格安SIM - H.I.S.モバイル:料金表・申し込み方法
hismobile main

大手旅行会社のH.I.S.が展開する格安SIM「HISモバイル」は、国内用・海外用と2タイプのSIMを提供しています。HISモバイルのユニークな特徴や料金プラン、ユーザーの口コミに関してまとめました。

HISモバイル - 注目ポイント

旅行会社エイチ・アイ・エスが格安SIM事業として展開する「HISモバイル」は、他の格安SIMとは一線を画す特徴を持っています。

HISモバイルの主な注目ポイントは以下の通りです。一つずつ具体的に紹介します。

  • 国内・海外問わず通信できる
  • 国内用SIMは最低利用期間・解約金なし
  • 国内用SIMは使った分だけ支払う従量制プランもある
  • 海外用SIMは業界最安1日500円
  • 海外用SIMは通常SIMに貼るだけ

国内・海外問わず通信できる

HISモバイルには国内用SIMと海外用SIMがあるので、海外でどのようにインターネットを利用するか頭を悩ませずに済みます。

海外でインターネットを使う方法の一つにデータローミング機能※がありますが、これはデータ通信料金が非常に高額なのでおすすめできません。その点、HISモバイルの海外用SIMは後述しますがとてもリーズナブルです。

また、国内用と海外用のSIMは専用アプリで簡単に切り替えることができるので、SIMを入れ替える必要もありません。この専用アプリでは海外で利用するデータ容量も購入することができます。

※データローミング機能とは?契約している携帯電話会社の電波が届かない海外で、現地の携帯電話会社の電波を使ってデータ通信できるようにする機能のことです。ただし、データローミングをすると通信料金はパケットごとの従量課金となり、動画を視聴したり写真をアップロードしたりすると高額請求されてしまいます。

国内用SIMは最低利用期間・解約金なし

HISモバイル国内用SIMの新規申込みキャンペーンとして、最低利用期間がなくなり通常8,000円の解約違約金も無料となります。

ほとんどの格安SIMは最低利用期間が1年に設定されており、その期間内に解約すると最大10,000円前後の違約金が発生してしまいます。

それに対して、HISモバイルはいつ解約しても違約金がかからないので、格安SIMを初めて利用する人でも安心して気軽に申し込めます。

このキャンペーンは予告なしに終了する場合があるため、まずはHISモバイルの公式サイトにてキャンペーン実施中かどうか確認しましょう。

従量制プランと固定容量プランがある(国内用SIM)

HISモバイル国内用SIMのプランには、データ通信を使った分だけ支払う従量制プランと、決まった容量まで高速通信できるプランの2つあります。

従量制プランは格安SIMとして珍しく、データ通信をどのくらい使うか分からない人向きです。

特に、これまでガラケーを使用していた人が初めてスマホを持つ場合には、月々のデータ容量を何ギガ契約すればいいのか見当がつかないかもしれません。そのような場合には従量制「ネットピタットプラン」がおすすめですよ。

ただし注意点として、HISモバイルはプラン変更が不可となっています。契約後に従量制プランから固定容量プランへ変更することはできないので、申し込む前によく検討するといいでしょう。

海外用SIMは1日500円とお手軽

HISモバイルの海外用SIM「変なSIM」は、1日200MBまで500円と手軽に申し込めるリーズナブルさです。これは、7日間のツアーだと計1.4GBで3,500円という計算になります。

大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)と比較すると、HISモバイルがいかにお得かが分かります。下記をご覧ください。

海外での通信サービス - 料金比較(税抜)
  HISモバイル ドコモ au ソフトバンク
サービス名 変なSIM パケットパック海外オプション 世界データ定額 海外パケットし放題
対応国数 68 200以上 150以上 170以上
1日当たりの通信料金(データ容量) 500円(~200MB)
1,000円(~500MB)
1,500円(~1GB)
980円
(契約中の国内料金プランのデータ量を使用)
1,980円(~25MB)
2,980円(25MB~)

HISモバイルは対応国数こそ大手キャリアに劣るものの、渡航先として主な国はほとんどカバーしています。そして、何より通信料金がキャリアよりも大幅にお得なのがポイントです。

海外用SIMは通常SIMに貼るだけ

HISモバイルの海外用SIM「変なSIM」はその名の通り一風変わっており、現在利用している国内SIMの上に貼り付けて使うタイプとなっています。このタイプは通信業界でも初めて導入された技術で、HISモバイルの個性的な特徴といえるでしょう。

「変なSIM」は海外から日本に帰ってきても、取り外す必要はありません。貼り付けたままでも、専用アプリを使って海外SIMと国内SIMの切り替えができるので、出張や旅行で頻繁に海外に行く人には便利です。

なお、貼り付けるタイプだけでなく通常タイプの「変なSIMプラスチック」も選べるので、スタンダードなSIMカードのほうがいい人はそちらを選ぶといいでしょう。

HISモバイル国内用SIM - 料金プラン

日本国内用のSIMには、下記のように異なるプランがあります。

HISモバイル – 国内用プラン一覧
音声通話+データ通信プラン データ通信専用プラン
 きままベストチョイスプラン
 ネットピタットプラン
 電話かけ放題プラン(通話5分定額オプション込みプラン)
 データ通信専用ネットピタットプラン
 データ定額プラン

