お引越し - 新居での光回線の工事費用を払いたくない。何か方法はある?

お引越し - 新居での光回線の工事費用を払いたくない。何か方法はある?

お引越し - 新居での光回線の工事費用を払いたくない。何か方法はある?

引っ越したらぜひ新居で光回線を使いたい、と思うものの工事費が気になるところ。「新居での光回線の工事費用を払いたくない・・・」そんな声にお応えしてなにかいい方法がないのか調べてみました。

  • 引っ越し先の光回線工事費を払わないで済ませる方法を紹介します。
  • 工事も工事費がかからないインターネット回線も検討の価値ありです。

今より安いインターネットは?お引越しで新しいインターネット契約が必要?
簡単な質問に答えるだけで、ベストなプランを提案します。ご相談フォームはこちら。
電話でも受付:050-3196-9639(相談無料)までお気軽にお電話ください。

新居で光回線インターネットにするなら工事が必ずいる

光回線・工事費払わない方法

引っ越しで光回線インターネットを使う場合工事が必要です。光回線工事費を払わないで済む方法を考えます。

引っ越し先でも光回線を契約したい、また引っ越しを機に光回線にしたい。そうお考えの方も多いと思います。

でも、つい忘れがちなのは、光回線の場合は工事が必要で、実際にインターネットが使えるようになるまでには引っ越してから少し時間がかかるということ。

光回線は光ファイバーを使用した固定回線です。物理的に光回線ケーブルが引いてこなければなりません。このため、どうしても光回線でインターネットをする場合は工事が必要で、そのための費用もかかります。

光回線の工事費はどれくらいかかる?

実際にどのくらい光回線の工事費には費用がかかるのでしょうか?光回線の工事費は、契約する回線事業者や建物の種類によっても異なります。

ただし、新規契約の場合の光回線の工事料金はだいた決まってます。ここでは、参考として、NTTの光回線「フレッツ光」とKDDIによる光回線を使用した「auひかり」の光回線の工事費用を見てみます。以下の一覧を見ると結構お金がかかることが分かります。

しかしながら、マンションの場合、光回線の基礎工事がすでに住んでいれば工事費が安くなる可能性もあります。一方、引越し先が新築一戸建ての場合でいちからケーブルを引く工事が必要な場合は光回線の工事費は満額払う必要があります

光回線の工事費はこのようにある程度かかりますから、光回線の開通にかかる経費としてカウントしておきましょう。

光回線・工事費払わない方法

お引越し先にすでに光コンセントがあれば、工事費はかなり安くなる。

主な光回線の工事の費用の例
フレッツ光(東日本)
戸建て 19,440円
集合住宅 16,200円
土日祝日に工事をする プラス 3,240円
auひかり
戸建て 40,500円
集合住宅 32,400円
土日祝日に工事をする プラス 3,240円

引越し先で光回線の工事費用を払わない方法はある?

正直、光回線の工事費がこんなに高いと思わなかった。ただでさえ引越しでお金がかかるのに、「こんな高い光回線の工事費用、払いたくないな。」というそんな声が聞こえて来そうです。

そこで、なんとか新居での光回線の工事費を払わないで済ます方法はないのか調べてみました。採用できそうな方法があれば、是非試してみてくださいね。

現在すでに光回線を契約している場合 - 今の光回線を移転する

今契約している光回線プランをお引越し先でも引き続き契約する場合は、「移転」という扱いになり、引越し先での光回線の工事費用を安くしてくれる可能性があります。

例えば、NTTの光回線「フレッツ光」の移転手続きの場合、戸建てだと9,000円(税抜き)、集合住宅だと7,500円、と新規に光回線の工事するよりはかなり安く済みます。

現在契約している光回線契約をお引っ越し先でも継続する「移転」という方法ならば、工事費用を完全にゼロにする事は出来ないものの、今までのポイントや割引サービスもそのまま使えるのも魅力です。

もちろん、契約の「移転」を行う場合は引っ越し先も今契約している光回線やプロバイダーによるサービス提供エリアである必要がありますので確認が必要です。

ただし、引っ越し先が「新築」一戸建ての場合は、残念ながらこのケースには当てはまりません。光回線を引くための、新規の工事がどうしても必要です。

戸建てにお引越しされる場合は、光回線の新規契約のキャッシュバックキャンペーンなどを利用した方が良いかもしれません。

インターネット契約の移転ってなに?移転とは、引っ越しの時など、光回線の契約自体はそのままで、使用する場所を変更する手続きの事を言います。

光回線・工事費無料やキャッシュバックキャンペーンを使う

引っ越しの時に光回線の工事費用を払わず高速インターネットを使いたい

インターネットの工事費、初期工事費無料やキャッシュバックなどのキャンペーンを使う時は条件をよく確認して申し込みましょう!

