ぷらら光:料金・工事費・特徴・申し込み方法

ぷらら光:料金・工事費・特徴・申し込み方法

ぷらら光:料金・工事費・特徴・申し込み方法

「ぷらら光」は、プロバイダーのぷららが提供する光コラボです。ぷらら光が人気な理由は、その特徴やお得な料金にあります。ぷらら光の申し込み方法とあわせて、具体的に見ていきましょう。

  • ぷららはNTT系企業。大手の安心感があります。
  • ぷらら光の料金は業界最安値に近く、最低利用期間や自動更新("しばり")なしのシンプルな料金体系が魅力です。

ぷらら光の特徴

ぷらら、というプロバイダーを知らない人もいるかもしれません。実は、ぷららの運営会社は「株式会社NTTぷらら」といって、NTTグループ企業なんです。

「ぷらら光」の運営会社が通信事業最大手のNTTのグループ企業ということもあり、ぷらら光はとても充実したサービスを展開しています。とはいえ、光コラボならではの低料金もしっかり押さえています。

では、ぷらら光の気になる特徴を見ていきましょう。

最低利用期間がなく解約金が不要

ぷらら光を語るにあたって、まず筆頭に上るのがこの特徴です。ぷらら光には基本的に最低利用期間というものがありません。

他社の光インターネットサービスだと、2年とか3年の契約で基本料が割引されることが多く、最低利用期間中に解約すると1万円前後の違約金がかかります。それに対して、ぷらら光は最低利用期間などの条件(契約期間のしばり)なしで基本料が安いんです。

最低利用期間がある他の光コラボと、月額料金を比較してみましょう。

最低利用期間がある光コラボとの月額料金・違約金比較(税抜)
光コラボ
(プラン名)
最低契約期間 月額料金 違約金
戸建てタイプ マンション
タイプ
ぷらら光 なし 4,800円 3,600円 なし

OCN光

2年 5,100円 3,600円 11,000円
(不課税)
ビッグローブ光 3年 4,980円 3,980円 20,000円
(不課税)
@nifty光 3年 ,110円 3,990円 20,000円
hi-hoひかり 2年 4,450円 3,250円 10,000円
DMM光 2年 4,820円 3,780円 9,500円

最低利用期間が2年ないし3年の他社のプランと比較して、ぷらら光は最低利用期間も違約金もないのに、月額はほぼ同じです。ぷらら光がいかに安いかが分かりますね。

「光回線に切り替えたいけど、いつまで続けられるか不安」という人は、いつ解約しても違約金がかからないぷらら光を選ぶのが得策です。

IPoE方式で安定した高速通信が可能

最近は光回線インターネットを利用する人が大半になってきたため、いくら光とはいえネット混雑時には通信速度が遅くなることがあります。ぷらら光も、以前は夕方や深夜に通信スピードが極端に遅くなる場合がありました。

しかし、2018年3月以降にぷらら光を申し込んだ人には「ぷららv6エクスプレス」が標準提供されるようになり、通信の遅延は解消されました。ぷららv6エクスプレスとは、次の2つの特徴を兼ね備えたサービスです。

  • 次世代の接続方式IPoEによるIPv6接続
  • IPv4 over IPv6接続

簡単に例えると、これまで混雑しがちだった国道の渋滞を解消するために、バイパス道路を作ったようなものです。バイパス道路ができると、バイパスだけでなく国道も車の流れが比較的にスムーズになります。

これと同じように、ぷららv6エクスプレスによってインターネットの通信渋滞が緩和されて快適な通信ができるわけです。しかも、ぷららv6エクスプレスは申込不要の標準提供、初期費用も月額も0円だからうれしいですね。

ぷらら光では、ぷららv6エクスプレス対応のWi-Fiルーターも無料レンタルしています。

ひかりTVが見放題

「ひかりTV」とは、会員数300万人を超える映像エンターテインメントサービスです。面倒なアンテナ工事は不要で、光回線とテレビさえあれば接続も簡単。ひかりTVがあるだけで、週末の休みも満喫できます。

ぷらら光では、そんなひかりTVの「ひかりTVエントリープラン」が無料の標準サービスとして提供されます。約7,000本もの多彩なビデオが、パソコン・スマホ・タブレットで見放題になります。