音声通話付きプランのプラン料金以外の費用は次の通りです。なお、データ通信専用プランも事務手数料は同様にかかります。

国内用SIM – 諸費用(税抜)
事務手数料 3,000円
通話料金 通常 20円/30秒
HIS電話アプリ使用時 10円/30秒
SMS送信料(全角70文字) 国内間 3円
海外へ 50円
通話定額オプション 通話5分まで 700円

これから、プランごとに料金を案内しますので、参考にしてください。

きままベストチョイスプラン(音声通話SIM)

「きままベストチョイスプラン」は、データ容量やオプションを自分でチョイスできる音声通話プランです。

 
データ容量 音声通話SIM
NTTドコモ ソフトバンク
500MB 945円 1,200円
2GB 1,300円 1,700円
6GB 1,900円 2,400円
10GB 2,800円 3,600円
20GB 4,500円 5,500円
50GB 8,000円 -

ネットピタットプラン(音声通話SIM/データ通信SIM)

ネットピタットプランは月額990円~で、使った分だけ支払う従量制プランです。毎月のデータ使用量にバラつきがある人におすすめのプランとなっています。

音声通話付きSIM は1~10GBまで1GBあたり500円、10~15GBまでは1GBあたり350円加算されます。データ通信専用SIMは上限10GBまで1GBあたり350円加算されます。

ネットピタットプラン - 基本料金(税抜)
データ容量 音声通話SIM 音声通話SIM
NTTドコモ ソフトバンク NTTドコモ ソフトバンク
100MB - - 190円 290円
1GB 990円 1,090円 540円 640円
2GB 1,490円 1,590円 890円 990円
3GB 1,990円 2,090円 1,240円 1,340円
4GB 2,490円 2,590円 1,590円 1,690円
5GB 2,990円 3,090円 1,940円 2,040円
6GB 3,490円 3,590円 2,290円 2,390円
7GB 3,990円 4,090円 2,640円 2,740円
8GB 4,990円 4,590円 2,990円 3,090円
9GB 4,990円 5,090円 3,340円 3,440円
10GB 5,490円 5,590円 3,690円 3,790円
11GB 5,840円 5,940円 - -
12GB 6,190円 6,290円 - -
13GB 6,540円 6,640円 - -
14GB 6,890円 6,990円 - -
15GB 7,240円 7,340円 - -

データ定額プラン(データ通信SIM)

音声通話機能が付いていないデータ通信専用のプランです。スマホはもちろん、タブレットに挿してインターネット通信することができます。

LINE通話やSkype電話などであればデータ通信プランでも利用可能なので、上手に活用すれば便利かつリーズナブルになります。

データ定額プラン - 基本料金(税抜)
データ容量 音声通話SIM
NTTドコモ ソフトバンク
3GB 890円 990円
7GB 1,600円 2,000円
10GB 2,000円 2,500円
20GB 3,500円 4,400円
30GB 4,900円 6,000円
40GB 6,200円 7,500円
50GB 7,300円 8,900円

HISモバイル海外用SIM - 料金プラン

HISモバイル海外用SIM「変なSIM」の料金プランを紹介します。そもそもHISは海外旅行を主に扱う旅行会社なので、海外用SIMは得意分野といえるでしょう。

HISモバイル – 変なSIM料金一覧(税抜)
SIMカード本体価格 1,980円
地域別プラン基本料金
(1日あたり)
~200MB 500円
~500MB 1,000円
~1GB 1,500円
アジア周遊プラン(8日間・4GBまで)※ 3,500円

※アジア周遊プランの対応国:インド/インドネシア/オーストラリア/カタール/カンボジア/シンガポール/スリランカ/ネパール/フィリピン/ブルネイ/ベトナム/マカオ/ミャンマー/ラオス/韓国/香港/台湾/中国/日本

対応国であっても~200MBプランにしか対応していなかったり、逆に~200MBまでのプラン以外に対応していたりします。詳細についてはHISモバイル公式サイトにて確認してください。

海外用SIMの対応国一覧アイスランド/アイルランド/アメリカ/アルバニア/アルメニア/イギリス/イタリア/インド/インドネシア/ウクライナ/ウズベキスタン/エストニア/オーストラリア/オーストリア/オランダ/カタール/カナダ/カンボジア/キプロス/ギリシャ/グアム/クロアチア/ジョージア/シンガポール/スイス/スウェーデン/スペイン/スリランカ/スロバキア/スロベニア/セルビア/タイ/チェコ/デンマーク/ドイツ/トルコ/ニュージーランド/ネパール/ノルウェー/ハンガリー/ハワイ/フィリピン/フィンランド/ブルネイ/フランス/ブルガリア/ベトナム/ベラルーシ/ベルギー/ポーランド/ポルトガル/マカオ/マケドニア/マルタ/マレーシア/ミャンマー/モンテネグロ/ラオス/ラトビア/リトアニア/リヒテンシュタイン/ルーマニア/ルクセンブルク/ロシア/韓国/香港/台湾/中国/日本

