 通信速度がauとほぼ同じ
  • サポート品質が高い
  • auショップで手続き可能
🥈povo
  • 0円で音声通話SIMを運用可
  • 使う時だけ有料トッピング
  • テザリング無料
  • 家族割がない
  • 店舗がなくサポートはチャットのみ
🥉IIJmio
  • 月額は最安級
  • 混雑時は通信速度が落ちる
  • 店舗サポートなし

料金・コスパ:IIJmioが圧倒的に安い

各社の料金プランを比較すると、料金システムにそれぞれ大きな違いがあります。下記も参考にしつつ、自分や家族に合った格安SIMにするといいでしょう。

auのサブブランド「UQモバイル」は、基本的な料金だけ見ると他社よりも割高です。でも、auからの乗り換え時に解約金がかからないうえ、自宅インターネットとのセット割や家族割を適用するとかなり安くなります。

たとえば、UQモバイルを契約する家族の中に18歳以下がいる場合、2回線目以降が割引で1年間月額990円(15GBプラン)になります。これは格安SIMの中でも最安級です。

  • タイプ別のおすすめ格安SIM
  • auからお得に乗り換えたい人に⇒
    【UQモバイル】auの解約金がかからない&セット割がある
  • とにかく安い格安SIMがいい人に⇒
    【IIJmio】2GBプラン850円/月、4GBプラン990円/月
  • サブ回線をお得に運用したい人に⇒
    【povo】基本料0円で使う時だけ有料トッピングできる
音声対応格安SIMの料金(税込)
格安SIM料金プラン通話料・オプション料金
UQモバイル4GB:2,365円/月
⇒キャンペーン適用で4GB→6GB増量が7ヵ月間無料!
15GB:3,465円/月
⇒キャンペーン適用で15GB→20GB増量が7ヵ月間無料!
25GB:3,278円/月
⇒キャンペーン適用で20GB→25GB増量が7ヵ月間無料!
通常:22円/30秒
60分/月まで定額:550円/月
10分以内定額:880円/月
かけ放題:1,980円/月
IIJmio2GB:850円/月
4GB:990円/月
8GB:1,500円/月
15GB:1,800円/月
20GB:2,000円/月
通常:11円/30秒
5分以内定額:500円/月
⇒キャンペーン適用で3ヵ月間90円!
10分以内定額:700円/月
⇒キャンペーン適用で3ヵ月間290円!
かけ放題:1,400円/月
⇒キャンペーン適用で3ヵ月間990円!
povo2.0基本料:0円
データ使い放題/24時間:330円1GB/7日間:390円
3GB/30日間:990円
20GB/30日間:2,700円
60GB/90日間:6,490円
150GB/180日間:12,980円
通常:22円/30秒
5分以内定額:550円/月
かけ放題:1,650円/月
mineo1GB:1,298円/月
5GB:1,518円/月
10GB:1,958円/月
20GB:2,178円/月
通常:22円/30秒
5分以内定額:550円/月
かけ放題:1,210円/月
イオンモバイル0.5GB:803円/月(1,606円/GB)
1~10GB:858~1,848円/月(185~858円/GB)
20~50GB:1,958~5,258円/月(98~105円/GB)
通常:11円/30秒*
5分以内定額:550円/月
10分以内定額:935円/月
かけ放題:1,650円/月

*通話アプリ「イオンでんわ」利用時

通信速度:KDDIグループ(UQモバイル・povo)なら抜群に速い

スマホでダウンロード速度20Mbps・アップロード5Mbpsも出れば十分快適なデータ通信が可能です。それをふまえた上で下記の速度比較を見ると、au回線系の格安SIMは十分に快適な通信ができることが分かります。

特に、KDDIのサブブランドであるUQモバイル・povoは、auとほぼ同じ通信速度を誇っています。キャリア並みの通信速度と、格安SIM並みのコスパが両立しているのがUQモバイルおよびpovoといえるでしょう。

平均通信速度の比較
格安SIM平均ダウンロード速度平均アップロード速度
UQモバイル79.3Mbps14.1Mbps
povo72.0Mbps14.5Mbps
IIJmio(au回線)60.9Mbps11.1Mbps
mineo(au回線)38.5Mbps9.0Mbps
イオンモバイル64.2Mbps12.3Mbps

