NTT東日本 : フレッツ光・光電話:料金・特徴・申し込み方法・解約方法
NTT東日本

NTT東日本が提供するフレッツ光にはどんな特徴があるのでしょうか?フレッツ光に申込む際の初期費用や月額料金は幾らでしょうか?申込・解約方法は何でしょうか?ここでは、そのようなフレッツ光に関する疑問を解決します。

NTT東日本・フレッツ光の特徴

フレッツ光とは、NTT東日本が提供するインターネット光回線の商品名です。NTT以外にも光回線を提供する会社は全国に存在しますが、NTTのように全国規模の地域をカバーしている光回線業者は他にありません。

NTT東日本のフレッツ光提供エリア

静岡県、山梨県などの東海地方は、東日本に位置するものの管轄はNTT西日本の管轄となっています。

NTT東日本の営業エリア北海道地方:北海道
東北地方:青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
関東地方:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県
信越地方:長野県、新潟県

住所が新しい場合は、その地域に光回線が届いていない可能性もあります。フレッツ光がお住まいの地域に来ているかどうか確実に知るためには、NTT東日本にお問合せください。   

フレッツ光の通信速度は最大1Gbps

NTT東日本のフレッツ光は、国内でも最速の1Gbpsという最大通信速度を誇ります。

1Gbpsというのは技術規格上の最大値であり実効値ではないので、通常の通信速度はもっと低くなります。それでも、動画閲覧や大容量データのダウンロードも快適に行うことが可能です。

プランは定額制と二段階定額制の2つ

NTT東日本のフレッツ光プランには、大きく分けて次の2つがあります。

  • フレッツ光ネクスト・・・ネット使い放題の定額制
  • フレッツ光ライト/ライトプラス・・・お手軽・安心の二段階定額制

料金を気にせず毎日インターネットを使いたい人はフレッツ光ネクスト、まずは気軽にインターネットを始めてみたい人はフレッツ光ライトを選ぶのがお得になるコツです。

一戸建て向けプラン

フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ

「フレッツ 光ネクスト」は、光回線インターネットの特徴をそのままに、利便性や安定性、信頼性をさらに向上させたフレッツ光の新しいサービスです。

そして、この「フレッツ光ネクスト」の中でも一戸建ての建物で使うためのプランが、この「フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」になります。

このプランの通信速度は上り下り最大概ね1Gbpsとなっています。※通信スピードはベストエフォートと呼ばれる技術規格上の最大値であり、実効速度を示すものではありません。

フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプの料金

下記の月額利用料には、プロバイダー料金は含まれていません。実際のインターネットの使用にはプロバイダーの契約が必要です。

NTT東日本のフレッツ光では、プロバイダー契約もセットになった「プロバイダパック」に申し込むこともできます。プロバイダーによって料金は500~1,200円と変わります。

プロバイダーと光回線業者の違いについては「プロバイダーとインターネット回線、どう違うの?」で詳しく解説していますので、ご一読ください。

フレッツ光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ

この一戸建て向けプランは、Wi-Fiルーターの提供を希望しない人向けのプランになります。通信速度は「フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」と同じで最大概ね1Gbpsです。

フレッツ光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプの料金

このプランにはWi-Fiルーターがない分、ギガファミリー・スマートタイプに比べて300円安くなります。

ただしファミリー・ギガラインタイプには「ギガ推し!割引」(300円割引)が適用されないため、そのメリットは相殺されます。ですので、ギガファミリー・スマートタイプを選ぶほうが正解といえるでしょう。

フレッツ光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ/ファミリータイプ

この一戸建て向けプランは、ギガファミリー・スマートタイプに比べて最大通信速度が低いプランです。通信速度は以下の通りです。

フレッツ光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ/ファミリータイプ - 通信速度
  通信速度(最大)
受信(下り) 送信(上り)
ファミリー・ハイスピードタイプ 200Mbps 100Mbps
ファミリータイプ 100Mbps 100Mbps

