DTI光は本当に解約金がないのか?- 解約したい場合スムーズに解約できるか解約方法を確認

DTI光は本当に解約金がないのか?

DTI光は解約金が本当にかからないのでしょうか?DTI光の解約金や解約方法、解約前に注意するべきポイント、解約に関する問い合わせ先など具体的に解説します。

DTI光はいつ解約しても違約金がかからない

DTI光は、他の大半の光インターネットと違って契約期間の縛りがなく、いつ解約しても違約金が発生しません。極端にいうと、契約から1ヵ月以内に解約したとしても違約金はかかりません。

光回線を契約したいけど契約期間に縛られたくない人、高額の解約金が気になるという人でも、DTI光なら最初から安心して申し込めるでしょう。

DTI光は最低利用期間もない

インターネット契約には通常「自動更新タイプ」と「最低利用期間タイプ」がありますが、DTI光はどちらにも該当しません。それぞれの違いは以下の通りです。

自動更新タイプ
光インターネットで多いのは2~3年の自動更新タイプです。これは、契約期間満了後の「更新月」にのみ違約金無しで解約可能、解約しなければ自動的に新たな契約期間に入るというもの。解約のハードルが一番高い契約といえるでしょう。

最低利用期間タイプ
たとえば最低利用期間が2年なら、その間に解約すると違約金が発生しますが、3年目以降は縛りが解かれていつ解約しても違約金がかかりません。更新月を見逃す心配が要らないので、自動更新タイプより気が楽になります。

DTI光 - 解約方法

DTI光を解約したい場合、スムーズに解約する方法を案内します。

DTI光では解約と退会という、異なる2つの手続きがあります。解約とは、DTIが提供する複数のサービスの中からDTI光だけを解除することを指します。それに対して退会は、DTIの全サービスを完全に停止することです。

解約と退会の違い
解約 DTI光のみ解除となる。メールサービスやセキュリティサービスなど引き続き契約可能
退会 DTIの全サービス停止。お客様IDは削除される

解約および退会手続きは、DTIカスタマーセンターとの電話内容によってサービス廃止日が決定。サービス廃止日が属する月の月末で解約処理されることになります。

DTI光 - 退会手続き

完全に解約する退会手続きは、電話かメールフォームで受け付けています。ただし退会に関しては確認事項が多いため、不安があるなら直接電話で問い合わせるほうがいいでしょう。

電話での申込み

  1. DTIカスタマーサービスに電話する
  2. 自動応答にしたがって解約手続きを進める
DTIカスタマーサービス
電話番号(有料ナビダイヤル) 0570-00-4740
受付時間 平日10:00~17:00

コールバック予約なら希望時間帯に連絡がもらえるDTIホームページのコールバック予約フォームにアクセスして都合の良い日時を選択すると、その時間帯にDTIから電話(0570-00-4740)がかかってきます。仕事の休憩時間などに手続きができるほか、コールバックしてもらうことで通話代もかからないのでおすすめですよ。

メールフォームでの申込み

  1. MyDTIにログインする
  2. 「各種問い合わせ」のメールフォームにて問い合わせる
  3. DTIより折り返し電話連絡が来る

DTI光 - 解約手続き

一部のサービスを解除する解約手続きは、オンラインで受け付けています。土日祝日に関わらず、毎月25日までに手続きした分が当月末での解約となります。

解約手続きの流れ

  1. MyDTIにログインする
  2. 「契約中サービス」タブを選択する
  3. 「解約を申請する」をクリックする

DTI光 - 解約前に注意したいポイント

DTI光を解約する前に知っておきたいポイントを確認しておきましょう。1つずつ詳しく解説します。

  • 毎月25日までに受け付けた分が当月での解約となる
  • フレッツ光からの転用は工事費残額が一括請求される
  • 退会すると光電話は使えなくなる
  • メールアドレスを利用し続けたいなら
  • 引越し時は解約が不要な場合もある

毎月25日までに受け付けた分が当月での解約となる

解約手続きは、毎月25日(土日祝日の場合は翌営業日)までに受け付けた分が当月の月末付けで解約処理されます。

25日を過ぎた分は翌月末での解約扱いとなり、月額料金を1ヵ月余分に支払うことになってしまいます。解約したい月にはなるべく余裕を持って、できれば月半ば頃までに手続きをするといいでしょう。

フレッツ光からの転用は工事費残額が一括請求される

もともとNTTのフレッツ光からDTI光に転用していて、回線工事費用の分割払いが済んでいない場合、残額は一括請求されます。フレッツ光の基本的な工事費用は以下の通りです。

フレッツ光の工事費
戸建て 集合住宅
一括払い 18,000円 15,000円
分割払い 初月3,000円
500円×30ヵ月
初月3,000円
400円×30ヵ月

なお、DTI光に新規申込していた場合は工事費は一括払いのみなので、解約時に工事費残額が発生することはありません。

退会すると光電話は使えなくなる

DTIを退会すると、DTIひかり電話も解約になり使えなくなります。もし光電話を引き続き使いたいのであれば、次の2通り方法があります。

・DTI光のみ解約手続きしてDTIひかり電話サービスを残す
・光電話サービスがある他の光インターネットに乗り換える(事業者変更)

メールアドレスを利用し続けたいなら

DTI光では無料のメールアドレスが1個付与されますが、解約すると使えなくなります。しかし、解約時にUbicプラン(月額200円)に申し込むことで、引き続きメールアドレスを利用し続けることができます。

プロバイダメールは無料のフリーメール(GmailやYahoo!メールなど)よりも信用度が高いため、人によってはDTIのメールアドレスを持ち続けるメリットもあるといえるでしょう。

引越し時は解約が不要な場合もある

引越しを検討しているのであれば、DTI光を解約せずに転居先でも使い続けることが可能です。

移転手続きはDTIカスタマーサービス(0570-00-4740)に問い合わせるか、MyDTIの「契約中サービス」から「移転」をクリックします。

ただし、居住エリアがNTT東日本⇔NTT西日本をまたぐ場合は解約・新規申込みが必要になります。

DTI光 – スムーズな解約方法のまとめ

DTI光をスムーズに解約する流れは以下の通りです。

  1. オンラインでコールバック予約する
  2. DTIから電話連絡が来て手続きを進める
  3. 25日までに受け付けた解約手続き分が当月末付けで処理される

DTI光は、いつ解約しても解約金がかからない希少な光インターネットサービスです。はじめて光回線の申込みをする人や乗り換えを検討している人は、DTI光なら安心して申し込めるのではないでしょうか。

更新日