参照:みんなのネット回線速度(2022年12月時点)

データ超過時の最大通信速度

格安SIMプランのデータ容量を使い切ってしまうと、月末まで通信速度制限がかかります。制限速度が最大200kbps以下だと、ブラウザのページを開くことすら困難なほど遅くなります。

いっぽう制限速度が最大300kbpsなら、SNSやテキストのWEBページ、音楽ストリーミングサービスなどは問題なく使えます。

さらにUQモバイルの15GBプラン以上なら、速度制限がかかっても最大1Mbpsの速度でネットできます。これは、youtubeの標準画質を普通に見れるほどのスピードです。データを使い果たしたらどうしよう、と過度に心配する必要はないので助かりますね。

格安SIMデータ量超過後の最大通信速度
UQモバイル3GBプラン:300kbps 15GB/25GBプラン:1Mbps
povo128kbps
IIJmio300kbps
mineo200kbps
イオンモバイル200kbps

独自サービス:UQモバイルは魅力的なサービスがたくさん

格安SIMによって、他社にはない独自のサービスを展開しています。自分に合ったサービスがある格安SIMを選ぶのもいいでしょう。

UQモバイルは全国のauショップでサポートが受けられるので、格安SIMが初めての人でも安心。また、auからUQモバイルへの乗り換えなら、auの解約金がかからないのも魅力のひとつです。

au回線の中でサービスの個性が目立つのはpovoでしょう。povoは契約事務手数料および基本料が0円なので、SIMを持つだけなら完全無料。使う時に必要な分だけ有料トッピングすればいいため、サブ回線にピッタリといえます。

  • タイプ別のおすすめ格安SIM
  • 店舗でサポートしてもらいたい⇒【UQモバイル】全国のauショップでサポート対応
  • サブ回線を持ちたい人に⇒【povo】完全無料で音声通話SIMが持てる
  • ギガを気にせず使いたい人に⇒【mineo】最大1.5Mbpsでデータ通信使い放題
格安SIM独自サービスの内容
UQモバイル
  • 全国のauショップでサポートが受けられる
  • auから解約金なしで乗り換えられる
  • 「下取りサービス」手持ちのスマホ機種を下取りしてもらえる
  • 「自宅セット割」対象インターネットサービスまたは電気契約でスマホ代割引
  • 「UQ親子応援割」18歳以下と家族が割引される(申し込みは例年11月頃~翌年5月末までの期間限定)
  • 60歳以上は通話定額が毎月1,100円割引
  • eSIM申し込み可
povo
  • 契約事務手数料が無料(同一名義で5回線まで)
  • 基本料0円で電話番号を持てる
  • 使い勝手の良い有料トッピング
  • 日常生活でギガがもらえる「ギガ活」
  • eSIM申し込み可
IIJmio
  • eSIM申し込み可(音声通話・データ専用)
mineo(マイネオ)
  • 最大1.5Mbpsでデータ使い放題(パケット放題Plus加入時)
  • mineoユーザー同士でパケットをやり取りできる
イオンモバイル
  • 全国のイオン店舗で販売・サポート対応

キャンペーン

なるべくお得に格安SIMに乗り換えたいなら、申込みキャンペーンを利用しない手はありません。ここでは、格安SIMごとのキャンぺーンを紹介します。

au回線系の中で唯一高額キャッシュバックがあるのはUQモバイル。MNPで回線のみ乗り換えるとau PAY残高にキャッシュバックをもらえます。(au・povoからの乗り換えは対象外)

なお、キャンペーン内容は随時変更になることがあるため、最新情報は各格安SIMのホームページにて確認してください。

格安SIMの申込みキャンペーン
格安SIMキャンペーン内容
UQモバイル
  • 「au PAY残高還元」MNP乗り換えでSIM契約すると還元(※金額は公式サイトを参照)
  • オンラインショップで対象機種を購入時に割引・au PAY還元
povo
IIJmio最新情報は公式サイトを参照
mineo最新情報は公式サイトを参照
イオンモバイル最新情報は公式サイトを参照

