フレッツ光のプロバイダー - 比較・選び方・変更方法

フレッツ光のプロバイダー - 比較・選び方・変更方法
フレッツ光のプロバイダー - 比較・選び方・変更方法

フレッツ光はプロバイダーだけを変更することが可能。この記事では、賢くプロバイダーを選ぶために3つの基準で10のプロバイダーを徹底的に比較します。併せてプロバイダー変更方法も説明します。

フレッツ光プロバイダーの賢い選び方

NTTの光回線「フレッツ光」に組み合わせるプロバイダーは、3つの比較基準で選ぶことができます。

  1. 料金の安さ
  2. 特典
  3. ユーザーの評判

「あれ、通信速度は比較しないの?」と思われるかもしれませんね。

厳密に言うと回線は同じフレッツ光なので、プロバイダーごとに通信速度の違いはありません。そもそもプロバイダーの仕事はユーザーの端末をインターネットに接続することで、通信速度を左右するのは回線です。

また最近では、ほとんどのプロバイダーが「IPv6接続サービス」に対応しており、夜に通信速度が極端に遅くなったりするのを防いでストレスフリーな通信が可能になっています。

では、ここから項目別にプロバイダーを比較していきます。実際にはプロバイダーの数は数百を超えており全てを取り上げることはできないため、シェア率が高い下記の10プロバイダーを比較します。

OCN(NTT系)
Yahoo!BB(ソフトバンク)
So-net(ソニー系)
ビッグローブ(KDDI系)
ぷらら(NTT系)
@nifty
・GMOとくとくBB
DTI
・ASAHIネット
・hi-ho

※このページは「○○光 with フレッツ」といった、フレッツ光とプロバイダーの契約が別々になっているサービスの比較記事です。フレッツ光とプロバイダーが一つになった「光コラボ」については、記事後半で紹介します。

比較①料金の安さ

純粋なプロバイダー料金で比較した結果、トップ3は次のようになりました。

料金が安いトップ3
1位:GMOとくとくBB
2位:ASAHIネット
3位:DTI

GMOとくとくBBは、料金が一番高いプロバイダーに比べると半額近い安さになっています。コストパフォーマンスで選ぶなら、GMOとくとくBBがおすすめとなります。

プロバイダー料金一覧

プロバイダー料金の詳細な比較は以下にてご覧ください。ちなみに、初月無料や〇ヵ月間割引といった期間限定の特典は料金に反映していません。

NTT東日本エリアと西日本エリアに分けて記載しています。

NTT東日本エリア - プロバイダー料金(税抜)
  プロバイダー 料金(安い順)   プロバイダー 料金(安い順)
戸建て GMOとくとくBB 760円 マンション GMOとくとくBB 530円
ASAHIネット 780円 DTI 680円
DTI 951円 ASAHIネット 700円
So-net 1,000円 ぷらら 600~800円
ビッグローブ 1,000円 OCN 650~900円
ぷらら 1,000円 ビッグローブ 650~900円
@nifty 1,000円 Hi-ho 890円
OCN 1,100円 So-net 900円
Yahoo!BB 1,200円(スタンダード) Yahoo!BB 950円(スタンダード)
Hi-ho 1,200円 @nifty 950円

※戸建てプランは「フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」、マンションタイプは「フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ(光配線方式)」の料金を記載しています。

NTT西日本エリア - プロバイダー料金(税抜)
  プロバイダー 料金(安い順)   プロバイダー 料金(安い順)
戸建て GMOとくとくBB 760円 マンション GMOとくとくBB 530円
ASAHIネット 780円 DTI 680円
DTI 951円 ASAHIネット 700円
So-net 1,000円 ぷらら 600~800円
ビッグローブ 1,000円 ビッグローブ 650~850円
ぷらら 1,000円 OCN 810円
@nifty 1,000円 Hi-ho 890円
OCN 1,100円 So-net 900円
Yahoo!BB 1,200円(スタンダード) Yahoo!BB 950円(スタンダード)
Hi-ho 1,200円 @nifty 950円

※戸建てプランは「フレッツ光ネクストファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼」、マンションタイプは「フレッツ光ネクストマンションタイプ(ひかり配線方式またはVDSL方式)」の料金を記載しています。

