OCN光:料金・工事費・特徴・申し込み・解約方法

OCNの解約方法と連絡先

OCNの解約方法と連絡先など、OCN光の申し込みで知りたい情報がすぐに見つかります。

国内最大手のプロバイダーOCNが提供する光インターネットサービス「OCN光」。その特徴や料金を具体的に解説します。申込・解約方法も合わせてご覧ください。

 

OCN光って何?

OCN 光とは、プロバイダー最大手のOCNが提供する光回線インターネットサービスです。光回線とプロバイダーがセットになっている「光コラボ」なので、手続きも契約内容も支払いもすべてOCN一本で分かりやすくなっています。

OCN 光はNTTの光回線を利用してはいますが、そもそもOCNはNTTの子会社である「NTTコミュニケーションズ」が運用しています。つまりOCN光はNTTグループのサービスであり、他の光コラボよりも信頼性や安心感に勝っているんです。

実際、日本国内の光インターネットサービスにおけるOCN光の契約数は、2018年9月末時点でNO.1の座を維持しています。(出典元:MM総研「ブロードバンド回線事業者の加入件数調査」)

OCN 光を選ぶユーザー数が国内1位という事実は、OCN光が安定して高品質な通信サービスを提供していることの表れともいえます。

光コラボとは? もともと光回線のインターネット契約といえば、回線はNTTなどの光回線事業者と、接続サービスはOCNなどのプロバイダー事業者と別々に契約する必要がありました。
しかしプロバイダーがNTTから光回線を借り受けて、接続サービスとまとめてオールインワンで提供するのが「光コラボ」です。光コラボは、通信速度はそのままで料金がお得になったり、豊富な特典があったりというメリットがあります。

OCN光の特徴

OCN 光は、インターネットを軽く利用する人からヘビーに使いこなす人まで、幅広い層のユーザーが満足できる特徴を備えています。主な3つの特徴を具体的に紹介します。

使用量が少ない月はお得「2段階定額プラン」

この「2段階定額ファミリー」プランは、戸建て向けのサービスです。2段階定額という名前のとおり、インターネットをあまり使わなかった月は料金が安くなりますし、沢山使ったとしても上限が決まっているので安心です。

月額料金を安く抑えることが可能ですが、その代わり通信速度は上り下り最大100Mbpsとなります。通常のプランが最大1Gbpsなので、通信速度は下がります。

気になる料金ですが、~3GBまでは基本料金3,900円、~10GBまでは100MBあたり24円の従量制、10GB以降は5,600円が上限になります。(2年自動更新タイプ)

通常のファミリータイプ(2年自動更新)は月額5,100円なので、かなりの節約が可能ということが分かりますね。

このプランは「普段はインターネット使用頻度は少ないけど、子供や孫が帰省した時などに一時的に使用量が増える」というご家庭向けといえるでしょう。

IPv6接続で回線混雑を回避できる

光インターネットに申し込む人は、光回線の高速通信に期待して契約するはずです。

ところが、昨今のFTTH(ファイバー・トゥ・ザ・ホーム、一般家庭向けの光回線サービスのこと)契約者数の急増に伴って光回線が混雑することも多くなり、通信速度も遅くなりがちなのです。

2018年にはFTTHの契約件数は3,000万件を超えています。全国の世帯数が5,800万件ですから、半分以上は光回線を契約していることになります。

こんな状況の中で、OCN光は回線速度を高速に保つために「IPoE接続」機能を標準提供しています。これにより回線混雑を回避でき、快適にインターネットを楽しむことができるようになりました。

OCN 光のIPoE接続機能は、申込不要の無料提供なのもうれしいですね。

IPoE接続とは? 旧来の通信方式「PPPoE接続」が遅延することが増えたため、新たに設けられた接続方式のことです。Webページが旧タイプのIPv4アドレスであればPPPoE接続になりますが、読み込みが速い新タイプのIPv6アドレスのWebページは「IPoE接続」になります。これからIPv6アドレスが増加していくのに伴って、さらに快適なインターネットが可能になります。

「OCN光 v6アルファ」で次世代の速さが実現

OCN 光はすでに高い通信品質を誇っていますが、通信のさらなるスピーディーさを求めるユーザーのために新たなパッケージを用意しました。

それが「OCN 光 v6アルファ パッケージ」です。このパッケージには、専用無線LANルーターを利用することでIPoE(IPv4 over IPv6)接続が可能になるオプションサービスが付いています。

IPoE接続については、上記でも説明した通りOCN 光の標準サービスになっています。では、このv6アルファは何が違うのでしょうか?

