インターネットの契約方法 - ケーブルテレビ会社で契約する

プロバイダ徹底解説・楽天ブロードバンド
ケーブルテレビ会社経由で、インターネット契約をする場合はどうすればいい?契約時に理解しておくべきポイントは?

ケーブルテレビがインターネットサービスを提供しているケースもありますね。ケーブルテレビ会社で契約する場合はどうすればいいでしょうか?何か注意することは?

ケーブルテレビ会社の特徴は地域密着型であること!

ケーブルテレビは、大手のインターネット回線事業者(NTT東日本NTT西日本)やプロバイダー(So-net、BIGLOBE、楽天ブロードバンドぷらら)のように日本全国広い地域をカバーしているわけではありません。

ケーブルテレビ会社は、サービスの提供エリアが限定されており、特定の都市のみ、もしくは、さらにその中でも一部の区域のみで事業を行っています。

このため、親しみやすい、なんとなく安心感があるという特徴があります。一方、地方限定で契約者が全国にいるわけではなく、口コミや評価がよくわからない、料金が妥当かどうか比べにくいという短所もあります。

そんなケーブルテレビ会社とインターネット契約する際のポイントを確認してみます。

ケーブルテレビのインターネット回線は?

契約をしようとしているケーブルテレビのインターネット回線はなんでしょうか?

どのようなインターネット回線が使われているのかはっきり記載されていないことが多いようですが、通常、ケーブルテレビ会社が提供しているインターネット回線は、家の近くまでは、光回線(光ファイバー)を使用しており、途中からは、ケーブルテレビのケーブルを使用する場合が多いようです。

つまり、そのまままっすぐ光回線を引いてくる(光回線のインターネット契約)よりは、ケーブルテレビとのインターネット契約の方が通信速度が劣る可能性があるといえます。

他のインターネット回線と比べるなら?

念のため、他のインターネット回線と比べた方がより安心してインターネット契約ができますね。適切な他のインターネット回線との比較方法をご紹介します。

ステップ1:光回線もしくはモバイル回線?

インターネットの回線の主流は、現在光回線とモバイル回線の2つです。光回線は光ファイバーを自宅に引いてもらう工事と工事費が必要ですが、有線である分、高画質の動画をインターネットでみるような人や世帯人数が多い場合には通信速度が速いことを理由によく選ばれています。

モバイル回線(モバイルWi-Fi)は小型のルーターを購入して契約することで、自宅でも外出先でもインターネットができるというものです。外出にルーターを持っていってしまうと自宅ではインターネットはできなくなるため、単身世帯に向いています。

ステップ2 - インターネットを光回線にしたいなら:プロバイダーを探して料金をチェック

光回線のインターネットにしたい!と思った場合は、通常は、プロバイダーから契約するのが最もスムーズです。

光回線のプロバイダーは日本中にたくさんあります。大手のプロバイダーと言えば、So-net、BIGLOBE、楽天ブロードバンドぷららなどがあげられます。インターネットの大手キャリア(ソフトバンク光、auひかり、ドコモ光)が光回線のサービスも行っていることもあります。

ステップ2 - インターネットをモバイル回線にしたいなら:WiMAXで料金をチェック

外出先でもパソコン、タブレットにインターネットをつないで使用したいという場合は、モバイル(インターネット)回線がおすすめです。

得に、UQコミニュケーションズの提供するWiMAX(ワイマックス)とよばれるモバイル回線は通信速度が速いため、契約数を伸ばしています。モバイル回線用の小型のルーターを購入し、料金プランを選んで契約すれば工事不要ですぐにインターネットを始めることができます。

ステップ3:契約を希望するケーブル会社のインターネットの料金と比較

光回線のインターネットをご希望の方は、その料金とケーブルテレビ会社のインターネット料金と比べてみましょう。(工事費の確認も忘れずに!)そしてモバイルWi-Fiを希望する人はWiMAX(ワイマックス)の基本料金と比べてみましょう。

通信速度は、どれを選んでも、YouTubeで動画を見る、何かインターネットで調べ物をするだけ、という方であれば問題にはなりません。

高画質のオンラインゲームをする、大量のデータ(映像や画像)をアップロードしたりするような人は、光回線を検討した方が安心です。

ケーブルテレビのインターネット回線はこんな人におすすめ

ケーブルテレビでインターネットの契約を検討中の方は、テレビで色んな番組を見たい方でしょう。テレビや多彩なチャンネルの優先順位がインターネットより高いということですね。

そんな方は、あまりインターネットはせず、少し調べ物をする程度かもしれません。そんな場合は、インターネットの通信速度や回線の種類などは気にしなくて大丈夫です。現在は、インターネットの速度が遅すぎて、サイトの閲覧やYouTubeで映像を見るのに支障があるほど、ということはほぼありません。

ただし、ケーブルテレビとインターネットをセットで契約すると解約条件が複雑になっていたり、インターネットはインターネットのプロバイダーと直接契約をした方が割安なこともあります。

また、万が一、インターネットの使用がメインという方は、ケーブルテレビ会社ではなく、インターネット専門の事業者と契約をした方が満足度が高いでしょう。

インターネット契約で後悔をしないためには、契約・解約条件を確認することと、他のインターネット会社の料金も調べてみる、この2点がポイントです。

更新日