本ページは一部アフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

セレクトラの記事には広告が含まれていますが、実際の記事はコンテンツポリシーに則って一次情報を確認・参考にして作成しており、広告掲載がコンテンツの評価やランキングに影響を与えることは一切ありません。

【PR】

セレクトラの記事には広告が含まれていますが、実際の記事はコンテンツポリシーに則って一次情報を確認・参考にして作成しており、広告掲載がコンテンツの評価やランキングに影響を与えることは一切ありません。

🥇おすすめNo.1!全てにおいて業界最安級 楽天モバイル

楽天モバイルiPhoneトク得乗り換えキャンペーン
  • iPhone業界最安値
  • データ無制限&24時間通話無料3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • MNPで iPhoneが最大34,000円相当お得

🥇業界最安級!
楽天モバイル

楽天モバイルiPhoneトク得乗り換えキャンペーン
  • iPhone業界最安値
  • データ&通話が無制限3,278円※通話アプリ使用時
  • 高速データが人口カバー率99.9%
  • MNPで iPhoneが最大34,000円分お得

iPhoneを自分で機種変更する方法 - データ移行でやるべきこと・お得なキャンペーンまで徹底解説

更新日
iPhone機種変更

「iPhoneの機種変更を自分でやりたいけどやり方がわからない」という方は多いのではないでしょうか。

スマホの機種変更時、今までキャリアのショップでデータの移行までお願いしてきた方も多いと思います。ただ、最近では格安SIMを利用する人も増え、店舗サポートが一切ないというケースも少なくありません。

また、キャリアのショップでのデータ移行は別途料金がかかることが多いです。

そこでこの記事では、iPhoneの機種変更を自分でおこなう方法を解説します。更に、iPhoneの機種変更がお得になるキャンペーンも併せて紹介します。

これからiPhoneの機種変更を考えている方、ぜひ参考にしてみてください!

監修者:内川先生のコメント
スマホ買い替え時のデータ移行はキャリアや販売店にお任せという方も多いと思いますが、iPhoneは手厚いサポートが用意されており、自分でも比較的容易に移行が可能です。格安料金プランではサポートが受けられない場合がありますが、この記事にある手順を参考に移行を実施すればそれらの割安な料金体系の契約も選ぶことができます。キャンペーンと組み合わせればiPhoneをよりお得に手に入れられると思います。

iPhone機種変更の事前準備

スムーズにiPhoneの機種変更を行うためには、事前準備が大切です。

機種変更の前に、以下の事前準備リストを参考に準備をしましょう。

iPhoneの容量の確認とデータの整理・バックアップ

まずは、iPhoneの容量がどれだけ残っているかの確認と、データの整理・バックアップを忘れずにしましょう。必要のないデータはどんどん消去し、必要なものだけバックアップを取ることをおすすめします。

バックアップの方法は、大きく分けてiCloudに取る方法とiTunesに取る方法の2つです。

また、写真や動画、ファイルといったデータは容量が大きいことも多いので、iCloudやPCにバックアップをとるほか、GoogleフォトやAmazon Photosといったクラウドサービスを利用するのも1つの手です。

機種変更時のデータ移行方法では事前のバックアップが必要ない方法もありますが、データ移行中に何らかのトラブルが発生してデータが消えてしまう可能性もあります。

そのため、データ移行方法にかかわらず万が一の場合に備え、常にバックアップを取ることをおすすめします。

iPhoneのLINE等アプリのバックアップ

iPhoneの機種変更をする際には、必ず各種アプリのバックアップを取っておきましょう。
アプリのデータ移行に関しては、iPhoneのデータ移行で移せないものが多くあるからです。アプリのバックアップの方法は、必ず各アプリごとに確認してください

中でもiPhoneのデータ移行と別でバックアップや引き継ぎの必要があるアプリは、以下のとおりです。

  • LINE
  • 二段階認証の認証アプリ
  • モバイルSuica
  • ゲームアプリなど

特にLINEは、仕事やプライベートでも使っている方が多いと思いますが、連絡先やトーク履歴はしっかりバックアップを取らないと保存されないので、忘れずにバックアップをおこなうようにしましょう。