通常のIPoE接続では、特定のWebページ(IPv6アドレス)のみ通信が速くなり、大半のWebページ(IPv4アドレス)は遅いままです。しかし、v6アルファはIPv4アドレスのWebページも読み込みが速くなるのです。

簡単な例えで考えてみましょう。ETC搭載の車しか利用できない高速道路があるとします。ETCがない車は一般道路を走るしかないため、渋滞が発生しやすくなります。しかし、ETCがない車でも料金を払って高速道路を使えるようになれば、交通はスムーズになり渋滞も減りますよね。

v6アルファのIPoE(IPv4 over IPv6)接続機能はそれと同じで、どんなWebページでも速い通信方式IPoEで接続できるので、ストレスフリーなインターネットが可能になるんです。

「OCN 光 v6アルファ パッケージ」の料金は、通常のOCN光の月額料金+500円です。インターネットをバリバリ使いこなす人にはおすすめですよ。

パソコン初心者でも心強い無料訪問サポート

OCNは、パソコンに詳しくない人やインターネットの設定などが苦手という人でも安心のサポートを提供しています。

「OCN開通とことんサポート」として、OCN 光に申し込んだユーザー向けに、インターネット接続設定などをなんと初回無料で訪問サポートしてくれます。サポート内容は次の通りです。

  • インターネット接続(有線)
  • モデム、ルータ、スプリッタの設定
  • ブラウザ設定(Internet Explorer、Edge)
  • メール設定(OCNメール、Outlook、Windows8.1メールアプリ、Windows10メールアプリ)
  • メールアドレス変更
  • ひかりTVサービスのチューナーとテレビとの接続設定

訪問サポートは通常1万円前後かかることを考えると、初回は無料でこのサービスを受けられるのはうれしいですね。インターネットの初期設定が不安な人でも、安心してOCN 光に申し込んで大丈夫です。

OCN光の料金

OCN光の月額料金や工事費などの初期費用について見てみましょう。

月額料金(新規・転用ともに同じ)
OCN光 – 月額料金(税別)
  ファミリータイプ マンションタイプ
月額基本料 標準料金タイプ 6,200円 4,700円
2年自動更新タイプ※ 5,100円 3,600円
無線LANルーターレンタル料 東日本エリア(1G):300円/月
東日本エリア(200M/100M):100円/月
西日本エリア(1G/200M/100M):100円/月

OCN 光(2年自動更新)の月額料金は、戸建て向け5,100円、集合住宅向け3,600円です。これは、光コラボの中で平均的な金額といえます。

※2年自動更新タイプとは 2年自動更新型割引とは、24ヵ月間継続してOCN光ファミリー契約することを条件に、割引料金が適用されるものです。「契約更新月」に解約の手続きをしない限り、自動的に次の24ヵ月契約が更新されます。契約更新月以外に解約をする場合は、解約違約金11,000円を支払う必要があります。

新規申込時(フレッツ光が初めて)の初期費用
OCN光 – フレッツ光新規の初期費用(税別)
  ファミリータイプ マンションタイプ
事務手数料 3,000円 3,000円
派遣工事あり 屋内配線を新設する場合 18,000円(初回3,000円+500円×30回払いも可能) 15,000円(初回3,000円+400円×30回払いも可能)
屋内配線を新設しない場合 7,600円(初回1,600円+200円×30回払いも可能)
派遣工事なし 2,000円