ひかりTVエントリープランではひかりTVのコンテンツの一部を楽しむことができますが、ひかりTVの全てを満喫できる充実プランもあります。

ひかりTVのプラン(税抜)
  テレビおすすめプラン ビデオざんまいプラン お値うちプラン
料金 月額基本料 2,500円 2,500円 3,500円
初期費用 0円
ひかりTV
2ねん割
月額 -1,000円(2年間)
ひかりTV
セット割
月額 -600円
サービス内容 ・テレビ50ch以上
・見逃し配信
・地上デジタル放送
・BSデジタル放送
・一部無料作品見放題
・テレビ10ch以上
・一部無料作品見放題
・地上デジタル放送
・BSデジタル放送
・ビデオ約17,000本見放題

 

・テレビ50ch以上
・見逃し配信
・地上デジタル放送
・BSデジタル放送
・ビデオ約17,000本見放題

 

セキュリティ機能を標準装備

ぷらら光には、安心のセキュリティ機能も標準で装備されています。具体的には、次のセキュリティサービスが完全無料で提供されます。

  • ネットバリアベーシック
  • 送信メールウイルスチェックサービス
  • 迷惑メール振り分けサービス

これだけでもセキュリティとして心強いのですが、それに加えてマカフィーの総合セキュリティサービス「マカフィー for plala」(通常月額399円)も、最大24ヵ月間は無料で利用できます。

ぷらら光に申し込むと追加のウイルス対策をする必要がなく、お金も節約できるということです。

キャッシュバック特典が豊富

せっかく光インターネットを契約するなら、できるだけお得に申し込みたいと思うのは当然です。

ぷらら光は、多彩な特典・キャンペーンがあることでも知られています。たとえば、以下のような特典があります。

  1. 新規申し込みで最大55,000円キャッシュバック
  2. 転用申し込みで最大30,000円キャッシュバック
  3. ADSL・ISDNからの乗り換えで、最大65,000円相当のプレゼント特典

このように、ぷらら光には他の光コラボに勝るとも劣らない特典があるのも大きな魅力です。特典・キャンペーンは終了・変更することがあるため、最新の特典情報はぷらら光HPにて確認することをおすすめします。

なお、新規申込特典によっては継続利用期間が定められています。その期間中にぷらら光を解約すると、キャッシュバック額分が違約金として請求されますので注意しましょう。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」がお得

ケータイがドコモの人であれば、さらにお得になるのが「ドコモ光+plala」です。光回線の品質はそのままに、ドコモの料金が割引になるなど、ドコモユーザーにとってうれしい内容になっています。

ぷらら光のサイトからドコモ光に申し込むことで、キャッシュバックやdポイントのプレゼント、新規工事費が無料になるなどの特典が得られます。

そして、ドコモのスマホ料金が毎月100円~3,500円も割引になったり、ドコモの利用が長ければ長いほどさらに割引が付いたりと、特典が目白押しです。

ドコモのスマホユーザーなら、ぷららの公式ホームページからドコモ光に申し込むのが一番お得、と覚えておきましょう。

ぷらら光の料金

フレッツ光をこれまで利用しておらず初めて光回線を導入する場合、初期費用として工事費が必要になります。

ただ、ぷらら光は契約手数料がなんと0円です。他社では基本的に契約事務手数料が3,000円かかるので、ぷらら光は良心的といえます。

フレッツ光を利用していない(新規)の場合の料金(税抜)
住居タイプ ファミリータイプの料金 マンションタイプの料金
月額基本料 4,800円 3,600円
機器利用料
(NTT東日本エリア)
300円
(フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ)
300円
(フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ)

初期費用

契約手数料 0円 0円
工事費 屋内配線
工事あり
18,000円
(分割払いの場合)600円/月×30回
15,000円
(分割払いの場合)500円/月×30回
屋内配線
工事なし
7,600円 7,600円
土日祝日の工事 + 3,000円

