You are here

フレッツ光って何ですか? - 初心者にも分かりやすく解説

無料相談
お気軽にお電話ください
月曜日-金曜日 9:00-13:00

フレッツ光ってよく聞くけど、実はなんだか分かっていない、という方から、フレッツ光を契約しているけど最近は他の光回線も気になるし、フレッツ光についてもう一度確認したい!という方のために、フレッツ光について解説します。

今より安いインターネットは?お引越しで新しいインターネット契約が必要?
ご相談フォームに必要事項を記入していただければ、ベストなインターネットプランをご提案!
電話でも受け付けています!:050-3196-9639(相談無料)までお気軽にお電話ください。

フレッツ光とはNTTの提供する光回線のこと

「フレッツ光」=「NTTの提供する光回線」

「フレッツ光」とは、NTTの提供する光回線のサービス名です。NTTが提供する光回線にはすべてフレッツ光という名前がついています。

ご自宅の契約している光回線がNTTの提供のものならば、NTT東と契約していても、NTT西日本と契約していても「フレッツ光」というわけです。

光回線といえばNTTが長らくその事業を独占していたため、光回線とフレッツ光は、ほぼ同義と認識されがちですが、「フレッツ光」は光回線の商品名なのです。

あとで説明しますが、「光コラボ」のインターネットプランの場合も、「フレッツ光」がその光回線に使用されています。

フレッツ光は大きく分けて3種類ある

フレッツ光には、「フレッツ 光ライト」「フレッツ 光ネクスト」と「Bフレッツ」という3種類の料金プランがあります。

今現在、最も一般的なプランは使い放題定額の「フレッツ 光ネクスト」になっています。(「Bフレッツ」は新規申込受付を終了しています。)

フレッツ光とは?

フレッツ光とはNTT提供の光回線のこと。光回線をひく工事もNTTが行います。

フレッツ光
ネクスト
  • 定額制のプラン。
  • フレッツ光の中でもっと一般的なプラン。
B フレッツ
  • 定額制のインターネット・プラン。
  • 新規申し込みはできません。
フレッツ光
ライト
  • 2段階制の定額プラン

フレッツ光のフレッツはどんな意味?フレッツ(FLET'S)はNTTが作った商品名。「F」の文字には、「定額料金(Flat)」の意味のほか、「インターネットに親しんでいただく(Friendly)」ための「柔軟な環境(Flexible)」を提供する、というコンセプトが含まれているそうです。

フレッツ光でインターネットを始める方法

残念ながら、フレッツ光を提供するNTT東日本もしくはNTT西日本に連絡をして、光回線の契約をするだけではインターネットを始めることはできません。

実際にインターネットができるようにするにはフレッツ光の契約に加えて、プロバイダーとも「プロバイダー」契約をする必要があります。

フレッツ光が提供する光回線という「道路」であり、実際にインターネットに接続してくれる「車」がプロバイダーという風に考えたら分かりやすいかもしれません。

フレッツ光を契約し、使用開始するまでの流れ

  1. 契約するプロバイダーを選ぶ
  2. プロバイダーに申し込み手続きを行い契約をする
  3. NTT東日本/NTT西日本から、工事について連絡がきます。(光回線を初めて契約する場合は工事が必要。)
  4. 工事が終了したら、必要な設定を行い、インターネットを使用開始!

フレッツ光の契約をNTTとして、プロバイダー契約をプロバイダーとしなくてはいけないため、契約条件や支払いがややこしいという短所があります。

ただ、2015年以降、「プロバイダー契約」と「フレッツ光(光回線)」の契約がワンストップでできるようになりました。これが、”光コラボ(光コラボレーション)”と言われるものです。

光コラボの窓口は、NTTではなくプロバイダーです。以下で光コラボについてもっと詳しく説明します。

フレッツ光とプロバイダーがセットになっているのが光コラボ

かつては、フレッツ光をNTT(NTT東日本NTT西日本)と契約して、プロバイダー契約を他のプロバイダーと契約する必要がありました。つまり、インターネットが実際にできるようにするためには、2社としなければならなかったのです。

今は、プロバイダーをワンストップの窓口として光回線(フレッツ光)とプロバイダー契約がセットになったプランを契約できるようになりました。これを光コラボといいます。

フレッツ光とプロバイダーを別々に契約するよりも月額料金が安くなるので、今までフレッツ光とプロバイダーを別々で契約していた人は「転用」という形で、初めて光回線を契約する人は最初から光コラボのプランを選んで契約しています。

光コラボを提供をするプロバイダーは日本全国たくさんありますが、参考として一部を紹介します。

光コラボを提供するプロバイダー
OCN光
  • 業界シェアNo.1のOCN
  • NTT系企業
ぷらら
  • NTT系企業
  • 契約期間や解約金のしばりがない
So-net光
  • シェアNo.2
  • ソニー系企業
excite光  
  • 月額料金が安い。
  • 契約期間や解約金のしばりがないプランを提供。
DTI 光
  • 月額料金が安い。
  • 契約期間や解約金のしばりがないプランを提供。
ソフトバンク光
  • 光電話をオプションでつければスマホ代が割引になる。
  • 家族がみなソフトバンクを契約しているならば。

フレッツ光以外の光回線はあるの?

フレッツ光は、NTTの提供する光回線の商品名ということならば、フレッツ光以外の光回線もあるんじゃないの?

そう思った方、「正解です!」。NTTのシェアには及ばず提供エリアの限られているものが多いですが、フレッツ光以外の光回線も存在します。

フレッツ光よりも契約している人が少ないので、回線の混雑度が低く、通信速度が安定して速いという評判が多いようです。

いずれも、光回線とプロバイダー料金がセットになったプランを提供しています。

光回線がフレッツ光ではないプロバイダー
auひかり
eo光ネット
  • 関西電力の敷設した光回線を使用。
  • 近畿地方に限定して光回線サービスを提供
NURO 光
  • NTTの敷設した予備の光回線(ダークファイバー)を使用。
  • 1都7県に限定して光回線サービスを提供

フレッツ光とは? - 簡単まとめ