光回線の工事費は一括か分割払い(30回)を選ぶことができます。ただしOCN 光を解約する際に、分割払いの残債があれば一括で支払わないといけません。

なお、OCN光では新規開通工事費が無料になるキャンペーンを適用している場合もあります。OCN 光で確認してみましょう。

転用時(すでにフレッツ光を使用している)の初期費用

OCN 光はNTTの光回線を使用するため、現在フレッツ光を利用している人は基本的に工事が不要です。転用手続きは、状況によって初期費用が変わります。

OCN光 - フレッツ光転用の初期費用(税別)
事務手数料 3,000円
プランの変更がある場合
(マンションタイプ→ファミリータイプ)
18,000円
NTT東日本:Bフレッツ、フレッツ光ライトを契約している
NTT西日本:Bフレッツ、フレッツ・光プレミアム、フレッツ 光ライト
工事担当者が伺う場合:7,600円
工事担当者が伺わない場合:2,000円
メニューの変更がある場合
(100M→200M/1G、200M→1G)
メニューやプランの変更がない場合 0円

OCNひかり電話

OCNひかり電話とは、光回線を利用した電話サービスです。

今まで固定電話(加入電話)で使用していた電話番号は引き続き使用可能で、基本料や通話料も固定電話より安くなります。自宅やオフィスの固定電話を頻繁に使う人は、OCNひかり電話にするとお得です。

もちろん、これまでと同じように緊急通報(110、118、119)やフリーダイヤルにも、今まで通り電話をかけることができます。

OCNひかり電話 - 通話料(税抜)
  東日本エリア 西日本エリア
固定電話への通話 8円/3分
携帯電話への通話 NTTドコモ 16円/分
au・ソフトバンク 17.5円/分 18円/分

OCNひかり電話には、基本プランとアドバンスプランの2種類あります。それぞれの違いは以下の通りです。

OCNひかり電話 - 基本プランとアドバンスプランの比較(税抜)
  基本プラン アドバンスプラン
月額基本料 500円 1,500円
基本料金に含まれる通話料分 - 480円(最大3時間相当)
通話料繰り越し - 1ヵ月繰り越し
含まれる付加サービス -
  • 発信者電話番号表示
  • 発信者電話番号通知リクエスト
  • 通話中着信
  • 転送電話
  • 迷惑電話お断り
  • 着信お知らせメール

OCNひかり電話は、基本工事費が1,000~4,500円、交換機器(ホームゲートウェイ)工事費が1利用回線ごとに1,000円、機器設置費が1,500円かかります。

ただし、OCN光の申し込みと同時にひかり電話を契約すると減額されるので、なるべく同時に申し込むことをおすすめします。

OCN光の申し込み方法

OCN 光の公式サイトから申し込むことになります。申込手続きの流れは以下のようになります。

  1. サービス対応エリアかどうか確認する
  2. プラン・オプション等選択のうえ申し込み
  3. 光回線の開通工事
  4. インターネットの接続設定
  5. 利用開始

他の光回線から転用する場合は、事前に「転用承諾番号」の取得が必要です。現在利用中のプロバイダーに問い合わせて取得しましょう。

 

OCN光の解約方法

OCN 光の解約は、光回線を完全に解約したい場合や、他の光コラボなどに乗り換えたい場合、またWiMAX(ワイマックス)のようなモバイル回線に切り替えたい場合に行います。

ちなみに、引越しの場合は解約せずに引き続きOCN 光使えることも多いので、OCNに問い合わせてみましょう。

OCN光の解約問い合わせ先

OCN 光の解約は、電話のみの受付となります。OCNのお客様センター(NTTコミニュケーションズ・カスタマーフロント)に電話します。

 
フリーダイヤル 0120-506506
受付時間 10:00~19:00(日曜祝日、年末年始は除く)

OCN光の解約時にかかる費用

OCN 光の2年自動更新プランは、「契約更新月」以外の月に解約をする場合に11,000円(不課税)の違約金がかかります。契約更新月とは、契約開始月を1ヵ月目として25ヵ月目と26ヵ月目の2ヵ月間です。

それに加えて、30回分割払いにしていた工事費が支払い終わっていない場合は、残額を一括で支払う必要もあります。

OCN 光の解約手続きに進む前に、解約に伴う費用がいくらかかるのか、OCNのマイページから契約内容を確認してみることをおすすめします。

更新日