比較②特典内容

プロバイダーごとに用意されている割引特典などを比較した結果、ユーザーのタイプ別におすすめのプロバイダーは次のようになります。

割引重視の人におすすめ・・・GMOとくとくBB、ASAHIネット
セキュリティ重視の人におすすめ・・・So-net、ASAHIネット
パソコン初心者におすすめ・・・So-net、DTI

割引特典ならGMOとくとくBB・ASAHIネットがおすすめ

割引特典の大きさで見ると「GMOとくとくBB」と「ASAHIネット」はプロバイダー料金が12ヵ月間無料です。

ただ、GMOとくとくBBは他のプロバイダーで無料のIPv6サービス※に月々千円程度かかります。その点、ASAHIネットはIPv6サービスが標準なのでもっとおすすめです。

※IPv6サービスとは?IPv6サービスとは、快適でストレスフリーな通信を実現する接続サービスのことです。最近は、光インターネット利用者の急激な増加に伴って速度低下や遅延がしばしば起きるようになっています。IPv6サービスはそれらの問題を解消してくれるので、光回線本来のスピードを体感できます。ちなみに、IPv6接続するには対応ルーターが必要です。

セキュリティ特典ならSo-net・ASAHIネットがおすすめ

セキュリティ特典だと「So-net」はカスペルスキー、ASAHIネットはマカフィー(どちらも500円/月)が1年間無料です。

カスペルスキーは最大5台まで、マカフィーは最大3台までの機器にインストールできます。セキュリティを重視する人には特にSo-netのカスペルスキーがおすすめです。

初心者向け特典ならSo-net・DTIがおすすめ

パソコンやインターネット初心者にとって安心の特典は、So-net安心サポート(300円/月)が1年間無料というものです。インターネットやパソコンのトラブル時に、無料で電話相談できます。

また「DTI」のリモートサポートは、パソコンのトラブル時にオペレーターがユーザーのパソコンを遠隔操作してサポートしてくれる無料サービスです。メール設定やブラウザ設定などがよく分からない初心者にとって、うれしいサービスといえるでしょう。

プロバイダー別の特典一覧

プロバイダー – 特典一覧
プロバイダー 割引特典 その他特典
OCN 「2年割」2年定期契約でプロバイダー料割引(戸建て100円/月、集合住宅50円/月)ただし、契約更新月以外に解約すると違約金が戸建て2,400円、集合住宅1,200円 IPv6サービス無料
Yahoo!BB プロバイダー料金初月0円 ・IPv6サービス無料
・「プレミアムプラン」(月々250円プラス)ならYahoo!プレミアムの特典が使い放題
So-net 「So-net長割forフレッツ」2年定期契約でプロバイダー料割引(戸建て200円/月)ただし、契約更新月以外に解約すると違約金が戸建て3,000円 ・IPv6サービス無料
・「カスペルスキーセキュリティ」(500円/月)12ヵ月無料
・「So-net安心サポート」(300円/月)12ヵ月無料
・「So-netくらしのお守りワイド」(450円/月)12ヵ月無料
ビッグローブ フレッツ光新規申込でプロバイダー料金24ヵ月間割引(400円/月)ただし、契約更新月以外に解約すると違約金5,000円 ・IPv6サービス無料
「光SIMセット割」フレッツ光とBIGLOBEモバイルのセット利用で毎月100円割引
ぷらら なし ・IPv6サービス無料
・セキュリティサービスが無料
・「フリーチケット」メールアドレスなどオプションサービスに使える1,296円分のチケットが毎月もらえる
・ドラマやアニメなど約10,000本を視聴できる「ひかりTV エントリープラン」が無料
@nifty NTT西日本エリア限定「グループ割」家族や友人と2~3回線のグループを組めばフレッツ光月額料金から300円割引 IPv6サービス無料
GMOとくとくBB プロバイダー料金12ヵ月間無料 ・毎月100ポイントもらえる
・無線LANルーターレンタル無料(東日本エリア・ギガスマートタイプ限定)
DTI なし ・IPv6サービス無料
・「リモートサポート」ずっと無料
ASAHIネット プロバイダー料金12ヵ月間無料 ・IPv6サービス無料
・セキュリティ「マカフィーマルチアクセス」(500円/月)12ヵ月無料
Hi-ho プロバイダー料金4ヵ月間無料 ・IPv6サービス無料
・メールアドレスが6個まで無料

