戸建てにおすすめのインターネット回線は? - 正しい選び方

戸建てにおすすめのインターネット回線は?

戸建てにおすすめのインターネット回線は?インターネット回線にはいくつか種類があります。それぞれの特徴をみながら、戸建てにピッタリのインターネット回線を考えます。

戸建てではどんなインターネット回線が申し込めるの?

戸建てにおすすめのインターネット回線・選べる回線を知ろう
どんなインターネット回線があるのか?そして、戸建てにあった回線は?

そもそもどんなインターネット回線が存在しており、どのような特徴があるのかまずは簡単に確認してみましょう。それらをチェックすることで、戸建てにお住まいの方にあった、ベストなインターネット回線をみつけることができるはずです。。

プロバイダー名やサービス名がたくさん存在するので、インターネット選びは複雑なように思えますが、実際のところ、インターネット回線の種類は限られています。大きく、「線(ケーブル)」が存在する優先(固定)タイプと、線のいらない無線の回線の2つに分けることができます。これらの中からご自身のニーズにマッチした回線を選び、申し込みます。

インターネット回線の種類と特徴は以下の通りです。(現在ADSLは新規に申し込みをすることはできません。)

インターネット回線の種類
回線の種類 特徴
有線
(固定)
光回線
  • 最も通信速度の早いのが光回線。
  • 回線にはNTTのフレッツ光やそれ以外の回線がある。
  • 光回線のケーブルを引く工事が必要。
ADSL

新規に契約することはできません。

  • 既存の電話回線の線を使用するため、新たにケーブルを引く必要はない。
  • サービスの停止がすでに決定されている。
無線 固定 据え置きタイプ(SoftBank Airなど)
  • 専用の機器を購入/レンタルし、コンセントに差し込めばすぐ使える。
  • 宅内専用、ワイヤレスインターネット可能。
  • 持ち運びはできない。(外出先では使えない。)
モバイル WiMAX (ワイマックス)
  • 専用のWiMAXルーターを購入/レンタルする。
  • 家でもネットができる上、ルーターをもっていけば外出先や旅行先でもネット可能。

光回線

光ファイバーケーブルを使ったインターネット回線です。既存の中で最も通信速度がよく安定しています。光回線ケーブルと言われる線を宅内に引き込んで利用するため、工事が必要になります。

光回線は、「フレッツ光」と呼ばれるNTT東日本・NTT西日本が提供する回線が特に有名です。もちろんフレッツ光以外にも自社で敷設した光回線サービスを提供しているところもあります。代表的なものとしては、NURO光auひかりなどがあげられます。

ADSL

電話線を利用したインターネット回線です。現在は新規に申し込みをすることができません。

据え置きタイプ

据え置きタイプのインターネットは、その名の通り工事不要で必要な機器を置くだけですぐにインターネットが可能な回線タイプです。SoftBank Air(ソフトバンクエアー)が有名です。

無線回線(WiMAX)

小型の無線ルーターを利用すことで自宅、外出先でもインターネットが可能です。通信速度に優れたWiMAXが人気です。

無線回線のまめ知識WiMAX(ワイマックス)やSoftBank Airでインターネットができるのは、スマホでインターネットができるのと同じ原理です。機器と基地局を直線、無線でつないでいるわけです。SoftBank Airの場合は、無線に「4G」という規格が使用されていますが、WiMAXの場合は、その名の通りWiMAXと言われる規格が使用されています。

ファミリー世帯で戸建てにお住まいなら光回線がおすすめ

戸建てにお住まいのインターネット
家族のそれぞれが、個人の端末で動画や映画をするなら、光回線の通信速度が安心。

戸建てに住んでいて、しかも家族の人数が多いならば、光回線がおすすめです。なぜなら、既存のインターネット回線の中で最も通信速度が速く、安定しているのが光回線だからです。

インターネットの通信速度とは、実は1秒間に運べるデータの量に関係があります。「通信速度が速い」とは、イコール一度にたくさんのデータ量を処理できることを意味します。家族が多いならば、ゲームをする、動画を観る、ファイルをダウンロードするなど、一度に扱うデータ量も増えますので通信速度の高くて安定したものが必要です。

もちろん家族の人数が多くても、サイトの閲覧程度にしかインターネットをしないなら他の回線でもよいかもしれません。しかし、Netflixのようなストリーミングでの映画鑑賞や、高画質のオンラインゲーム、その他高速通信を必要とするもので、余暇を楽しむことの多い家族ならば、通信速度が最も安定してい速いもの、つまり光回線が最適といえます。

光ケーブルを引く工事が面倒に思えるかもしれませんが、一度導入してしまえばあとは快適にインターネットが利用できるので、戸建てには光回線がおすすめです。

どの光回線を選べば良い?

