test

インターネットプラン、どれを選ぶ?

納得、満足のインターネットプランを見つけましょう。

お引越し - 新居での光回線の工事費用を払いたくない。何か方法はある?

お引越し - 新居での光回線の工事費用を払いたくない。何か方法はある?

光回線と面倒なのは回線工事。工事費用もかかります。工事費を払わないですませる方法はないのでしょうか?

引っ越したらぜひ新居で光回線を使いたい、と思うものの工事費が気になるところ。「新居での光回線の工事費用を払いたくない・・・」そんな声にお応えしてなにかいい方法がないのか調べてみました。

  • 引っ越し先の光回線工事費を払わないで済ませる方法を紹介します。
  • 工事不要のインターネットも検討してみよう。

新居で光回線インターネットにするなら工事が必ずいる

引っ越し先でも光回線を契約したい、また引っ越しを機に光回線にしたい。そうお考えの方も多いと思います。

でも、つい忘れがちなのは、光回線の場合は工事が必要で、実際にインターネットが使えるようになるまでには引っ越してから少し時間がかかるということ。

光回線は光ファイバーを使用した固定回線のため物理的に光回線ケーブルが引いてこなければなりません。このため、どうしても光回線でインターネットをする場合は工事が必要で、そのための費用もかかってしまうのです。

引っ越しを利用に解約する場合は解約金はかかる?引っ越し先でも同じプロバイダーのインターネットが利用できる場合は継続の義務があります。引っ越しが理由による解約でも、契約期間内であれば解約金がかかります。よく確認しましょう。

 

光回線の工事費はどれくらいかかる?

光回線の工事費には、大抵15,000円以上はかかります。土日に工事をしてもらう場合には、さらにプラスで3,000円くらいかかります。

光回線の工事費は、契約する回線事業者や建物の種類によっても異なります。集合住宅(マンション・アパート)の方が戸建てよりも工事費が安く設定されています。

具体的に、参考として、NTTの光回線「フレッツ光」とKDDIによる光回線を使用した「auひかり」の光回線の工事費用の一覧を以下に掲載します。

引っ越し・光回線の工事費払いたくない
集合住宅ですでに光コンセントがある場合は工事費は安くなる可能性が高い。
主な光回線の工事の費用の例(税込)
フレッツ光(東日本)
戸建て 19,440円
集合住宅 16,200円
土日祝日に工事をする プラス 3,240円
auひかり
戸建て 40,500円
集合住宅 32,400円
土日祝日に工事をする プラス 3,240円

引越し先で光回線の工事費用を払わない方法

正直、光回線の工事費がこんなに高いと思わなかった。ただでさえ引越しでお金がかかるのに、「こんな高い光回線の工事費用、払いたくないな。」というそんな声が聞こえて来そうです。

そこで、なんとか新居での光回線の工事費を払わないで済ます方法はないのか調べてみました。採用できそうな方法があれば、是非試してみてくださいね。

現在すでに光回線を契約している場合 - 今の光回線を移転する

今契約している光回線プランをお引越し先でも引き続き継続すれば「移転」という扱いになり、引越し先での光回線の工事費用を安くしてくれる可能性があります。例えば、NTTの光回線「フレッツ光」の移転手続きの場合、戸建てだと9,000円(税抜き)、集合住宅だと7,500円、と新規に光回線の工事するよりはかなり安く済みます。他社でもほぼ同額で移転の場合の工事費が設定されています。

「移転」ならば工事費はゼロにはならいものの、1から申し込みの手続きを行わなくても済みますし、プロバイダー提供のメールアドレスを使っている場合などその他のサービスも引き続き利用できるというメリットがあります。

しかしながら、東日本エリアから西日本エリアへの引っ越し、もしくは逆の場合でもエリアが変わると、工事費がまるまるかかることがほとんどです。また、工事費無料という名称を使用しているものの、実際は新規契約と同じ、というケースもあります。

  • すでに光回線を契約中の場合は、「移転」手続きで工事費が安くなる。
  • お引っ越しでエリアも変わる場合は、ゼロからの工事が必要となります。(工事費も全費用負担しないいけない可能性が高い。)

インターネット契約の「移転」とは?移転とは、引っ越しの時など、光回線の契約自体はそのままで、使用する場所を変更する手続きの事を言います。

新規契約 - 光回線工事費無料キャンペーンを使う 

引っ越し・光回線の工事費払いたくない
条件を確認した上で光回線のキャンペーンも多いに活用したいものです。

仮に今契約している光回線・プロバイダーが、引越し先でも契約可能な場合でも、光回線を通すための工事はいずれにしても必要になります。また、エリアが変わる場合(東日本エリア⇔西日本エリア)は、新規での契約と変わらず一から工事費が必要です。