通常のインターネットを楽しむのに不便は感じないはずですが、高画質の動画やゲームを楽しむのにはちょっと物足りないかもしれません。

フレッツ光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ/ファミリータイプの料金

このプランはギガファミリー・スマートタイプよりも月額利用料が500円安くなりますが、「ギガ推し!割引」(300円割引)が適用されません。

結果として割引後の金額はギガファミリー・スマートタイプと200円しか変わらないため、あまりメリットは大きくありません。

フレッツ光ライト ファミリータイプ

「フレッツ 光ライト」は、高速で安定した光回線インターネットでありながら、さらに基本料金を安くし、使った分だけ支払う事ができる2段階定額制プランです。

フレッツ光を手頃なお値段で利用できる「フレッツ光ライト」の「一戸建て向け」のプランが、この「フレッツ光ライト ファミリータイプ」になります。

普段はほとんどインターネットを使用しない、でもいざという時に金額がはね上がるのは困るという人向けのプランといえるでしょう。

通信速度は下記のとおりです。フレッツ光ネクストに比べると比べると最大スピードは10分の1ですが、通常の使用であれば特に問題はありません。

フレッツ光ライトファミリータイプの通信速度
  通信速度(最大)
受信(下り) 送信(上り)

フレッツ光ライトファミリータイプ

100Mbps 100Mbps

※通信スピードはベストエフォートという技術規格上の最大値であり、実効速度を示すものではありません。

フレッツ光ライト ファミリータイプの料金

光回線を初めて契約する場合は、月額料金と別に初期費用(工事費)が必要になります。プロバイダー料金は含まれておらず、別途必要です。

フレッツ光ライトプラス

「フレッツ光ライトプラス」は、上記フレッツ光ライトよりも通信量の幅を広くした一戸建て向けの2段階定額制プランです。

インターネットはそこそこ使う、でもなるべく料金を安くあげたいという人向けのプランといえます。

フレッツ光ライトファミリータイプの通信速度
  通信速度(最大)
受信(下り) 送信(上り)

フレッツ光ライトファミリータイプ

100Mbps 100Mbps

※通信スピードはベストエフォートという技術規格上の最大値であり、実効速度を示すものではありません。

フレッツ光ライトプラスの料金

ちなみに、最低料金で済む3000MBというのは、動画閲覧なら月に約16時間、ホームページなら月に約2,000ページ閲覧できるデータ量です。

初期費用は上記「フレッツ光ライト ファミリータイプ」と同じです。

集合住宅向けプラン

フレッツ光ネクスト マンション・ギガラインタイプ

Wi-Fiルーターが付かない使い放題定額プランになります。通信速度は「フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」と同じで最大概ね1Gbpsです。

フレッツ光ネクスト マンション・ギガラインタイプの料金

このプランにはWi-Fiルーターがない分、ギガマンション・スマートタイプに比べて通常料金が300円安くなります。

フレッツ光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ/マンションタイプ

この集合住宅向けプランは最大通信速度が低いプランです。通信速度は以下の通りです。

フレッツ光ライトファミリータイプの通信速度
  通信速度(最大)
受信(下り) 送信(上り)

マンション・ハイスピードタイプ

200Mbps

100Mbps

マンションタイプ

100Mbps

100Mbps

通常のインターネットをするだけなら不便は感じないでしょう。ただ高画質の動画を視聴したりデータ量の多いゲームを楽しむには物足りないかもしれません。

フレッツ光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ/マンションタイプの料金

このプランはギガマンション・スマートタイプよりも通信速度が低い分、月額利用料が500円安くなります。

フレッツ光ライト マンションタイプ

フレッツ光を手頃なお値段で利用できる「フレッツ光ライト」の「集合住宅(マンションやビル)向け」の2段階定額制プランが、この「フレッツ光ライト マンションタイプ」になります。

インターネットを普段あまり使用しないという人におすすめのプランです。通信速度は光ネクストと比較すると遅くなりますが、インターネットを軽く使用する程度であれば問題ないでしょう。

フレッツ光ライトマンションタイプの通信速度
  通信速度(最大)
受信(下り) 送信(上り)