LINEのバックアップ手順は、以下のとおりです。

  • LINEのバックアップ手順
  • LINEの設定から「トーク」をタップ
  • 「トークのバックアップ」をタップ
  • 「今すぐバックアップ」をタップ

この手順でLINEのバックアップがスタートします。早ければ5分ほどでバックアップが完了するので、簡単に大事なデータの保存が可能です。

LINEのほかにもバックアップを取る必要があるアプリがないかどうか、事前に確認しておきましょう。

iPhoneのID・パスワードの確認

iPhoneでは、様々な機能を使うときにApple IDとパスワードが必須です。

しかし、最近はTouch IDやFace IDでApple IDとパスワードの入力が省略されることも多く、Apple IDとパスワードを忘れてしまったという方も多いでしょう。

データ移行にともなってバックアップデータを復元したり、アプリを購入したりする時には、Apple IDとパスワードの入力が必要になります。

そのため、機種変更前に今一度確認しておきましょう。

Apple IDの確認手順は、下記のとおりです。

  1. iPhoneの「設定」
  2. 「アカウント名」をタップ
  3. 名前の下に表示されるのがApple ID

パスワードを忘れた場合は、パスワードの再設定が必要です。

下記の手順でパスワードの再設定をおこないましょう。

  1. 「設定」を開く
  2. 「ユーザ名」>「パスワードとセキュリティ」>「パスワードの変更」の順にタップ
  3. 画面の案内にそって、パスワードをリセット

この手順でApple IDの再設定することができます。

「iPhoneを探す」をオフにする

iPhoneの機種変更後、古いiPhoneを下取りに出すことを考えている方は、「iPhoneを探す」の機能をオフにしておきましょう。

「iPhoneを探す」機能がオンのままだと、初期化する時にiPhoneが自動的にロックされて使えなくなることがあります。

そのため、古いiPhoneを下取りに出す時は、「iPhoneを探す」の機能をオフにすることを忘れないでください。

自分でiPhoneの機種変更をする方法

古いiPhoneから新しいiPhoneにデータ移行をして自分で機種変更をする方法は、大きく分けて下記の3つです。

自分でiPhoneの機種変更をおこなう際、この3つの方法の中で、クイックスタートという方法が最もおすすめです。

クイックスタートは、初期設定と同時に古いiPhoneデータの移行も行うことができ、手順も簡単です。現在利用されているiPhoneの大部分は問題なく、このクイックスタートでデータの移行をすることができます。

クイックスタートは、直接古いiPhoneから新しいものへと移行することができるので、データのバックアップを取る必要がありません。最も簡単なデータ移行の方法です。

それに対してiCloudやiTunesでデータ移行をする方法は、古いiPhoneで取ったバックアップを新しいiPhoneで復元するため、事前のバックアップが必須です。

iCloudにあまり容量がなかったり、iTunesを使えなかったりするとデータを移行ができない可能性があります。

なお、機種変更の中でも「iPhoneが故障したので新しいiPhoneに買い換えた」という場合は、クイックスタートが利用できないため、必然的にiCloudかiTunesのどちらかになります。

そのため、iPhoneが故障した時は、古いiPhoneですでにバックアップデータを取っていることが必須です。万が一に備えて、普段からiPhoneのデータのバックアップを小まめに取ることをおすすめします。