NTTのフレッツ光を契約するば、回線契約とプロバイダー契約がセットになった光コラボを選ぶと契約を別々に行う必要がなく便利です。また、利用者がまだフレッツ光に比べて少ない独自回線も魅力です。

  1. NTTの光回線・フレッツ光を申し込みたい → 各種プロバイダーの提供している”光コラボ”を申し込む
  2. 自社回線の光回線を申し込みたい → NURO光はauひかり
光回線の申し込み先(一例)
自社回線 NURO光
03 4577 7766

コールバック希望

  • 下り速度最大2Gpbs。
  • 月額料金に無線ルーター代込み。
  • サービス提供エリア : 北海道/関東/東海/関西/九州(福岡・佐賀)

NURO光の解説ページ

その他

  • 関西エリア/福井県 : eo光
  • 九州エリア : BBIQ光
en ひかり
フレッツ光
(光コラボ)

ぷらら光
公式サイトから申し込む

  • NTT系列老舗プロバイダー。回線はフレッツ光使用。
  • セット割でひかりTVを安く契約可能。
その他、多くのプロバイダーで光回線にフレッツ光を利用した「光コラボ」プランを提供しています。

So-net光プラス
公式サイトから申し込む

  • セキュリティ「カスペルスキー」が永年無料
  • IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料

en ひかり
公式サイトから申し込む

  • 業界最安値。光回線にはフレッツ光を使用。
  • 契約期間の縛りがなく、解約手数料がない。

 

戸建て・無線でインターネットしたいなら 父・母は居間でタブレットでネット、娘は自分の部屋で、パソコンでネット、おじいちゃんもトイレでスマホで調べもの・・・こんな風に、ご自宅で無線でインターネットしたいならば、実は光回線の契約をするだけでは足りません。別途、無線LANルーターを購入して設置するか、光回線を契約するプロバイダーから、無線LANルーターレンタルする必要があります。ワイヤレスでインターネットしたい場合は、月額料金にプラスアルファで料金がかかるので覚えておきましょう。まれですが、NURO光のように月額料金に無線LAN代が含まれているものもあります。

一人暮らしや二人暮らしで戸建てにお住まいなら

続いて少人数で戸建てにお住まいの場合のベストなネット回線を考えてみましょう。もちろん少人数で戸建てに住んでいても光回線を契約しても何も問題ありません。しかし、ネットを使う人数が少ない場合は、光回線にこだわる必要はないでしょう。

無線回線・据え置きタイプなら、工事もなく、機器を置くだけですぐにインターネットができます。とにかく手軽さが魅力です。無線ですので、一軒家のお部屋のどこにいてもインターネットできますし、光回線のようにワイヤレス(Wi-Fi)でインターネットをするためにプラスアルファの手続きも不要です。すぐにWi-Fiでインターネットができます。

また引っ越しがあっても、無線回線は持ち運びができますから、新居でもすぐインターネットできるのが魅力です。

このような点を総合的に見て、戸建てに住んでいても世帯人数が少ないならば、煩わしい作業もなく、導入が超簡単な、無線回線も検討の価値ありと言えるでしょう。

ただし、光回線も据え置き回線も月額料金はあまり変わりがありませんので、今後家族の人数が増える、そんな人は光回線が良いでしょう。

無線回線インターネット
サービス名 サービス名 特徴
SoftBank Air
(ソフトバンクエアー)
SoftBank Air (ソフトバンク)
公式取扱店
サイト
  • ソフトバンクの提供する無線回線インターネット
  • Airターミナル(専用端末)接続ですぐにインターネットができる
  • SoftBank Airは宅内での使用専用です

SoftBank Air - 特徴と料金の解説ページ

UQ WiMAX  UQ WiMAX
公式サイト
  • UQコミニュケーションズ(KDDI系)の提供するサービス
  • WiMAX専用ルーターを購入もしくはレンタルしプランを契約する
  • 自宅で使用できる他、ルーターを持ち運べば外出先でもインターネットが使える

WiMAX(ワイマックス)とは?WiMAXの特徴や注意点

戸建てにおすすめのインターネット回線は? - まとめ

戸建てにお住まいの場合は、通信速度の最も速い光回線が適しています。光回線は最初に工事が必要になりますが、通信速度が安定しているため、複数人でインターネットをしても、それぞれ快適に利用ができます。

光回線を申し込むと決めたら?

  • 光回線にはNTTのフレッツ光とそれ以外があります。
  • フレッツ光を申し込む場合は、すべてセットになったプロバイダーの提供する光コラボというプランが便利です。
  • 申し込める地域が限られていますが、独自回線の光回線は通信速度の優位性が高く人気です。
更新日