フレッツ光をこれまで利用していて、ぷらら光に乗り換える場合は、工事不要で転用手数料も0円です。

フレッツ光を利用している(転用)の場合の料金(税抜)
住居タイプ ファミリータイプの料金 マンションタイプの料金
月額基本料 4,800円 3,600円
機器利用料
(NTT東日本エリア)
300円
(フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ)
300円
(フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ)
転用手数料 0円 0円

ぷらら光電話

ぷらら光のオプションの一つは「ぷらら光電話」です。ぷらら光電話はNTT加入電話よりも基本料・通話料が断然安いため、固定電話を利用する人は要チェックですよ。

ぷらら光電話の通話料(税抜)
  東日本エリア 西日本エリア
固定電話への通話 8円/3分
携帯電話への通話 NTTドコモ 16円/分
au・ソフトバンク 17.5円/分 18円/分

ぷらら光電話に切り替えても現在の電話番号を引き続き使えますし、電話機もそのまま使用可能です。さらに、ぷらら光電話で緊急通報(110や119など)にも発信できますし、フリーダイヤルや国際電話もできます。

つまり、ぷらら光電話にしても使い勝手はNTT加入電話と全く変わらず、料金だけが安くなるのです。

ぷらら光電話にはベーシックとプラスの2種類あります。それぞれの違いは以下の通りです。

ぷらら光電話ベーシックとぷらら光電話プラスの比較(税抜)
  ぷらら光電話ベーシック ぷらら光電話プラス
固定電話への通話 500円 1,500円
基本料金に含まれる
通話料分
- 480円(最大3時間分)
通話料繰り越し - 1ヵ月繰り越し
含まれる付加サービス - ・発信者番号表示
・番号通知リクエスト
・通話中着信
・着信転送
・着信拒否
・着信お知らせメール

ぷらら光電話プラスに含まれる付加サービスは、別個に申し込むとそれだけで合計1,700円になります。基本料金500円と合わせて計2,200円になるところが、ぷらら光電話プラスは月額1,500円とお得になっています。

さらに最大3時間分の無料通話も込みなので、固定電話の使用頻度が高い人はぷらら光電話プラスを選ぶのが得策でしょう。

ぷらら光の申し込み方法

ぷらら光に申し込むには、インターネット申込みと電話申込みの2通り方法があります。

インターネット申込みは、下記の要領で進めていくとおよそ10~15分で手続きが済みます。

ぷらら光へのインターネット申込みはこちらから行っていただけます。

 商品選択

ぷらら光(新規/転用)、居住タイプ(戸建て/集合住宅)、ぷらら光電話、ひかりTV

 お客様情報の入力

住所氏名、連絡の希望日時、ぷらら光電話申込情報等の入力

 支払情報の入力

クレジットカード払い、またはNTT回収代行(NTT東日本・西日本による請求。口座振替も可能)のいずれか

 申込完了

電話申込みでは、オペレーターに何でも相談できますし不明点があれば質問することができます。ぷらら入会センターの専用電話は通話料無料です。

ぷららの連絡先(カスタマーセンター)

ぷらら入会センター
申込・相談 009192-150
0120-577-150(光電話から)
営業時間 10:00~19:00
(12/29~1/3は定休日)

ぷらら光解約時の注意点

ぷらら光を解約するには、下記の「ぷららダイヤル」に電話で連絡する必要があります。

ぷららダイヤル
解約受付 009192-33
0120-971-391(光電話から)
050-7560-0033(携帯電話から)
営業時間 10:00~19:00

ぷらら光は基本的に最低利用期間も解約違約金もありません。ただし、ぷらら光の解約に関して以下の点に注意しておきましょう。

キャンペーン・特典に申し込む前に、最低利用期間を確認しよう

ぷらら光申込キャンペーンまたは特典によっては、条件として最低利用期間が設けられていることがあります。その場合、最低利用期間内に解約すると違約金が発生します。

「ひかりTV2ねん割」が適用されていたら2年以内は解約金が発生する

ぷらら光と同時にひかりTVに申し込み時に「ひかりTV2ねん割」を適用した場合、ひかりTVを2年以内に解約すると解約金9,000円(税抜)が発生します。

工事費の残債があると解約時に請求される

ぷらら光の工事費用を30回分割払いで支払っていた場合、支払いを完了する前にぷらら光を解約すると残債を一括請求されます。

更新日