それぞれの方法を確認し、あなたに合ったデータ移行の方法で、iPhoneの機種変更を進めていきましょう。

1.クイックスタートで初期設定とデータ移行をする方法

クイックスタートの事前準備

クイックスタートを利用するには、下記の事前準備をしておきましょう。

  • wifiの通信環境が良い状態か確認する
  • Bluetoothをオンにする
  • ストレージの空き容量を確認する

クイックスタートができる環境が整っていても、古いiPhoneのストレージがいっぱいだと、クイックスタートができないことがあります。

ストレージがいっぱいの場合は、iCloudやiTunesを利用した別の方法に切り替えるか、データを整理してストレージの空き容量を作りましょう。

クイックスタートの手順

クイックスタートを利用する場合、下記の手順で初期設定とデータ移行を進めましょう。

  1. Bluetoothをオンにした状態で古いiPhoneと新しいiPhoneを並べる
  2. 古いiPhoneに「新しいiPhoneを設定」と表示されるので「続ける」をタップ
  3. 新しいiPhoneで表示されたアニメーションに古いiPhoneのカメラを向ける
  4. 古いiPhoneで「自分用に設定」をタップ
  5. 古いiPhoneに「新しいiPhoneの設定を完了」と表示されたら、新しいiPhoneにパスワードを入力
  6. 新しいiPhoneでFace ID(Touch ID)を設定
  7. 利用規約を確認して「同意する」をタップ
  8. 新しいiPhoneにパスワードを入力
  9. 設定内容を確認し、問題なければ「続ける」をタップ(変更する場合は「カスタマイズ」をタップ)
  10. Apple Payを設定
  11. Siriを設定
  12. データ転送中の画面に切り替わるので、完了まで待つ
  13. データ転送完了後に新しいiPhoneが自動で再起動
  14. 古いiPhoneが「このiPhoneを消去」の画面に切り替わる(すべてのデータやアプリの引き継ぎが終わっていたら消去する)

クイックスタートは、初期設定と同時に古いiPhoneデータの移行もできる方法で、最も便利で簡単な方法です。

古いiPhoneと新しいiPhoneの二つがあれば、データの移行がすぐにできます。パソコンなどの別デバイスも必要ありません。

ただ、注意点が、データの移行には少し時間がかかるので、待っている間は、新・旧両方のiPhoneが使えなくなることです。

データの移行時間は30分から1時間となりますが、しばらくスマホが使えなくても問題がないようにするのが良いでょう。

また、途中でどちらかのiPhoneの電源が切れないよう、古いiPhoneも新しいiPhoneも充電をしたままにすることをおすすめします。

最後に、iPhoneの機種変更が完了した後、古いiPhoneに残っている契約は必要があれば解約することも忘れないでください。古いiPhoneを下取りに出す場合は、保存されたままのデータを初期化してから下取りに出しましょう。

2.iCloudでデータ移行をする方法

事前準備

iCloudでデータ移行をするために、以下の事前準備をおこないましょう。

  • OSを最新にアップデートする
  • iPhoneをWi-Fiに接続する

通常iCloudは5GBまで無料で、それ以上の容量が必要になると課金する必要があります。

ただし、新しいiPhoneへデータ移行をするために古いiPhoneを一時的にバックアップする場合は、容量が無制限となります。

そのため、iCloudでデータ移行をする前に必ずOSを最新にアップデートしておいてください。

また、iCloudを使ったデータ移行はWi-Fi接続が必須なので、Wi-Fi環境を整えておきましょう

iCloudでデータ移行をする手順

iPhoneの機種変更の際にiCloudを使ってデータ移行をする場合、以下の手順で進めましょう。

  1. 古いiPhoneで「設定」>「ユーザー名」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」>「今すぐバックアップを作成」をタップ
  2. 新しいiPhoneの電源を入れる
  3. 地域と言語を選択する
  4. 「クイックスタート」の画面で「手動で設定」をタップ
  5. 画面の案内に従ってWi-Fiの設定をおこなう
  6. アクティベート完了を待つ
  7. 画面の案内に従って進めて、パスコードを設定する
  8. 「Appとデータ」画面で「iCloudバックアップから復元」をタップ
  9. 画面の案内に従って復元を完了させる

iCloudは、大容量のiPhoneのデータでも問題なく安全に保存することができるサービスです。このiCloudを使うことで、iPhoneのデータを瞬時に全てバックアップすることができます。

機種変更する新しいiPhoneでも、同じようにバックアップしたデータを復元することで、古いiPhoneからのデータを移行することが可能です。iPhoneのデータを安全に移行をするのにとても便利な方法ですね。

前述したように、iCloudが無料で利用できるのは5GBまでです。普段からそれ以上のデータのバックアップをとるには、追加で容量を購入する必要があります。

この記事の監修者である内川先生は、「バックアップ先にiCloudを設定していたが、容量不足で失敗し続けるといざという時に使えなくて困った」という経験をお持ちで、追加容量の購入をおすすめしています。

さらに、iCloudのバックアップ機能をオンにすると、毎日自動的にバックアップを取ることができます。忘れずに常にデータを保存したいという方にはおすすめです。

iCloudのデータ保存は非常に簡単で便利です。iPhoneの故障など、一度にデータが消えてしまう最悪の自体に備え、バックアップ機能をオンに設定して自動的にバックアップを取ることをおすすめします。