※2024年2月2日時点の内容です。

au回線の格安SIMに乗り換える4つのメリット

メリット①キャリアより大幅に安くなる

キャリアから格安SIMに乗り換えると通信費を大きく節約することができます。

本家ブランドauと、サブブランドのUQモバイルの料金を比較してみましょう。UQモバイルなら通信品質がほとんど変わらず、料金は半額以下になっていることが分かります。

月額料金プラン比較:auとUQモバイル
 UQモバイル
「ミニミニ/トクトク/コミコミプラン」
au「スマホミニプラン 5G/4G」
~1GB3,465円(割引最大適用時2,178円)
~2GB4,565円(割引最大適用時3,278円)
~3GB5,665円(割引最大適用時4,378円)
~4GB2,365円(割引適用時1,078円)6,215円(割引最大適用時4,928円)
~15GB3,465円(割引適用時2,178円)
~20GB3,278円

メリット②auのエリアにつながる

格安SIMとはいえ使用する回線は大手キャリアと同じ。au回線系の格安SIMはau回線を間借りしているため、auエリアにつながります。これまでauユーザーだったのなら、乗り換えてもエリアが変わらないのは安心ですよね。

ちなみにKDDIが提供するUQモバイルとpovoは、au回線を借用するのではなく自社回線です。そのため、通話・通信の品質はauと同等になります。

メリット③auスマホをSIMロック解除不要で使える

au回線の格安SIMなら、SIMロックがかかっているauスマホ端末でも、SIMロック解除することなく使えます。

SIMロックとは、他キャリアのSIMを使用できないようにするための制限のこと。SIMロックのあるauスマホなら、ドコモやソフトバンクのSIMカードを挿しても使えません。

でも、同じau回線を使う格安SIMならSIMカードを差し替えるだけで使えるようになります。ちなみに、2021年10月以降に発売されたauスマホ機種にはSIMロックがかかっていません。

メリット④サブ回線にすることで通信障害対策になる

もしあなたが、デュアルSIMスマホのメイン回線にドコモ/ソフトバンク回線を使用しているなら、au系格安SIMをサブ回線にすることで通信障害対策になります。

キャリアでも時折、大規模な通信障害が発生することがあります。そんな時に電話や通信が使えないと困りますよね。そこで、キャリアの異なる2回線を持っていると、ひとつのキャリアが使えない事態になっても安心というわけです。

特にpovoは、契約事務手数料が無料なうえに基本料0円なため、持っているだけならタダという特徴があります。サブ回線にもってこいのSIMといえるでしょう。

au回線の格安SIMに乗り換えるデメリットはある?

一般的に、格安SIMのデメリットは以下の3つ挙げられます。

格安SIMの一般的なデメリット:

  • 大手キャリアに比べて通信速度が遅い
  • 大手キャリアに比べてサポートが心許ない
  • 店舗を持たずショップ対応してもらえない

 

しかし、この記事で紹介しているUQモバイルにはこれらのデメリットは当てはまりません。ひとつずつ解説しますね。

UQモバイルの通信速度はauとほぼ同じ

下記ではauとUQモバイルの平均速度を比較していますが、ほぼ同じです。つまりUQモバイルユーザーは、auユーザーと同じ品質でデータ通信できていることになります。

「料金は節約したいけどネットは快適に使いたい」という人には、キャリアと同じ通信スピードを誇るUQモバイルが一押しです。

平均通信速度の比較
 平均Ping値平均ダウンロード速度平均アップロード速度
au48.5ms79.4Mbps14.0Mbps
UQモバイル48.2ms79.3Mbps14.1Mbps

参照:みんなのネット回線速度(2022年12月時点)

UQモバイルの通信速度についての口コミ

え、auからUQモバイルにしたけど全然回線良いやん
余裕でこれでいいやん

— クロノ タキ (@kurock9) December 11, 2022

私auからUQモバイルに変えたらめちゃくちゃ金額安くできた上に何も不満ないし回線も変わらないから速度に変化ないしで嬉しいしかなかった。
もっと早く変えればよかった!
携帯代浮くのってほんとにストレスなくなる笑

