NTT東日本 フレッツ光ネクスト ひかり電話オフィスA(エース)

インターネット回線・NTT東日本 - フレッツ 光ネクストのオプションサービスである、ひかり電話オフィスA(エース)について、プランの内容や料金の構成や提供エリアなど、詳しくご紹介します。

NTT東日本 フレッツ光ネクスト ひかり電話オフィスA(エース)

NTT東日本 - フレッツ 光ひかり電話オフィスA(エース)ってどんなプラン?

NTT東日本が提供する、フレッツ 光ひかり電話オフィスA(エース)は、どのようなプランなのでしょうか。

「ひかり電話オフィスA(エース)」は、NTT東日本の提供するひかり電話サービスで、フレッツ光の法人向けのひかり電話のオプションプランです。

同じくひかり電話のオプションプランである「ひかり電話オフィスタイプ」よりも、基本サービスに含まれている内容が増えます。具体的には、ナンバーディスプレイ、ボイスワープ、ナンバーリクエスト、迷惑電話おことわりサービス、などのサービスが、追加料金の発生するオプションサービスではなく、基本料金に含まれる基本サービスになります。

「ひかり電話オフィスA(エース)」は、オフィスの支店間の通話を定額にする事が出来るので、支店間の通信コストが大幅に削減出来ます。外部通話や、支店間通話の多いオフィスにぴったりです。

ただし、1チャンネルあたりの追加料金が、「ひかり電話オフィスタイプ」よりも高くなります。

また、なんといっても通話料が安く、全国一律の通話料(ひかり電話オフィスA(エース)を音声のみで利用する場合)3分でたったの8円(税抜)です!

「ひかり電話オフィスA(エース)」申し込み時の注意点「ひかり電話オフィスA(エース)」を申し込むには、フレッツ 光ネクストの契約が必要です。フレッツ光ライトではできません。
また、ひかり電話オフィスA(エース)対応のアダプタ、もしくは、対応したブロードバンドルーターユニット等を収容したビジネスホンが必要になるのでご注意ください。

NTT東日本 - フレッツ 光ひかり電話オフィスA(エース)の料金

NTT東日本が提供するインターネット回線である、フレッツ 光ひかり電話オフィスA(エース)は、以下のような料金となっています。

料金の仕組みとしては、初期費用+月額費用、となります。オレンジ色の部分が初期費用です。

フレッツ 光ひかり電話オフィスA(エース)
  ひかり電話オフィスA(エース)
光回線のタイプ
フレッツ光!NTTとは
フレッツ光ネクスト
ギガファミリータイプ
ギガマンションタイプ
基本工事費 4,500円
交換機等工事費 1,000円/1サービス
同番移行工事費 2,000円/1電話番号
複数チャネル対応アダプター設置工事費 8,000~16,000円/1装置
ひかり電話オフィスA(エース)対応アダプター工事費 4,800円/1装置
基本料 1,100円/1利用回線
通話料 8円~/3分
複数チャネル 1,000円/1チャネル
追加番号 100円/1電話番号
着信お知らせメール 100円/1電話番号
一括転送 3,000円/1利用回線
ナンバーディスプレイ 基本料に含まれます。
ボイスワープ
ナンバーリクエスト
迷惑電話おことわりサービス

*表示価格は税抜きです。

NTT東日本 - フレッツ 光ひかり電話オフィスA(エース)の提供エリア

NTT東日本が提供するインターネット回線である、フレッツ 光のオプションプランであるひかり電話オフィスA(エース)の提供エリアは、以下の4つの地方の17都道県になります。

NTT東日本は、その名の通り、東日本エリアを中心にインターネット回線フレッツ光を提供しています。

NTT東日本のフレッツ光提供エリア北海道地方:北海道
東北地方:青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県
関東地方:東京都、栃木県、群馬県、埼玉県、茨城県、千葉県、神奈川県
甲信越地方:長野県、山梨県、新潟県

静岡県、などの東海地方や、富山県、石川県などの北陸地方は、東日本かな?と思いがちですが、NTT西日本フレッツ光提供エリアになります

ただし、新しい住所の場所によっては、光回線がまだ通っていない可能性もあります。
確実にフレッツ光の提供エリアかどうかは、NTT東日本までお問合せください。

公式サイトへ

更新日