3.iTunesでデータ移行をする方法

事前準備

iTunesを使ってデータ移行をする場合は、以下の事前準備をおこないましょう。

  • パソコンにiTunesをインストールする
  • パソコンとiPhoneを接続するケーブルを用意する

iTunesを利用してデータ移行をする場合は、必ずパソコンが必要になります。

iTunesをインストールしておけばいつでもパソコンにバックアップが取れますが、毎回ケーブルで接続する必要があるため、高頻度でバックアップを取る場合は手間に感じてしまうかもしれません。

ただし、パソコンの容量さえ空きがあれば、追加料金なしでバックアップを取ることが可能です。

iTunesでデータ移行をする手順

  1. パソコンでiTunesを起動する
  2. 古いiPhoneをパソコンに接続する
  3. iTunesで左上にあるiPhoneのアイコンをクリックする
  4. 「概要」>「デバイスのバックアップを暗号化」>「今すぐバックアップ」をクリック
  5. 新しいiPhoneをパソコンに接続する
  6. 「新しいiPhoneへようこそ」の画面が表示されたら、「このバックアップから復元」>「続ける」をクリックする

iPhoneの機種変更が終わったら各種アプリの引き継ぎをしよう

クイックスタート、iCloud、iTunesのいずれかの方法でデータ移行が完了したら、基本的なiPhoneの設定やアプリは新しいiPhoneに引き継がれます。

ただし、新しいiPhoneで引き継ぎ操作の必要があるものは、必ず引き継ぎを完了させておきましょう。

ここからは、引き継ぎが必要な主なアプリの引き継ぎ手順を解説します。

LINEの引き継ぎ

機種変更後のデータ移行が完了したら、LINEアプリにてアカウントの引き継ぎが必要です。

LINEの引き継ぎ方法はいくつかありますが、中でも簡単におこなえるQRコードを使った引き継ぎ方法を解説します。

  1. 古いiPhoneでLINEアプリを開く
  2. 「ホーム」>「設定」>「かんたん引き継ぎQRコード」をタップし、画面にQRコードを表示させる
  3. 新しいiPhoneでLINEアプリを開く
  4. 「QRコードでログイン」>「QRコードをスキャン」をタップ
  5. 古いiPhoneに表示されているQRコードを新しいiPhoneで読み込む
  6. 古いiPhoneにQRコードスキャンの確認画面が表示されるので「はい、スキャンしました」をチェックして「次へ」をタップ
  7. 新しいiPhoneで「ログイン」をタップ
  8. 表示された内容を確認したら「次へ」をタップしてトークを復元

モバイルSuicaの引き継ぎ

モバイルSuicaを利用していた方は、新しいiPhoneで再登録が必要です。

以下の手順で再登録を進めましょう。

  1. 古いiPhoneでWalletアプリを起動する
  2. 引き継ぎたいモバイルSuicaを削除する
  3. 新しいiPhoneでWalletアプリを起動する
  4. 右上の「+」ボタンをタップ
  5. Apple Payの案内画面が表示されたら「続ける」をタップ
  6. カードの種類で「Suica」を選択
  7. 再設定したいSuicaを選択して「次へ」をタップ

二段階認証の認証アプリの引き継ぎ

不正アクセス防止のために、二段階認証の認証アプリを利用している方も多いでしょう。

認証アプリも、引き継ぎ操作が必要です。

ここでは、主な認証アプリ「Google Authenticator」と「Microsoft Authenticator」の引き継ぎ方法を解説します。

Google Authenticatorの引き継ぎ方法

  1. 古いiPhoneで「Google Authenticator」のアプリを起動する
  2. 右上の「・・・」>「アカウントのエクスポート」をタップ
  3. 右下の「続行」をタップ
  4. 引き継ぐものを選択して「エクスポート」をタップし、QRコードを表示する
  5. 新しいiPhoneで「Google Authenticator」のアプリを起動する
  6. 「開始」をタップ
  7. 「1つ目のアカウントのセットアップ」画面で「既存のアカウントをインポートしますか?」をタップ
  8. 右下の「QRコードをスキャン」をタップ
  9. 古いiPhoneに表示されたQRコードを読み込む