引っ越し先のインターネットを光回線にしたい。と思ってネットで調べると、必ず目に入るのが、初期工事費無料の文字や光回線・新規契約キャッシュバックキャンペーンの文字です。

すでに説明の通り、仮に今契約している光回線・プロバイダーが、引越し先でも契約可能な場合でも、光回線を通すための工事はいずれにしても必要になります。新築一戸建てならば、100%工事費を払わなくてはいけないことも説明しました。

こんな場合は、光回線の初期工事費無料やキャッシュバックをうまく使うと、光回線の工事費用を払わないのと同じだけの効果があるだけでなく、場合によっては普通に契約するよりも得する場合もあり得ます。

ただし、このような高額の”現金還元”があるキャンペーンの場合、条件が色々あったりすることもあります。実際の契約の際は、キャンペーンの適用条件もきちんと確認してから契約しましょう。

光回線・キャッシュバックキャンペーン
光回線プラン名 内容 代理店名
ソフトバンク光

オプション加入条件なしでも必ず32,000円キャッシュバック!

株式会社アウンカンパニー

auひかり

<CMでも話題>誰でも必ず35,000円キャッシュバック!『auひかり』
 

株式会社ジェイ・コミュニケーション

NURO光

最大8万円キャッシュバック!!超高速×業界最安の【NURO光】 株式会社スローダイニング

NURO光

【キャッシュバック最大70,000円】NURO光(ニューロ)

株式会社LifeBank

このように、引越し先での光回線の工事を払わないで済む方法としては、光回線新規契約のキャッシュバックキャンペーンの利用も選択肢の1つです。

工事不要の無線回線インターネットも便利

インターネット開通までの工事が一切不要のインターネットも便利です。引っ越しで光回線の工事費を払わないための一つの手段として、参考に無線インターネットも考えてみてもよいでしょう。

工事の必要がありませんから、工事費は不要です。工事の立ち合いで時間がとられることもありません。加えて、引越しでもインターネットが使えなくなる期間がないというメリットもあります。

スピードが不安という方もいるかもしれませんが、大人数で大量のデータ通信をする、ということでもない限り使用に関しては問題ありません。

無線回線・インターネット種類
SoftBank Air
  1. Airターミナルといわれる機器を購入してコンセントに差せばインターネットができます。
  2. そのまますぐにWi-Fiでの接続可能です。
  3. 宅内での使用専用です。
WiMAX(ワイマックス)
  1. WiMAX(ワイマックス)専用ルーターを自宅に置けばすぐにインターネットができます。
  2. そのまますぐにWi-Fiでの接続可能です。
  3. 宅内での使用に加え、WiMAXルーターを持ち運べば屋外でもインターネット接続できます。
ソフトバンクのSoft Bank Air
光回線の工事費

工事不要のインターネットならばすでにWi-Fiでインターネットができます。光回線のように別途Wi-Fiの設定は不要です。

ソフトバンクのSoft Bank Air(ソフトバンクエア)は、Airターミナルと呼ばれる機器をコンセントにつなぐだけですぐにインターネットが使える無線のインターネット回線です。オンラインで申し込みができて、本体がご自宅に届けば、それ以外の手続きは不要です。

Soft Bank Air(ソフトバンクエア)ならすでにWi-Fiワイヤレスで各機器にインターネット接続ができるようになっているのも便利です。(無線LANルーターをプロバイダーからレンタルしたり、自分で購入する必要がありません。)

見た目もシンプルで、どの部屋にも馴染むようなデザインになっています。

SoftBank Airの公式サイト をみる。

モバイル回線のWiMAX(ワイマックス)

WiMAXルーターを自宅に置けばすぐにインターネットができるのがWiMAX(ワイマックス)です。同じくもちろん工事不要です。

WiMAXルーターは自宅で使用する他、ルーターを外出先に持ち運べば、旅先や出張先でもインターネットが可能です。無線回線タイプのインターネットでも、持ち運びができることから「モバイル回線」と呼ばれます。

モバイル回線は以前は値段が高く速度も家で使うには遅いイメージがあったと思いますが、WiMAXはADSLよりも通信速度が速く料金も光回線と変わりありません。

引っ越しの時に光回線の工事費用を払わず高速インターネットを使いたい場合はこのような選択肢も検討してもいいかもしれません。

UQ WiMAXの公式サイト をみる。

新居での光回線の工事費用を払いたくない。何か方法はある? - まとめ

  • 光回線インターネットには必ず工事が必要です。契約を「移転」する場合は工事費を割り引いてくれる(マンションの場合)こともあります。
  • 光回線の新規契約・キャッシュバックキャンペーンなどを活用すれば、間接的に工事費の出費をカバーしてくれます。
  • どうしても工事費にお金や時間をかけたくない場合は、無線回線インターネットの利用も検討してみましょう。
  • 家族の人数が多く動画やオンラインゲームを同じ時間帯に利用するような場合は工事がかかっても光回線が良いでしょう。
更新日