「変なSIM」はレンタルではなく買い取り

HISモバイルの海外用SIM「変なSIM」は、本体価格1,980円(税抜)で買い取りになります。一度購入すればその後はいつでも好きな時に利用できます。

海外渡航先でインターネットを使いたいと考えている人は、まず頭にレンタルWi-Fiが浮かぶかもしれません。しかし、レンタル品は万が一壊したり紛失してしまったりすると代償が高く付くというリスクがあります。

でも「変なSIM」は買取なのでそんなリスクもなく、そもそもスマホに挿し込むとスマホ自体を紛失しない限りSIMを無くす心配は要りません。

HISモバイル海外用SIMはテザリング可能

HISモバイルの「変なSIM」を挿した携帯電話のテザリング機能を利用して、パソコンやタブレットをインターネットに接続することも可能です。

テザリングすることで、海外出張時にパソコンで共有ファイルを編集や長文メール作成も簡単にできます。また、海外で撮った写真をすぐにパソコンソフトで編集してブログにアップしたりするのもお手の物。

テザリングを活用すれば、海外での仕事や趣味も幅がぐっと広がります。

HISモバイル - 口コミ

HISモバイルは格安SIMとして知名度は低いですが、ユーザーはどのような評価をしているのでしょうか?大手SNSで口コミを調べてみました。

HISモバイルの契約縛り無しは魅力的

HISモバイルの音声通話付きSIMはキャンペーン適用で最低利用期間も解約金も無し、つまり縛りが一切ありません。これは多くのユーザーが注目していることが窺えます。

HISモバイル,解約金0円,最低利用期間なしとかMNP弾として最高すぎる

縛りがなくなるのはいいけど月々の料金に上乗せされるのは勘弁。その点HISモバイルは潔い

格安スマホではルール適用外でも「違約金無料」にするところも。「指針が出たので一回試してもらいたいということもあり撤廃した」とHISモバイルさん

HISモバイルはコストパフォーマンスが高い

HISモバイルは格安SIMの中でもコストパフォーマンスに優れている部類といえます。それはユーザーにもよく認知されています。次のような口コミが見受けられました。

サブ機hisモバイルにしてみようか。名刺管理、スケジュール、写真撮ってメールするだけなら100mbも使わないっしょ しかし290円安いね

18年間ソフトバンクユーザーだったが、月月割の廃止や月額の高さに、いよいよMVNO変更を検討
1:楽天モバイル→楽天ヘビーユーザーなので
2:Yモバイル→速度安定とソフトバンクから移りやすい
3:hisモバイル→2年縛りがなく安い
あと今使ってるiPhoneSEはそろそろ機種変したいが……
誰かヘルプ。

海外用「変なSIM」の使い勝手が良い

海外旅行や国外出張する人にとって、HISモバイルの「変なSIM」は使い勝手が良いと評判です。料金が安いのはもちろん、国内SIMと切り替えが簡単なのも評価されているようです。

マレーシア1日だけなのでhisモバイルの変なsim(500円)使ってる。まあいいんだけど1日200Mはちょっと少ない

ベルギーの格安SIMも購入した。変なSIMユーザだけど、コスト的には買ったほうが安い。近場の国で短期間だと変なSIMの方が安いんだろうけどなあ。

途中経由したシンガポールでも、変なSIM使ったんで、マックでAPPlE PAY支払いで食べれたと

こんにちはー。私はHISの『変なSIM』を使っています。速度とかはよくわかりませんが、ホノルル、シンガポール、クアラルンプール(数時間だけww)、ソウル、釜山と使って不便はありません。何度も入れ替えしなくていいし☺️

HISモバイル - 申し込み方法

HISモバイルに申し込むには、公式サイトでオンライン申し込みかHIS店舗での店頭申し込みかの2つ方法があります。

ちなみに、HIS店舗で扱っているのは海外用の「変なSIM」のみで、国内用SIMは店舗では販売されていません。国内用が欲しいのであればオンライン申し込み一択となります。

申し込み前に用意するもの

HISモバイル申込に必要なものは下記の通りです。

・本人確認書類(通話付きSIMのみ)
・クレジットカード
・メールアドレス
・MNP予約番号(他社から電話番号そのままで乗り換えする場合)

HISモバイルの料金支払いはクレジットカード決済のみで、口座振替は不可となっています。また、キャリアから乗り換えるとキャリアメールが使えなくなります。HISモバイル申し込み時にはGmailやYahoo!メールアドレスなどを用意しておきましょう。

HISモバイル - オンライン申し込みの手順

  1. HISモバイル公式サイトで「お申し込み」をクリックする
  2. 希望のプラン・回線を選択する
  3. My H.I.S.モバイルのIDを作る
  4. 契約者情報を入力する
  5. クレジットカード情報を入力する
  6. クレジットカード情報を入力する
更新日
このブロックは壊れているか見つかりません。コンテンツが存在しないまたはオリジナルのモジュールを有効化する必要があります。