Microsoft Authenticatorの引き継ぎ方法

  1. 古いiPhoneで「Microsoft Authenticator」のアプリを起動する
  2. 左上メニューの「≡」>「このデバイスのバックアップ」をタップ
  3. 新しいiPhoneで「Microsoft Authenticator」のアプリを起動する
  4. アカウント選択画面で「バックアップから復元」をタップ
  5. バックアップデータを選択してサインイン

iPhone機種変更でお得になるキャンペーン

年々価格が高騰するiPhone。iPhoneに機種変更する際は、なるべく安く手に入れたいと思う方も多いでしょう。

iPhoneを機種変更する際に安く手に入れるには、格安SIMの乗り換えキャンペーンを併用するのがおすすめです。

また、キャリアや格安SIM各社ではiPhone購入キャンペーンを実施しているところも多いです。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

さらに、ドコモ・au・ソフトバンク、楽天モバイルといったキャリアでは、回線契約がなくてもお得にiPhoneを手に入れられる端末サポートプログラムや下取りプログラムを実施しています。

iPhoneを安く購入したいときは、キャンペーンや各種プログラムを積極的に活用していきましょう。

楽天モバイルの端末サポート・下取りプログラム

①端末サポート割引

楽天モバイルでは、iPhoneをキャリア最安で提供しています。

更に、その他のキャリア同様「楽天モバイル買い替え超トクプログラム」という端末サポートプログラムもあり、購入負担額を低減することが可能です。

楽天モバイルの買い替え超トクプログラムは楽天モバイルの回線契約がなくても利用ができます
楽天モバイルでiPhoneを購入後、途中で他のSIMに乗り換えをしたくなっても分割払いを続けることができます。25か月目にiPhoneを楽天モバイルに返却すれば残高の支払いが不要になります。これは嬉しいポイントですね。

楽天モバイル買い替え超トクプログラムの概要

内容

iPhoneを楽天カード48回払いで購入し、25か月目に端末を返却すると残高の支払いが不要

回線契約

不要

注意事項

iPhoneの状態が楽天モバイルの返却基準を満たさない場合、故障費用22,000円の支払いまたは返却不可能

もちろん、MNP乗り換え割引も併用できるため、乗り換えと共に回線契約をする場合は更に安く購入することが可能です。

【2024/6/14更新】楽天モバイルiPhone価格表

2024年7月19日更新

②下取りプログラム

現在、楽天モバイルではiPhoneを「買い替え超トクプログラム」を利用してiPhone購入と、対象のiPhoneを「スマホ下取りサービス」に申し込み下取りが成立した方に、最大10,000円分の楽天ポイントをプレゼントしています。

プランの申し込みをしなくても、楽天モバイルで機種のみ購入したい方が使えるキャンペーンです。

買い替え超トクプログラムと下取り利用で最大10,000円相当還元キャンペーンを詳しく見る

最大10,000円相当のポイントの内訳がこちらです。

  1. 対象iPhoneを「買い替え超トクプログラム」を利用して購入&「スマホ下取りサービス」で対象iPhone下取り成立(5,000ポイント)
  2. ②がiPhone 7,7 Plus,8,8 Plus,Xの下取りの場合(5,000ポイント追加)

下取り額とは別に最大10,000円分のポイントがもらえるので、楽天モバイルのプランに申し込まなくてもiPhone購入がお得になります。

なお、MNP乗り換えで初めて楽天モバイルの回線契約をすれば、さらに12,000円分のポイント還元(合計で22,000円相当)をもらうことができます。

 
楽天モバイルiPhone下取り購入キャンペーン概要
期間
  • 下取りサービスの申し込み期限:iPhone購入申し込み後の翌々月末日23:59まで
  • 下取りサービスの成約期限:iPhone購入申し込み後の3か月後の末日23:59まで
キャぺーン内容 キャンペーン期間内に楽天モバイルで「買い替え超トクプログラム」を利用してiPhoneを新規購入し、スマホ下取りサービスで下取り成立した場合、下取り金額に加えて最大10,000円相当の楽天ポイントを付与
購入対象商品
  • iPhone 14 Pro Max
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Plus
  • iPhone 14
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone SE(第3世代)
下取り対象商品 10,000ポイント 5,000ポイント
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone SE (第2世代)
注意点
  • ポイント有効期限は6か月
  • 楽天モバイル公式オンラインサイトや店舗外で契約した場合は対象外
  • スマホ下取りサービスが不成立となった場合、本キャンペーンは対象外
詳細 楽天モバイルのサイトを見る