比較③ユーザーの評判

プロバイダーwithフレッツ光を利用しているユーザーの口コミを調べると、そのプロバイダーを選ぶのが正しいか判断しやすくなります。

各サービスの口コミを調べた結果、総合的に評判の良いプロバイダートップ3は次のようになります。

ユーザーの評判が良いトップ3
1位:So-net
2位:GMOとくとくBB
3位:DTI

OCN光withフレッツの評判

OCNは国内シェアNo.1プロバイダーですが、OCN光withフレッツに関しては夜に通信速度が遅くなるというマイナス評価が多数見られました。利用者が一番多いだけに、サーバーが混雑することも一因かもしれません。

OCNはNTT系大手プロバイダーとしての安心感があるので、インターネットをそこまでヘビーに使わないのであれば検討の価値は十分あるといえます。

Yahoo! BB光withフレッツの評判

ソフトバンクが提供するYahoo! BB光withフレッツは、通信が安定して速く満足しているユーザーが多いことが窺えます。

ただ、ユーザーにソフトバンク光(光コラボ)に切り替えを勧める営業電話が不評のようです。ソフトバンクが推し進めているソフトバンク光は、スマホがソフトバンクワイモバイルの人ならお得ですが、それ以外の人にとってはメリットがありません。

So-net光withフレッツの評判

SONY系列のプロバイダーが提供するSo-net光withフレッツの口コミを見ると、通信速度がかなり高速であることが分かります。

特に、IPv6接続サービスを利用すると非常に速いスピードが出るようです。高精細の動画や大容量オンラインゲームなどを楽しみたいなら、So-net光withフレッツはおすすめですよ。

BIGLOBE光withフレッツの評判

KDDI系のプロバイダー、ビッグローブが提供するBIGLOBE光withフレッツですが、通信速度に関しては速いという声と遅いという声が半々程度でした。

これはおそらく、IPv6オプションを使用しているかいないかの違いと思われます。ビッグローブはIPv6接続が無料ですが、利用するにはオプション申し込みと対応機器の契約が必要です。

ビッグローブはユーザー対応が良いという口コミも多くあるので、サポートが気になる人は検討するといいかもしれません。

ぷらら光withフレッツの評判

ぷららはNTT系のプロバイダーです。ぷらら光withフレッツに関しては口コミ自体が少ないのですが、サポートの評判は芳しくないようです。ただ、通信速度は十分速いという声もあります。

@nifty光withフレッツの評判

@nifty(アットニフティ)は、有名家電店ノジマの子会社です。昔から根強いファンがいる老舗プロバイダーで、回線速度が遅くなるというユーザーの声はあるものの、声のトーンは柔らかめ。ユーザーに愛されるプロバイダーなのが窺えます。

GMOとくとくBB with フレッツ光の評判

GMOとくとくBBの口コミを調べてみると、ほとんどがwithフレッツ光ではなくドコモ光×GMOの評判でした。

なぜドコモ光なのかというと、GMOとくとくBB with フレッツ光はv6プラス接続オプションが別料金で1,000円程度するのに比べて、ドコモ光×GMOなら無料だからです。

また、ドコモ光×GMOではv6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターも無料レンタルという特典付き。速度も速く、料金も安いということでユーザーから人気のようです。

DTI光withフレッツの評判

DTIは規模としては小さめですが、じつは老舗プロバイダーです。ユーザーの声を見ると、DTIはコストパフォーマンスが良く、通信速度も安定していることが分かります。

サービスと料金のバランスが良いプロバイダー、それがDTIといえそうです。

ASAHIネット光withフレッツの評判

ASAHIネットもプロバイダー大手ではないものの、ユーザーの口コミからは堅実な光インターネットサービスを提供していることが窺えます。

下の口コミにもあるように、ASAHIネットは解約手続きがとても簡単なこともポイント。今の時代、光回線はそのままでプロバイダーを切り替えることも当たり前なので、そういった手続きがスムーズにいくのは好感度アップですね。

フレッツ光プロバイダーを変更する方法

回線はフレッツ光そのままでプロバイダーのみを変更する方法は次の通りです。

  1. 乗り換え先のプロバイダーに申し込む
  2. 接続設定を変更する
  3. 現在のプロバイダーを解約する

プロバイダー変更は手続きが簡単で、インターネットが途切れる心配もいりません。もちろん工事も不要です。ただし、現在のプロバイダー側で状況によっては違約金が発生する可能性があります。