こんな場合は、光回線の初期工事費無料キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンの利用を検討してみるといいでしょう。自分の申し込みたいプロバイダーのプランがキャンペーンを行っている、契約や解約の条件もネックにならない、となれば活用の価値ありでしょう。

ただし、キャンペーンの場合は、長期契約が条件の場合もありますからよく確認しまししょう。

  • 引っ越し先の光回線、工事費を払いたくない場合は、キャッシュバックキャンペーンをチェックしてみましょう。
  • キャッシュバックを利用する場合には、契約期間はどのくらい、オプション契約(光電話など)は必要か、など条件面も確認してから申し込みましょう。
光回線・主なプロバイダー
光回線プラン名 特徴 代理店名
DMM光

NURO光

DTI光
So-net光プラス
OCN光

このように、引越し先での光回線の工事を払わないで済む方法としては、光回線新規契約のキャンペーンを利用することも一つの選択肢です。

無線タイプのインターネットなら工事不要

無線タイプのインターネットならば、「線」が存在しないわけですから、線を自宅に引くための工事が必要ありません。よって工事費もかかりません。

工事費がかからない上に、工事のたちあいも不要ですから、特に一人暮らしの方など平日家にいることができない人に選ばれやすいインターネットプランです。最初からワイヤレスでネットができますから、Wi-Fi環境のためにルータを別に準備する必要もなくストレスフリーです。

引っ越しで光回線の工事費を払いたくない、時間もとられたくない、とにかく簡単にインターネットを始めたいという人は候補の一つとして導入を考えてみても良いでしょう。

工事がいらない無線回線インターネット
UQ WiMAX 
  • UQコミニュケーションズ(KDDI系)の提供するサービス
  • WiMAX専用ルーターを購入もしくはレンタルしプランを契約する。
  • 自宅で使用できる他、ルーターを持ち運べば外出先でもインターネットが使える。

WiMAX(ワイマックス)とは?WiMAXの特徴や注意点

SoftBank Air (ソフトバンク)
  • ソフトバンクの提供する無線回線インターネット
  • Airターミナルと呼ばれる機器を接続すればすぐにインターネットができる。
  • SoftBank Airは宅内での使用専用です。

インターネット回線・ソフトバンクのSoftBank Air - 特徴と料金

据え置きタイプ - SoftBank Air

引っ越し・光回線の工事費払いたくない
コンセントを挿すだけですぐ使えるソフトバンクエアー

ソフトバンクのSoft Bank Air(ソフトバンクエア)は、Airターミナルと呼ばれる機器をコンセントにつなぐだけですぐにインターネットが使える無線のインターネット回線です。オンラインで申し込みができて、本体がご自宅に届けば、それ以外の手続きは不要です。

見た目もシンプルで、どの部屋にも馴染むようなデザインになっています。

モバイル回線 - WiMAX(ワイマックス)

WiMAX(ワイマックス)ならばWiMAX専用ルーターを自宅に置き、プラン契約することでインターネットの使用がすぐ開始できます。です。

WiMAXルーターは自宅で使用する他、ルーターを外出先に持ち運べば、旅先や出張先でもインターネットが可能です。無線回線タイプのインターネットでも、持ち運びができることから「モバイル回線」と呼ばれます。

モバイル回線は以前は値段が高く速度も家で使うには遅いイメージがあったと思いますが、WiMAXはADSLよりも通信速度が速く料金も光回線と変わりありません。

引っ越しの時に光回線の工事費用を払わず高速インターネットを使いたい場合はこのような選択肢も検討してもいいかもしれません。

工事費を払ってでも引っ越し先では光回線を導入するべきか?

引っ越し・光回線の工事費払いたくない
お引っ越し先での光回線、工事は必要だが通信速度と安定性が魅力。

光回線の工事費を安く済ませる方法、払わないで済ませる方法をご紹介しました。

  • 光回線インターネットには必ず工事が必要です。契約を「移転」する場合は工事費を割り引いてくれる(移転工事費)こともあります。
  • 光回線の新規契約・キャッシュバックキャンペーンなどを活用すれば、間接的に工事費の出費をカバーしてくれます。
  • 設定が便利な無線回線インターネットの利用も検討してみましょう。

確かに光回線の工事は面倒ですからできれば避けたいものです。ただし、光回線は最も通信速度も速く、安定しているインターネットであるという点は忘れないでおきたいものです。通信速度が速いということは、たくさんのデータのやり取りが可能と言うことです。つまり、同時にインターネットを使用する人数が多く、またデータ容量の多いもの(ストリーミング映画、高画質オンラインゲーム)をよく利用する場合には、光回線がマストです。

光回線の導入には時間もとられますが、特に世帯人数が多い場合は、皆が満足して長く使えるのが光回線。工事をするだけの価値があると言えます。

一方、数年後引っ越すかもしれない、今いる場所にどれだけ住むか分からない、という人は無線回線もチェックしてみると良いでしょう。

更新日