楽天モバイルの下取りプログラムは、購入端末代金からの割引ではありませんが、下取り金額は楽天キャッシュで、キャンペーン特典は楽天ポイントでもらえるので、どちらも現金のように利用することができとても便利です。

ドコモ・au・ソフトバンクの端末サポート・下取りプログラム

①端末サポート割引

端末を分割払いで購入し、23~25か月目で端末を返却することで残額の支払いが不要になる端末購入サポートプログラムを利用すると、iPhoneが通常価格の4割引きほどになります。

返却が前提とはいえ、高額なiPhoneが負担額が半額程度になるのであれば、利用しない手はないですよね。

このプログラムは回線契約がない場合(つまり回線は格安SIMでiPhone端末のみを購入の場合)でも利用できるのがポイントです。もちろん、回線契約でMNP乗り換え割引と併用も可能なので、その場合は更にお得になります。

 

ドコモ

ソフトバンク

au

名称

いつでもカエドキプログラム

新トクするサポート

スマホトクするプログラム

期間

終了日未定

終了日未定

終了日未定

内容

対象機種を残価設定型24回払いで購入し、23か月目に端末を返却すると残高の支払いが不要

対象機種を48回払いで購入し、25か月目に端末を返却すると残高の支払いが不要

対象機種を残価設定型の分割払いで購入し、25か月目に端末を返却すると残高の支払いが不要

回線契約

不要
※dポイントクラブ加入が必要

不要

不要

注意事項

返却基準を満たさない場合22,000円の故障費用の支払いまたは返却不可能

②下取りプログラム

古いスマホの処分におすすめなのが「下取りプログラム」です。その名の通り、機種購入をする場合、古いスマホ(iPhone以外も可)を下取りに出すことで購入端末から下取り金額が差し引かれたり、ポイント還元を受けたりすることができるプログラムです。

ソフトバンクは上記で紹介した端末購入サポートプログラムの「新トクするサポート」との併用は不可のようです。

また、下記のような機種は受け付け不可となるため注意しましょう。

  • 製造番号(IMEIなど)が確認できない
  • 電源が入らない
  • 初期化されてない(ロック解除されていない)
  • 改造等がされており、メーカー保証外
3大キャリア下取りプログラム
 

ドコモ

ソフトバンク

au

最大特典額

最大139,000円

最大58,800円

最大70,400円

特典還元方法

新しい端末の購入代金より割引もしくはdポイント付与

PayPayポイントもしくは新しい端末の購入代金より割引

Pontaポイントの還元

下取り条件

  • 携帯電話機などの購入時に、iPhoneを下取りに出すこと
  • dポイントクラブ/ドコモビジネスプレミアクラブに加入していること
  • 指定機種を購入すること
  • ソフトバンク回線を解約した日から3ヵ月以内に、その解約時と同一の電話番号で再びのりかえ(MNP・番号移行)により回線契約する場合は、下取りプログラムの対象外
  • 下取り対象機種からの機種変更でiPhone、auスマートフォン、auケータイもしくはauタブレットを購入
  • 下取り対象機種が故障、水濡れがなく正常に動作すること

まとめ:データ移行方法をマスターして自分でiPhoneの機種変更をしよう!

iPhoneの機種変更を自分でおこなう方法を解説しました。

iPhoneを機種変更する時には、正しいデータの移行が最も重要です。

機種変更でデータを移行する方法を3つ紹介しましたが、最もおすすめなのはクイックスタートです。

OSさえしっかりアップデートしていれば、最も簡単に古いiPhoneから機種変更した新しいiPhoneへデータを移行できます。

また、それと同時に、iCloudの自動バックアップ機能を常にオンにしておくこともおすすめします。

iCloudの自動バックアップ機能を常にオンにしておけば、iPhoneが万が一故障になったり、どんなことが起こっても、問題なくデータを保存し守ることが可能です。

そのため、クイックスタートでiPhoneの機種変更でデータを移行した後は、忘れずにiCloudの自動バックアップ機能をオンにしてください

今回紹介したiPhoneのデータ移行方法をマスターして、スムーズにiPhoneの機種変更をおこないましょう。