— nagisa🐈🔱△○×□🏰 (@nagisa20543796) December 2, 2022

UQモバイルのサポートは万全

大半の格安SIMは、ユーザーサポートがチャットやメール受付のみとなっています。しかしUQモバイルは電話問い合わせにも対応しています。

また下記の口コミにもあるように、チャット相談が迅速で丁寧なのもポイントです。サポート品質が気になる人でも、UQモバイルなら安心といえるでしょう。

UQモバイルのサポートについての口コミ

UQモバイルのチャット相談毎回的確かつ、迅速で優秀すぎてもうUQから離れられない..🥲♡

— カヲルくん (@RyVSt91wa8odDw7) December 13, 2022

今はpovoを契約してるけど
もし、自分に何かあった時に代わりに家族が携帯の解約だったりと色々と
面倒事を頼む事になるから電話サポートが受けられるUQモバイルに変更する

— アツシ (@Airthrust) November 27, 2022

UQモバイルはauショップで対応

大半の格安SIMはすべてオンラインで手続きしないといけませんが、UQモバイルはショップ手続きが可能です。自前のショップ(UQスポット)の他に、全国のauショップでもUQモバイルを取り扱っています。

ショップ手続きできないために格安SIMへの乗り換えをためらっているなら、UQモバイルが有力な選択肢になること間違いないですね。

UQモバイルショップ対応についての口コミ

iPhone変えるか!ってauショップ行ってUQモバイルとかの話聞いてきたけどめっちゃ安いやん!

— omooochi (@mochi_uni14) November 13, 2022

数日前から「無効なカードです 通信サービスはありません」というエラーメッセージが1日に何度も表示されてネットが使えない状況に😅。uqモバイルのショップに相談行ったら、お兄さんがSIMカード外して丁寧に拭いてくれたら症状直りました☺️。(シン)

— シン&コウタ (@shinandkouta) June 12, 2022

データ無制限の格安SIMなら楽天モバイルだけ

au回線の格安SIMとは違いますが、楽天モバイルへ乗り換えるのも選択肢の1つとなります。特に、データ通信を無制限に使いたいのであれば、楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルの料金プランは、下記の通り段階料金制となっています。データ通信を少なく使用した月は千円程度と安く、沢山ネットした月でも料金上限は3千円ちょっと。安心して大量のデータ通信ができます。

さらに、楽天の通話アプリを使って電話すると通話料は無料に。もちろん、楽天の通話アプリから携帯電話や固定電話にかけることが可能です。

楽天モバイル最強プラン6月1日~ 楽天モバイルでは、6月1日より「Rakuten最強プラン」に移行しました高速データが人口カバー率99.9%となり、つながりにくかった屋内や繁華街/高層ビル、地下鉄も含め以前よりつながりやすくなります料金は旧プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の据え置きです。

新プランRakuten最強プランの料金表
月額料金
(税込)
~3GB ~20GB 20GB~
1,078円 2,178円 3,278円
通信規格 4G・5G
通信容量 楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:無制限
国内通話 Rakuten Linkのアプリを利用すればかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
データタイプ 音声通話機能なしのデータ通信専用SIM/eSIMプラン(価格は最強プランと同じ)
申し込みには楽天カード必須
※Rakuten Link、キャリアメールの利用は不可
公式サイト

【2024年3月】最新キャンペーン情報! お得な楽天モバイルのキャンペーンを見る

「Rakuten最強プラン」の料金表
月額料金(税込)
~3GB ~20GB 20GB~
1,078円 2,178円 3,278円
通信規格
4G・5G
通信容量
楽天回線対象エリア:無制限
パートナー回線エリア:無制限
データ容量超過後も1Mbpsで通信可能
国内通話
アプリRakuten Link使用でかけ放題
アプリ未使用であれば、30秒22円
15分(標準)通話かけ放題:1,100円/月
データタイプ
音声通話機能なしのデータ通信専用SIM/eSIMプラン(価格は最強プランと同じ)
申し込みには楽天カード必須
※Rakuten Link、キャリアメールの利用は不可
公式サイト

【2024年3月】最新キャンペーン情報! お得な楽天モバイルのキャンペーンを見る

楽天回線エリアをチェックしよう 楽天モバイルで無制限のデータ通信ができるのは、楽天回線につながっている場合です。楽天回線に繋がらない所だと月間5GBまでしか高速通信できないため、まずはお住いの場所が楽天回線エリアかチェックすることをおすすめします。楽天モバイル公式ホームページ上でサービスエリアをチェックできます。

更新日