①乗り換え先のプロバイダーに申し込む

フレッツ光 - プロバイダー変更申し込みページ
プロバイダー 変更申込ページ
Yahoo! BB https://www.softbank.jp/ybb/isp/
So-net So-net光申し込みページ
ビッグローブ ビッグローブ光申し込みページ
ぷらら ぷらら光申し込みページ
@nifty 電話(通話無料):0120-50-2210(受付時間10:00-19:00)
GMOとくとくBB GMOとくとくBB申し込みページ
DTI DTI光申し込みページ
ASAHIネット https://asahi-net.jp/service/norikae/
Hi-ho https://hi-ho.jp/campaign/hikari_norikae/

②接続設定を変更する

プロバイダーに申し込んでから3日~1週間後、会員登録証や設定に関する書類が郵送で届きます。その後、NTTの担当者から電話連絡があるので、指示に沿って接続設定を変更します。

③現在のプロバイダーを解約する

現在のプロバイダーの解約手続きは、プロバイダーの公式サイトにて確認してください。なおプロバイダーによっては、2年契約期間中に解約すると違約金(2,000~10,000円程度)が発生することがあります。

フレッツ光から光コラボに変更する方法

フレッツ光から光コラボに変更する転用手続きを説明します。

この手続きは、スマホをキャリアから格安SIMに乗り換えるのに似ていて難しくはないので、光コラボが気になる方はぜひトライしてみてください。

  1. NTT東日本/西日本より「転用承諾番号」を取得する
  2. 光コラボに転用申込をする
  3. 現在のプロバイダーを解約する
  4. 接続設定をする

①NTT東日本/西日本より「転用承諾番号」を取得する

転用承諾番号の申し込み先
  NTT東日本 NTT西日本
WEB https://flets.com/tenyou/
(受付時間8:30-22:00)
http://flets-w.com/collabo/
(受付時間7:00-25:00)
電話 0120-140-202
(受付時間9:00-17:00)
0120-553-104
(受付時間9:00-17:00)

②光コラボに転用申込をする

転用承諾番号を取得したら、10日以内に光コラボに転用申込する必要があります。各光コラボ申込ページの「転用でのお申し込み」をクリックします。

③現在のプロバイダーを解約する

忘れてならないのが、現在契約中のプロバイダーを解約することです。これを忘れてしまうと、ずっとプロバイダー料金を引き落とされてしまいます。

プロバイダーの解約手続きについては、各プロバイダーの公式サイトにて確認してください。

④接続設定をする

光コラボに申し込んでから数日中に、利用開始の案内書類が郵送で届きます。プロバイダーによっては担当者が内容確認の電話をしてくることがあります。

もしルーターなどの接続機器を申し込んだのであれば、それらも宅配便で送られてきます。同梱の案内を読みながら設定して、光コラボの利用開始となります。

評価が高い光コラボ4選

光コラボをおすすめする理由は特に次の5つです。

  • 契約先が一つにまとまりスッキリする
  • サービス内容が分かりやすくなる
  • 回線自体はフレッツ光でありながら料金は安くなる
  • 特典やキャンペーンが豊富に用意されている
  • 光電話も引き続き使える

これらのポイントをしっかり満たしており、ユーザーからの評価も高い光コラボを4つ紹介します。

高評価の光コラボ – 転用時の特典と料金(税抜)
光コラボ名 転用事務手数料 月額合計料金 特典・キャンペーン
(フレッツ光から転用時)
戸建て マンション
ドコモ光×GMO 3,000円 5,200円 4,000円 ・ドコモのスマホ料金割引一台当たり100~3,500円/月
・v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料
公式サイト
SoftBank光 3,000円 5,700円 4,300円 ソフトバンクのスマホ料金割引1台当たり最大1,000円/月 公式サイト
So-net光プラス 3,000円 5,580円 4,480円 ・3年間は左記の金額から戸建て1,600円/月、マンション1,500円/月割引
・auのスマホ料金割引1台当たり最大1,000円/月
・v6プラス対応Wi-Fiルーターレンタル無料
公式サイト
DTI光 1,800円 4,800円 3,600円 auのスマホとセット利用で左記の金額から1,200円/月割引 公式サイト

※基本的に2年契約(So-net光は3年契約)の料金を記載しています。

更新日