フレッツ光ライトマンションタイプ

100Mbps 100Mbps

※通信スピードは技術規格上の最大値であり、実効速度を示すものではありません。

フレッツ光ライト マンションタイプの料金

プロバイダー料金を含まない月額利用料は以下の通りです。

NTT東日本・ひかり電話の料金

ひかり電話とは、インターネットで使用する光回線を利用した電話サービスを指します。

フレッツ光の契約をしている方がオプションで申し込みをすることが可能です。(ひかり電話だけを契約することはできません。)

ひかり電話は、なんといっても通話料が安いのが魅力的です。通常の固定電話が距離によって料金が異なるのに対して、光電話は全国一律の通話料です。

固定電話で使用している同じ電話番号をそのまま使用することができますので、電話番号を変える必要はありません。

ひかり電話(基本プラン)

ひかり電話A(エース)

「ひかり電話A(エース)」は通常の「ひかり電話」よりも、基本サービスに含まれている内容が豊富なのが特徴です。

月額基本料金・・・1,500円

ひかり電話A(エース)には、具体的に次の6つのオプションサービスが料金に含まれます。

  • ナンバーディスプレイ(通常400円)・・・かけてきた相手の電話番号が分かる。
  • キャッチホン(通常300円)・・・通話中にかかってきた別の電話も受けられる。
  • キャッチホン(通常300円)・・・通話中にかかってきた別の電話も受けられる。
  • ボイスワープ(通常500円)・・・外出時に自宅にかかった電話を外出先の電話で受けられる。
  • ナンバーリクエスト(通常200円)・・・番号非通知の相手に自動音声で電話を取らずに対応できる。
  • 迷惑電話おことわりサービス(通常200円)・・・しつこい迷惑電話をシャットアウトできる。
  • 着信お知らせサービス(通常100円)・・・不在時の電話の着信をメールでお知らせ。

ひかり電話基本プランにそれぞれのオプションを個別に申し込んだ場合、合計で2,200円にもなります。「ひかり電話A(エース)」は全部含んで1,500円なのでとてもとてお得ですね。

それだけではありません。ひかり電話A(エース)の基本料金には480円分、最大3時間分の通話料金も含まれています。しかも、余った通話料金は翌月に1か月分繰り越されるというおまけ付きです。

電話の利用が多い人なら、ひかり電話A(エース)を申し込むのが間違いなくおすすめですよ。

NTT東日本・フレッツ光の申し込み方法

フレッツ光は光回線のみの契約です。実際にインターネットが使えるようになるには、フレッツ光に加えてプロバイダーとの契約も必要です。

プロバイダーには主に以下のようなところがあり、料金もそれぞれ異なります。

インターネットを使える状態にするためには、次の3つの申し込み方法があります。

①NTT東日本のホームページからプロバイダーを選んで申し込む
②プロバイダーのホームページからフレッツ光に申し込む
③フレッツ光とプロバイダーがセットになった「光コラボ」に申し込む

この中で一番安くてお得になるのは③の「光コラボ」に申し込む方法です。
⇒ 光コラボとは? - どんな光コラボプランがあるか見る

NTT東日本・フレッツ光の解約方法

フレッツ光を解約するには、NTT東日本の窓口に電話で連絡することが必要です。NTT東日本の電話番号は下記のとおりです。

受付時間:月曜日〜土曜日(休祝日を除く)9:00〜17:00

インターネット(フレッツ)
の相談・申込・解約
0120-116-116
インターネット(フレッツ) の故障 0120-000-113

NTT東日本のその他の問い合わせ番号

NTT東日本の電話関連の問い合わせ番号は、116番(局番無し)となっています。受付時間:月曜日〜土曜日(休祝日を除く)9:00〜17:00となっています。

116番が使えない場合は、以下の番号から問い合わせが可能です。

携帯電話・PHS・弊社以外の固定電話からの電話の相談・申込・解約

0120-116-000

電話の故障・電線の故障

113(0120-444-113)

お話し中調べ

114(局番無し)

勧誘停止登録について

0120-849-994

NTT東日本に関する意見・要望 0120-019000
更新日